FC2ブログ
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

伝えたい想い/【百鬼夜行に遅刻しました】(夏)あとがきに代えて 

繝翫え繧キ繧ォ3_convert_20130807005510
(『風の谷のナウシカ』より)

ちょっと勢い余って書いてしまった【百鬼夜行に遅刻しました】夏物語。
気持ちが入りすぎて、文章が乱れ飛んでいて、後で微妙に恥ずかしくなったりもしていたので、あとがきを書きます。
はっきり言って、長いです。
面倒くさい方は、このあたりで引き返してくださいね^^;


実は、始めはウゾくんが、鬼になった戦国時代の誰かに会って……なんて話を考えていました。
エピソードに、千利休の朝顔の話を使うことは決めてあって、これをふくらます予定でしたので。

この朝顔エピソード、茶道を習っている時には、千利休は偉いことを言う人だと単純に感心していたのですが。
ふと、でも、大義のためとはいえ小さな命を散らすのは……、とかあれこれあらぬ方へ考えが転がってしまいまして。

秀吉って、天下人になっても感覚は所詮農民だったのですよね。泥臭い。
もちろん、あの場所まで知恵ひとつで登って行ったのはすごいことですが、私の中の秀吉像は、数年前の大河ドラマの『江』の岸谷五郎さん。
むかつくほどいやらしいおっさんなんだけど、単純で泥臭くて子供っぽい。
天下を取るような器じゃないはずなんだけど、あれよあれよと時が味方をしてしまった。
茶々=宮沢りえさんが、恨んで怨んで逆らいながらも魅かれて行ってしまう。
(その、秀吉=岸谷さんを憎んでいるぞ!と口で言いつつ目だけで誘う宮沢りえさんにドキドキしました……いやもう、この二人のためにあったと言っても過言ではないくらいの大河ドラマでした。無茶苦茶萌えました)。

で、朝顔エピソード。
農民ですからね、しかも感覚が子供ですからね、だからきっと、単純に、溢れんばかりに咲き誇る朝顔を見たかったんでしょうね。

千利休のほうがはるかに、政治家であり、武士であったと思います。
当時の茶の湯は、今のような単純に精神的なものではなかったはず。
お茶碗ひとつで国ひとつが買えるくらいだったと言います(そうしたのは実は下戸の信長、引き継いだのが利休)。
茶の湯に、国を動かす力があったのです。
だから、当時の二人(秀吉と利休)の関係を、現代の我々の視点から考えてはいけないと、つくづく思うのです。

あれこれ考えて、これこそ『是非もなし』だと思いました。
どちらが100%正しいわけでも、100%間違っているわけでもない。
秀吉も利休も、朝顔の美を認めていたことは確かなんでしょうね。
そして、朝顔の精は、そんな人間の営みなどは、もっと高い次元から見ていた、のかもしれません。

そう言えば、この『是非もなし』
信長が本能寺で、明智光秀の奇襲だと知った時に言い放った言葉として有名ですね。
是非もなし…やむを得ない…襲われて死ぬのもまた運命だ…人間五十年なんだから仕方がない、というような達観したニュアンス、と取られていることもあるようですが。
敦盛を好きで舞うくらいですからね、そういう思想が、とっさに言葉になったのでは、と?

この信長の言葉の前に、仕えていた者が「(襲ってきたけれど)どうしましょう」と聞いたのだとか。
これは信長の返事です。
『是非もなし』
信長ほどエキセントリックで、明確に日本の王になることを目指していた男が、ちょっと立ち寄っていた本能寺なんかで死んじゃうわけにはいかないのです。少なくともこの男はそう思ったはず。
「是非もないことだ、戦うにきまってるがや」
やられそうになって、火の中で敦盛なんて舞ってるものか、絶対最後まで足掻いて戦っていたはずだ。
信長にはやっぱりそんな男であって欲しい、そんな最後であってほしい大海でした。

話が逸れましたが(逸れすぎだって^^;)。
考えているうちに……
だんだんこの朝顔エピソード(武士道たるもの…的物語)が、信念を貫くためとはいえ、花は一生懸命咲いてるんだよなぁ、切っちゃうのもなぁ…という方向にずれ。
大義のために小さな命を犠牲にできるか、とかいう方向へずれ。
折しも、広島の原爆投下の日を迎え。
グンソウさんのように、戦争中のことを思い出したくない、語れない、でも今も苦しみ続けている、という人々もいるだろうと、想いを馳せ。
沖縄のひめゆりの塔記念館でお会いした、当時その一員だったおばあさんを思い出し。
淡々と語られた言葉が重くて。

私はその時、その人に言えなかったけれど、心の中で思っていた。
『その時代を生き延びて、今ここに生きていてくださって、ありがとう』って。
その時何があって、何をしたのだとしても、今、生きてここにいてくださってありがとう…と。


現実が重すぎて、小説には書けないことがいくつかあります。
戦争はそのひとつです。

でも、このたび、本当は書けない、書くまいと思っていたことを書いてしまったので、少しだけ言い訳をしたくなったのでした。


何かを書く時に、外してはならないこととして、自分の中にあるルールがあります。
それだけは守りながら、書いたつもりです。

ひとつは 100%の善もなければ、100%の悪もないということ。
ひとつは 過去の出来事について、現代の人間の感覚で判断・批判してはいけないということ。

だから、戦争については、当時を生き抜いた人々に対して、その人が何をしたのだとしても『断罪』する権利は、今の時代の自分にはないと思っています。
当時を生きていて、ただ被害者だった人にだけ、その権利があります。

自分が全く正しいと思う人間だけが石を投げろと、聖書にも書かれておりますが、私には自分が『全く正しい』という自信がありません。
ただ、そのことを深く考え、立ち向かうことは必要です。
過去をただ闇雲に批判するのではなく、そこから何を学び、これからどうするのかということだと思うのです。

戦争は、人間を被害者にもするし、加害者にもすると思うし、その両者は裏表の関係で、誰でもいつでもそのどちらにもなり得るのだ、そういう精神状態に人間を追い込むのが戦争という状態だということを覚えておかなければならないのだと思っています。
そして、犠牲になった人たちに対しては、時が遅くならないうちに、国として、あるいは人として、購ってさしあげなくてはならないのだと感じます。

だからこそ、何より、そのような状況(戦争)を作らないこと。
そこへ向かう理由を作らないこと。
そこに至ってしまったら、人間の精神はまともであり続けることはできないのですから。


卑近なことですが、車を運転する時、いつも思っています。
これは走る凶器だ。これに乗っている限りは、いつもで加害者になる可能性がある(最近は自転車も、のようですが)。被害者になることよりも、加害者になることの方が、本当は怖いのです。
でも……移動のためには、今はどうしても必要になってしまっています……(..)
事故は起こるものと考えて、障害物を前に勝手にブレーキがかかるようになってきています。
保険も、事故は起こるものだという前提で入らなければなりません。
そして何よりも、常に、自分が加害者になる可能性をちゃんと考えて、安全運転を心がけねばなりません。

車もそうなんですが、私の力では制御しきれないもの思うので、点検はしょっちゅう行っています。
でも、本当は、人間は自分の知恵で制御できないものを使ったり、持ったりしてはならないんでしょうね。
同じレベルで言うのも変ですが、原発、原爆、戦争、そして最近話題の出生前診断。
尊敬するある人が、最近元気がなくて、どうしたんですか、と尋ねたら。
「原発再稼動と出生前診断。(人類として)生きる希望が無くなって来たわ」と。

今、自己増殖し続ける科学を手にした人類は、自分たちで制御できないものを動かしている。
技術が自己増殖しているのであって、それを使う人間はそんなには賢くないのです。
もしも戦争が起こってしまったら、始まってしまったら、制御はできない……
そうならないように、知恵を絞らなければならないのだと……


そういう想いを、ちょっとウゾくんにぶつけてしまいました。


というわけで、本当はちょっと恥ずかしいのです。
心の中で、秘かに、一方では強く、思っている信念だったりするので。


そうそう……希望を無くしたと言っておられた方に、メッセージを送りました。
私がものすごく好きな『風の谷のナウシカ』の1シーン。
繝翫え繧キ繧ォ_convert_20130807005528
戦争で人間が壊してしまった地球。巨大な菌類が森(腐海)を作り地表を覆っている。胞子には毒素があり、人はマスクなしにそこに入るとすぐに肺が腐ってしまう。海から吹く風に守られた『風の谷』でも、腐海の空気は入り込んでいて、老いた人は多かれ少なかれ肺や皮膚を病んでいる。この国の姫君・ナウシカはそんな人々の病を治せないかと、自ら腐海に入っては菌類の胞子を集めてきて、こうして研究しているのです。
そして気が付く。汚れているのは土と水だと。それが清浄であれば、菌類は毒素を吐き出さないのだと。

この物語、この先にいくらでも素晴らしいダイナミックなシーンがあるのですが、私はこのシーンが大好きです。
誰かの幸福を願い、そのために、地道に、真実に近づこうと知恵を絞る。
(これこそが科学であるべきだと、そう思いながら、日々お仕事に励んでいます)

そして、あるインディオのシャーマンの言葉を添えました。
『皆が薬草について教えてくれとやって来る。だが、誰一人として、森とともに生きる方法を教えてくれとは言ってこない』
皆、というのは我々、いわゆる文明国と言われている国に住む人間たちです。科学が行き詰まり、彼らに助けを求め、あるいは利潤を求め、薬草の知識を学ぼうと、シャーマンのところへ行くのです。
でも、我々に必要なのは、薬草の知識ではなく、この地球とどうやって生きていくか、そのことを学ぶことだと、彼はそう言っているのです。
だから、どんなに小さなことでも構わないので、一緒に森とともに生きる方法を考えましょう!と。
(明日から、森の中に住むというわけではありません^^;)



長々とお付き合いいただきありがとうございました。




最後に。
朝顔の精は、美人で気風のいい『極道の妻』をイメージしました。
サクラちゃんにはモデルがいます。『ハリー・ポッター』のハーマイオニーです。もっと子供にしてみました。
飛んでいるヒタキはフェニックス(『秘密の部屋』)のイメージです。和風ですけれど。

ちょっと重くなったけれど、『夏・朝顔』、それなりに楽しく書きました。
ウゾさん、ありがとうです。

次は『秋・菊花』です。今度はどんな花でしょうか。
また、涼しくなったらお目にかかりましょう。



スポンサーサイト



Category: 百鬼夜行に遅刻しました(小鬼)

tb 0 : cm 10