FC2ブログ
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2013/7/13 熱中症/TOKYO 

DSCN1261_convert_20130713094934.jpg
東京も4日目。今日は夕方から青山劇場で舞台をひとつ見て、最終の新幹線で帰ります。
最終に間に合うか、ちょっと心配していますが、もう1泊するのはしんどい!と思い、決死で帰ります。
三谷幸喜氏・大泉洋ちゃんの『ドレッサー』に始まり『PLAY/ZONE』に終わる今回の出張。
いえ、メインはあくまでも出張です。出張と日がずれていたら設定しなかった観劇ですので…
でも東京でしか味わえないものがありまして。
(すみません^^;決してジャニオタではないのですが、屋良朝幸さんのファンなのです。ついでに今井翼氏のフラメンコならぬツバメンコのファンでもあります。スペイン語講座に出ていた彼は、私の語学講座ファンの心を鷲掴みにしました)
仕事面では、一昨日、昨日で自分の義務は終えましたので、今日はもう完全にだらだらです。午後から少しカンファレンスに参加するだけ。

昨日、会場で、あまりの人の密度と節電のために、熱中症で三人ばかり倒れました。
いやもう、この異常な中での会議とか勉強会とはあり得んでしょう、という環境です。
いえ、心頭を滅却すれば火もまた涼し、ですか?
正直、一生懸命準備したり頑張ったりしてきたのに、ここにきてこんな環境でpresentationとかさせられて、倒れてたら話になりません。
申し訳ないけれど、まともに頭を働かせるには、いささか環境は大事と思われます。
節電にもほどがあるというのか。
そう言えば、家族が節電を頑張りすぎて、熱中症で運び込まれ、命は助かったけれど障害を残したお子さんもおられます。お年寄りは、ニュースでもよく取り上げられますが、亡くなる方もおられます。
節電。わかります。分かるんですけれど、時と場合に寄らないか???
そこはそんなに冷さんでも、というところは異様に冷えているのに。
資本主義ですから、買い物環境の場所は、本当によく冷えていますね。

DSCN1258_convert_20130713095102.jpg
さて、東京。
このところ、会議やカンファレンスやあれこれの東京率が高くなりました。
新幹線が品川辺りに入ってくると、心拍数が上がるのはいつものこと。なぜか緊張してドキドキしてしまうのです。
多分、高い建物がたくさん並んでいる景色自体が怖いのです。
この下の土地は……地球は……とか考えてしまう。
でも、中に入って、自分がその中の道を歩いている一員になってしまうと、違和感が無くなる。

DSCN1245_convert_20130713095034.jpg
東京は本当に不思議ですね。
一言で言うと、雑多。
すごいオフィス街と古い人家が当たり前に隣り合っている。
ビルの谷間に学校や保育園。
情報だだ漏れのスパイ天国。
大都会だけど奇妙に公園や緑が多い。
大きな幹線道路と、複雑に入り組んだ古い道。
駅前の風景は、よく見ると結構違う顔をしている(そういう意味では、最近関西の駅前のほうが、駅ごとの特徴がどんどんなくなっていっている)。
大きな劇場や美術館、博物館(私が最も愛するのは科学博物館)と、数えきれないアングラな劇場。
そして、明治神宮もそうだったけれど、外国人率の高さ。
上の写真、代々木公園の中では、ランニングする人、サイクリングのひと、休んでいる人、騒いでいる人、そして未来の芸人を目指して練習する漫才コンビ、などなど。
DSCN1244_convert_20130713095153.jpg

田舎者の私には、結構つらいのですが、あまり頭痛はしない。
梅田に行くと頭痛がするのですが……その違いは、狭いところにたくさん人がいるか、広いところにたくさん人がいるかの違いかも。酸素の薄さ、かしら??
それとも、都会だから、あえて多い緑のお蔭かしら。
でも、東京には住めません。高いビルが怖いから。
DSCN1249_convert_20130713095216.jpg
都会の中の一輪の花。
DSCN1241_convert_20130713095009.jpg
沢山の花。
DSCN1214_convert_20130713095238.jpg
そして、願いをしたためる人々(多分、ほとんど日本人はいない)。
沢山の人生と、たくさんの想いと、そして複雑に入り込む現実、格調高い文化と薄暗い欲望。
魅力に取りつかれた人も多くいるのでしょうね。


今日、帰ります。
スポンサーサイト



Category: 旅(あの日、あの街で)

tb 0 : cm 10