02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2013/1/23 さっそくですが 

Novelテンプレさまのおかげで、サイト仕様の小説ブログになっているので、小説はとても読みやすくてありがたいですね。文章が読みにくいのはすみません。精進いたします。
で、日記・更新案内などを別にすることにしました。

ようやくブログのつくりが少しずつわかってきました。
格闘の成果です
スポンサーサイト

Category: NEWS

tb 0 : cm 2   

NEWS 2013/1/26 【石紀行】矢岳ドルメンup 

【石紀行】熊本天草の矢岳巨石群をupしました。
小説ブログなのに、石に力が入りすぎてしまっていますね…

ただ今から、『海に落ちる雨』に入ります。
すでに完結していますが、ここにupするためにはいくつか問題を解決しなくてはならない部分があって、それを確認しながら載せていく作業が必要ですので、少しお待ちください…
とはいえ、序章の二つは早々にupしてしまいます。
これは友人に勧められて書いた、『大和竹流』の幼少期と『相川真』の中学時代です。
2人の置かれた背景がわかるといいのでは、ということで、作者としても彼らの軌跡を確かめながら、結構楽しんで書きました。
これは、『清明の雪』の続編ですが、テイストは全く異なっております。
部分的に15Rの18禁です。物語の流れ上已むを得ませんので、ご了承おきください。
各章にも注意を記していきます。
あらすじは少しお待ちくださいませ。

Category: NEWS

tb 0 : cm 0   

NEWS 2013/1/27 【海に落ちる雨】はじめにをup 

始章を先にあげてしまっておりましたが、あらすじを作りました。
Novel listの中での順番の入れ替えがわからなくて、今始章のあとにあります。
注意書きもありますので、ぜひ、お読みくださいねm(__)m

ついでにトップページに【道先案内】を作りました。
道に迷ったら、ご利用ください。

前後しましたが、【海に落ちる雨】ためしに第1章をupしてみました。
いったいどのくらいの長さになるのだろうかという実験。
この【海に落ちる雨】は全部で5節、全38章あるのです。始章と終章を除いて…
恐ろしいことになりそうです。
つくづくブログ向きではありません。

気長に行きましょう…と自分に言い聞かせました。
本編をupしながら、新しい小説(もっと短いやつ!)を書きたいと思っております。

よろしくお願いします。

Category: NEWS

tb 0 : cm 0   

NEWS 2013/2/2 【海に落ちる雨】第2章up 

さて、第2章をupします。
少しずつ、この物語の当時の二人の状況が見えてくる感じでしょうか。
このあたりを初めて書いたのはたぶん10年くらい前かも…何度も校正して、あれやこれや付け足して、現在に至りますが、今でも美和ちゃんを書くのが楽しかったことを覚えています。

つかず離れずの同居人同士の距離もお楽しみください。

出張の準備をしていたらこんな時間になり、今から寝たら新幹線に間に合わなくなりそうなので起きていることに……そんなこんなで勢いでupしました。今から新幹線で寝ます

これをupしながら、小説のテーマについて考えていました。
あなたが書くテーマは何ですか、と聞かれることがあって、いつも答えに窮していていたけど、最近わかった気がします。
テーマはいつも『再生』
中学生のころ、聖書の授業で聞いたことを思い出します。
なぜキリスト教はよみがえりという発想があるのか。
砂漠の中であっても、イエス・キリストが生まれたナザレの村は、春には花が咲くのだとか。
花が咲く、ということの中に、再生の深い意味が含まれているのですね。

そして、私のテーマは、たぶんいつも再生なのかなぁ、と思った次第でした。


気が向いたら、どれでも、ちょっとクリックしてやってくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

Category: NEWS

tb 0 : cm 0   

NEWS 2013/2/10 小説家になろう 

『小説家になろう』さんに『清明の雪』をアップしました。
縦書きで読みたい! 竹流の説教は面倒くさいので、立て板に水でつらつら読みたい、という方は是非、訪ねてみてください。

『清明の雪』
クリックしたら上のほうに、「縦書きで読む」というありがたいボタンが……
やっぱり小説は縦書きが読みやすいです。

Category: NEWS

tb 0 : cm 0   

NEWS 2013/2/10 真央ちゃん!さとしダッフィーつき 

何の関係もありませんが、本当に良かったですね!
真央ちゃんのトリプルアクセル……
多分、フィギュアスケートファンはみんなこの時を待っていたんですよね。

いつだったか、冒頭のジャンプですっころんでしまって、でもそのあとちゃんと頑張って優勝した時から、真央ちゃんのスケートの中にいつもドラマを見せていただいています。

佳菜子ちゃんも明子ちゃんもよかった!

このショートの2分50秒、フリーの4分、こんな短い時間にこれだけのことができるんだという、本当にドラマ。
だって、この時間の中で、落ち込んで、気持ちを立て直して、またへこんで、持ち直して……そういう小さな気持ちの波をいくつも越えて、集中しているわけですよね。
出だしで躓いたからって萎えてちゃだめなのよ、それを乗り越えたものだけが、その先に行けるのよ、もちろん出だしがいいことに越したことはないけどね。
そんな声が聞こえるような素晴らしい時間ですね。

ボクシングの1Rの3分も、トレーニングで長いんですよ。
三味線の1曲3分も長いんですよ。
何回もへこむんですけど、真央ちゃんのスケートを思い出して、短い時間の中で自分を励ましながら頑張っている時があるのです。

いつでも、いつまでも応援してるよ!

時間って本当に不思議。たった3分、たった4分なのに、無限の物語がある。

嵐

おまけ映像。友人が作った服を着る、さとしくん、しょうくん、じゅんくん仕様のダッフィー。
うちの子はさとしくんです。今も目の前におります。


ランキング参加中……一応。
にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
小説ネタじゃないけど、バレンタインバージョンを発見したので。

Category: NEWS

tb 0 : cm 0   

NEWS 2012/2/12 更新情報 

【石紀行】の中のモン・サン・ミッシェルの記事中写真を少し変更しました。
別のSDの中に、羊たちのもっと良い写真が隠れていたので。
実は、こんなすごい羊の群れだったんです!⇒ひつじだらけ
朝もやのモン・サン・ミッシェルも別の写真にしました。
ステンドグラスももっとたくさん見つけたので、そのうち再掲します(これはちょっと待ってくださいね)。

次も、鋭意?準備中。
フランス南西部の美しい村々……中高年の旅行で大人気?だとか^^;
例の、ヨーロッパ版遍路旅、サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼の経路にあたります。
全部回れたわけではないので、またいつか行きたい場所でもあります。
その素敵な村々、そして小学校の教科書にも出てきたラスコー界隈へ、ご案内いたします。

小説も、よろしくお願いします(__)
頑張ります。
今日は病院受診で午前中は仕事をお休み…年取ると、色々ありますので^^;
さて、仕事も頑張りまする(__)


Category: NEWS

tb 0 : cm 0   

NEWS 2013/2/23 更新情報 

更新情報を少し。

今週末に
小説談義をひとつ(中身は…NHKドラマ『ダイヤモンドの恋』、もしくは竹宮恵子さんの作品かも)
石紀行のお休み中おまけ→フランスの美しい村その2(サン・シル・ラポピーほか)
【死者の恋】(2)
の更新予定です。

週末に緊急の仕事が入らなければ、SSから派生した拓・宗輔シリーズ(いつのまにシリーズ?)も書こうかな。
あとは、【清明の雪】に登場した京都の志明院をご紹介するコーナーも考え中。

【海に落ちる雨】は毎日更新、の予定。
たまに飛びますが。
各回の後ろに、ちょっとミニ小説談義とか舞台裏とか、書いています。
タイトルの後ろカッコ内にトピックスの題を入れました。
そちらもお楽しみいただければ、幸いです。
あるいは、ご意見などもいただけると嬉しいです(^^)

では、お仕事と三味線、そして同窓会準備!に邁進します。

Category: NEWS

tb 0 : cm 0   

NEWS 2013/3/2 更新案内(100番目の記事!) 

同窓会幹事の業務?が多くて、しかもリアル仕事が今大変で、なんだか落ち着かない毎日です。
夜中…2時3時くらいまで仕事場にいて、待機時間が長いので、合間合間にちょっとしたことはできるのですが、性格上、細切れの時間をうまく使えない私……
本当なら、お話だって、一行でもって思うんですけど。
前も言いましたが、怒涛型の私は、書き出したら雪崩、書かない時は恐ろしく凪いだ海。
一行だけ、なんて素敵な技はありません……(..)

庭の掃除、クリスマスローズの世話も放置していて、いまや庭は荒野…
冬だからいいけれど、春~夏は庭掃除で休日がつぶれる日もしばしば。
放っておくと、すぐジャングルです。ま、自然でいいって話もありますけど^^;^^;

さて、【海に落ちる雨】は第2章に入りました。
第2章の始め[15]に第1章のあらすじを付けました
第1章から読むのが面倒な方、ここからでもぜひお入りください。
多分、何の問題もないはず(って、じゃあ第1章はなんなんだ……いえ、後から振り返っていただいてもいい、ということで。割と設定の説明が多いし…おっと、インタビュー記事だけはお読みください→[6]です)

Time to Say Goodbye】は独立カテゴリになりました。
ぜひ、竜樹さんの素敵なイラストをご覧になってくださいね。
コチラは、同窓会が終わったら!年度末の怒涛の書類の隙間を縫ってぜひ、続きを書きたいと思います。

石紀行番外編】今週末は…ちょっと微妙ですが…
できればサン・シル・ラポピーへご案内したいのですが、数日遅れるかもしれません。

お約束していた【死者の恋】がちょっと滞っています。
来週にはアップする予定です。

あとは相川真シリーズのSSならぬ短編集を作ることにしました。
というよりも、人物紹介を兼ねた短編。
準備中なので、少しお待ちください(#^.^#)
多分、しょっぱなは【結婚しよう(結納は馬)】?
ついに竹流が真にプロポーズ?
実はただの酔っぱらい話ですけど。

春一番、このままあったかくなるとは思わないけれど、少しは寒さも緩みそうですね。
そうなったら、また、京都に行きます。
春に必ずご挨拶に行く志明院さんへ。
【清明の雪】に出てきたお寺です(真と竹流が訪ねた京都の水の源、歌舞伎『鳴神』の舞台)。
写真禁止なので、映像はお届けできませんが、一度じっくりご紹介したいです。

ちなみに、この記事、100個目の記事です!
私って意外に頑張っている…実は凝り性なのですが、時々ぷつりと切れちゃうので…
ユニークアクセスも数え始めてから650を越えましたが…きっと素通りしていかれる方が大半と思うのですけれど、ありがとうございますm(__)mm(__)mm(__)m、です。
もっといろいろな人に楽しんでいただける記事が書きたいけど…
すぐ自分のワールドに入ってしまう悪い癖…
お暇なときにはコメントなどもいただけたりしたら、とっても嬉しいです。
一生懸命?お返事を書かせていただきます。
私も、時々勇気を振り絞って(夜中だと頭がらりってるから、結構勇気が出る)コメントを書きに行っているのですが…内弁慶なので『はじめまして』のきっかけがなかなか掴めません。
気になるブログさんはいくつもあるのですが……(多分、気配を察知されている方もいらっしゃるかも……でも人気者の方々が多くて、高嶺の花なのです…)
また夜中に頭がらりっている(単に寝不足)時には、変なコメントを書かせていただくことも…
そんな時には相手をしてやってくださると嬉しいです(..)

100個目になって改めて…少なくとも年齢制限のないお話ではないのだろうとは思います。
ちなみに【清明の雪】は年齢制限なく書いたつもりですが、結構、竹流の薀蓄が面倒くさいので、低年齢の方にはお勉強みたいに見えるかもしれません。
神社とか、お地蔵様とか、室町時代の歴史的背景、とか。
何でも書いちゃうもので、正直、性描写や痛いシーンもでてきますが(特に【海に落ちる雨】後半では…ただ反面、心にしみるシーンも書いているつもり)……それが目的の小説ではないので、そればかりということはまるでありません。
どちらかというと、現実の中にあるファンタジックなシーンを書くのが好きです。
ただし、本当のファンタジーは書けません。

結局、色々な意味で中途半端な面があります。
だからカテゴリは不明、ということにしていますが、基本的にひとつのテーマがあります。
それは『再生』ということ。
意味合いは人それぞれの思いによって変わってもいいと思うので、それ以上は書きません。

もうひとつ、人と人が深く魂で結びついていること。
そのことが歯車になって、物語が進みます。
出会うべき運命ではなく、出会って拓けた運命。
小さなテーマは他にもいっぱいありますけれど、それはまた物語の中で。
BL風な部分もあるけれど、これは魂と魂が呼び合うならそれでいいと思うから、一つの表現と思っています。
【海に落ちる雨】では、これからたくさんの親子葛藤(憎しみ、懺悔、後悔、愛情…あらゆる形で)が出てきます。本当の親子だけではなく、疑似親子も含めて。
そして色々な恋愛模様も…男女、同性、かなわぬ想い。

全てをひっくるめて、『物語』が大好きです。


よろしければこれからもお相手くださいませ m(__)m


にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

Category: NEWS

tb 0 : cm 0   

NEWS 2013/3/10 更新情報 

ネットの海の隅っこで細々と物語を書いていて、時々いろんなブログを覗かせていただいて、それは結構素敵な体験となっています。
上手だなぁと思う書き手さんもいるし、わぁ、素敵だなぁと思う世界を作っておられる書き手さんもいるし、色々考えたり悩んだりされているのがすごく共感できる書き手さんもいるし。
みんなお話が好きなんだと思うと、すごく楽しくなります。
プロを目指している書き手さんの文章は本当に洗練されていて、一味違うし。
ただ好きで書いておられる書き手さんの世界は、自由でまた別の味わいもあるし。
あらゆる場所から物語の力を感じます。

ここは、現実のお仕事とか、趣味(かな?それ以上とも言えるけど)とか、それとは違う自分の想いを満たしてくれる場所だと思うので……ゆっくり、ここで楽しみながら、私も物語を紡いでいこうと思います。
でも、ほんとに、これって地道で孤独な作業でもあるのね。
大いに自己満足ではあるけれど、時々、ちょっとだけ誰かの気配を感じると嬉しいので、もう少し頑張っていようと思います。

それはさておき。

今週の更新情報です。
1週間に1回くらい、NEWSページを作ってみようと思います。

連載中
【海に落ちる雨】 (第4節~18禁/18R)
私のメイン小説:相川真シリーズの第2作目です。ものすごく長い話で、ミステリー要素あり、真の日常のあれこれあり、過去あり、大河ドラマみたいになっていますが、ゆっくり進めていきます。第5節まであり、全章数は始章と終章を除いても38あります。毎日更新のつもりですが、たまにリアル仕事が忙しいと飛びます。
各章の始めに、これまでのあらすじを入れていきますので、途中からでも、気が向かれましたら読んでみてください。
ただ今、第2章です。竹流がけがで入院中。少しばかり深刻な怪我です。
第1章のあらすじは、第2章(1)にあります。
毎回、最後にちょっと雑文、を載せています。

【死者の恋】 (18禁要素なし)
仮題のまま、突き進んでいます。相川真シリーズの中編(といって書き始めて、これまでどれほど長くなってきたか)。舞台は青森県です。推理小説ではありませんが、ミステリー要素と、そして高校生たちの切なくて一生懸命な気持ち、そこに老いた人/亡くなった人の想いが重なる結構素敵な物語(…の予定^^;)
ちょっと気持ちが乗って来たので、週に2回くらい更新できたらいいなぁ。
でも、年度末の怒涛の書類の山が~

短編、時々思い立ったら続編登場
【Time to Say Goodbye】 (BL,18禁あり)
彩色みおさん(BL作家に五里夢中!)が提供してくださるお題SSに勝手にお仲間に入れていただいて書き始めたら、ちょっとシリーズになってしましました。妄想がついつい走ってしまうもので。
高級菓子製造会社の青年社長とボクサーの若者の恋、のような恋でないような…てもやっぱり恋物語。
竜樹さん(萌えろ!不女子)が描いてくださったボクサーの拓(ヒラク)のイラスト付きです。
第3作目『炎の記憶・海の記憶』前篇をupしました。
もうBLというよりも、親子の物語になっていますが……たまにちょっとシーンあり。 
BLというには申し訳ないくらいあっさりですので、ERO度はあまり期待しないでください(;_:)

【3月のSS:桜・卒業・約束『4年目の桜』 (BL,18禁あり)
剣道の試合シーンが書きたかったばっかりに出来上がったSS。乗せられたら、アンサー篇のような続編を書くかも…

SSについて:短編が苦手な私にとっては、みなさんのお書きになるお話がとても刺激になり、勉強になっています。ありがとうございますm(__)m
とにかく、何が何でも起承転結を組み込む、というのが目標です!

気まぐれ連載
【石紀行】

今週は番外編・フランスの最終回・カルカッソンヌを予定しています。
ラスコーとルフィニャックは同時に出したいのですが、ルフィニャック(撮影禁止)のスライドを捜索中。
見つけたらやります。というわけで、来週は石紀行に戻ります。舞台はマルタ。古代の轍にご案内いたします。
大体1週間に1回くらい更新予定です。(多分週末)

【物語を遊ぼう】
物語の色んなことについての雑文。
次はNHKドラマ『ダイヤモンドの恋』を予定。
更年期に苦しむ人は必見のドラマだったんですが…もう一度見たい!
こちらも1週間に1回程度の不定期更新です。

連載終了もの:宣伝^^;
【清明の雪】 (18禁要素なし)
相川真シリーズの第1作目。京都の架空のお寺を舞台にした龍と水の伝説にまつわるお話。
長く京都に住んでいて、ある時『渇水』の話を聞いて出来上がった物語。
テーマは親子愛、かな。真と竹流の心の交流も、お楽しみいただければと思います。
この舞台裏、志明院の紀行文を今月末にup予定です。
毎年春にお参りに行くのですが、今年も行ってきます。
カテゴリからお入りください。あるいは、縦書きで読みたい!という方は【小説家になろう】を訪ねてみてください。
『清明の雪』
クリックしたら上のほうに、「縦書きで読む」というありがたいボタンが……
やっぱり小説は縦書きが読みやすいです。


よろしくお願いいたします。

Category: NEWS

tb 0 : cm 6   

NEWS 2013/3/17 更新情報とHappy Birthday 

実は、今日はわたくしめの○○歳の誕生日でして(^^)
歳ですか?
ちょっと大きな声では言えませんが、多分、あちこちに片鱗が出ている通り、かなりの歳なのですよ。
頭はお子ちゃまですが……
昨日も、アリス・イン・ワンダーランドをどっぷり楽しみました。
はい、ディズニーも好き(オリエンタル/ランドの罠に嵌るバカな奴)、お伽噺も好き、アンパンマンも見ますよ。歌えますし。
それはあんまり関係ないか……

本当は中津川の石のリベンジに行くつもりでしたが、同行予定の母の具合が悪く、また私自身も明日、急遽大きな仕事があって、数日眠れないかもしれないので、今日は家でまったりです。
一生懸命、ひとつ書き上げて、あとは時間の許す限り、もう一つ書けたらと思っていますが…

ケーキもなく、質素な和食で過ごしていて、自分へのご褒美ってのもない1日だけど。
あ、昨日、大好きな珈琲店(大阪府の某市にあるPoemさんというお店)で買ったコーヒー豆、美味しくいただいたのが一番かも。あとは母が育てているクリスマスローズを20鉢くらいもらってきました。
うちのは10年たって、そろそろ株が微妙になってきましたので…

それから、コメントをふたつ、いただいて、それがとても素敵なプレゼントになっています。
limeさん、sakiさん、ありがとうございます(^^)
もちろん、お二人とも、私が誕生日とは露知らずでいらっしゃいますが……
勝手にプレゼントもらった気分でおります。
それから、いつになく拍手も一杯いただいて、何だかとても嬉しいです。
→その後、コメントを下さった月子さん、加納さん、ありがとうござます(;_:)(;_:)
 何だかうるうるでした。今日メール以外では誰ともしゃべっていなかったので(..)
 その後わざわざメールを下さったsakiさん、重ね重ね、ありがとうございますm(__)mヽ(^o^)丿
 さらに、コメントくださいましたlimeさんとウゾさん、ありがとうございます!ヽ(^o^)丿



ということで、更新情報簡略版。

【海に落ちる雨】
第2章まで終了。来週は第3章に入ります。
第2章の最後の回[22]にうちの本棚をご紹介しております。
本棚好きの方、ぜひ遊びに来てください。
連載終了分は、今月中に【小説家になろう】さんにアップ予定。
小説ってやっぱり縦書きのほうが読みやすいと思うのです。
さて、これからますますやたらと人が出てきますが、真がちょっと美和ちゃんとデレデレするのは大目に見てやってください。第3章の始めにはまた第2章のあらすじを入れておきます。
よろしかったらここからでもどうぞ、お入りくださいm(__)m

【Time to Say Goodbye】 (18禁)
第3話【炎の記憶・海の記憶】の後篇の1(click)をアップしました。
始めはBLのSSだったのに、色気あるHシーンのないまま、だんだん複雑なことに…
複雑化するのはいつものことなんですが。
今や、親子関係の物語になりつつある。そして、ちょっと気になる子どもをだしてしまいました。
このせいで、多分後篇は2回の予定が3回に伸びるかも。
ヒラクとシュウスケの恋の行方、どころか、人生の行方は!?ってなことになっております。
ちなみに3月のSS【桜・卒業・約束】 はこちら(click)(やはり18禁)
長いけれど、少しましになった…かな?(これも続編orアンサー篇がありそう…?)
ちなみに、物語が面倒でも、この3月SS記事の最後に載せた美しいアーモンドの花だけでも見に来てください(^^)

【相川真シリーズSS】1.吾輩は猫なのである (click)
初登場。【海に落ちる雨】のおまけシリーズの第1弾。
うちのむかし猫、にゃんたの超かわいい(^^)写真つき。
でも、数枚しか写真は残っていないのです。

掌編】月へん(click)
実は昔書いた、純文学(のつもり)の掌編です。
18禁とは言えませんが、やや色っぽい話・単語?が出てきます。
わたし的には中学生以上はOKのつもりですが…
登場人物が医学生たちなので、ある程度は許されないかしら。医学用語ですしね。
いや、本当に、私の『SSに詰め込みすぎ』の原点とも言える作品?だったりするのですね…
(これは恋愛ものではありませんが)


これから、三味線のお稽古でございます。
終わったら、【死者の恋】を書きたい~けど、どうかな。
石紀行は、予定より遅れていてごめんなさい…もしも待ってくださっている方がいれば、の話ですが。

ということで、とりあえず、ご報告まで。
今月を無事に乗り越えること(仕事と三味線)、それが今は一番です。

で、自分に花束を??
クリスマスローズ1
クリスマスローズ3クリスマスローズ2
我が家のクリスマスローズの最盛期のころの写真。今はもう株が弱ってしまって、ダメダメですが、来年は回復させたいと思います。



にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

Category: NEWS

tb 0 : cm 10   

NEWS 2013/3/23 更新…ままならず 

ということで、今日は朝の風景をお目にかけて、お茶を濁そうかと…^^;

まずは、今朝のうちのお庭の花を。
さくら
下を向いて咲く桜でして(名前…忘れちゃった…)、しかも昨日の雨のせいか、ちょっとしょぼくれている…
ぼけ
こちらは真紅のボケの花。珍しいいろで、しかもこのボケ、とげがありません。

そして、憧れの朝ごはんブログに挑戦??
朝ごはん
のりがしょぼくれているとか、炭水化物率高いんとちゃうんかとか、苺のヘタからいかに冷蔵庫に放置されていた時間が長いかわかるとか、この皿は実はとなりのトトロとか、細かい突込みはしないでくださいね^^;
そして、これがなければ私の朝は始まりません。
珈琲
本当は、お湯をかけてふわんとドームになった珈琲淹れてるとこを写したかったんですが、一人では無理だった。
今朝の珈琲はマンデリン。中煎りの、春らしい珈琲です。
本当は深煎りのがっしりした豆が好きなんですが、今日は春の朝の気分だったので。
珈琲豆提供は、ポエムさん。わざわざ買いに大阪のT市まで行きます。
この波波のフィルターに注目。実は土佐和紙で作られたものもあるのですが、ちょっと高いので普通の紙です。これで淹れる珈琲はコクがあります。
珈琲2
ブログでは匂いがお届けできないのが残念。せめて湯気だけでも…!?
珈琲3
そしてお気に入りのしまうまマグカップでいただきます(^^)
向こうにいるのは誰?
そう、この子、島根県のゆるきゃら、よすみちゃんです。
四隅型古墳をモチーフにしたゆるきゃらで、体は古墳、頭は水だそうで。
いずれ、石紀行でじっくり、ご紹介いたしますね。

では、今日は今から三味線どっぷりに行ってまいります(^_^)/~

Category: NEWS

tb 0 : cm 4   

NEWS 2013/3/30 やっと土曜日:一分咲 

しだれ
我が家の枝垂れ桜は、他の桜よりも少し遅くに咲きます。まだ一分咲。

ちなみに私は、この一分咲程度の桜の木が一番好き。
つぼみの花の色が濃いからかもしれませんが、木全体が『今からピンクになるぞ!』というギュッとピンクを(桜色を)詰め込んだみたいに見えるから。
咲いちゃうと、あぁ、咲いちゃったって感じになるからかも。

今日はやっと土曜日。
昨日また夜中までかかって仕事を片付けたので(この1週間、ほとんどこんな感じだった…)、今日はやっと週末作家(ってないいもんじゃないけど)になるぞ(*^_^*)

その前に、今日は魚の話題。
この間、テレビに水族館の人が出ておられて、イワシがかたまってトルネードを作らなくなった、と言っておられた。イワシが集団で泳ぐのは、カツオやマグロといった大型の魚から身を守るためで、水族館の中ではカツオ・マグロにもちゃんと餌を与える→イワシを襲わない→イワシは安心→みんなで集団でトルネードを作らなくても平気→群れから外れるイワシが出てくる→トルネードなんていらないや…
これではイワシを水族館で見せる意味がありません。
で、ちょっと腹を空かせたカツオ・マグロをイワシの水槽に入れてみたら…あわててイワシはトルネードを作るようになったらしいです。

魚の社会って、本当に人間世界と同じなんだなぁ。
ま、危機管理のためには常に危険にさらされていないとならない、疑似的に危険状況を作るってのは、この現代では難しいんでしょうけれど。

こんな話もあります。(さかなクン談)
ある魚の群れでは、群れの10%が怠け者だそうです。
で、この怠け者の魚を取り除いたら…
また残りのもともと真面目だった90%のうち、10%が怠けるらしい…
いわく、これが10%を超えると魚は群れとしてやっていけなくなるのだとか。
これも、何だか示唆に富んだ話ですね。

そもそも人間界で使われている色々なもの・工学製品も、自然界の真似をしたものがたくさんありますよね。
水をはじく仕組みとか…
人間はもっと沢山のことを自然界から学ぶことができるようです。

さぁ、今から、週末作家(*^_^*)
明日は、京都の山奥に行く予定です。

Category: NEWS

tb 0 : cm 0   

NEWS 2013/4/1 戦利品 

戦利品
本日…っても昨日になっちゃったんですが、戦利品をご紹介。
昨日の春の旅は、大阪のK市にある大きな岩をご神体にした神社で岩窟めぐり。そして京都の観光地図からははみ出ている岩屋山志明院。帰りに扇子を買うという母について行って、自分も扇子をゲットしました。

扇子は白竹堂さん。いつもふらふら歩いて発見するので、正確な場所はわかっていませんが…
布でできていますが、角がなくて丸いのでちょっとコンパクト、団扇感覚で使えて、実は風が抜けるところが少ないので、しっかり扇げる。
同じ扇子屋さんの匂い袋が左下。
結構一目惚れで買ってしまいました。

そして、このあたりに行くと必ず俵屋旅館さんのギャラリー、遊形さんに寄って、石鹸を買います。
とても和風でいい香りのする石鹸です。
普通の石鹸と思えば高いけれど、化粧石鹸と思えば安い……200円/個。
そして同じく、可愛いてるてる坊主型の匂い袋もお気に入りです。
旅館は…一泊〇万円の超豪華旅館なので泊まれませんが……^^;

400
そしてこちらが、大きな岩をご神体とする神社、磐船神社。
この岩の下にはまだまだすごい世界が……遠からず【石紀行】にアップ予定です(^^)

岩屋山
そしてこちら。『街道を往く』で司馬遼太郎先生が、この橋を渡ると魑魅魍魎がいてもおかしくない、と書かれていた、岩屋山に至る橋。手前に少し家が見えていますが、この先には杉木立の向こうにお寺があるのみです。
志明院。歌舞伎の『鳴神』の舞台、賀茂川の源流と言われている場所です。
毎年、こちらにお参りしています。
ここが私の【清明の雪】の発想の原点のひとつになった場所でもあります。
またここも、【石紀行番外編】で登場予定。
ちなみに、橋というのは、あの世とこの世の境、結界を作るもののひとつと言われていますね…
掌編【百鬼夜行に遅刻しました】のウゾくんたちの世界にも、あちこちで橋や辻が登場します(^^)

最後に。
春
大阪府某市のある川べりの春の風景。
昨日は、京都でたくさんの桜を見ました。満開から一分咲まで。
この一輪一輪に無限の春が宿っています。

更新情報まで書きたかったけれど、今回はここまでで。
新しい年度の始まり。良い一日でありますように。

Category: NEWS

tb 0 : cm 2   

NEWS 2013/4/1 サクラ咲く 

枝垂れ2013/4/1
暖かいからか、いつもだらだらしている我が家の枝垂れ姫が、今年はさっさとやる気を見せています。
桜の季節にはやっぱり何だかソワソワしますね。
近くに厄神さんがありまして、そのそばにやたらと広い公園がありまして。
普段は夜は真っ暗なのですが、今日はあちこちでぼんやりと灯りが見えていて、宴会の気配が。
今日はずいぶん賑やかな気がする。
あの中のいくつかは、あやかし・魑魅魍魎君たちかもしれない、などと考えながら通り過ぎました。

そう言えば、一昨年はこの真っ暗な公園のわずかな灯りを頼りに、職場のみんなで闇鍋ならぬ闇おでんと闇焼きそばをしました。その時あまりも寒かったので、すっかり萎えたうちの若手の希望で、去年は我が家が宴会場になりました。
ちなみに、闇の中でご飯を食べても、何だかあんまり美味しくない…ような気がします。
みんなでワイワイ食べているそのことは楽しいんだけど。
食べ物って視覚に頼るところが大きいんだろうなぁ。
人の感覚って、五感も六感も、孤立したものではなく、リンクしているものなのですね。

そして、夜。
枝垂れ(2)2013/4/1
やっぱり、夜の桜は何だか怖いなぁ…
ちなみに、私の家の桜の木の下には何も埋まってないはず…(@_@)

詩を書く方々のブログをお邪魔して、とても素敵な詩や桜のお写真を見るのは楽しみです。
桜が咲くと心がざわめくんですね…じゃわめぐ(津軽弁)。
詩が生まれる。
サクラって、どうしてこうも人の心を乱すのかしら…

宴会したい~! (←それか…ニンゲンは所詮、欲望の生き物…)


今日、ちょっとほっとしたことが。
実は、この数日、うちのPCくんは、インターネットが大嫌いになっていたらしく、本当にどのページを開いても、どちらに訪問しても、しばしば固まってしまわれ…
記事をアップしてもしょっちゅうすっとぼけ、別のページを開こうとしても長時間考え込み、そのうち『そんなページは開けられんわ』とか言い出す始末。
(決して怪しいサイトを見ているわけではありません^^;)
どうなることかと思いましたが…
今朝はまだ変だったんですが、さっき帰ってきてからはサクサク動いています。

(動き始めたのが)エイプリルフールの気紛れでないことを祈ろう…っと。

Category: NEWS

tb 0 : cm 2   

NEWS 2013/4/4 今日の桜と更新情報 

枝垂れ2013/4/3
枝垂れ2013/4/3
こちら、今日の…あれ、もう昨日だわ、の我が家の枝垂れ桜。ずいぶん咲きました。
夜じゃなくて、まさしく逢魔が時の写真なのですが…フラッシュを炊いたら、すごい夜みたいになっちゃった。
アップを見ていただけるとわかりますが、八重の枝垂れです。実家にはこの兄弟みたいな一重の枝垂れがあります。どちらも素敵です。

アーモンド2013/3/31極楽鳥2013/3/31
こちらはアーモンドの花。例年ならアーモンドのほうが桜より2週間ばかり早く咲くのですが、今年は1週間とずれていない。かなり寒かったのが、急に暖かくなって、まるで北国みたいに一気に色々な花が咲いたのでしょうか。今年は、ボケも利休梅も山茱萸も一気に咲いた気がします。
隣は極楽鳥の花。うん、春だなぁ……

さて、ちょっと更新情報。

【海に落ちる雨】
第3章に入りました。えらく長編ですが、まったり進んでいます。
この第3章は、登場人物があれこれ出てきますが、ちょっと人物紹介的ニュアンスもあり。
ある程度出そろったら、人物紹介もアップしたいと思います。
主人公二人のことは、すでに【小ネタ出し】の中で見ていただくことができます(^^)
第1・2章のあらすじはそれぞれ、次の章の始めに載せていますので、全部読まなくても結構ついていけるようになっておりますので、途中からでも遊びに来てください。
私が意外にへこたれていて、連載終了分は、今月中に【小説家になろう】さんにアップするつもりが遅れています。
縦書きで読めるようにと思っておりまする。
小説の後ろにはちびコラムあり。
第3章の始めには、第2章のあらすじ、そしてカミングアウトについて?書いています。

【Time to Say Goodbye】 (一応18禁)
第3話【炎の記憶・海の記憶】の後篇の2(click)をアップしました。
もうすでにまったく18禁でもBLでもない話になってしまっていますが……
悩める青年・ボクサーである拓、ボクシングの世界における今後の自分のことでも悩み、一応恋人の宗輔の過去を何も知らないことでも悩み、そしてちょっと知り合った子供・アラタのことも心配…
案の定、後篇は3回になりそうです。

【死者の恋】
調査事務所所長・相川真シリーズの比較的短めの話、と思って書き始めたけれど…
岩木山から姿を消した老女、老女が少女に預けた骨の入った小瓶…
謎解きの最後には素敵なキラキラシーンが待っているはず!
第3話をアップしています(嘘つき)←これは章題の名前^^; クリックしたらジャンプします。

【掌編】百鬼夜行に遅刻しました(click)
ウゾさんのブログ名(ブログはこちら)をそのままタイトルに戴いて、併せてウゾさんも小鬼のウゾくんになって、そしてもち姫さんはもち姫さんとして活躍する、鬼たちの物語。月刊Stellaさん4月号にエントリーしました。
絶対にファンタジーは書かないと決めていたのですが、もち姫さんのお写真にノックアウトされ、書いてしましました。掌編~短編集、5話までの予定。
第1話は桜の物語。第2話は夏前に載せる予定…朝顔の物語です。
頭の中では、すでに、朝顔の精ともち姫さんの会話が渦巻いています。

【物語を遊ぼう】
(9)短編について(O・ヘンリ)(その1)(その2)、と勢いで書いてしまった(10)正月四日の客(click)をアップ。


【予告】
常に未定だけど……
(1)物語を遊ぼう:つかず離れずが萌え(Xファイル)
(2)死者の恋:少しずつ…進めてまいります。
(3)Time to Say Goodbyeは最終話予定。併せて、3月SSの決着もつける予定。
(4)石紀行:磐船神社、マルタのカート・ラッセルが登場予定
  番外編はカルカッソンヌと岩屋山・志明院

今月もよろしくお願いいたしますm(__)m
新年度の始めが過ぎたら、少しはリアル仕事も余裕が出るといいのだけど……


Category: NEWS

tb 0 : cm 0   

NEWS 2013/4/6 はちみつ 

今日ははちみつ。
実は、私ははちみつ大好きっこでして。
やっぱり国産のが、味が濃くていいよなぁと思うんだけど……
難点は高い!ということ。

できるだけ、地方に行ったら、農協いえJA絡みのところで比較的安い、大瓶に詰め込まれた、いかにも地元っていう感じの一品を購入してくるようにはしていますが……

たまにストックがなくなってしまうと、近隣のお店で買うことに。
今回は、前回京都で扇子を手に入れた日、扇子屋さんの近く(河原町通りと烏丸通り、三条と四条に挟まれた区画)でみつけたはちみつ屋さんで購入したもの。
(物が高いだけに、えらくしゃれたお店でした。いつもJAに頼っている私には新鮮…しかし、あの界隈、しゃれたお店が増えましたね。錦市場の中にまで、しゃれたお店が進出…何だか、昔の錦が懐かしい)
ついでに、近所にある、蕎麦を使ったドーナツをメインで売っているお店で手に入れた蕎麦のはちみつ。
はちみつ

はちみつって不思議ですよね。
ミカンのはちみつはちゃんと柑橘類の味がするし、蓮華は蓮華(昔は家の前が田んぼだったので、よく蓮華の蜜を吸っていた…空腹のためではありません^^;)、アカシアはアカシア……それぞれの味がする。
ソバは本当に蕎麦の味なんですよ。
そして、旬かな、と思って購入したサクラ。
本当にサクラのあの(桜餅の!?)味がします。

そう考えたら、花の蜜には、その植物の匂いや味や色んなエッセンスが詰め込まれているんですね…
有難いことです。
先般書きましたが、桜の咲く前、一分咲くらいの『これから咲くぞ』という時が一番好き。
このぎゅっと詰め込まれた、ピンク(桜色)が濃縮されたような木の全体の色合いが好き。
サクラが、今から『桜』になるぞ、という時の迸るような色気と華やかさの一歩手前が好き。
はちみつにも、今度は逆に花を散らせた後の、実を結ぶための全てが、宝物の箱みたいに押し込められているんですね。

これ、蜂さんの努力を横取りしているわけですが、それ考えたら、値段はまぁ、仕方がないかなとも思うわけでして。
以前、はちみつ農家ではなく、趣味ではちみつ作っている人からもらったはちみつ、忘れられない味がしました。
何の花なのか、あるいは色々なものが入り混じっていたのかもしれませんが、甘くて、ちょっと苦くて、野の花の味がした。

皆さんは、どんな味の蜂蜜がお好きですか?

Category: NEWS

tb 0 : cm 7   

NEWS 2013/4/17 更新情報 

更新情報です(#^.^#)

【海に落ちる雨】(連載中)
*ごめんなさい、18禁/18Rです…と言っても恋愛や性描写がメインの小説ではないので、流れ上のシーンばかりで、逆に期待はしないでください^^; うーん、でもこれって本当にどこからが18禁? そういうシーンは出てくるのですが、とりあえず出てくるだけなんですけれど……という程度です。
*相川真シリーズのメイン小説です。
*今週からは真面目にちょっとずつ、更新することにしました。でなければ、なかなか終わらない^^;ということに気が付きまして……
*もしかして、今からでもちょっと読もうかな、なんて思ってくださっている奇特な方がおられましたら、第2章の始めに第1章のあらすじが、第3章の始めに第2章のあらすじが載っています。大いにかっ飛ばしていただいて構いません^^;
*始章を独立カテゴリにして、完結マークを入れました。こちらは主人公二人、それぞれの生い立ちのようなものなので、独立した物語として読んでいただいても大丈夫なのです。特に大和竹流の方は、ヨーロッパ大河ドラマ風になっていますが、気にしないでくださいね^^;
【小説家になろう】さんに終了部分(始章、第1~2章)をアップしました。縦書きで読みたい!という方にはお勧めです。というより、絶対に読みやすいと思うのですよね……→(clickしてね)
*そして、記事の最後に『ちょっとコラム』付き。しばらく本棚紹介が続きそうです。

【死者の恋】(連載中)
*相川真シリーズのちょっと気楽な物語。調査事務所のお仕事の話ですが、よくよく金になってないなぁ…とも思う。嘘ばかりついていて大人なんか信じないという女子高生・詩津とヤケッパチでいつ死んでもいいと思っているロック歌手・嶺の物語としても読んでいただける…かな? 小道具は、詩津が岩木山でであったおばあさんの残した『骨の入った小瓶』です。
*まだタイトルの変更はありうるけど…未定です。まだこのタイトルの意味は出てきておりませんが…そのうちに(^^)
*これが終わったら、今度は高校生のかわいい真の話でも書こうかしら。26歳、あまり可愛くありません…

【Time to Say Goodbye】(連載中:あと1回で最終回)
*18禁/BLもどきです。SS連作の形になっています。
*プロとなったものの行き詰っているボクサー・拓(ひらく)と、ある事件がきっかけで痴呆となった母親を施設に預けたままの製菓会社社長・篠原宗輔(しゅうすけ)の物語。どちらも両親のことでは心に傷を持っているのですが……そして、アスペルガー症候群の少年・アラタ、やはり同じ症候群の宗輔の親友・ロボット博士のお茶の水博士じゃなくて斎田アトム。ちょっとお気楽に読んでいただけると思います、多分。BL風(あくまでも風)に抵抗がなければ……

【石紀行】
*先週は大阪・交野の磐船神社をアップしました。ちょっと不思議な石の世界、ぜひのぞいてみてください。
*今週はマルタのカート・ラッツをアップしました。正確には石ではない、と言われるかもしれませんが、かつてなく巨大な石と思っていただければ…そう、今回の石はなんと、石灰岩の地面です。古代の轍、という説も……
*このまま、マルタの巨石神殿をご紹介していきます。お楽しみに(^^)

【物語を遊ぼう】
*今回は、『つかず離れずが萌え』をテーマにお届致しました。ケースに選んだのはXファイルとスタートレック・ヴォイジャー。でも、無限の『つかず離れず』があると思うので、ぜひとも皆様のおすすめがお聞きしたいです(^^)
*そろそろやろうかな…というテーマは『小説をキャラで読むか、ストーリーで読むか』『私がBLを書けないわけ』……(^^)

【NEWS】
*単に更新情報とかを載せていく予定だったのに、何故かちょっと充実してきた?(かな?)
*雑感とか、庭の花のこととか、あれこれ。
*そんな中のbig newsは……満天星の記事に、akoさんが詩をつけてくださいました! ぜひ読んでくださいませ(akoの落書き帳)
*予定より長い記事が多くなっているので、今後はもう少し短い記事を書こうと思います…(;_:)
*ソ連物語第2弾、ヴェネツィアのアクア・アルタも近々登場。

【その他予定・予告】
*4-5月の目標は、【百鬼夜行に遅刻しました】夏編を書くことです(^^)
*皆さんのブログにお邪魔して、お話をじっくり読みたいけれど…なかなか時間がうまく使えません…でも少しずつ、拝読していっておりますので、またじわじわコメントなど書かせていただきたいと思います(^^)
*いつもコメントをくださる方々、ありがとうございます(^^) やっぱりうれしいものですね(*^_^*) 私の小説はブログで見るにはとっつきが悪すぎて、本当に申し訳ない感じがしていますが、もしかしておひとりでも読んでくださっている方がいてくださるのなら、大変うれしいな~頑張ろう、と思いながら……


では、今週もよろしくお願いいたします。
本日は三味線ボランティアでした(^^)

Category: NEWS

tb 0 : cm 1   

NEWS 2103/4/28 ポメラとタブレット 

ぽめらとたぶれっと

本日、青森行の準備のために、以前から懸案事項だった買い物をしました(^^)
お金はいささかかかりましたが…^^;

旅行や出張の時、いつもは頑張ってPCを持っていくのですが、今回は別にExelやPower Pointを使うわけでもないし…
でも、ブログもちょっと書けたらいいなぁと思うし、これを機に読みたかった皆さんのお話をじっくり読みたいし、たまには調べものもしたいし(ロケハンも目的のひとつだし)…

実は私の携帯、本当に携帯で、スマホではありません。だからブログを見るのはとても大変。
でも、スマホのネット画面はかなり小さそう…目がしんどい~
と悩んでいたら、スマホとタブレットを持ってる人が、スマホはいらんかった、電話なら普通の携帯のほうがいいし、持ち歩くのさえしんどくなかったら携帯とタブレットが正解、とのたもうたのです。

ということで、タブレット持ちになりました(*^_^*)
一気に世界がつながった?

そして、もう一つの懸案であったポメラ、買いましたよ。
二次小説書きの友人がずいぶん前に買って、いいよ~と言っていたのが羨ましかったけれど、なかなか買う!という勢いのないまま…
リンクを貼らせていただいている彩色みおさんもポメラ買ったよ~(そして破損した!)と書いておられまして…

これで、少し出先でもお話を書ける環境になりました(*^_^*)

そしてそして、旅には絶対に本を持っていかないと落ち着かない私は、今回旅の友に、東直己さんのススキノ探偵シリーズ最新刊(シリーズ12作目)を購入(^^)
本当は小野不由美さんの『屍鬼』(4冊)と思っていたのですが、絶対に夜は飲むし、いつも読めないまま持ち帰ることも多いし、今回は皆様のお話も読みたいし、とりあえず1冊だけならこれ、と。
併せて、『青森県謎解き散歩』という謎の本も購入。

さて、どうなる、私の今年の青森遠征(^^)


…どうせ、毎日三味線聴いて、叩いて、飲んで…で終わるんじゃね―の?という声が…^^;
あぁ、その通りです。行く前はいろいろ思うけれど、行ってみたら三味線三昧(+飲み放題…あ、お金はかかってるから放題、じゃないか)なんだなぁ。



-- 続きを読む --

Category: NEWS

tb 0 : cm 8   

NEWS 2013/4/29 少し嬉しい拍手とHIT 

シーサー1
というわけで、特別に?私の母と私が沖縄で作ったシーサーをアップ!?
向かって右が雌?で母作、左が雄で大海作。
うちの母は、何だかこういうこと器用なんですよね。
私はイマイチなんですが……

ついでに、一目ぼれして購入したシーサーもご紹介。
シーサー2
本当は屋根とか門とかに置くものとは思うけれど(ちなみにすでに門には別のシーサーがいる)、床の間に飾ってもいい?とか適当なことを言われたので、床の間横に並んでおられます。
シーサー屋さんで一目ぼれしたんですね。
狛犬みたいに阿吽になっていますが…

そう言えば、お寺や神社の狛犬で結構面白いものがありますよね…
岩木山神社で見た狛犬は、あがったり下がったり、の不思議な姿。上向きと下向きの対でした。
(写真が見当たらないので、またいずれ…)

あ、何の記事だったかというと、カウンターは置いていなのですが、管理画面にはアクセス数とか出てきてて、数え始めたのが今年の1月22日。ブログ自体は1月14日に記事を書き始めているのですが、その時はどうやってアクセスの解析とか置くのか分からなかったのです。
と言っても、そのころはブログに訪ねてきてくださる人はほとんどいなかったと思うのですが。
さっき見たら、訪問者数1900になっていました。
もちろん、有難いリピーターさん方と、通り過ぎていく方がほとんどなのでしょうけれど…袖擦りあうも他生の縁、ということで?やっぱり有難いなぁと。
ついでに、いただいた拍手もふと見たら、404と何やら意味ありげな?数に…
何より嬉しいのは最近、ちょっとだけ小説のほうの拍手がちまちまと増えてきていて…
ちょっぴりうるうるしております(;_:)

読んでくださる方がお一人でも、きっととても嬉しいと思うのだけれど、複数いてくださって、それに暖かいコメントも下さって、本当に感謝しておりますm(__)m
思えば、私が書いたものって、絶対ブログ向きではないだろうな、と思う迷いからスタートし、機械音痴なのでブログの仕様との戦いもあり……それなりに乗り越えて…
畳むのも教えていただいたし……
それに、この先、ちょっと痛い話もあるので、どうなのかな、とか思いながらも、たとえ読んでくださるのが一人になっても…ちょっとだけ頑張ろうと思うのでした。
(でも、痛いのがメインじゃないので…本当はほのぼのが好き)

私もできるだけあちこちお訪ねして、感謝の気持ちをばら撒きたいと思います。

でも、今日はまず、庭の雑草との闘いが待っている!
待ってろよ、カラスノエンドウ、スイスイ、タネツケバナ、タチイヌノフグリ、オシヒバ、コニシキソウ……
本当は雑草、好きなのもあるんだけれど、収拾がつかなくなりジャングルになっていくので、心を鬼にしてやはり戦わねばなりません…

Category: NEWS

tb 0 : cm 0   

NEWS 2013/5/1 リサイクルの裏側? 

リサイクル
これは牛乳のパックを開いたところと、あるヨーグルトの蓋(というのか…)をめくった裏。
牛乳のパックのほうは、リサイクルしようと開かなければ見えないところに『リサイクルありがとう』
(写真、小さくて見えませんね…上のほうです)
ヨーグルトのほうは、この蓋の裏、結構ヨーグルトがべっとりついていて、そこもこそげて食べないと見えないところに『いつもありがとう』

何かの番組で、日本に住む外国人に、日本の好きなところを聞くという企画があって、この牛乳パックの開いたところのことを言っていた。
この『ありがとう』を見た時、日本ってすごいと思ったと。

これはもしかして、シーボルトの奥さんが、シーボルトからもらった上等の絹を、着物の表ではなく裏地にしていたという話と共通するのかも?
なぜ表にしないのかと聞くシーボルトに、嫁は、このような贅沢で素晴らしいものを人にひけらかすのは自慢しているようで嫌なのだが、あなたからもらったものは最も身近に感じたい、だから裏地にした、とか何とかそのようなことを言ったんじゃなかったかしら。

え? 全然違う話?
でも、ちょっと奥ゆかしいですよね。

えーっと、何の話だっけ。
リサイクル。
リサイクルと言うのはどこまでどのようにすればリサイクルと言うのか、採算はどうなのか、とか細かい論議はともかく、こんな見えないところに『ちょっと一言』はずるい=心くすぐる作戦です。
深く入り込んで見た人しか分からない、醍醐味(^^)

リサイクルとは何の関係もない話ですみません…m(__)m

でも、物書きとしては応用したい話でした。

Category: NEWS

tb 0 : cm 4   

NEWS 2013/5/15 探偵はバーにいる2/ 災害の備え 

探偵
今度のパンフレットは、ショーパブのマッチ風で、華やかさを感じさせるものです。
そう、観てまいりました、『探偵はバーにいる2』

前半はちょっと遊びが多すぎて、ファンには面白いけれど、これを初めて見た人には、あれ?という感じがするんじゃないかと思ったりもしました。映画1本のストーリーとしての出来のよさは1作目のほうが上という気がします。
ただですね、細部は今回もよくできていいたのです。
大きな流れはともかく、細かい部分での遊び、エンターテイメントとしていうならば、上出来です。
ショーパブの華やかな小物とか、探偵の部屋とか、ケラーオーハタの小物とか、『ちょっと前』の時代を十分に感じさせる小道具にあふれていて。
乱闘シーンが大好きな私は、それだけでも楽しんでしまいましたし、今回も松田龍平さん演じる高田が最高。
原作では、本当に探偵は一人ぼっちで戦う印象の話なのですが、そこをあえてエンターテイメントにするべく、常に高田が近くにいる(例のごとく、来るのは遅いけど)。
しかも、乱闘中に高田がやられた!って感じの場面での、洋ちゃんの必死な顔、などなど、人物のかかわりは十分に楽しませていただきました。
しかも、絶対それ、アドリブを素で撮って、そのまま使っているんじゃ、というようなシーンがあちこちに。
水曜どうでしょう、かと思っちゃった。
ちなみに、そんなに銃とかぶっ放していいのか、って点はもう無視しましょう。
It's a show time! ですから^^;

そして、後半に追い込む感じは前作同様、GOOD!でしたよ。
結局、結末=犯人がこんなやつで悲しすぎて動けない、という洋ちゃんの感じも、よく伝わってきましたし。

個人的には、最後の屋上で、探偵に煙草を渡して、ライターを差し出す高田、その手を覆うように火をもらう探偵のシーンにきゅん、となりました。
いえ、決して腐ではないのですが、これはもちろん屋上だから、風が強くてってシーンなんだけれど、事件の結末にちょっと悔しくて何となくすっきりしなくて、悲しいような、世の中こんなものかって思っているに違いない探偵に煙草・火を差し出すだけだけど、友情というほどにもクサくない距離感、でも独立した人間同士が信頼しあっている(来るの遅いけど)感じが、このシーンに集約されていて、その真下にススキノの交差点があるのです。
この映画の題名が、ススキノ大交差点、というのが、このシーンでぎゅっと心に感じられる。
色んな人生が、良くも悪くも交錯した場所なんですね。

記事を書いていたら、やっぱりいい作品だった!としみじみ感じてきました。
も一回観ようかな。

ちなみに、1作目は小雪さんの超絶な感じ(やっぱり美しい、というのか雲の上的印象)が物語を引っ張ったという気がして、作品としての出来栄えに大きくつながったのかも。
今回のヒロインの尾野真千子さんも全然悪くないのですが、小雪さんがちょっとスーパーだったというだけで。
でも、今回のヒロインはギャップを楽しむ、という感じですので、超絶美人では逆にダメなわけでして。

そして、私が気になって仕方がなかったのが、作中でやたらと食べられている、北菓楼のおかき。
もう、大好きなんです。北海道に行くと、山のようにお土産に買ってきます。
特に甘海老が最高。
細部に…こだわっているんですね、きっと(^^)


ところで、映画館に行くには、神戸の僻地にいる私は、半時間ばかり車で山を越えていくのですが、ちらりと見ると、ガソリンは少ないし、携帯の充電も危ういし、あらら、と。でもレイトショーに間に合うべく、そのまま走りました。
今、災害が起こったら大変!とか思いながら。

そう、災害への備えとして、必要なもの…
常にガソリンは満タン、携帯の充電も満タン、ベッドの傍には靴。
ガソリンに困るのは絶対見えているし、携帯は懐中電灯代わりにもなるし、大震災の時裸足で出て行って怪我した人が多いので靴は必須、と。
避難袋とか置いていてもすぐ忘れるけど(どこに置いたかわからなかったり^^;)、この3つはまずやっておくというのが神戸の人間の結論のようです。
もちろん、水とかも大事だけど。

そんなことを考えながら、昨日は映画レイトショーに走った日でした。
眠い……(@_@)

Category: NEWS

tb 0 : cm 10   

NEWS 2013/5/31 腰痛(;_:)/ 【幻の猫】お知らせ 

腰痛で座っていられません(;_:)
仕事は座っていることが多いので(年取ると、事務仕事が増える……)、余計にこたえます。
別に腰痛持ちではないのですが、急に……
寝ててもあちこち痛くなってきて(庇うから?)、落ち着いて寝れない……
月末業務がこなせなくて困っている大海です(;_:)
昨日は、久しぶりに筋トレ、おサボりしました。
歳を取ると、ちょっとサボると、また翌週が辛いトレーニング。

maruta
今週末は、石の記事が書きたい。
お話も、進めたい。
腰よ、頑張れ。
肩も背中も、ばりばりに張っているけれど……



考えてみれば、調子がいいな~と思う日が少なくなっているなぁ。
何か気分転換を考えなくちゃ。

腰痛……
肩こりはあれこれ研究したけれど、腰痛は初心者。
また新たな研究ネタができてしまった……

できれば、病気以外の研究がしたい(;_:)


追記です。
本日夜20時ごろ…【幻の猫】第5話アップです。
そしてなんと、例のごとく、終わらなかったので、本日深夜前?【幻の猫】第6話もアップです。
え?まさかのまさか?
そうなんです。まさかの第7話があります^^;

遊びすぎちゃった……^^;
事情は、本日夜に!

Category: NEWS

tb 0 : cm 4   

NEWS 2013/6/8 くまもん/ 紫陽花 

くまもん
何故かくまもんからスタートの、週末恒例我が家の花コーナー(って、いつ恒例になったんでしょう?)。
そうなんです、時々お邪魔している猫ブログさん、管理人(=ネコくん)のママさんがゆるきゃら好きでいらっしゃって、私が購入を迷っていたくまもんNOTEを購入されたというのを拝読して、買ってみました!(というより、速攻で買いに行きました^^;)
あ、ちなみに、かなり楽しいネコさんなのです! もう本当に、ひとつひとつコメントが最高で、面白い絵本か4コマ漫画を見ているような。大海はいつも癒されています……GOしちゃってください→宝来くん(in『だぶはちの宝来文庫』さん)

この大きいのがその付録についている(というよりメイン?)トートバックですが、しっかりしているし、くまもんの部分はポケットになっているし、かなりGOODです(*^_^*)
裏側には別のキャラ、にゃーが。くわしくは宝来くんに聞いてね!(2013/6/4の記事ですよ!)

さて、ゆるきゃら、もうあちこちで大ブームですね。
賛否両論、あるでしょうけれど、これでその地方が潤うならば、と思ったりもします。
ぬいぐるみ、被る人は大変だろうけれど。
かく言う兵庫県のゆるきゃら、はばたんは、国体の時の行進で、熱中症で何人も倒れたとか。
あ、ぬいぐるみじゃないですね!
中に人は入っていないのだ!

そのなかでも、ひこにゃんとくまもんは大成功。
くまもんは結構、政治家さんとかに対しても不遜な態度?で臨むらしく、そんな、相手の身分によって態度を変えないところもいいのかも!?
ひこにゃんとの共通点は、パフォーマンスでしょうか。
かなりイケテイルそうですよ。

そう思えば思うほど、日本は『キャラ』の国ですね。
何でもこうやって『キャラ』にしてしまう。
そしてそれを愛でる。
カワイイ、というのはもう、世界ではモッタイナイと同じくらい浸透した言葉だとか。
これはprettyとはまた違うんですよね。
小さなものを、花も、茶器も、日常の雑貨も、愛でてきた日本の風土に、『キャラ』は合っていたのかも。
いえ、そういう国だから、キャラというものが生まれ大事にされているのかも。

でも、今問題になっている、子供たちの『キャラ』化には、感心できませんね。
ヒトはキャラではありませんからね。
あたしはそんなキャラじゃないから、とか言う言葉。
友人が自分に求めているキャラに合わせようとする(でないとのけ者にされる)悲しさ。
馬鹿言うんじゃないよ。
ヒトはキャラ化できませんからね。

と、それは置いといて、それでも私はくまもん贔屓。
熊本県好き、とも言います。
え? 石があちこちにあるからだろう!?
それも置いといて。

基本的に、宮崎県と熊本県は、青森県と北海道に並んで(って、なんでそんなに北と南?)、将来の転居先候補!?
関係ないけれど、私の愛車・チリテレ君はすでに寒冷地仕様。

写真にあるのは、私のお気に入り、愛用のくまもんグッズ。
丸い財布は、お店のカードとかUSBとかあれこれ入れです。
そして小さい四角い箱みたいなのは、三味線の駒入れに使っています。
そして、ボディタオル。これは二代目予定のもの。ボディタオルにコラーゲン入れる理由は不明だけど。
他には、ハンカチとか、クリアファイルとか、あれこれあります^^;
毎年、熊本~宮崎県に行くので(基本は、高千穂の夜神楽のため)、今年も何か戦利品が増えることでしょう(*^_^*)


さて、今朝の花たち。
あじさい
あじさい
あじさい
あじさい
地味に、紫陽花の花たちが咲き始めました。
どの花もまだ白っぽいです。これからどんどん色が変わっていくのですね。楽しみです。
さっき数えたら、我が家には11種類の紫陽花が植わっておりました。


そして今日のイチオシはこちら?
ヘブンリーブルー

何なの?と思われるでしょう…
これ、ヘヴンリーブルーという宿根の朝顔なんです。
大体秋口に咲き始めるのですが(そして12月くらいまで咲いている…^^;)、これがまた、はびこることと言ったら、正直困るくらいなのです。
タネの朝顔はもっと早く咲きますよね。この宿根朝顔、季節感がない……

でも、朝顔の季語は秋。
これは旧暦で俳句の季語が決まっているからですが、旧暦では立秋つまり8月7日頃からは秋。
だから秋の季語なのですが、つまり朝顔は8月の花。
でも、冬まで咲くのはどうなのよ、と思います^^;
さすがに宿根草。タネの朝顔とはわけが違いますし、そもそも宿根の朝顔は日本のものではありませんしね。

でも、咲き誇る様は見事です。


で、なぜ?
はい、これは予告編です。
お待たせしました。(…いや、誰も待ってない!? 待ってたと言って!とかねだる)
夏ですね。
ウゾさんのブログ名【百鬼夜行に遅刻しました】(→ウゾさんのブログ)から構想を得た、まんまのタイトルのファンタジー小説、その夏物語。
今回のテーマは夏の花・朝顔なのですよ。
ウゾくん、歴史ミステリーに挑戦です!

で、いつになるの?
う~ん、6~7月中には……^^;
朝顔が咲く前にね。
ちなみに秋は多分、菊。今度はウゾくん、古典に挑戦、の予定。

Coming Soon!!??

Category: NEWS

tb 0 : cm 8   

NEWS 2013/6/10 ブログの深淵(?)とお礼 

ブログを始めたのが今年の1月14日でした。
まだ設定とかも上手くできなくて、訪問いただいたカウンターとか見れるようになったのは2月からだったりするけれど、地道に、大きく増えることもないけれど、ご訪問くださる方がいて、もうすぐ3000になりそう?かな。
いつも来てくださる方と、通り過ぎてゆかれる方が多いとは思うけれど、有難いなぁと思います。
だから今日は何の記念日でもないのですが、ちょっと感謝の気持ちで記事を書いています。


始める前はブログってイメージが分からなくて、でもコメントとか拍手とかなかったら、瓶に手紙を入れて大きな海に流しているみたいなものなんだな、としみじみ思います。
とっても人気のあるブログさんはともかく、自分を含めて、みんな少しずつ寂しいのかもしれないと思ったり。

だから、少しでも気配を残したいな、と思うけれど、まだなかなか初めての方のところにコメントを残すのは勇気がいります。ちょっとずつ、ずうずうしくはなっているのかもしれませんが…(これは多分いい意味で)
逆に、書くと長くなるのが私のいけてないところで、迷惑だったりするかしらということも多々あり…


そういう意味では、初めてコメントを書いて、初めて暖かいお返事を下さった彩色みおさん(BL作家に五里夢中!)にはとても感謝。私に勇気を下さった方。
文字通りBL作家志望さんで、本当に人の良いところを見つける天才、そして分析家(とても面白い)でもいらっしゃって、すごく勉強もされていて、尊敬しているのです。立て続けの入賞と、サイト1周年、おめでとうございます!

そして、イラストを描いてくださったlimeさん(小説ブログ「DOOR」)、竜樹さん(萌えろ!不女子)。
まさか描いてくださるとは思わない中での突然のプレゼント!!!
びっくりしたり、感激したり、泣きそうになったり、あれこれ……
limeさんは登場人物の貸し出しまでしてくださり…
竜樹さんの新しいイラスト(今回はねだったのですが^^;)へのお礼は、物語を書いてお返ししたいので、その時にぜひ見ていただきたいです!(あ、もちろん、今見たいという方はブログへGO!)

そして、夕さん((scribo ergo sum)は、なんと、私の小説に出てくる雑誌を作中に小道具として使って下さって、一編の素敵なお話を書いておられます。
とても素敵な短編なのです!(その色鮮やかな、ひと口を)
こんな風に、小道具を使っていただくのも、すごく嬉しいなぁ!と。

私自身も、limeさん、夕さん、そして素敵な詩を書かれるakoさん(akoの落書き帳)のお力をお借りして、作品を書かせていただいております(【幻の猫】:小品です。次回最終回!)。


もっと時間があれば、じっくりあれこれ書けるのですが、なかなか精いっぱいで、でも大海はとても感謝しておりますm(__)m


そしてそして、もしかして初めての方でも、言いたいことある!(あの記事どうよ、とか、大海、長いぞ、とかでも)という方とか、鍵つきでも、何でもおっしゃって下さると嬉しいです。
私のコメントのお返事が長くなるのは、まとめる能力がないからですので、お気になさらず!

かまきり
(意味なく、紫陽花と蟷螂のこども)



さて、なかなか時間的余裕がなくて、新しいブログさんを開拓する余裕はないのですが、それでもブログのお友達のところとか、ランキングのページとかを見て、ちら見をさせていただいたりしております。

初めて訪問させていただくブログさんで、『はじめに』とか『更新情報』のようなページが分かりやすいところに置いてあって、内容などをいくらか詳しく書いてくださっていると、初訪問でもとっつきやすいなぁと思いまして(有難いことに、自分に合うブログさんかどうかも分かる)、自分もちゃんとそんなふうにしようと思うけれど、もうちょっと余裕のある時に……しよっかな^^;

小説は確かに読むのは時間もかかるし、私も、大事なお友達(と勝手に決めている)のブログさんとこのお話もまだ読破できていないので、すごく気になる(というのか純粋に読みたい!)し、そんな時に新しく訪問したブログさんでも、短い記事とかエッセイ風のとか、短編とかあると、入り口としてすごくいいなぁというのも感じます。
尊敬するブログのお友達(とまた勝手に)の夕さんなどは、そのバランスを上手く考えておられて、とても参考になります。

わが身を振り返ってみれば……なかなか同じようにはできないけれど。


小説は、確かに読んでいただくのに時間がかかるし、特に私の場合、短く切る努力を怠っているので、1回分が長くて申し訳ないような気がするのですが、そもそもブログ小説とは言い難いものを書いているので、ある程度やむを得ない気がしています。
なら、もっと読みやすい短編を、と思ったりしていますが。
SSのように、ぎゅっとエッセンスの詰まった読み物は書けないので、シーンの切り取りとかだけど、せめてこんな風なものを書きますよって紹介ができたらいいな。

あ、でも、旅行記や巨石のことなんかは、カテゴリを分けて載せているので、遊んで行ってもらえたら嬉しいなぁ。……と思ったので、ちょっとだけ旅行のカテゴリにも登録しました。小説以上に膨大なジャンル分けに驚きましたけれど。一応、パワースポットに^^;
それを機に、古い旅行の話とか、まとまった旅行記事はNEWSから独立させました。

あ、また長くなってる!

何だかまた落ちがないなぁ。
ということで、最後にクイズを!

やさい

何の花でしょう?
答はクリックして、続きを見てくださいね。

-- 続きを読む --

Category: NEWS

tb 0 : cm 14   

NEWS 2013/6/18 ブログの深淵(2) 

tamanegi
(悩みすぎて、実家の畑の玉ねぎ…!?)

しばらくの間、きっと色んなテンプレートでお目にかかると思います。

前回の『ブログの深淵』以来、あれこれ悩んでいて、そうしたら、まるでそのお返事のようなScribo ergo sumの夕さんの記事があり(夕さんのブログ記事:ブログのスタイルって)、うん、確かに考える時期なんだな、と思い始め……ますます悩んでいた大海は、この数日、テンプレートの探索に出かけておりました。

開いた途端、『コーヒーにスプーン一杯のミステリーを』だ!と思ってもらえるページにしたいなぁ、と思ったりしているのですが……なかなかどうして、それは難しいようで。
尊敬するブロガー・書き手さんのlimeさん(小説ブログ「DOOR」)みたいに、小説一本で沢山の人を惹き付けて読ませるブログに(早く)なりたいけれど(なれるかな…難しいかな)、今はまだまだヒヨコゆえ、模索するのも大事だろうと思ったりしています。

ちなみに、HPのようなブログというので、始め小説用テンプレートを選んで、あれこれいじっていたので、自分では同じノベルテンプレさんのテンプレートを使っている人のブログは読みやすかったのですが(これは多分、慣れの問題で)、確かに自分の場合、インパクトには欠けるなぁと。

小説のページについては、もう字が多いのはしょうがない!とか開き直っていたのですが、ちょっと自分勝手な感じだったなぁと反省。

実は、テンプレートは、一番初めにいじったきり、何もしておりませんでして。
もうちんぷんかんぷんだったのを、自分としては無茶苦茶頑張って、これ以上は無理!というところで放置しておりました。
今回初めて『適用』のクリックをすれば、すぐにあれこれ変えられると知って、目から鱗(おい、そのレベルか!)。
あれこれやってみて、面白がっていたのはいいけれど…

幅、写真の変形、文字の大きさ、字体……
あれが良ければ、これがイマイチ、帯に短し襷に長し、でして。
しかも、今、これがいいかな、と思って一応変えてみたら、リンクのページが下にあるし、ボタンひとつで管理画面に飛べないしオロオロ……
で、また別のにしてみたら、1行の字が多すぎて、う~ん、だし。
……帯に短し襷に長し(何回言う)

また、すぐに変えることになりそう。
でも、字の大きさは悪くないんだけど。


いったい皆さんは何を決め手で選ばれたんでしょうか?

あぁ、ブログの深淵で溺れかかっている大海でした。

dokudami
(ついでに、悩みすぎて、実家の畑の隅っこに自然発生しているドクダミが、ドクダミ茶になる途中経過)

Category: NEWS

tb 0 : cm 16   

NEWS 2013/6/20 テンションが上がるデパ地下 

でぱちか
昨日は1週間に1度の街の近くへの出張の日。
今週末、長野県に半分仕事(半分遊び?)で講演に行くのですが、その帰りに、昨年足を捻挫した中津川の『星ケ見岩』に再チャレンジの予定で、母のために新幹線などのチケットを買いに駅に行ったついでに、デパ地下に行きました。

何を隠そう、デパ地下に行くと妙にテンションが上がる人です。
普段、半田舎に住んでいて、職場も街とは無縁の場所。
こんなに人がいることろに行くこともめったにないので、人が多くて上がるテンション。
本当に色んな人がいて、ちょっと人間ウォッチングになったりする。
買っているもので、その人の生活の一端がちらりと垣間見えたり。
そして、自分もウォッチング対象になっていることもあるのだろうな、と思ったり。

しかも、ついつい買い過ぎちゃうんですよね。

そしてその帰り……
山の中を通る対面通行の有料道路を走るのですが、いつも危ない道路だなとおもっているのです。
車はよく流れているし、距離の割には早く目的地に着く(ということは比較的スピードが出ている)、でも兵庫県にありがちなカーブと坂道のオンパレード、視界は悪い、合流箇所もちらほら。
しかも昨日の夜、かなりの雨。

対面通行なので、片道一車線。
事故があると全く動きません。
案の定、止まってしまいまして。
30分で帰るところを1時間半。
いささか疲れました。結局、6台ばかり絡んだ玉突き事故だったようで。

こういうのを見ると、しばらくの間は、車間距離とかスピードとか、気にして走るのですが、咽喉元過ぎれば熱さを忘れる……気をつけなくちゃ。

さて、少し、花なども。
ひめしゃら
大好きなヒメシャラの花です。
小さくて、すぐに花ごと落ちてしまうのですが、この清楚感が好き。

あじさい
あじさい
うちの紫陽花、微妙に地味だなぁ……

東京
おまけに、先日の東京出張の1枚。
築地にある高層ビルの上のホテルから。
私実は、ものすごい高所恐怖症で、事情があって今回はこのホテルに泊まりましたが、いつもは必ず予約の時に何階建てか聞いているという…^^;
でも、勇気を振り絞って、写真を撮ってみました!

というわけで、今日は意味のない、日記のようになってしまった……

先日のブログの深淵記事に、コメントをたくさんいただきありがとうございました。
試行錯誤中なので、しばらくしてまた変わったりするかもしれませんが(ちょっと微妙な不具合が…)、また色々と教えてくださいませm(__)m

これからもよろしくお願いいたします。
そして初めてさんがおられましたら、ちょっとお暇なときに、遊んでいってやってくださいませ。
NEWSは雑記みたいになっています。
気が向かれましたら、小説も読んでみてやってくださいませ。
カテゴリから入ると、古い順に並んでいますので、始めから読むことができます(*^_^*)

さぁ、長野行の講演準備です。
あ、仕事に行かなくちゃ。

-- 続きを読む --

Category: NEWS

tb 0 : cm 2   

NEWS 2013/6/22 中津川リベンジに行ってきます(^^) 

旅の間、この記事はトップです。
【海に落ちる雨】は更新予約されています。
その間、比較的気に入っている別のテンプレートをお試しです。
これは、

カテゴリをクリックしてもトップにリストがない(前のはあった)
各記事にもeditボタンが欲しい
コメント書き込み欄が小さい

くらいがクリアできたら、最高なんだけど。
あるいは、前のほうが見やすいかなぁ?



2013/6/23
ひとつ前のテンプレに戻しました。
小説はカテゴリから入っていただけると、リストが出ます(^^)
editボタン、欲しいよ~




DSC_0663_convert_20130122234052.jpg
この道の先に……

あれは昨年の9月。
7月から2か月間苦しんだ眩暈から何とか立ち直り、金沢に出張しました。
帰りに岐阜県を南下してきて、金山巨石を見て、そしてこの中津川の星ケ見岩に向かって歩いていたのですが。

こけまして。
山の中で。
雨の中でこけたlimeさんと同じように、まさにスローモーション。
あ、これは本当にまずいよね。
このままこけたら、大変なことになる!
でも何もできず、予想通りの形にこけて。

そう言えば、危機に際して、人間は物事がスローモーションになる。
それなら、高所恐怖症の人がバンジージャンプとかで危機的状況を作ったら、視界の流れがゆっくりになって、落ちながら字がたくさん読めるのじゃないか?
なんてバカっぽい実験をしていたなぁ……

結果は、そんなことはないということらしく。
ゆっくりになるのは、脳の防御反応、錯覚なんだとか。

それはともかく、中津川の星ヶ見公園の山の中、今まさにこけかけている私。

こけた時には、その瞬間に、もうこれは立てない、と思った。

それから、いったいどうやって山を降りたのか、もう火事場の馬鹿力としか言いようがありません。
近くに落ちていた竹の棒を杖にして、這うように、縋るように……
捻挫した方の足はもう全く動かず。
そして中津川の病院を救急受診。

どうでもいいから、神戸まで運転して帰りたいんです。
え?

途切れる会話。
そうね、確かに無謀よね。
知っているのよ、でも明日は仕事があるのよ。

それから大雨の中、どうやって神戸にたどり着いたのやら……
数日は車いす、その後数週間は松葉杖。
何か月もリハビリ。
そして、今でも、雨の日には足がずきん、と痛みます。

でも、行くよ!

今回は長野県でお仕事。
地図を見たら通り道じゃありませんか。

中津川。
星ヶ見岩。
昼間でも岩の隙間から北極星が見えるという岩。

あの角を曲がったら、その先にあったはずなのに、もう一歩も動けなくて、山を降りるしかなかったあの日。

ザ・リベンジ・中津川。
きっとあの山は、私にもう一度来てほしかったに違いない!

というわけで、帰ったら、ほやほやの巨石紀行、入ります(*^_^*)

こけなかったらね……



Category: NEWS

tb 0 : cm 4   

NEWS 2013/7/5 予告編(^^) 


さて、朝日に輝くヘヴンリーブルー、綺麗ですね。
この朝顔、前にも書きましたが、宿根朝顔でして、蔓が伸びてあちこちに飛び火して、ある意味すごい邪魔なことも……生命力旺盛で、写真にもあるように房になって咲くので、涼やかではなくて、やや暑苦しい朝顔です。
名前はおしゃれなんですけれど。
しかも、夏場の花は大きいけれど、だんだん秋~冬にかけて花が小さくなっていく。
そうなんです、うちの朝顔の開花最長記録は12月初旬。
正直、暑苦しいを通り越して、厚かましいんですけれど。
さすがに最近は、あまりにも季節感がないので、10月末には始末してやります(^^)

この朝顔が出たということは……
【百鬼夜行に遅刻しました】
子鬼のウゾくんの物語、coming soon! なのですね。
でも、来週末の東京出張(毎年の一番のイベント)が終わらないとなかなか着手できませんでして、もう少しお待ちくださいね。本当はStella 7月号に間に合いたかったのですが……
取りあえず、朝顔の写真でお茶を濁す(^^)
内容は、もちろん、朝顔全開です。そして、もちひめさんの秘密も少し顔を出します。
もちひめVS朝顔の精? タタラも活躍(いや、吠える?)、どうするウゾ? 
……なんて話ではありませんが、お楽しみに。
DSCN1126_convert_20130705063329.jpg

その他、予定を。
【海に落ちる雨】
今週末から第12章『絵と女の来歴』が始まります。女とは…真の恋人(ということになっている)、銀座のバーのママ、香野深雪のことです。美和を東京に帰して、一人で深雪の故郷・糸魚川に向かった真。なぜか翌朝には拘置所の中?……浅見〇彦氏にありがちな展開みたいになっています(^^)
怪しい人間がまた一人登場。きっとまた癖があると言われそうな……
少し長い章になりますが、竹流の恋人(の一人)、刑事の添島麻子と真のやり取りもお楽しみに(^^)

……長いので、本当に読んでくださる人がいるのかしらといつも不安なこの話。
一気に読める本ならいいのだけれど、極めてブログ向きではないし。
しかも詰め込みすぎて展開は遅いし、更新している自分も、時々気が遠くなる。
時々孤独な気分になりながら、心配しながら、更新している感じです。
きっと多くの皆さんが、そんな感じでブログの海に言葉を送り出しているのだろうなぁ。
この話の題名、まさにそんな意味ですものね。
【海に落ちる雨】は誰にも気が付かれない、という(う~、皮肉な題名だったなぁ)。
たまに孤独感が強くなって、もうやめようかなぁと思ってしまいそうになる時もあって……
でも数人でも、一人でも拍手を下さる方もいてくださるみたいなので、頑張ろうかな、と気を取り直しています。
その方々にとても感謝しています。

【天の川で恋をして】
7月中には書きたいと思っていた読みきり短編。
やっとちょっと頭の中でお話が整理できたので、書いてみようと思いました。
これ、ずいぶん前に、大阪府の某市に天の川(天野川)って川があって、この名前だけで想像力を掻き立てられる、『天の川で恋をして』って話でも書こうかしら、なんてつぶやいていたら、あるブログのお友達さんが、それ読みたいと言ってくださっていたのですが(お元気ですか???)、まるきり中身がなかったので放置していました。
しかし七夕を前にむくむくと湧き上がりまして。
私も一度、乙女な話を書いてみようと思ったのです。
ある日、一通のメールが……「私を憶えていますか?」って、違~うぅ。
ある日、一通の招待状が……お見合いイベントが行われる古い洋館で起こる猟奇的殺人……って、それも違~うぅ。
ある日、一通の招待状が。初恋の彼の結婚式の招待状だった。連絡も取っていないのに……
というお話。こうご期待(^^)

【バッカスからの招待状】
【幻の猫】のちょっとした続きを。フィレンツェで再会した彼らの、一夜のどんちゃん騒ぎをお届けいたします。

そして、【死者の恋】、いよいよ再開です。
他に短編BLもどき(まさにもどき)、かたをつけなければと思いますので、終わらせたいと思います(^^)
キャラたちは結構好きなので、またどこかに出したいと思っているのです。
ボクサーの拓(ひらく)、製菓会社の社長、ロボット博士、アスペルガー症候群の子ども、刑事になる剣道大学生、ヤクザになる剣道大学生……うん^_^;

って、これは何の記事って?
そう、私の、「宣言しないとできない病」への付け薬です(^^)
お腹痛いのも治ったし、さぁ、仕事行こうっと。

ちょっと画像をアレンジした朝顔で記事を閉めたいと思います。
長々とお付き合いいただきありがとうございます。
FSCN1131_convert_20130705063409.jpg

追伸:2013/7/5 22:45 ちらっと見たら、6/18にカウンターを初めて設置してからちょうど500!
皆さんが、切りのいい数字を踏んだ方からリクエストを受けつけるという企画をされているのをみて、ちょっと面白そうだな、と思ってみたり、自分には無理だなと思ってみたり。
でも、いずれにしてもありがとうございます。

Category: NEWS

tb 0 : cm 6   

NEWS 2013/7/7 塩ブーム/七夕のリクエスト 

DSCN1188_convert_20130707132600.jpg
最近、あちらこちらで塩ブームですね。
塩麹が火をつけたのでしょうか。
運転の友に、眠気覚ましのキャンディをよく買いに行くのですが、キャンディにも『塩』という文字の入ったものが増えています。

ためしに買ってみたら、結構おいしい。
飴本来の甘みと塩加減が、ちょうどいいのかもしれません。

でも、健康のために減塩じゃないの?という声が聞こえてきそうですが。
実際には、高血圧のおじいちゃん・おばあちゃんはともかく、あまりにも減塩に気を付け過ぎて、逆にナトリウム不足で筋肉のけいれんを起こすこともあるし、適切に採ることは必要なのですね。
昔、ゴルフをしていたころ、よくメンバーのおじいちゃんとかが、塩を持ってきていて、舐めながら水を飲んでおられました。ラウンド中汗かいて、電解質不足で筋肉が痙攣するのですね。

で、何となく調べてみたら。
塩の致死量は30~300g(1日)だそうで。
何でも致死量ってあるのね、というのがびっくり。
珈琲は75杯、砂糖は1kg、コーラ200本、醤油170~1500ml、……
あのね、何よりもそんな一気に採れるかってのね。
少なくとも自分でやったら、下痢・嘔吐で終わりそう。
まぁ、ミステリーで使ってもいいネタかもしれませんが。
括りつけて胃にチューブ入れて摂取させると。腎臓はやられるだろうと思うけれど。

ちなみに本当の致死量は分からない、って!
当たり前ですけどね。誰が試すのって話ですから。
でも確か、宴会の罰ゲームで醤油の一気飲みをさせられて、倒れた人がいるというのは聞いたことがあります。
生死は忘れちゃったけれど。

そう言えば、風邪薬の中に入っている鎮咳薬の一種がコデインで、これで気持ち良くなれないかって考える馬鹿もいたようですが、気持ちよくなるには、かなりでかい袋一杯飲まなきゃならないようで、その前にお腹壊すっていうのを習ったなぁ。

いやいや、世の中、びっくりするようなことがあるようで。
何でも適切に飲み食いいたしましょうね。
少なくとも、カップラーメンの汁は残してくださいね。
一応、1日4杯、汁を全部飲んだら、致死量の下限値に達するようです。
って、最近、カップラーメン食べないなぁ。

多くても少なくてもダメですね。『適切に』。

DSCN1171_convert_20130707132822.jpg
今朝、房咲きのヘヴンリーブルーがあったので、撮ってみました。
さて、話は変わって、七夕
今日は7月7日ですが、毎年梅雨の中にある七夕。
本来なら旧暦で別の日になるはずで、もっと天気がいいはず。
旧暦だと毎年日が変わるので面倒だからなのか……でも、織姫さんと彦星さんのために、今後は七夕は旧暦にしてあげて欲しい。
ちなみに今年の旧暦に当てはめた七夕は8月13日だそうです。
今日は天気も良さそうで、会えそうなので、今年はもう一回会えるのかも??

ついでに、こと座のベガとわし座のアルタイルの間の距離は約16光年。
光の速さで移動しても16年かかる……
1年に1回会おうと思ったら、実は、ワープしない限り会えないのか……って、何の話やら。

さて、新たにカウンターを設置して今日で20日。
先日500になってHIT記念はないけど、とか言っていたら、せっかくだからと、Scribo ergo sumの夕さんがリクエストを下さいました。ちなみに夕さんのブログは25000HIT記念をされている……50倍!!!
そんなに長く私ってブログを続けていられるかしらと、大先輩の後ろ姿をうるうるした瞳で見つめているのでした。

そして、戴いたお題が「指揮者の出てくる話
以前私が、昔、某指揮者の追っかけをしていたことがあると書いていたのを覚えていてくださったのですね。
おぉ、無謀にも音楽の話を書いていた昔……(真の息子の慎一がピアニスト→指揮者になっていまして…^^;)
冷汗が出てきました。
でも、落ちも何もなくていいから、とおっしゃって下さって、ありがたいですね。
では、その私が愛した指揮者さんのエピソードを、少し物語にしてみたいと思います。
出張前の準備で来週末までは難しいけれど、それが終わったら!

テーマ曲は、マーラーの5番です。
夕さん、ありがとうございます(*^_^*)
DSCN1173_convert_20130707133705.jpg
関係ないけれど、今日の木漏れ日でした。枝垂れ桜の木です。

Category: NEWS

tb 0 : cm 12