FC2ブログ
01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【物語を遊ぼう】4. 『京都殺人案内』:小道具の使い方 

さて、小道具の話などを。
中学生の頃、実は演劇部でした。もちろん、小道具から大道具から役者まで自前なのですが、時々芝居の中身以上に小道具に拘ってみたくなることも多々あったり。もちろん、安上がりの舞台ですから、大したお金をかけられないのですが、それだけに拘って作ってみたり。
小道具って、舞台上ではあまり見えないところにあったりしますが、事件解決の糸口になることもある。あるいはその人物の特性を表す手がかりになったりする。
シャーロック・ホームズはまさにそのあたりを生かしたミステリーですよね。

さっそく話はずれますが(もう開き直りつつあります、このブログでは横道・脇道は日常茶飯事、ということで^^;)、ホームズと言えば、これまで2作公開された映画のホームズ、結構面白いと思ってるんですが、いかがでしょうか?
ホームズのイメージをむしろ原作に近付けたんじゃないかと思っているのです。ただのインテリではなく、実は格闘家であったり、エキセントリックであったり。しかもちょっぴり(いや、かなり)ワトソン君にLOVEなため、ワトソン君の彼女に嫉妬し、微妙な距離感の色気もあったり(読み過ぎ、じゃないですよね、あれは明らかに狙ってますよね)。

私の大学時代~仕事を始めた頃は京都どっぷりでした。
そもそも京都に住んでいた理由は、『京都殺人案内』なのです。
あの藤田まことさん主演のドラマに完全に惚れこんで、京都に住むことを決心しました。思えばなんと単純な理由だったのでしょう。実際に住んでみたら、京都府警さんにお世話になることなんてもちろんないわけですが。
でも、ある時、ヤクザさんの事務所あるいはお住まいの裏に住んでいたことがあります。はじめは知らなかったのですが、伏見のあたりの床屋さんでお偉いさんが亡くなられたとき、仕事が遅くなった私は真夜中に道を歩いていて、京都府警さんたちがいっぱい(言い過ぎ)警備をしていらっしゃる場面に出会いました。
『気を付けて帰りなさいね』(ペッパー警部みたいですが…)
その時、初めて、ああそうか、京都ってこんな町だったんだ、古い町だし色々あるよね…と思ったのですが、何となく納得しただけで、怖いとも思わずに普通に暮らしておりました。
たまに遭遇することもありましたが、何事もなく、比較的長くその場所に住んでいましたが……

ちなみに、ある時、名前だけで『音川』という名前のついたマンションに住んでいたことがあります。
そう、音川音次郎というのが藤田まことさん演じる刑事の名前でした。
はぐれ刑事純情派とどう違うのか?
人物像は同じようなかんじでしょうか。でも、音川さん、結構おちゃめでした。課長(遠藤太津朗さん)とのやり取りが、水戸黄門の印籠並みのお決まりでした。出張をねだる音川さんに課長が、『しょうがないな、その代り、おとやん、わかってるやろな』『わかってますがな』というお決まりの会話。そしてラストでは、なぜか出張先からのかなりしょうもないお土産が課長のもとへ……
見ている私の立ち位置は、というと、気持ちは音川さんの娘、洋子さん(萬田久子さん)なのですね。長いシリーズの中では、結婚して出戻り、それなりに年を取ったお父ちゃんの面倒を見ながら暮らしていて、時々はるかに年下の男(音やんの部下)に言い寄られてみたり。
で、私は、この音川家の食事シーンがとても好き。鍋率、高いんですが。

そして、ようやく本筋です。
この音川さん、実は、雨の日でも晴れの日でも黒い折り畳み傘を持ち歩いています。
本当に、いつも持ち歩いている。
長いシリーズの中、もうこれ以上増えることのないシリーズの最後のお話まで、持ち歩いておられました。
監督さんやスタッフさんは、2時間ドラマですから、きっとしばしば変わったんだと思います。どなたのこだわりかは分かりませんが、ただ何作目になっても音やんは傘を持っているわけです。理由はいちいち説明はないし、多分私の記憶にある限り、それに対する台詞での説明はなかったように思います。あったとしてもたぶん初期のころに少しだけ。
でも、何作目か(比較的早い時期の作品:調べたら第4作でした)に答えはありました。
実は、音やんの奥さんは、ひき逃げで殺されているのですね。それも、音やんが傘を持たずに仕事に行った日、雨が降って、奥さんが駅まで迎えに来てくれた時に。
だから、音やんは、万が一にも洋子さんを雨の日に迎えに来させないために(という説明もないけど)、ずっと傘を持ち歩いているのですね。
見ている私は、何作目になっても音やんが傘を持っているのを見ては鳥肌が立ち、そして安心するのです。

小道具。
何かものに対する小さなこだわり。しかもそれがストーリーの要というわけでもなく、お題というわけでもなく、でもそれがなくてはその人の人となりを表すことができない何か。物語の底辺に流れている細い水脈みたいなもの。
そういうものを上手く出せたらいいなぁ、と思いながら書いています。
そういう意味では、拙作では、竹流の左薬指の指輪はそれかもしれません。
ヴォルテラというのは、ローマ教皇をお守りする(いろんな意味で)警護団というのか金庫番というのか、そういう組織ですが、そこの跡継ぎである印で、すでに結婚しているのと同じなわけで……いつも何かの折には、真がやたらめったら気にしているのですが、どうすることもできずにそこにあるもの。

そこまで何作目になろうとも気になる小道具、というのでなくても、小道具を使うのは結構好きです。
とは言え、意識しているというよりも、結果として拘ってたみたいなことが多いです。
いえ、意識しているけど、意識していないふりをして使う。
意識して使うと、使いすぎてしまう。
使いすぎると手垢がついてしまう。
お茶のお道具などは、良いものはたまに出す。良いものをいつも出してしまうと、目垢がつくと言います。
最後にさらりと、あ、そう言えばこの小道具、そういう事情で絡んでたのか、みたいなさりげなさで使いたいのですが……

実は、いずれ『わたしがBLを書けないわけ』なんて回をしようと思っておりますが、その私が一度だけ挑戦したことがあり(ブログとか見ていると、BL作家志望さんたちがとても楽しそうなので、ちょっと仲間に入りたくて…でも見事に散りましたが)、その時照れ隠しに?小道具で遊びました。
意外にも楽しかった。ライターと傘。ありがちな小道具ですけど。
もしかしたら、いつか期間限定・会員限定?で登場するかもしれませんが……テーマは『あなたの燃える手で私を抱きしめて』って感じです(題名ではありません)。

小道具をさりげなく使えるようになったら、きっとお話に花が添えられるのだろうな、と思いながら。
(新幹線の中で書いていたら、逆流性食道炎が悪化して、気持ち悪くなってしまいました…(@_@)

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
スポンサーサイト



Category: 物語を遊ぼう(小説談義)

tb 0 : cm 4   

【石紀行】6.フランス・カルナックの列石(3) 

では、ケルマリオの列石にご案内いたします。一応、区域ごとに名前が付けられているのです。
とはいえ、前にも書きましたが、もともとつながっていたようにも思えます。
カルナック石9カルナック石10
カルナック石12
下の写真がメンヒル、立石です。メンヒルは大きくて、目印のように一つだけ立っている。
ちなみに近くに乗馬学校があって、小さな子供たちが馬に乗っていました。
実は、森の中で迷子になっていたら、遠くから蹄の音が聞こえ、そしてこの子供たちが道を教えてくれたのです。
さすがに凱旋門賞のある国ですね、こんな頃から既に英才教育が始まっているのでしょうか。
カルナックメンヒルカルナック馬
四角い
上のように四角く囲まれたところもあります(Le Quadrilatere)。
他にも、下のような古墳が森の奥の奥にあります。
カルナック古墳
やはり迷子になっていたら、突然人が現れ、行き先を教えてくれました。この古墳は、『本当に大丈夫かしら、この道を行って…』というような森の奥にあるのですが、行ってみれば同じような人がいるものです。考古学好きという共通点で十分なのでしょう。フランス語で一生懸命説明してくださるので、もしかしてこの遺跡群の関係者の人かと思ったら、単に旅行者。古墳の中に何か書いてある、と言って壁を示してくださいました。

そういえば、以前にも書きましたが、迷子になる前、足元にトカゲがやってきたのです。
私にとってトカゲはソウルメイト。以前からトカゲのことはものすごく気になっていたのですが、ある時、サンタフェでインディアンの方々から教えを受けておられる人が行っておられる前世回帰(といってもそんなに怪しいものではありません)のセッションに参加していて、突然あなたのソウルメイトはトカゲです、と言われたのでした。
あ、やっぱりそうだったんだ、という感じで納得がいったというのか。
ソウルメイトは守護霊とかと違って、守ってくれるわけでもなく、一緒に(人生という)旅をしている魂の連れ合いみたいなものだそうですが、インディアンの言い伝えではトカゲは幸運をもたらすもの。
ありがたいことに、困っていると現れてくれて、そこから先はいつもどこからともなく助っ人が現れるという、私にとっては実に頼もしい連れ合いです。マルタでも、いいことがあるとトカゲが傍にいる、というようなことが何度か。

さて、まだまだ石は続きます。
カルナック石13
ドルメン
上はドルメンです。更に離れた場所にも独立していくつもドルメンがあるようです。
カルナック石14
さすがにこれだけ見たらもう飽きられたことでしょう…すみませんm(__)m
でも本当に、どこまでもどこまでも、石なのです。現在確認されている石の数、2934体。
カルナックというのはケルト語で塚=小高い丘、という意味のことばCairnからきているのではということですが、確かに丘の上にはサンミッシェル古墳、造られたのは紀元前5000年から3400年の間と言われています。

一体、これらの列石は何だったのでしょうか。
太陽など自然現象を拝むための参道? 巨大なカレンダー(暦)? それとも銀河を写し取ったもの?
まるきりのミステリーですね。
ちなみに、周囲には牛やら羊やらがいて、結構のどかな風景です。
もしも機会がありましたら、一度ぜひ訪れてみてください。この不思議な石たちと向かい合っていると、だんだん『何かわからない』ということが快感になってきます^^;

さて、せっかくですので、次回・次々回は少し石を休憩して、世界遺産モン・サン・ミッシェル、そして先史時代への旅(ラスコー・ルフィニャック)へご案内いたします。

Category: 石の紀行文(写真つき)

tb 0 : cm 4