FC2ブログ
11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2013/12/5 訛りに悩む…/ もうすぐ100 


津軽の全国大会in大阪が終わりました。
終わる度に課題しか見つからないけれど、勉強になります……
次の大会までは少し時間があるので、その間に曲弾き(独奏)を作るのと、小原節の唄をちょっと勉強。

実は先日、テレビでなまりうた大会、というものをやっていました。
世間に流通している歌を、自分たちで方言に置き換えて歌うという大会。
歌の技術がある程度以上であることはもちろん必要だけれど、それよりもいかに方言を歌詞の中に自然に組み込んでいるか、なまって歌うか、それによって訴える力があるかということに審査の重点が置かれていたようで。
秋田の青年が優勝したのですが、そもそも彼は標準語がしゃべれないとのことで……
歌も、普通にしゃべるのも、当たり前のように秋田弁。
それは言葉を方言に変える以前のことで、置き換えた言葉だけじゃなくて、歌いながらも普通の単語にまでも微妙な濁点がついていたり……確かにまさしく秋田弁の歌でした。

そう考えたら、民謡って不思議。
県にそれぞれ民謡というのがあるけれど、実はすごくなまって唄っているわけでもないんですよね。
歌詞は、これが定番というのはある程度あっても、自分流・即興で歌詞を作ったりってのもあって、別にすごく難しい言葉(他県の人にわからない方言)を使っているわけでもなくて……
昔の歌詞はわけ分からないものもあるけれど、最近作られた歌詞は特に。
でも、唄う人によっては、見事に津軽弁の唄。
大阪の歌手が唄うと……普通に民謡。

あれは何だろう?
津軽に生まれて、津軽で育って、津軽のものを食べて、津軽の空気を吸って、毎日津軽の言葉をしゃべってないと、そうならない。
リズムも、抑揚も、ちょっとした発音の方法、舌の動かし方までも、唄の中で何かが違う……
音楽は万国共通だけれど、実はやっぱり共通じゃないんですよね……(変な言い方だけれど)
血肉となった言葉・歌詞は、その唄い手によって味になるんだろうな。

でも、津軽の民謡が好き。江差追分が大好き。
津軽弁も北海道弁も話せないけれど。
三味線のリズムも、それとなく大阪弁だったりするけれど^^;
……唄や三味線のリズムが、津軽弁に訛りたくて悩む、妙な話なのでした。

DSCN2888_convert_20131204202715.jpg
素敵な民謡歌手の先生たち、伴奏の三味線の先生たち。
飲み屋ではただの酔っぱらいのオッチャンだったりしても、何でもいいと思える瞬間。


DSCN2875_convert_20131204203027.jpg
最近ちょっとワクワクしていること。
もうすぐ、【海に落ちる雨】が第100話になること。
トップ記事の拍手があとちょっとで100になること。
少数ながらも応援してくださる人がいるのは、とても嬉しいです。ありがとうございます m(__)m
【海に落ちる雨】はようやく第19章が終わりました。実は、終章を除くと、第38章(『そして、地球に銀の雫が降る』)までありますので、丁度折り返しなのですね。ある意味、感無量です(先は長いなぁという)。

こんなふうに、地味に、地味に、頑張っています(*^_^*)

埋もれちゃったけれど、【海に落ちる雨】第19章(4)もアップしています↓
よろしかったら覗いてやってください(*^_^*)
スポンサーサイト



Category: NEWS

tb 0 : cm 6