FC2ブログ
01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

☂[2] 第1章 同居人の留守 (2)(改) 

 煙草、どこに置いたっけ。

 月の光が真の前に影を作り、柔らかく婉曲したくの字の先へ伸びている。
 素足に廊下の板は冷たいはずだが、あまり現実味を帯びた温度ではなかった。影の伸びた先にダイニングの扉がある。イメージの中では五角形の優雅な弯曲を既に追いながら、煙草のことを考えていると、そう言えば夕食の後でダイニングのテーブルの上に残してきたような気がした。

 イメージを追いかけるように廊下を曲がりダイニングの扉を開け、薄明かりに照らされたテーブルの上に煙草の箱を見つけた。横に置いてあったライターも一緒に手にとり、真はもう一度廊下に出て、そのはす向いにあるテラスへ繋がる扉を開けた。
 
 室内にかかった圧力を解き放つように、空気の流れが変わる。
 テラスに置かれた雪駄を履いて外界に開けた五角形の一角まで行くと、今日は潮の香りがここまで吹き込んでいることに気がついた。
 湿気を含んだ風からライターの灯を守って煙草に火をつけると、真はパジャマのポケットに煙草の箱とライターを突っ込んで、大きくひとつ吹かした。

 同居人は基本的には煙草を吸わないので、部屋の中で吸うことは憚られた。
 駄目だと言われたわけではないが、煙草を吸うときは極力テラスに出て吸うようにしている。それに本数を減らすようにと常に意見されていて、同居してからは、いつの間にか数は減っていた。

 三度ばかり、有毒であるはずの煙を肺に送り込むと、強張っていた身体中の筋肉が弛緩したような気がした。
 目を閉じると、潮の香りの中で、微かにレーズンとオレンジの香りが混じったような刺激が鼻の奥をくすぐった。寝る前に少しだけ舐めたグレンドロナックの甘い匂いを、鼻粘膜が覚えていたのかもしれない。

 ウィスキーなど、銘柄を覚えられるほど精通しているわけでもないし、そもそも気分の勝れないときに匂いなど嗅いだら、それだけで酔っ払ってしまいそうな時もある。
 だが、真の眠りの習性を心配した同居人は、ナイト・キャップを勧めるし、それによって少しはよく眠れるようになったのも事実だった。たまには水で割ったほうが芳香が強くなる品種もあるようだが、少しだけストレートで舐めると、気分が落ち着いて、少なくとも睡眠導入には極めて効果的であるということ知ったのも、同居を始めてからだった。

 もっとも、同居人の好みは、アクア・ヴィテ『生命の水』すなわちブランディの方で、気分に応じては飲み分けているようだが、デラマンという名前のついたデカンターボトルに入ったコニャックが彼のお気に入りのようだった。
 ウィスキーとどこが違うのか、全くわからない真に、本来の同居人なら『原料が違う』に始まる長い薀蓄を垂れるはずだが、その時彼は上品で優しく色気のある表情で、女を抱くような甘い気分に浸れる、と言った。真には全く理解の及ばない感想だった。

 真は、もうひとつ煙を吸い込んだ。
 北海道の澄んだ空気の中では煙草を吸う必要もないのに、都会の空気では何かを消し去りたくて煙草を好むようになった。
 真が高校生の頃から、もちろんその頃はたまのことだったが、吸っているのを同居人はずっと知っていて、時々くどくどとニコチンの悪徳について説教を垂れてくる。
 そういう同居人がたまに吸っている葉巻の方がよほど身体に悪いと真は思っている。もっとも、同居人が葉巻を吸っているのはよほど何かに気分を害している時だけで、彼の実家の誰かがブレンドしているという、眩暈を覚えるほどの強い香りで、神経を麻痺させて何かを鎮めようとしているように見えた。

 目が覚めたのは熟睡できていなかったからだと思った。草食動物並みの本能で身を守っている真は、あまり眠りの深いほうではなかった。子供のときから馬たちと過ごす時間が長かったので、彼らの眠りの習性が染み込んでいるのかもしれない。

 熟睡できない理由は、数日前から食事の内容の手が込んできたからだった。
 一緒に住み始めてから間もなく、それが何の合図かわかった。

 真の同居人は、時々数日、時によっては一週間あまり、家を空けた。
 同居人の本当の仕事が何であるのか、真には未だによく分からない。銀座にビルを持ち、一階にギャラリーを開いていて、その筋では相当有名な修復師だった。有名無名問わず気に入った作家がいるとかなりの援助もしているようで、彼を頼る芸術家がいくらもいるということを、ある時他人の噂話で知った。

 そのビルの二階にはアトリエ兼事務所が、三階には会員制のかなり怪しげなクラブが入っていて、四・五階には半端でなく美味しいものが食べられる、食通の間では知る人ぞ知るイタリアンレストランを、六階には都会の隠れ家としてこれもまた噂になっているらしいバーを経営していた。

 一度だけ同居人の仕事に引っ付いてアラビア半島の小国まで行ったことがある。真が高校生のときで、ただ修学旅行に行きたくないばかりに、大した考えもなく同居人を脅すようにしてついていったのだが、全てが真の理解を超えていて、その上どこかの映画で見たようなシーンが目の前に展開される事態が『三分に一度のクライマックス!』とばかりに襲い掛かった。一緒に行動していたアラブ人のトレジャーハンターは彼を『同業』と言っていた。同居人は自分の職業を泥棒と詐欺だと話していたことがある。

 レストランを所有していただけではなく、本人自身相当の料理の腕前だった。
 というよりも何に対しても中途半端の大嫌いな男で、その徹底振りには真も泣かされたことがある。
 中学高校のとき、真と妹の葉子の勉強の面倒を見てくれていたのは、当時彼らの父親の秘書のような仕事をしていたこの男で、その徹底的なスパルタには、上手く逃げていた妹はともかく、真のほうは完全に捕まってしまっていた。
 そういう男と同居してから、一人では決して食事を作ることのない真の食生活は、結婚した世間の男性に比べても数段勝ったものになった。
 その食事内容の手が込んでくるのは、同居人がまた仕事に出掛けるサインだった。

 始めの一年はそれでも何とも思わなかった。それが前年の秋くらいから、どういうわけか妙に堪えるようになってきた。いや、そのきっかけが何だったのか、真は不思議なことにはっきりと覚えていた。


-- 続きを読む --
スポンサーサイト



Category: ☂海に落ちる雨 第1節

tb 0 : cm 0   

【物語を遊ぼう】6. 食事シーンの魅力『仕掛人藤枝梅安』 

実は拙作にはよく食事のシーンが出てきます。
『清明の雪』では、龍の寺で2人が精進料理をいただいたり、最後の方で祇園の某料亭(モデルがあります……ってしかもほとんどまんまの名前で出ている……すみません。ちょっと手が出ないような料亭ですが)で夕食をいただくシーンがあったり。
『海に落ちる雨』では、代議士に呼ばれて食事、調査事務所の連中と食事、ヤクザの倅と食事、とにかくやたらと食事の場面があるのですね……

食事シーン。実は結構好きなんです。
先にも書きましたが、『京都殺人案内』の音川家の夕食(鍋率高し)、藤田まことさんつながりで言えば中村主水宅の食事シーン(必ず落ちに出てくる)、ついでに藤田まことさんつながりで言えば『剣客商売』の秋山氏が若―い嫁の作ったご飯を食べているシーン(こっちはついでに食材までそのあたりを走り回っているし)、ホームドラマには欠かせないシーン。

よしながふみさんは、ついに料理からごはんシーンまで漫画にされてしまったし(『きのう何食べた?』……ゲイカップルの日常を描いた漫画で、メインはご飯のレシピじゃないかと思える作品)。
食事中って、結構どうでもいい会話をしながら、でも人間関係がよく分かったり、ほろりと本音が出て登場人物が好きになったり、2時間ドラマでは堀越栄一郎さんが食事中の嫁(山村紅葉さん率高し)と娘の会話に解決の糸口を見つけたり。

その私にとって、最高の食事シーンが『仕掛人梅安』に出てきます。
私はこのシーンを読んで、本を読むのをやめて、夜にも拘らず、ねぎを買いに走りました。
例の、ヤクザさんの家or事務所の裏に住んでいた時です。
食べたくて仕方なくなり、読んでる場合じゃないわ、と思った。

そのシーンたら、たったの2行ほどだったと思います。
梅安宅に仕掛人仲間の彦次郎さんが訪ねてきて、ご飯、というより酒を飲むシーン。
『葱しかないねぇ』『じゃあそれで』みたいな淡々としたやり取り。
たしか焼いて食べるだけ。
それなのに、何だかその葱がものすごくおいしそうに感じたんですね。

『剣客商売』も『仕掛人』も池波先生の作品ですから、思えば、粋な江戸っ子、ダンディな池波先生、そして下町の味をこよなく愛した池波先生の食への想いが、たった数行のシーンからこぼれ出ていたのかもしれません。
それに、仕掛人という孤独で先行きは地獄と覚悟した仕事をしている二人。
友情、仲間意識と、そしてテレビの仕事人でも出てくる、たまにある敵対意識や憤り。
そんないろいろな思いを持っている二人の間にある葱。
物語や人物の背景を感じながらの食事シーンだからこそ、たった数行で私を夜のスーパーへ走らせたのでしょう。

そういえば、昔、今昔物語? 吾妻鏡? 平家物語? なんだったか忘れましたが、酒飲もうと思ったらアテがなくて、戸棚を開けたら皿にこびりついた味噌だけがあったので、それで飲んだ、ってなシーンがあったように思うのですが、その味噌がすごくおいしそうに思えました。

そう、本当に旨い、と感じさせる食事シーンは、1行でいいんですよね。
難しいですね。

こんなお話、いや食事シーンを書きたい。
読んでる人が、本を読むのをやめて、食材を買いに走るようなシーンを書きたい。
そう思いながら、今日も私は食事シーンについつい無謀な挑戦をしてしまうのであります。

参考までに。
葱の苦手な人もいると思うのですが、葱を焼くとき、切った葱を縦に置いて焼いてください。
甘みが増して美味しいのです。


応援くださいm(__)m にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ



Category: 物語を遊ぼう(小説談義)

tb 0 : cm 0   

【死者の恋】(1)お好み焼き 

こうなったら、始めちゃいましょう。
初の章なし、計画なし(それはいつもだった)、タイトルまで仮題。

もしかして、『清明の雪』を飛ばしてこの小説を最初に開いてくださった方!
大丈夫です。
主人公二人の化けの皮はすぐにはがれます。

→ヤクザの所有するビルにある調査事務所の所長。多分26歳かな。妹が嫁に行ったら、一人でご飯を作れなかったので、パパのところに居候中。詳しくはこちら→相川真
竹流→真のパパ(大筋正しい関係性のはず)、もと家庭教師。和名だけど実はイタリア人。真が26なら35歳のはず。修復師、かつギャラリーとめっぽう美味しいイタリアンレストランのオーナー。詳しくはこちら→大和竹流

これで掴みはOK!
彼らの住む竹流のマンションは築地界隈にあります。
これは現代の築地界隈。
築地




 明日は弘前だな。
 弘前に行くなら、『山背』に寄ったほうがいいだろうか。いや、遊びに行くわけではないのだから、寄らなくても失礼にはならないだろう。
 真はそう考えながらマンションのリビングのドアを開けた。

 その途端、いきなり目に飛び込んできたものに、真は思わず固まった。

 時々、竹流はリビングのテーブルに読みかけの本を出しっぱなしにしていることはある。マンションには書斎のような部屋はあるのだが、ほとんど図書室もしくは資料室になっている。
 真と同居するまでは、竹流は仕事をプライベートの部屋に持ち込むことはなかったようだが、銀座のギャラリーや多摩の大和邸で仕事をしていたのでは、真に『飯を食わすことができない』という理由で、資料などはマンションに持ち帰るようになっていた。

 テーブルの上は広げられた本が五冊ばかり、さらに複製画らしき年季の入った紙が幾枚も散らばっている。
 そしてその絵の中には、どでかい男の一物が、あまりにもあっけらかんと描かれ、艶っぽい女性がしどけなく、というよりは堂々と足を開き、その迫力あるものを迎え入れている。
 それを覗き見る小娘の表情が何とも言えず、真はその小娘以上にどこに視線を持っていけばいいものか、狼狽えた。いや、多分小娘は喜んでいるのだろうけれど。

 何も遠回りする必要はないのだが、真は思わず部屋の隅っこを通って、ダイニングキッチンへ入った。

「お帰り。先に飯にするだろ」
「あ、うん」
 いつものことだが、まるで新婚の夫婦みたいな会話だな、と思う。
 調査事務所の共同経営者(本人は『秘書』といって譲らないが)の美和は、この手のことについてはいつも興味津々なのだ。
 帰ったら『お帰り~』『ただいま~』『お風呂にする? ご飯にする? そ・れ・と・も』なんて感じなの? ねぇねぇ、教えてくれてもいいじゃない。
 ホモのカップルじゃあるまいし、と思うものの、確かに大筋はあっている。いや、あっていないか。それとも、はないし。

 テーブルの上の本については特に説明はなし、だ。
 多分、竹流に言わせたら、これは芸術なのだ。もちろん、真も春画という絵があることくらいは知っている。これが彼の仕事の一部だということも理解できるが、幾らなんでもここでやらなくても。

「何?」
 見れば、台所にはものの見事に千切りされたキャベツに、艶やかな桃色の豚バラ肉、すりおろされた長芋、その他、天かすに紅ショウガ、篩にかけられた小麦粉、卵などが混ぜ合わされるのを待っている。
「お好み焼き。何だか、急に食いたくなったんだ」
 料理好きのこの男は、本当にこまめに真の食事の面倒を見てくれる。レストランのオーナーなのだから、食材へのこだわりは半端ないのだが、一方でこういう庶民的料理にやたらと興味を持っている節もある。
 旅先から帰ってくると、一通り作ってみなければ気が済まないらしい。

 コンロの隅に鉄板もしつらえてある特注の台所だ。いわく、普通のフライパンでは美味い肉が焼けないからだという。その鉄板で焼いたお好み焼きはさぞかし美味いのだろう。
「大阪の食い物ってのは、精力がつく感じがするなぁ」
 精力つけて春画の仕事なのか、と脈絡のないことが頭に浮かんだ。
「風呂は後にしろよ。絶対に鉄板焼き臭くなるから」
 
 お好み焼きにはビールだろ、と普段ビールなど飲まない男が、キリンビールを出してきた。キャベツにその他具材をさくさくと混ぜて、特注鉄板で焼く。
 ソースは大阪でもらってきたらしい。中身は秘密の特別ソース。
 確かに美味い。キャベツ量が多いからか、あっさりとしていて、腹にもたれなくていい。

「明日から、ちょっと弘前に行ってくる」
 真が切り出すと、竹流はコテでお好み焼きを切る手を止めた。
 さっきまで、これはコテなのか、テコなのか、ヘラなのかで揉めていたが、一応大阪的にはコテが優勢ということに落ち着いた。

「ちょうど良かった」
 コテでお好み焼きを押さえかけた真の手を制して、竹流が言った。コテで押さえるなんてもってのほか、ということらしい。
「何が」
「俺も弘前に用事があるんだ」
「それって一緒に行くって意味か?」
「何が悪い?」
「まさか、あのテーブルにわざとらしく広げてある本の用事か?」
「テーブルの上?」
 竹流は一度とぼけておいて、あぁ、と頷いてから、面白そうな笑みを作った。
 その辺の男がこういう笑いをすると、かなり下品に見えるはずだか、この男にかかるとそれもまた美しく見えてしまうから困ったものだ。

「ちょっと興奮したろ」
「馬鹿言え。でかすぎてリアルさに欠けるだろうが。あれは何だ?」
「うん、まぁ、あの手のものは、大事に隠し持っている金持ちがいるわけだ。春画は江戸時代から売れ筋だったからな、歌麿、春信、北斎ら名だたる浮世絵師たちが競って描いたんだよ。で、お金持ちの蔵の中にしまわれて何世紀。驚くほど状態のいいものもあるんだ」
「で、弘前の金持ちが蔵にしまっていたってわけか」
「まぁな」
 お好み焼きが美味すぎるので、会話は一旦途切れた。

「連れがいるぞ」
 いささか困った気がしなくもない。だが、女子高生と二人きりよりはいいかもしれないと思い始める。
「別にかまわないさ」
「うるさい女子高生だぞ。絶対あんたの嫌いなタイプだ。生意気で、いっぱしのことを言う割にはガキだ」
「お前の仕事は大体そういうのが相手だろうが。しかも、俺はそういう手合いには慣れてる。お前で」
 確かに、反論の余地はない。
 結局、お好み焼きが美味かったので、あまり検討する余地のないまま、翌日、上野駅の待ち合わせ場所に竹流と一緒に出掛ける羽目になった。




こんな感じで始めて見ました。推敲は随時していきますが、何せ裸のままの文章故、読みにくいことこの上ないかもしれませんが(いつもだけど)、お許しください。
例のごとく、食事シーンから始めてしまった。好きなんです、食事シーン……

応援してくださると、とても喜んで頑張れますm(__)m
にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

Category: ★死者の恋(間もなく再開)

tb 0 : cm 4   

【死者の恋(仮)】はじめに 

お約束通り、新しいお話を始めさせていただきます。
女子高生に振り回される真とどうやら春画にまつわる仕事を請け負ったらしい竹流

今度の舞台は青森県
だんだん旅行ミステリー、ご当地ミステリーみたいになってきましたね。
青森県さまには、毎年とてもお世話になっているので、感謝の気持ちを込めて。

せっかくブログを始めたのだから、新作を書かなくちゃ、と思っていたのですが、なかなか重い腰を上げられず、でした。
しかも、ブログ風に小説を書くとか、連載するとか、もうほとんど私には無理なことばかり。

しかも、またそのまま打ち込み始めて、保存せずに内容がぶっ飛んでしまいました。
なので同じことを、また2回目に書いています。しょぼん……(;_;

でも、とりあえずやってみよう、ということで。
まずは余白をたくさん作る。
会話をいっぱい書く。
やたらと心情やら描写にこだわって、余白を字で埋めない。
あくまでもブログっぽく、読みやすく。
楽しんでもらえるように。
その前に、ちゃんと保存する!


結構苦手なことばかりですが、頑張ってみます。
本編が重くてしんどいので(『海に落ちる雨』…でも読んでほしいかも…)、こちらはあくまでもライトに。
果たして落ちがあるのか、起承転結は大丈夫か、伏線拾いは大丈夫か、まったく予測不可能です。
全てが超無責任な内容になるかもしれませんが……

というわけで?、さっそくおまけ映像を。
弘前城
ご覧いただいたのは、弘前城から見た岩木山。
毎年ゴールデンウィークを弘前~金木で過ごしています。
年によっては、こんな素敵な景色に出会えることもあるのです。
弘前城
ちなみに、ゆるきゃら『たかまるくん』が時々城内を見回っています。
たかまる

こんな素敵なシーンは出てこないかもしれないけど、またラストのキラキラシーンに向かって頑張ってみましょう。かなり、無責任ですが……


キーワードは、
青森、弘前、岩木山、冥婚、老夫婦の恋物語、絵馬、春画、ちょっとだけ津軽三味線てな感じでしょうか。
今回はハートフル度70~80%と高め、物の怪度は50%かな…
やっぱり出てくるんですね。青森県ですからね。普通に、普通に、おられますからね。

実は冥婚をテーマにした作品、もう一つ準備しています。
というより、ずいぶん前に第1章だけ書いたまま……こちらはもう本当に、純文学に近い。
いつかお目にかかりましょう。

いつでもテーマは『再生』なのです。
ちなみにタイトルは仮、です。苦手なんです、題名考えるの。
でも、また気象・自然現象シリーズでまいります。

あくまでもライトに、頑張ってみます!(^^)!
よろしければ、応援してくださいませ。面倒くさいポチをまた載せてしまう。
にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

Category: ★死者の恋(間もなく再開)

Tag: * 
tb 0 : cm 1