FC2ブログ
11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2013/12/1 唄おう/ 弾こう/ 書こう 


庭は冬支度。ようやく、夏の間は繁った草(雑草ではないけれど)に隠れて見えなかった我が家のアイドル・信楽タヌキ君が登場です。
今朝のお庭はこんな感じ。紅葉とヒメシャラです。
DSCN2870_convert_20131201081214.jpg
DSCN2879_convert_20131201081109.jpg
植物の写真は朝日の中で、動物も早朝に(動物園に行って)撮るべき、とは言いますが、今ひとつ綺麗な写真が撮れません……でも、紅葉を楽しんでいただけましたら幸いです。
正月休みに入ったら、クリスマスローズの手入れが待っています。

さて、先週と今週は民謡ウィーク。
先週の演奏会、大会(滋賀)に続き、今週は大阪大会。昨日は民謡の部で、今日が三味線です。
民謡の方は聴きに行くだけなのですが、皆さんお上手で、もうほとんど好みの世界という気がしますが、ただ声が出て正確であればいいというものでもなく、適度に枯れた(つまり酸いも甘いも越えてきた的な)味わいがある方が良かったりして、唄って技術だけじゃない何かがあるんだなぁとしみじみ思います。
しかも、三味線伴奏の先生方も大変です。初めての相手に伴奏をつけるわけですし、常に唄う人の気配をうかがいながら、時々ハプニングありながらもそれをかわし、本当に唄付けってすごい。

最近は、三味線の大会も、独奏と唄付け(伴奏)の両方が出てきて、どんなにいい独奏ができても、唄付けができなければだめというような大会も出てきています。
昨日も、すごい人が唄付けしていましたが、良すぎて三味線が唄を喰ってもいけないし、本当に難しい。
とても勉強になります。
帰りの車の中では、ひとり津軽小原節をうなっておりました。
DSCN2868_convert_20131201081253.jpg
ゲストの先生の唄披露。

さて、『百鬼夜行に遅刻しました』のウゾさんみたいに、先月の小説纏め、というのを私もやってみたいなぁと思ったのですが、11月はリアル仕事が修羅場で、激動の1か月であったため、ほとんど何も進んでいませんでした。
そこで、ちょっと予定と宣伝。

【百鬼夜行に遅刻しました】秋編:菊
後篇はStella 12月号に掲載予定(きっとギリギリ^^;)。
サクラちゃんの抱えていた悩みにウゾくんは応えてあげられるのでしょうか。
そして、冬編に繋がる物語として、不老不死について、少し考えることになりそうです。

【石紀行】大分・八面山:和与石
忘れていたわけではありません。写真の準備もできたので、本当は昨日の夜、書くつもりでしたが、寝てしまって(-_-)zzz
秋の九州の石紀行の最終回になります。

【海に落ちる雨】第3節
こちらは少しずつ進行中。もう少し1回を短くしようといつも思うのですが、シーンで切ると大体こんな長さになってしまうのです。あまりにも長い時は2回に切っていますが、あとちょっとという時は……
さて、『同居人の足跡』という表題の通り、ついに彼の足跡の一部が判明。
そしてこの章の最後で、仁曰く、『真が豹変』……同居人の状況を垣間見た途端、悪魔に身を売りかねない気配です。そこへ、天使の顔をした悪魔(あるいは悪魔の顔をした天使)が降臨…・
さて、この第3節の目玉は、この物語の中での最後の回想の章(第21章)です……『わかって下さい(少し長い同居の経緯)』
ここに、真が妹の結婚から、ちょっと際どい女と恋?に落ちて半ば死に掛け、そこから何とか復活して竹流と同居に至った過程が書かれています。
第4節・第5節は私がブログに載せるのを躊躇っていた世界に怒涛のようになだれ込み、そこから這い上がってくる、まさに地獄と地獄からの生還、かもしれません。
さて、まだまだ続きますが、応援していただければ、とても嬉しいです。

これが少しずつ苦しくなっていくので、その傍らで以下も進行予定。この3作が、清涼剤になるはずです……。
【死と乙女】真の息子、慎一のウィーンの音楽院時代の物語。書き直したら思ったより長くなっていますが、後半戦に入ります。乙女の死と、そこから再生する若者たち、そして慎一の秘密が少し……(探偵が動いていますから…)
【死者の恋】冬になると、やっぱり三味線を書きたくなりますね。青森の物語、再開目指して鋭意準備中。蓮っ葉娘とロッカー、そして骨を渡した年老いた女性の行方は?? 津軽の民謡と共にお送りする、こちらも音楽物語になっていく予感が……
【迷探偵マコトの事件簿】マコトのXファイルとアニキ登場の2作がクリスマスプレゼントになるかな??

などなど、まだ頭の中はごちゃごちゃしていますが、今月もよろしくお願いいたしますm(__)m
師走、皆様も体調管理、お気を付け下さいませ(*^_^*)
では、今日も頑張って三味線、叩いてまいります(*^_^*)
スポンサーサイト



Category: NEWS

tb 0 : cm 10