FC2ブログ
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【石紀行】9.中津川:星ヶ見岩(3) 

外に出て、少し手前にある休憩所(展望台?)へ行ってみましょう。
ここには東屋があって、気持ちいい風が吹き抜けます。
hosigami
こんなふうに、巨石が張り出していて、その上に手すりが(ガードレール?)取り付けてあります。下に見えているのは、ひょうたん池。
岩の端まで、滑らないように降りてみて、振り返ると……
hosigami
hosigami
この星ヶ見岩の周辺は7~10くらいの巨石が集まっています。
こうして巨石を写してみると、背景の空、雲まで何か意味があるように感じますね。

hosigami
帰り道は別のルートを行ってみます。と言っても、地図を見てもよく分からないので、適当に降りて行きます。
hosigami
巨石に移る葉陰。変わらずそこにどっしりとある巨石の上に、うつろいゆく季節の影が映る……

さて、星ヶ見岩の巨石たちともお別れです。
と言っても、公園を出るまで、巨石があちこちに顔をみせてくれるので、名残惜しいやら嬉しいやら。
まさに、巨石の森とはよく言ったものです……
歩道にもこんなふうに、石が。
hosigami


先にも書きましたように、この星ヶ見公園の巨石たちには、人為はほとんど感じられません。
あるがままに、私たちを迎えてくれている感じです。
星が見えるという伝説の真偽については確かめられませんが、古代の人がここから北極星を眺めた…かもしれないと思うと、何千年も前から、人類は星を見つめてきているんだと不思議にありがたい気持ちになりました。

hosigami
nikkoukisuge
野の花たちも、ありがとう。


さて、以下は本当におまけ。
この日泊まったのが養老温泉。養老の滝って名前はよく聞くけど、それはもしかして、飲み屋の話?
これが、くだんの養老の滝。
写真からマイナスイオンが伝わったらいいなぁ。
yourou
旅館で頂いた鮎。
yourou
飲み比べの日本酒。どれも飲みやすいものばかりでした。
少しの酒と、美味しい料理。言うことはありませんね。
yourounosake

というわけで、次回の石紀行は?
(マルタの巨石神殿、少しお待ちください(^^))


スポンサーサイト



Category: 石の紀行文(写真つき)

tb 0 : cm 12