FC2ブログ
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2014/3/27 アーモンド、咲く 

DSCN3262_convert_20140327072131.jpg
今年も、我が家の地道なアーモンドの花が咲きました(*^_^*)
今朝、2つ咲いているのを発見(*^_^*)(*^_^*)
木が全然大きくならないので、本当にひとつの木に10~20くらいしか花が咲かないのですけれど、毎年楽しみな花。
写真では少し白っぽくなるのですが、本当は花の中心はかなり濃いめのピンクなのです。
蕾はこんな感じの色合いです。
DSCN3248_convert_20140327072417.jpg
下は桃の花。まだ蕾ですけれど、日々、色が濃くなって膨らんできています。
DSCN3255_convert_20140327072213.jpg
ピンクついでに、こちらはピンクの雪柳。

光線の加減で、白っぽく写っていますが、実際にはもう少しピンクなイメージ。
DSCN3241_convert_20140327072343.jpg
ね?
白も植えてあったのですが、なぜかピンクに浸食されてしまった……あれ?

DSCN3254_convert_20140327072519.jpg
更にピンクついでに、エリカの花。ヒースですね。『嵐が丘』を思い出す……
DSCN3252_convert_20140327080745.jpg
こちらは早春を告げて、もう満開を過ぎた山茱萸(さんしゅゆ)の花。雨に濡れて、光を乗せているみたいです。
春一番に咲いて、そろそろだよ、と教えてくれた金縷梅(まんさく)はもうすっかりただの木に戻ってしまいました(^^)
DSCN3233_convert_20140327072708.jpg
DSCN3234_convert_20140327072755.jpg
そして最後はついに満開の土佐水木と、真紅の木瓜の花に並んで登場いただきました。
写真だと全体像が見えないのですが、この木は並んでいるので、黄色い側から見ても、紅の側から見ても、コントラストが綺麗です。

まさに百花繚乱の季節となりました。
でも、この辺りでは、春の花は一気に咲くというよりも、順番に咲いていくという感じ。
どの花が咲いているかで、春の季節の小さな息遣いや変化が感じ取れます。

一方、北国では、どの花も一気に咲くという感じだそうですね。それはまさに百花繚乱。
一度見てみたいけれど、旅行で計画しても、ぴったり花の日に当たるとは限らないのが残念。
毎年、何月何日に咲くって決まっていませんものね。
だからこその桜開花宣言、桜前線。

この地域に住む私の中では、春の庭はカレンダー。
花たちには順番が決まっていて、桜もそのカレンダーの一部でしかないのですけれど……
やはり枝垂れの花は待ち遠しいです(*^_^*)

そう、人生の中でこのカレンダーを楽しめるのはあと何回なんだろう。
もし80まで生きたとしても、後〇〇回?
そう思ったら、決して長くない。だからこそ毎年、花たちは愛おしいと思う。
その思いが『掌編・春:桜の恋人』になったのです(*^_^*)
スポンサーサイト



Category: ガーデニング・花

tb 0 : cm 10