FC2ブログ
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2013/7/24 小説における方言 

DSCN1097_convert_20130707133035.jpg
*明石・神戸のお土産には、永楽堂のたこせんを(記事との脈絡はありません)。

ここしばらく、本当に小説ブログだわって思えるほど、一生懸命お話=文字ばかり更新しておりました。
多分、かなりつまらないブログになっていますね……すみません^^;
(そもそもつまらないんですが……^^;)
小説ブログは辺境ブログなんだそうですね(もちろん、そうではない方もおられますが)。
確かに、私も、いや、私はすごい辺境にいるなぁ……
せめて、秘境と言いたいけど。秘湯?でもいいかも。まったり湯につかる…(*^_^*)

しかも、この数日、PCがネットに繋ぐとあまりにも遅くて、ページが表示されるのに妙に時間がかかったり、結局されなかったり……皆様のブログをお訪ねしても、コメントが残せないことが多々あり(なぜか途中で止まる)。
ちょっとストレスです。
お話を書きなさいって、ことですかね。

さて、ただ今連載中の【天の川で恋をして】
地名からヒントを得て、そこに昔見たホラー映画のイメージだけ絡ませて、ホラー度は消して、綴っております。
そこで、複数の皆様から頂いたコメントが『方言について』

そうなんです。
この話、大阪のある市が舞台なのですが、会話を標準語で書いております。
実は、指摘されることもあるかなぁ、いや、スルーされるかな、と思っていたので、あえて断っていなかったのですが、さすがに物書きさんたちからは鋭く指摘されました。

始めの頃は意識していましたが、最近は自然にそうしているルールがありまして。
頂いたコメントのお返事にも書きましたが、ある賞の受賞作が私の全く知らない方言で書かれていて、評には「方言がよい」と高評価だったのですが、読んでいてものすごく苦痛で、結局途中で飛ばし読みして、最後まで読めませんでした。いや、方言のせいではないのかもしれませんが……
で、また別のところで、読むのが苦痛なので方言で書くのはやめたほうがいいというある編集者さんの言葉を読み……
そうなんです。苦痛。実は、信長の話で、がっちり尾張弁で書かれたものを読んだのですが……しんどかった。

実際に、自分が喋る言葉は、きっちり方言でもない。
いえ、イントネーションはすごい関西弁なのですが、実際には大阪弁と京都弁と神戸弁と標準語のちゃんぽんです。(住んでいたすべての町の言葉が混じる)

方言は耳で聞くから、イントネーションとか抑揚、間合いがあって、言葉として入ってくるのですが、書いてしまうと、目に入ってくるのは、平坦な、やたらと平仮名の数が多い文章。切り処が分からなくて、その言葉を知らない人間には目が疲れて、頭も疲れて苦痛。中身を追いかける前にげんなりしてしまう。
自分が大阪弁をしゃべっていても、書かれた大阪弁はしんどいので、これはあかんわ(←^^;)、と。

だから、基本は標準語で書くようにしています。
ただ、登場人物が多くて、ある人物の出所を明確にしたいような場合だけ、語尾程度に使うことがあります。
会話だけのシーンでしゃべっている人の特徴を出す(区別のために)という感じです。

意見は色々かなぁ、とも思うのですが、幸いにもコメントを下さった方々は、「標準語でよいのでは派」だったので、ほっとした次第なのですが。

方言について、頂いたコメントがある記事は以下の通りです。
お三方、ありがとうございましたm(__)m
あかねさんからのコメント
limeさんと夕さんからのコメント

【天の川で恋をして】、次回最終回です。
きちんと落とし前を、優柔不断のゆうちゃんにつけていただきます(*^_^*)
スポンサーサイト



Category: 小説・バトン

tb 0 : cm 16