FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【石紀行】10. 佐賀・巨石パーク(3) 

佐賀・巨石パークの最終回です。
最後の方に、畳みかけるような巨石のドラマが待っている場所と言えるかもしれません。

第13の石:雄神石(オガミイシ)
『男子としての面目を立たせるように強きをくじき弱きを助け、仁義を重んじるように指導した神様と言われている』
DSCN1855_convert_20131030021329.jpg
DSCN1857_convert_20131030021415.jpg
まず大きくそびえ立つのはこの「男子の面目」を立たせた岩。なるほど、男性は大変ですね。でも、かっこいいですよ、この巨石!

第14の石:天の岩門(アマノイワト)
『本来「天の」は朝廷に関係のある事柄で、ここでは高千穂の天の岩門に似て、神いることから名付けられたといわれている』
DSCN1885_convert_20131030022546.jpg
今回、もっとも感動した巨石だったかもしれません。
やって来た時間もよかったのでしょう。本当に、あぁ、天岩戸だ、と思いました。
DSCN1898_convert_20131030023045.jpg
遊歩道の側から見ると「?」なのですが(多分、上の写真のどこかが天の岩門と雄神石の重なったあたり)、裏に回って登って行って見ると、本当に天岩戸。
表側だけ歩いていると分からないので、少し斜面を登ってみましょう。
DSCN1882_convert_20131030022426.jpg
ちなみにこれは真横から見たところです。
ここからはひたすら、光と巨石の共演を、しばしお楽しみください。
DSCN1889_convert_20131030022727.jpgDSCN1888_convert_20131030022649.jpg
DSCN1891_convert_20131031231438.jpgDSCN1892_convert_20131030022814.jpg
向こうから差し込む陽の光、そして岩の間から覗き見る山の風景、重なり合う巨石がこの形で残されたのには、どこかに神意が感じられます。
DSCN1897_convert_20131031231013.jpg

第15の石:神籠石(コウゴウイシ)
『本来神籠石は、山頂の広い区域を囲んだ石垣の意味であるが、ここでは神を守る石のことと言われている』
DSCN1908_convert_20131031232027.jpg
DSCN1869_convert_20131030021945.jpgDSCN1907_convert_20131031232944.jpg
こちらもまた不思議な形です。この庇のように突き出した岩はどうなってるの?というような、でも、またこれもそのまま祠というような巨石。
DSCN1906_convert_20131030022302.jpg
上は、横から見たところ。下は、別の面から見たところ。
DSCN1903_convert_20131031231947.jpg
さらに、中から見たところ。やはり祠の中は神様が宿っていそうです。
DSCN1878_convert_20131030022059.jpg

これだけの巨石が山の中にごろごろあると、そりゃいくつかは名前をつけたくなるような形のものがあるだろうね、という気もしますが、それにしても、何か自然や神の意志が働いているとしか思えない……ただ大きいというだけでも感動するのですけれど、その形、そこに人々が祈りを込めた跡、そして何よりも岩に触れた時に思う地球という天体の歴史・息吹。
自然と手を合わせたくなるような姿をしてそこにあるこれらの石たち。
まさに石神様なのですね。

DSCN1860_convert_20131030021541.jpg
DSCN1867_convert_20131030021716.jpgDSCN1868_convert_20131030021750.jpg
このあたり、上のように、名前もついていない石もあれこれたくさんゴロゴロ……
ということで、私も名前を付けてみましょう。上の石は「王蟲石」、目玉がついていないけれど。
下の左は「隙間風石」……浮気により夫婦和合にヒビの入った状態の陰陽石?
下の右は……墓石みたいに見えるのですが……?

今回、何故か見落としてしまった第11の石:御座石(ゴザイシ)……神様がこの山頂から佐賀平野を眺められた時、お座りになったことから名付けられた石で、長さ33尺(約10メートル)、幅11尺(約3.3m)の長方形の石で、上部は平面で板敷のようになっていて、悟りを拓くための場所と。
う~ん、何故ぼんやりしていたのか……蚊との戦いに疲れていたのでしょうか??
それとも、悟りを拓くにはまだ早いのかな。
またいつか、この石たちにお目にかかりましょう。
全行程を乙文殊宮まで登山道を行くというのもやってみたいところですし。

他に見ていないのは(少し遠そうだったので……何しろ、熊本の天文台のある宿までたどり着かなければならなかったのです)、第12の石:天神石(天神とは本来、菅原道真公を祀った天満宮のこと。ここでは菅原道真公にあやかって学問の神様と言われているそうです)、第16の石:蛙石(形が蛙に似ている? 弘法大師を祀っていたとも言われいてる)、第17の石:たもと石(仁王門の前にあった石で、邪魔なので飛ばしたらこの場所に落ちたらしい)です。
DSCN1913_convert_20131030023321.jpg
山を下ります。


佐賀・巨石パーク。
機会があれば、ぜひ、この巨石たちに触れに行ってくださいませ。
石に触れた時、始めて何かが理解できるのかもしれません……
私ですか? 石に触れる時、ひたすら「幸せ~」と思っています。

そうそう、比較的平易なアプローチで到達できますが、ちょっとしたトレッキングです。それなりの装備で臨んでくださいね。あと、蚊の大群に出会う季節は避けた方が良さそうです(*^_^*)
もちろん、私の石紀行で、行った気になってくださるのも、とても嬉しいです(*^_^*)


次回は、熊本の、夏目漱石の『草枕』にまつわる場所近く、拝ヶ石にご案内いたします。

スポンサーサイト



Category: 石の紀行文(写真つき)

tb 0 : cm 8