FC2ブログ
03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【物語を遊ぼう】13.ロケハンと聖地巡礼:後篇 

さて、後編は聖地巡礼です。
予定外に長いです(タルコフスキーで盛り上がりすぎて…^^;)。ごめんなさいm(__)m

聖地と言えば、ドラマや映画、小説の舞台・ロケ地のこと。そこに行くというのが聖地巡礼なのですね。
韓流ドラマに嵌って、雪だるまでチュウのあの公園に行った方も多いに違いない……
ファンにとってはたまらない場所、そしてその特別な場所で過ごす時間は至福のひと時、であります。
日本では『東京ラブストーリー』愛媛県のどこかの駅(すみません、よく知らないんです…)とか、でしょうか。

私たちがまだ若いころ、『南京路に花吹雪』という漫画がありまして、大いに嵌った私たち、何年もたって上海に行く機会があった時、友人が「南京路で花吹雪(=紙吹雪?)やりたい~」と叫んでいました。
本当にやったら、『当局』につかまっていたと思われます。
(当時、上海はまさにバブル夜明け状態で、町をきれいにしようキャンペーン中。道に唾を吐かない、ごみを捨てない、ごみ箱でおしっこしない(子供は股割れパンツ穿いてましたからね)、などなど7か条の条例ができて、破ったら罰金か禁固だった…今も?)


さて、私にとっての聖地巡礼。
それはタルコフスキーが映画を撮った舞台を見に行くことでした。
多分、あんなところまで行った日本人は多くはないだろうし、もしかしていらっしゃったら、語り合いたいくらいです。

と、その前に、アンドレイ・タルコフスキー
生涯にたった8本の映画を残して、亡命先のパリで亡くなったロシアの映画監督。エキセントリックな監督で、『鏡』では自分の母親の思い出を撮るのに、故郷の景色を再現するために麦畑を一から植えたり(しかし、これはすごいシーンだった。女性=母親が家にいて、医者だったか男が帰っていく、目の前に一面の麦畑、風がだだっ広い麦の畑をザーッと撫でていくんです。あの時私は、映画の画面から風が吹いてきたと感じて…これは神の息吹だと思った。今思い出しても鳥肌の立つシーン)、『サクリファイス』ではセットの家をラストで燃やしているんだけれど、カメラが回ってなくてもう一度きちんと建て直させて、また燃やしたり(ちゃちなセットでは許せないと)、『ノスタルギア』(邦題ではカタカナでは『ノスタルジア』ですが、タルコフスキーがロシア語で『ノスタルギア』と呼んでほしいと言っていたというので)ではろうそくの火を消さないようにして、ある場所(バーニョ、つまり風呂なんですね。古い公衆浴場=温泉の水を抜いたところ)を端から端まで歩く、消さずに歩けたら世界を救うことができるみたいな話で…その気の遠くなる長時間の撮影にしても、正直、周囲の人間は迷惑だったろうな、と思うエピソードばかりです。黒沢明が大好きで、日本も好きで、首都高をワンシーンに使ったり。
ある映画評論家に、自分が死んだら「回想録にどうしようもない暴君の監督だったって書くなよ。生きているうちにそれはさんざん言われたから」とか言ってみたり。
『芸術至上主義』で、多分近くにいたらかなり迷惑な監督だったかもしれないけれど。
でも、残された映像は、ある意味鬼気迫るものがあって、本当に素晴らしい。

「僕と君たちの間には秘密がなくてはならない。君たちに何もかも分かってしまってはいけない。君たちは不明な状態にいなくてはならない。すべては意外で、予測できず、興味を引くものでなければならない。君たちはちょうど恋をしているようでなくっちゃね。最後の場面で死ぬということが最初の場面から分かっていて、どうやってまともに演じることができる? つまり最初のシーンと最後のシーンとの間に起こることは全て嘘になってしまうだろう」
タルコフスキーが役者たちに語った言葉。
これって、映画監督と観るものの間にも成立することだし、書き手と読み手の間にも成立することですね。

あるいは彼の父親、詩人のアルセイニー・タルコフスキーの『最初の出会い』
『出会いの一瞬一瞬を
 神の出現のように祝った……』
タルコフスキーの映画は、まるで父の詩を映像に刻み込んでいるみたいです。
そう、彼は映画を『刻みこむ』と言う表現で語っていました。

あぁ、タルコフスキーの話をすると、際限がなくなり、人を退屈させるので、このあたりで。
私の本棚のタルコフスキーコーナーでお察しください…^^;
タルコフスキーコーナー


『ノスタルギア』『サクリファイス』はやはり彼の最高峰だったと思うけれど、個人的には『アンドレイ・ルブリョフ』が一番好き。あの、ラストでイコンがカラーになる瞬間、何度見ても背筋がぞわぞわするのです。
そう言えば、大和竹流(修復家)がイコンに造詣が深いのは、もう完全にこの映画の影響です。


さて、そのタルコフスキーの『ノスタルギア』のファーストシーンで使われた礼拝堂と、ラストシーンで使われた教会に行ってきたのです。
言うのは簡単ですが、もちろん観光案内書には載っていない。タルコフスキーの本で町の名前を確認し、本の中に載っていた車で行ったという人のコラム(当時はネットなんてありませんでしたから)を読んで、イタリアの細かい地図を取り寄せて鉄道が走っているかどうか確認し、調べたけれど、結局わかったのは町の名前と路線図だけ。そもそもイタリアは駅から町まで遠いことが多くて、しかも彼が映画を撮った町自体には列車は通っていない。とにかく、地図上の最寄り駅で降りることにした。
分からんけど、とりあえず行ってみようと。きっと行けばわかるだろうと…あの頃、本当に無謀だった私。

ファーストシーンで使われた礼拝堂は、フィレンツェからローマに向かう列車を途中下車し、ローカル線に乗り換えて、ある駅で降りて、駅員さんに聞いて、結局目的の町・トゥスカニアは古い町と新興住宅地が並んでいて、その新興住宅地に向けてバスが通っていることが判明。
駅から半時間(もっと?)ほどバスで移動。移動中には道路を横断する羊さんの群れ(むろん、羊優先)やら、耕された土が湿った茶色や乾いた灰色になっていたり、緑の牧草地があったり、の私の大好きなイタリアの田舎の景色。

あ、そう言えば、私この電車移動中に帰りの航空券を落としまして…もうイタリアに住めってことか?とか思ったけれど、本当に田舎町の駅員さんは優しかった!
何と、あちこち電話をかけて、ローマに向かって行ってしまっていた列車の中を探してもらってくださり…私は無事に日本に生還したのでした。
その時、言われた、忘れられない単語。
Domani, tirare(多分、辞書を引っ張り出した私が、動詞の活用を分かっていないと気が付かれたからか、原型でおっしゃられた)…その後、真面目にイタリア語を勉強し始めた時、この単語は心の灯りみたいだった。
『明日、引き取りにおいで』
special thanks2
その時の駅員さんたち。きっとこの方々は、私が今でもものすごーく感謝していることを、ご存じないだろうなぁ。

忘れられないのはバスの中。珍しい乗客にバスの中は騒然…『どっから来たの?』『日本』『何歳?』『○○歳』『どこ行くの?』『バジリカ・サン・ピエトロ』…そして、随分走った時…バス中の乗客がみんな、窓の外を指差して『バジリカ・サン・ピエトロ!!!』と大合唱。
丘の上に建つ寺院と、笑顔いっぱいで見知らぬ異邦人にあれがそうだよ、と教えてくれた人々に大感謝でした。

ついでに、行くまでホテルがあるかどうかも分からなかったのですが、何とか発見。と言うより、ほぼ開店休業の宿が1軒のみ。え?客?と、明らかに戸惑っている様子。
ぼろぼろのホテルでした…長期にわたり客を泊めた気配がない^^; 取りあえず雨風がしのげる、でもシャワーしたらバスルームどころか、部屋全体の床が水浸し…でも映画みたい~(タルコフスキーの映画にはやたら水のシーンが多い。これはもう神の配剤?)とか言ってはしゃいでいた私…今だったら絶対怒るに違いない^^;

2泊して、本当に何回も礼拝堂に通いました。
この地下の礼拝堂、歩くと柱が移動していくみたいなのです。静謐で、何もなくて、ただ柱が並んでいる。
バジリカサンピエトロ
バジリカサンピエトロ
日付を見ただけでも、びっくりすると思いますが、なんと3日間も通っていた私…
学生って本当に、金はないけど暇はあった…宿泊はぼろホテルか修道院、電車はユーレイルパス。
懐かしい。

映画で使われた時はこのシーン。懐妊を望む女性のための祈祷が行われていた。実際には、タルコフスキーは祭壇の絵は別の教会から借り受けて使っていました。その教会は、たしか北イタリアのどこかにあったはず。
タルコフスキー

教会はいつも扉が閉まっていて、門番のおばちゃんがいて、鍵を開けてもらうんです。
1日に2回も行ったりしていたので…最終日はもう、別れがつらくて。
『Io, qui』おばちゃんの言葉…私はここにいるからね、と。またおいでね、と。
special thanks
結果的には再訪できていないし、この方ももういらっしゃらないかもしれないけれど……私が本当はもう一度お顔を見たいなぁと、今でも思っていることを、この方もご存じないだろうなぁ…

多分、どうでもいい人にはどうでもいい場所なんだろうなぁ……(と、いきなりしみじみ)^^;
でも聖地って、そんなものですよね。

ラストシーンの教会はサン・ガルガーノ。
こちらはシエナから1日数本しかないバスに揺られて1時間ばかり…だったかな。
帰りのバスも1本か2本しかなくて、まぁ、よく行ったものだと。海外で運転に自信がある人は、レンタカーをお勧めします^^;
ただ、こちらはきっと、写真などで見た方もあると思います。

サンガルガノ
サンガルガノ
いやもう、素晴らしい。屋根のない教会です。金がなかったので、売っぱらったとか言う話。
バスの本数があまりにも少ないので、朝着いたら、あとは夕方のバスの時間まで、何もない教会で1日過ごしました。
(あ、びっくりするトイレの話。またいずれ)
長くいると、太陽の加減でこんなにも写真が違っている……

そして映画ではこんなシーン。
タルコフスキー
イタリアの景色(教会だけど、屋根のない廃墟…実はちゃんと修道院として機能している)の中に、ロシアの風景。
亡命したタルコフスキー自身のノスタルギアを感じるシーンなのです。

実はあまりにも感動して、これはイタリア旅行の真と竹流(真18歳、高校卒業から大学入学までの間の1か月のハネムーンですね…いえ、まぁ、そんなこともあったと^^;)に、この地に立っていただきました。聖地巡礼かつ、結果的にロケハンということに…(いずれ【雨】の回想シーンで登場)
その時彼らが寝転がっていたのが、この教会の裏手。
サンガルガノものすごく小さく、うちの母が座っています(^^)

ちなみに、滅多に見かけない旅行者を見ると確認したくなるんでしょうね…
必ず田舎のバスでは乗客の皆さんから質問攻め:『どこ行くの?』
で、私は答える。『サン・ガルガーノ』…着いたら教えてくださいとバスの運転手さんに言ってあるんだけれど、結果的に必要はないんですね。
だって、乗客のみなさん、私の行先をしっかりチェックしていて、近づいたら口々に(この時は輪唱のようでした)『サン・ガルガーノ!』『サン・ガルガーノ!』
…え?と戸惑っていると、窓まで引っ張って行かれて、指差してくれる。
バス道の車道からは、遥か彼方にちっこく見える寺院。

トスカナの田舎は私にとってベストな場所(精神安定という意味で…)。人為と自然が程よく入り混じり、緑の丘が重なり合って続き、その空と地の境界をバスで走って行く……風の匂いも、空と小麦畑やブドウ畑の色も、果てない地平線の向こうも…何もかも。

この旅の話、話せば長いことながら、なので、またそのうちに。
聖地と思っているからか、その地で出会う人はみんな優しく、私はこの場所に好かれている、私もこんなに恋焦がれてやってきたのだから、とご都合主義的に思っちゃうのでした…(^^)



考えてみれば、観光地の多くは歴史的背景のある場所で、ある意味、普通に観光地に行けば聖地巡礼ともいえるわけですが……

私の場合、他に訪ねたことのあるマニアックなところは、『オルフェウスの窓』のレーゲンスブルグ……これはウィーンから一人、てぽてぽと電車に乗って、本当に大丈夫かなと思いながら行きました。もう、どこにあの音楽学校が~という感じで、少年合唱団(ウィーンとは違って声変わりしても歌える)の歌に感動したりしながら。

他には坂本龍馬脱藩の道(諸説あり、2か所ほど行きました)でしょうか。こちら、檮原は何度も行っているのです。でも、これは歴史上の人物なので、今回はちょっと話の筋から外れるかな。実は龍馬友の会の幽霊部員?の私…^^;
あ、鬼平の舞台は歩きましたよ、もちろんです(^^)
池波先生のお気に入りのお店も、そして山の上ホテルにも泊まりました…でも、これはマニアックというほどのこともなく、鬼平ファンなら誰でもやりたくなりますよね、うん(^^)


そして、ロケハンと聖地巡礼の旅はまだまだ続くのであった……(*^_^*)

自分なりのこだわりの聖地、皆さんはどんなところに行かれましたか? あるいは行きたいですか?
スポンサーサイト



Category: 物語を遊ぼう(小説談義)

tb 0 : cm 6   

【物語を遊ぼう】13.ロケハンと聖地巡礼:前篇 

【物語を遊ぼう】のちょっぴり息抜きバージョン。前後編でお届けします。
もしかすると、旅のおすすめ、みたいな回かもしれません。

旅の目的・テーマを決めるとき、物書きならやっぱりロケハンをテーマにしてはどうかしら、と。
旅と言っても、別にすごく遠くに行くばかりとは限りません。

最近ちょっとマイブームのロケハン。
映画やドラマの舞台を探すlocation huntingの真似事ですが、ただ町をぶらぶらするのではなく、あれこれ具体的妄想を頭に描きつつ歩くと、ごみ箱一つでさえも意味があるように思えてしまうのです。
私は関西在住ですが、真の事務所は新宿。
で、たまに友人の小説とちょっとコラボをしていて(これはいつか登場するのかどうかは不明です^^;)、じゃあ舞台をきちんと探していこう…ということになったのです。

そして始まった東京町散歩。
えっと、自分自身のロケハンなので、うちの小説の登場人物の例で失礼いたします(^^)

新宿二丁目、歌舞伎町、新宿西口…に始まったのですが(この辺りは複数回散策)、特に歌舞伎町はちょっと怖いので休日の朝歩くという…まだ昨夜の興奮?冷めやらぬ街の景色は、何だか独特のムードがありまして。
もちろん、真の時代は少し古いのですが、新宿歴史博物館もきっちり押さえ、本も購入。
真の事務所の場所も、真が時々行っていたバーも、ある人と雨宿りしたガード下も…
【雨】に登場するゲイバー『葵』(葛城昇の店)も、何かで出てくるに違いないコマ通りも(^^)
全部チェックしました。

真の祖父母が東京の定宿にしていたのが、白山のお寺。
ここに真は結婚後住んでいるのですが、隣に神社という描写があって、まさに白山神社。
白山~神楽坂あたりは、彼が犬の散歩およびランニングをしていたに違いない場所。
ランニング中に神楽坂をテリトリーにしている誰かさんと鉢合わせとか、あるかなぁ?
よし、歩いて確認! みたいなのがロケハンの醍醐味。
おみせ
これは白山から少し歩いたところにあるお店(食事処)。
多分、歴史が古そうなので、真の生きていたころにもあったはず。
嫁とご飯食べに来たりもしたはず。で、誰かさんと鉢合わせ?
どんな顔するかな?…などなど、走る妄想。

竹流のマンションは築地の近く。もちろんレストランのための実益兼ねてこの立地。
彼のギャラリーとレストランは銀座なので、徒歩圏内。
同棲していた頃、真は多分川沿いをランニングしていたはず。

【雨】第5節には助平なおっちゃん(裏社会と表社会の繋ぎ目くらいにいる元警察関係者)が出てきますが、そのおっちゃんの事務所は帝劇の裏、とか、アパートは川口アパートメントだよねとか言いながら歩く。
などなど……

ついでに、真の故郷、浦河や牧場のあるあたりにも時々行ったりしています。特に四季の差が激しい地方は、いい季節だけを見ても意味ないし、と。
唯一、確認できていないのが冬の襟裳岬。
どなたか北海道の方に教えていただきたいと思うこの頃です。


思い起こせば、私のロケハンの第一歩はローマの町でした。
そう、ジョルジョ・ヴォルテラの町…でも、実はその時書いていたのが、真の息子・慎一(ピアニスト)の話で、このため(だけではないけれど)に私はザルツブルグ~ウィーン~ローマを見て歩いたのでした。
(今は流行らないのかもしれませんが、バックパッカーというやつですね)
でもあの頃、カメラはデジタルではなかったし、記録のように写真を撮るということはできず、記録より記憶と印象で勝負、だったような。


そしてそれから……最近は旅をしたから舞台に選ぶのか、舞台に選んだから旅をするのかは、微妙なときもあるけれど、テーマのある旅って結構楽しい。
結果的には、好きだから行く⇒ますます好きになってどうしても書きたくなる(私の場合は志明院がまさにそうです)ってことになる場合も。
もう一つ、シエナがありました。
シエナも、好きすぎて、ふたりに歩かせました。
【石紀行番外編】か何かでまたご紹介したいと思うのですが、我慢できないので?ここでちら見を(^^)

「世界中で最も美しい広場へようこそ」
イタリアに来てから時々不安がっている、まだ可愛かった頃の^^;真に、竹流が路地を抜けた瞬間に言った言葉。
シエナ
あの路地を2人は抜けてきて…そして塔の上からこの景色を…
(そのためにはかなり気合入れて塔を登らねばなりませんが)
カンポ広場
そう、貝殻型/扇型で、緩やかな斜面になっている広場なのです。
で、座り込んで、日長一日、人間ウォッチング……を何度やったことか。
他にあちこち行けばいいのに、なぜかリピーターになる私でした。
ここで町同士で馬に乗って騎馬戦みたいなお祭りで争ったりもする。
本当に、世界で最も美しい広場と思っています…もっとも、見た広場はごく一部だけれども。

こうやって、大好きな場所を舞台に使う…舞台に使うために、再びその目で見ると、また違う町の顔が見えてくる。道のごみひとつ、看板ひとつも、何もかも、物語の世界を構成するために新しい顔を見せてくれる。


ひとつ言えていること。
物書きにとって、ロケハンは楽しい!


後編は聖地巡礼です。

Category: 物語を遊ぼう(小説談義)

tb 0 : cm 0   

NEWS 2013/4/29 今朝の庭:椿と蟻 

椿と蟻
庭掃除を始めたら、新緑がまぶしくて、ふと目に留まった椿の花。
椿ももうそろそろ終わりですが、この椿に蟻が一匹……
よく見ると、椿の花弁に溜まった水を飲んでいるよう。
少しは蜜の味がして甘いんでしょうか。
椿と蟻
akoさんなら、どんな詩になさるんだろうとか、ちょっと思ったワンシーンでした。

さて、今朝の庭は、もうつるバラがほぼ満開。と言っても、絡み合って咲く黄色と白では、咲く時期が少しずれていて、黄色がほとんど満開、白は七分くらいかな。
絡み合っているのは、隣に植えたら大きくなりすぎて、絡んじゃっただけなんですけれど…
棘がないので、庭ではありがたいバラです。
つるバラ黄つるバラ白
そして、この白のほうが、香りが良いのです。黄色はなんの匂いもしません。
ヴェネツィアの運河の臭いはともかく(やっぱりこだわるのか、そこ)、このバラの匂いは、本当にお届けできなくて残念。

マーガレットとフクロウ
マーガレットも満開ですね。
そうそう、庭には見張り番がおります。こちらはフクロウくん。
他に、芍薬と牡丹に挟まれて信楽のタヌキ君もおります。タヌキ君は実家から婿入りしましたが、フクロウ君は縁起を担いで(福くる、もしくは不苦労)、十年前に鎮座していただきました。
フクロウ君が収まっている石は、親戚の家の庭に転がっていた古い灯篭の残骸。
うちの庭にはほかに、石臼や脱穀石など、昔農家(ってうちとか親戚のこと)で使っていた石の道具が、花と一緒にオブジェ的に狭い庭にひしめいております。

今朝のお庭のワンシーンでした。
さ、庭仕事の続きだわ。

Category: ガーデニング・花

tb 0 : cm 2   

NEWS 2013/4/29 少し嬉しい拍手とHIT 

シーサー1
というわけで、特別に?私の母と私が沖縄で作ったシーサーをアップ!?
向かって右が雌?で母作、左が雄で大海作。
うちの母は、何だかこういうこと器用なんですよね。
私はイマイチなんですが……

ついでに、一目ぼれして購入したシーサーもご紹介。
シーサー2
本当は屋根とか門とかに置くものとは思うけれど(ちなみにすでに門には別のシーサーがいる)、床の間に飾ってもいい?とか適当なことを言われたので、床の間横に並んでおられます。
シーサー屋さんで一目ぼれしたんですね。
狛犬みたいに阿吽になっていますが…

そう言えば、お寺や神社の狛犬で結構面白いものがありますよね…
岩木山神社で見た狛犬は、あがったり下がったり、の不思議な姿。上向きと下向きの対でした。
(写真が見当たらないので、またいずれ…)

あ、何の記事だったかというと、カウンターは置いていなのですが、管理画面にはアクセス数とか出てきてて、数え始めたのが今年の1月22日。ブログ自体は1月14日に記事を書き始めているのですが、その時はどうやってアクセスの解析とか置くのか分からなかったのです。
と言っても、そのころはブログに訪ねてきてくださる人はほとんどいなかったと思うのですが。
さっき見たら、訪問者数1900になっていました。
もちろん、有難いリピーターさん方と、通り過ぎていく方がほとんどなのでしょうけれど…袖擦りあうも他生の縁、ということで?やっぱり有難いなぁと。
ついでに、いただいた拍手もふと見たら、404と何やら意味ありげな?数に…
何より嬉しいのは最近、ちょっとだけ小説のほうの拍手がちまちまと増えてきていて…
ちょっぴりうるうるしております(;_:)

読んでくださる方がお一人でも、きっととても嬉しいと思うのだけれど、複数いてくださって、それに暖かいコメントも下さって、本当に感謝しておりますm(__)m
思えば、私が書いたものって、絶対ブログ向きではないだろうな、と思う迷いからスタートし、機械音痴なのでブログの仕様との戦いもあり……それなりに乗り越えて…
畳むのも教えていただいたし……
それに、この先、ちょっと痛い話もあるので、どうなのかな、とか思いながらも、たとえ読んでくださるのが一人になっても…ちょっとだけ頑張ろうと思うのでした。
(でも、痛いのがメインじゃないので…本当はほのぼのが好き)

私もできるだけあちこちお訪ねして、感謝の気持ちをばら撒きたいと思います。

でも、今日はまず、庭の雑草との闘いが待っている!
待ってろよ、カラスノエンドウ、スイスイ、タネツケバナ、タチイヌノフグリ、オシヒバ、コニシキソウ……
本当は雑草、好きなのもあるんだけれど、収拾がつかなくなりジャングルになっていくので、心を鬼にしてやはり戦わねばなりません…

Category: NEWS

tb 0 : cm 0