FC2ブログ
11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

[雨155] 第32章 焼ける(1)女記者の語り 

【海に落ちる雨】第32章のスタートです。「焼ける」……ちょっと意味深なタイトルの章ですが、もうここまで来たら諦めてお付き合いくださいませ(..)
まずは、雑誌記者だと言っていた楢崎志穂のその後です。自殺した(ことになっているけど実は殺された)新津圭一(雑誌記者)の後輩で、彼を大変尊敬していた。その新津を不倫に走らせた香野深雪(またややこしいことに、一応真の恋人)には複雑な感情を抱いていて、真に対しても複雑な態度を取り続けていました。同じ施設で育った姉・御蔵皐月を探していて、や~さんの荒神組に近づいてみたり、かなり大胆なことも。姉への思いと新津への思い、そして深雪やその保護者である澤田への敵意、もちろん真もその一人です。
まずは彼女の事情をご確認ください。ちょっと長くてごめんなさい。ワンシーンで切りどころがなかったのです。

登場人物などはこちらをご参照ください。
【海に落ちる雨】再開に向けてのキーポイント
【海に落ちる雨】登場人物
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



Category: ☂海に落ちる雨 第5節

tb 0 : cm 8