FC2ブログ
11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・小説】タイトルとサブタイトル~物書きブログテーマ(3)~ 

本棚
タイトルについてはこれまでバトンなどでは回答してきたのですが、【物語を遊ぼう】でもまとめて記事にしたことはなかったかな。というのも、私の場合は結構いい加減なので、あんまり書くことが無くて。
でも本当ならもっとこだわるべきなんですよね。タイトルは作品の顔でもあるし、インパクトのあるタイトルならそれだけでも本を開いちゃうかもしれないし。
それなのにいい加減な自分は、まぁ……いいか!(って、ここでマコト化してどうする?)
でもこれで終わったら身も蓋もないので、ちょっと実際のところを吟味してみます。

まずは(大)タイトルから
真シリーズの場合
実は最初の【清明の雪】は随分こだわりました(いい加減ではなかった頃もあったか)。このタイトルは二転三転して、ここに落ち着いたのですが、このタイトルの意味は、ラストシーンでその言葉が鍵になって扉が開くって感じで、自分でも結構満足しています。

2作目の【海に落ちる雨】は、書き始めた頃はタイトルがありませんでした。途中でたまたま村上春樹さんの小説を読んで(私はハルキストじゃないですが)、その文中の一語(「海に降る雨」)からつけました。これがまさにこの作品のイメージにぴったりだったのです。
実は、序章で大和竹流もといジョルジョ・ヴォルテラが若いころ、貿易船に乗ってアメリカに渡った時、海に落ちる雨を見て命や人間の来し方行く末を思うというシーンがあるのですが、この序章は物語をラストまで書いてから、一番最後に書いた部分。その時にはタイトルが決まっていたので、後からイメージを刷り込んだ形になっています。でもこちらもタイトルにはかなり満足。

3作目はまだ未公開ですが【雪原の星月夜】と仮題をつけています。えぇ、実はまだ仮題なんです。でも、こだわりはありまして……分かります? 気象・天体シリーズになっているんですよ。雪、雨、星月夜……あ、雪が被っているのでどうしようかな~って悩み中。実はこのお話のサブ主人公(なんと、本人は登場しないのにサブ主人公)が絵本作家で、彼女の書いた作品のタイトルがそのままタイトルになる予定なのです。

そして、その他の短編たち。【幻の猫】も【人喰い屋敷の少年】も【死者の恋】もほとんど仮題状態のまま。そう、ニックネーム的に付けたタイトルのまま放っているのですね……ひどい^^; う~ん、でもニックネームのほうがインパクトあるかも。単語の力が大きいんですね。「猫」「人喰い」「死者」という単語、かなぁ?

私の中で、これはやられたなぁと思ったタイトルが加藤廣さんの【信長の棺】です(いや、私ごときが言うことじゃありませんが)。あれは「信長」で思わず本を開いちゃうんですよ(人によりけりですけれど、私にとってインパクトのある単語が「信長」だったので)。しかもまた、「信長」と「棺」という組み合わせが憎いんですよね。う~ん。
私の温めている時代物も信長は全然出てきませんが(回想には出てきますが)『信長の○○○』なんです(仮題ですが……結果的に真似っこになっちゃった^^;)。○○○は今はまだ内緒です(*^_^*)

他の作品の場合
シリーズ名というのか、大タイトルとなっているもので【奇跡を売る店】は自分の中の大ヒットなんですけれど、インパクトはどうかなぁ。もちろんこれは奇跡と貴石(奇石)をかけているのですけれど、登場人物たちに奇跡が起こるといいなぁという気持ちも籠めています。
クラシックの話なので、慎一の話の場合はすべてクラシックの曲名になっています(なる予定です)。でもこれがまたちょっとイメージが引きずられ過ぎてしんどい理由になったりするんですよね。しかも「○○協奏曲第○番」ってのはタイトルにはできないし……

その他は本当にいい加減になっているなぁ。もう少し練った方がいいかしら。もしどこかに投稿するとかになったら考えないといけないなぁ(そんな予定も能力も全くないけど)。
あ、珍しく先にタイトルがあったのが【天の川で恋をして】。「天の川」は大阪の枚方市にある交差点の名前なのですが、この交差点の看板を見た時にタイトルだけひらめいたんです。でも中身がなくて。こういうのは珍しいので、自分の中の意外なパターン。

そして、サブタイトル
真シリーズの場合
章題はついていますが、実は長編のため、自分が迷子にならないようにサブタイトルをつけたのです。その最たるものが【清明の雪】。例えば、最初の3章分をあげてみるとこんな感じです。
1. 古い寺 龍の天井 幽霊の掛軸
2. 五右衛門風呂 不動明王 消える龍
3. 美沙子 指輪 月の宴

まさに自分が迷子にならない道しるべで、その章に登場するシーン・ものを3つずつ選んでタイトルにしただけなのでした。でもこれは結構正解で、校正する時も何のシーンか直ぐに分かるという。それが途中のクライマックスになる14章と15章でいきなり文章になっているのもミソ。
14.修行僧 逆打ち いつかあなたに会いたい
15.汝の足元を深く掘れ、そこに泉あり

そして最終章で初めて、その章に出てこない(前章で出てきたシーンを追いかける)タイトル(『同行二人』)になるという変則がもう一回あって、作品全体のタイトルも登場して、大団円。
20.同行二人 清明の雪 天の鶴群
実はこのお話、最初につけたタイトルが【清明の雪 天の鶴群(たづむら)】だったのですが、長いので却下したのです。物語を読んでくださった方は、この後半をカットしたもう一つの理由も何となくわかって下さるような気がします。そう、説明し過ぎちゃいけないってわけです。

【海に落ちる雨】も第1節なんてひどいんですよ。あくまでも道しるべですから、
1.同居人の留守
2.同居人の入院

って感じで……しかも1章分が長いので、アップする時に幾つかに区切ったのですが、1回分に付けたのは番号だけ。最近になって章題の下にアップしたそれぞれの回に子サブタイトルを付けました。迷子にならないために必要な措置だったんですね。今から以前のところを触る元気はないんだけれど、そのうちにちゃんとしようかな。
第5節になってようやく少しいい感じの章題になっていると思います。
31.何の矛盾もない
32.焼ける
33.太陽の破片

この3章は実は歌のタイトルや歌詞から取ったものですが、一番お気に入りの部分。何しろ書きながらしんどかったのです。実は、他の章のタイトルは書き終えた後からつけたのですけれど、この部分だけは最初に章題があった(もちろん、中身は決まっていました)。そして最終の2章もちょっと説明くさいけれど、キライじゃないんです。
37.絵には真実が隠されている
38.そして、地球に銀の雫が降る

この『銀の雫』という言葉は序章の章題名(『銀の雫、降る』)と被っていて、真のテーマであるアイヌの唄と繋がっています。あ~、この辺は少しこだわったんだなぁ。
でも、今のところは結局自分が迷子にならないための道しるべとしての役割しかないのがサブタイトルかも。他のお話も適当に付けて、後でこそこそ手直ししていますが、少し考えた方がいいなぁ。
いくら考えても、物語の顔なのに扱いが酷い大海のタイトルでした。……反省。

ところで、タイトルを名詞じゃなくて、動詞止めや文章的にするってのは、最近よく見かけるような気がしますが……実は科学的な論文でも「○○は△△をXXする(or するか?)」という感じのタイトルが結構あるんです(昔はそんなのまずなかったのに)。なんかカッコいいのかなぁ?
私の大先輩は「タイトルを文章にするのはけしからん! それじゃ超短い抄録じゃないか。結論の文章じゃないんだから、タイトルはタイトルらしくつけろ!」って言っておりましたが。
うん、私もサブタイトルはともかく(こういうのはたまにやるからいいんですよね……って自分は言い訳)、タイトルは作品の「顔」ですから、やっぱり名詞で止めてあるほうが好きかな。本の表紙や論文のトップに書かれていると、なんかこそばい気がして……
スポンサーサイト



Category: 小説・バトン

tb 0 : cm 6