FC2ブログ
11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【石紀行】13.大分・八面山(2):和与石/ 鷹石巨石群 

さて、いよいよ2013年の秋、巡りに廻った九州の石、最終回です。
大分の八面山、そのメインとも言うべき和与石にご案内いたしましょう。
この山全体の地図は以下をご参照ください。散策コースもあり、見晴らしも良くて、駐車場もあちこちにあって、車でのアクセスも容易です。というよりも、そもそもこの山にたどり着くのに、車以外の方法はないような??
八面山MAP(中津市official site)

では、その和与石にさっそく迫ってみましょう。
DSCN2360_convert_20131130111646.jpg
車道から、こんなずいぶんと手作り感あふれる看板が見えます。
DSCN2362_convert_20131130111814.jpg
周辺は草木が刈り取られたのか、見晴らしはよさそう。この中を歩いていくと、見えてきます。
DSCN2365_convert_20131130112016.jpg
これは車道側から歩いてきて石を見たところ。
二つに割れたみたいになっているのが分かりますでしょうか。
和与の意味は……『八面山縁起』によると、「大宝元年(701年)に八幡大菩薩が唐の国から帰り、英彦山にいた僧・法連と宝珠の授受について争ったのち、この地で和与(和解)したときに御座した巨石」だということ。
つまり絆が強く結ばれるというニュアンスがあるようですね。

下草が刈り取られているので、無理をしたら(?)山の斜面側に降りることができます。道なき道なので、お勧めではありませんが……最近は私よりも母の方が道なき道を突き進むようになりました。
これは斜面側に降りてから戻っていくところですが、足元に道があるわけではありません……
DSCN2399_convert_20131130112312.jpg

では、しばらく、その斜面側から見た石の景色をご鑑賞ください。
DSCN2375_convert_20131130112056.jpg
DSCN2381_convert_20131130112142.jpg
この一番大きく突き立っているのが和与石です。この石の下をぐるっと回ってみましょう。
……と簡単に書きましたが、足元は道ではなくて、多分人が通ることを想定していない山の斜面。
そろそろと岩に近づき、見上げてみたりして。
DSCN2384_convert_20131130112223.jpg
DSCN2391_convert_20131130112429.jpg
DSCN2400_convert_20131130112552.jpg
確かに、すごい石です。周囲にも巨石が集まっていますが、和与石を中心にしてひとつの景色を作り上げているようです。
DSCN2403_convert_20131130112636.jpg

この山には箭山(ややま)神社という神社があります。神功皇后、応神天皇、比売大神が祀られています。
この神社の御神体も巨石(鷹石と犬石)。神殿の南西にある八面山大池も御神体とされています。
この神社の近くは遊歩道のようになっていて、その道の名前は『天空の道』。
ちょっと歩いてみましょう。
DSCN2413_convert_20131130112712.jpg
上は、天空の道の入り口。ピクニックもできるテーブルとベンチもあります。
DSCN2412_convert_20131130112506.jpg
こんなふうに、道の脇には巨石が連なっています。道の反対側にはこんな景色が広がっています。
なるほど、常にこの見晴らしを楽しみながら歩けるので、天空の道というわけですね。
DSCN2414_convert_20131130112746.jpg
石の傍を歩いて行きます。
DSCN2416_convert_20131130112817.jpg
途中から森の中へ……森の中に入ると、蚊との戦いが始まります。くれぐれもみなさん、石を見に行く(ハイキングをする)時期は選びましょう。もしくは、蚊よけスプレーを持参くださいね。
DSCN2423_convert_20131130112855.jpgDSCN2427_convert_20131130112930.jpg
すると看板登場。神社の裏手、御神体側から入っていっているようです。
DSCN2430_convert_20131130113016.jpg
岩が歩道に迫ってきます。
DSCN2435_convert_20131130113206.jpg
DSCN2439_convert_20131130113134.jpg
見上げると……・お、落ちない??
DSCN2443_convert_20131130113627.jpg
そう、これこそが御神体の鷹石です。
DSCN2449_convert_20131130113345.jpg
DSCN2450_convert_20131130113442.jpg
もう一つの岩が、犬石。鷹に見えるような、犬に見えるような、見えないような。
でもこの鷹石は見事なバランスで岩にとまっている、まさに鳥のように見えます。
DSCN2451_convert_20131130113512.jpg
ごめんなさい。反対から回ってきましたね。
DSCN2458_convert_20131130113542.jpg
箭山神社でした。

石を巡る大きなワンダーランドのような山。
広大な庭にぽつんと突き出したようなイメージの石たちですが、石の上または石の傍から見下ろす景色も素晴らしく、機会がありましたら是非、訪ねてみてください。
大分県宇佐市。耶馬渓が近くにあります。

これにて、今年の9月に廻った九州北部の石たち、終了です。
お付き合いくださいましてありがとうございます。
次回からは、ゆっくりとマルタ島の石たちを紹介していきたいと思います。
(また先延ばしになっていてすみません……)

さて、ご興味ある方は、『続きを読む』から今回宿泊した旅館を覗いてみてくださいね。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト



Category: 石の紀行文(写真つき)

tb 0 : cm 8