FC2ブログ
01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2014/2/8 雪~猫は人間を大きい猫と思っている 

大雪ですね。昨日、夜中に仕事から帰宅したときは、ただ雪が降っている……という感じだったのですが。
DSCN3064_convert_20140208100426.jpg

朝、起きてみたら、家の前の道は、普通タイヤでは運転できない道になっていました。
ついでに、どん、どん、と時々家に響く音は……(-"-)
2階の屋根から1階の屋根に雪の塊が落ちて来る音でした。
雪国でもないので、慣れない音にびびっているのですが……
DSCN3072_convert_20140208100702.jpg
小さい天窓があるのですけれど……雪が見える……

DSCN3073_convert_20140208100452.jpg
灯篭も雪をかぶり……

DSCN3056_convert_20140208100540.jpg
先日せっかく開き始めたマンサクも、今は雪を被っています。

今週は、仕事が忙しくて、毎日午前様状態になっていたので、すっかりご訪問もコメントのお返事も、もちろん記事もすかり遅くなっていて申し訳ありません。
今日は三味線のお稽古の日ですが、バスも止まっているような気配で、ぼんやりと窓から外を眺めています。

仕方がないので、ナショナルジオグラフィックの面白い研究記事(?)を。
犬は「自分と人間は違う」ということを認識しているが、「猫は人間と猫が違う生き物だと思っていない」というお話。
言われてみれば、なるほど、です。

今朝、某番組の「土曜日のにゃんこ」でも、保護された時から自分の面倒をみてくれたお兄ちゃん猫(14歳・オス)を大好きな保護猫(11歳・オス)。
別の同居猫(13歳・メス)がお兄ちゃん猫に構ってじゃれると、すごい嫉妬して大ゲンカ。ついでに、飼い主がお兄ちゃん猫を構うと怒る(飼い主に対して嫉妬)。お兄ちゃん猫を独り占めしたくてたまらないと。
……ネコもニンゲンも同じレベルで嫉妬の対象なのね。

→→ナショナルジオグラフィックの記事:猫は少なくとも人間を人間と思っていない。大きい猫と思っている?

そして、最後は今日の萌え画像……?
仔猫が、トカゲのしっぽをちょんちょんしていたら……後ろのトカゲに注目。


トカゲの一言「え? ぼく、何もしてないけど……」


あ、【恋愛小説大賞】への応援、本当にありがとうございます(*^_^*)
100位以内にいることがびっくり、みたいな程度の志ですが、読んでくださる人がちょっと増えて、嬉しいです。

でも、実は、今こっそり
ブログ村の第2回読み切り短編小説トーナメントにも出していて(掌編『センス』)、それもあるのかな?
小さいトーナメントですが、放っていたら準決勝戦まで生き残っていました。
あらら、びっくり。ここまでと思いますが^^;

いずれにしても、応援くださった方々、新しく読んでくださった方々に感謝申し上げます m(__)m
スポンサーサイト



Category: 生き物

tb 0 : cm 14