FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・生き物】狼王ロボとクロ 

DSCN2651_convert_20131013063028.jpg
久しぶりに『ダーウィンが来た!』ネタです。
その前に、私がこの夏に買った本は、ちょっと懐かしい本たち。
実家の本棚にあった本だけれど、どこに行ったか不明なので、本屋で見つけて衝動買いしてしまいました。

1冊はロバート・ハインラインの『夏への扉』……ハインラインに関しては『宇宙の戦士』がガンダムのモビルスーツのモデルだとか、また政治活動に興味があって揶揄されたりとか、色々ありますが、私は『月は無慈悲な夜の女王』が大好きで、他の作品も読み漁っていました。
……ちょっと懐かしくて買っちゃいました。

シートン動物記の『狼王ロボ』は子どもの頃、何回も読んでいた1冊です。
改めて読むと、子どもの私がどう思っていたのか、今では思い出せないのですが、ロボに対して、遊びで一晩に羊を何百頭も殺すような悪い奴だとか、でも最後はたったひとりで、捕まったブランカのために乗り込んできて殺されてしまう、しかも呼んでも仲間は誰も来なかったりで可哀そうとか、色んな複雑な感情を覚えていたことは確かだと思います。
思えば、この頃から、私のなかで「善悪」は別々にあるものではなく、裏表で複雑で、100%の善もなければ100%の悪もないという池波節の萌芽があったのかもしれません。

で、懐かしくて、文庫本化された『シートン動物記』を購入。
改めて読んで、ロボに人間と同じ善悪のこころの同居を感じました。
でも、ブランカの処刑の場面はもう怖くて読めません。
大人になって読んでも、あまり子どもの時と変わった感想が出てこない気がするけれど、ただロボにも何か言いたいことがあったんだろうな、それが自然の厳しさ、善悪を越えた無情の世界なんだろう(無情と言うのは、たしか誰かの詩にあったのです。情けがないというのは心の情けじゃなくて、自然の中には感情とは関係のない摂理がある、という感じ)、そして最後の場面、絶望による死の場面では、やはり心を動かされます。
それは感動とは少し違うのですが、ただ心が動くんですね。
いや、それを感動と言うのかもしれませんが……上手く言えないけれど、いつまでも心に残る。
気になって仕方がないものが心に残ってしまう感じです。

シートンは淡々と、事実だけを書いているので、余計にそういう余地が出てくるのかもしれません。
もちろん、そこから動物好き、特にオオカミには深い思い入れがあったというシートンの複雑な感情、オオカミへの敬愛の気持ち、ブランカにしてしまったことの後悔とか、あれこれにじみ出ているから、心にずっと残って、忘れられない物語になっているのだと思います。

DSCN2652_convert_20131013074734.jpg
そんな時、『ダーウィンが来た!』でやっていた物語『一匹オオカミ 頂点への道!』
この番組、何度もご紹介していますが、私がARASHIくん以外の番組で録画してまで毎週見ている数少ない番組。
でも、これを見て、今回この番組で初めて泣きました。(最近涙もろいけれど……それにしても^^;)

主人公はハイイロオオカミのクロ。
一匹狼なのですが、そもそもオオカミは群れで狩りをして生活をしている動物。
一匹狼なんて全然格好良くないのです。
ワピチ(シカの仲間)を襲ったら襲い返され、自分より小さいコヨーテに追いかけられたり、熊に獲物を横取りされ。
群れならできることが1匹では全然ダメ。

丁度、『シートン動物記』の頃よりは少しあとでしょうか、オオカミは家畜を殺す悪者として殺され、あるアメリカの公園では1匹もオオカミがいなくなったと言います。今度は草食動物が増えすぎて、木々が荒らされしまい、鳥や小動物もいなくなってしまった。そこでカナダからオオカミを移入したのだとか。

さて、オオカミですが、本来はオスとパートナーのメス、その子どもたちからなる群れをつくり、オスオオカミは2-3歳になると群れを離れて1匹オオカミになり、自分の群れをつくることになります。
そこで、主人公クロの登場です。

この番組の面白いところは、時々こうやって主人公を追いかけるんですよね。
漠然と動物を紹介されるよりも、主人公がいるので気持ちを入り込ませて物語を追いかけちゃうんです。
そう言えば、某動物園の飼育員さんが言っていました。
動物園で面白く動物を見る方法は、1匹を決めて行動を追いかけることだ、と。

DSCN2659_convert_20131013075946.jpg
1匹オオカミになりたてのクロ。ワピチに襲い返されています。
ある大きな群れのメスに恋をしていい雰囲気になったら、その群れのリーダーに追いかけられる……
逃げた先は道路。オオカミは車が怖いので道路にまで追いかけてこない。
というわけで、ダメダメなクロは道路の傍で暮らし始める。
やがて、隠れて(追いかけられたりしながら)恋を成就。

子どもを作ったのに……本当なら、群れをつくって出ていくはずのメス。
どうやらクロが頼りなく思えたらしく、クロについていかないのです。
クロは群れにも入れてもらえず、自分の群れをつくることもできず、1匹オオカミのまま。
そして、リーダーの目を盗んで、通いパパ状態……ちょっと健気。
普通は群れに入れてもらえない時点で諦めて、家族と別れるそうですけれど。
でも、子どもをそっと連れ出して、一緒に遊んで、また一人帰っていくクロの姿にはパパの優しが。
子どもの安全を考えた夫婦の決断、だったのかもしれません。

何だか、狼王ロボとは雲行きが違いますね。
流され、争いを避け、隠れてオンナと子どもに会いに行く。
メスは子どもの安全を考えて、クロにはついていけない。
野生の世界の厳しさも垣間見られます。
ちなみに野生のオオカミの寿命は5年。飼育されたオオカミは15年だそうで。

さて、その大きな群れのリーダーが死んじゃったのです。
その群れには、後を継げる大人のオスオオカミがいない。
クロ、リーダーになるチャンスです!
それなのに……クロったら戦わずして、よそからやって来た別のオスにリーダーの座を明け渡してしまうのです。

DSCN2653_convert_20131013074800.jpg
情けないぞ、クロ。
しかも服従して、ナンバー2として群れに入れてもらっている始末。

やがてその群れは、他の大きな群れに襲われて、縄張りを奪われ、群れの半分は殺されてしまいます。
そもそも本来のリーダーを失ったばかりの群れだったので、群れとして弱っていたのですね。
クロは……道路に逃げて難を逃れていたのです。
情けないけれど……でも生きるのに必死です。

やがて、元の群れのメンバー3匹と再会。4匹で放浪の旅に出ます。
その後、4匹で力を合わせた群れは12匹にまで増え、クロは押しも押されぬナンバー2としてリーダーとともに頑張っています。

でも、リーダーはそのうちクロを邪魔扱いするようになり……クロは群れを離れたのです。
一人ぼっちのクロ。

と思ったら!
クロが群れを離れた時、5匹の若いオオカミがクロを慕ってついてきていたのです。

もうここで大海は何故かボロボロ泣き状態。
いつの間にかクロに感情移入していたんですね……

ついにリーダーとして狩りの指揮を執り、カッコいいオオカミになったクロ。9歳になっていました。
厳しい野生の世界を柔軟な態度で生き抜いたクロ。
何だか、ロボとは全然違うけれど、そしてたまにはダメダメにも見えるけれど、でも、クロ、かっこいいぞ!
DSCN2656_convert_20131013075142.jpg

泣きすぎて、一気に2回見ちゃった。
感動のおすそ分けでした……って、私の語りではあまり伝わりませんね。
『ダーウィンが来た!』……いつもスタッフの皆さんの熱意に感動しながら、平原綾香さんのラストの歌で気持ちが盛り上がる大海なのでした。
DSCN2657_convert_20131013074911.jpg

今日は、三味線の大会。頑張ってまいります(*^_^*)

スポンサーサイト



Category: 生き物

tb 0 : cm 10