FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

[雨143] 第30章 巷に雨の降る如くに(1)姫君降臨 

【海に落ちる雨】第4節・最終章(第30章)『巷に雨の降る如くに』 の幕開けです。
そう言えば学生時代、ありがちなことですが、詩に嵌ったことがありました。その筆頭にあったのがランボーとヴェルレーヌ。この章題はヴェルレーヌの『言葉なき恋唄』の冒頭です。そう言えば、ノートに書いてあるジョルジョ・ヴォルテラ(大和竹流)の物語の何章めかの最終ページはランボーの『永遠』でした。
え? 自分では書かなかったのか? う~ん。どうやら短い言葉でぐっと感動を誘うのは昔から苦手だったようです。ま、長文でも残念ながらそんなに感動的なことは書けないのですけれど。
第30章は、大和竹流の怒涛の独白に至る章です。少し長めなので、ゆっくり参りたいと思います。
あ、プチタイトルはふざけました。ごめんなさい。

【海に落ちる雨】再開に向けてのキーポイント
【海に落ちる雨】登場人物
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



Category: ☂海に落ちる雨 第4節

tb 0 : cm 6