FC2ブログ
01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・旅】四万十川の沈下橋 

久しぶりに石紀行以外の旅記事を……
佐田1
去年(2015年)の秋、高知県足摺岬の唐人石(【石紀行】32.高知足摺岬・唐人石巨石群(1)~ここは古代の灯台~ )をご紹介したのですが、その帰り道、四万十川の沈下橋をいくつか見てきました。
丁度シルバーウィークだったので、結構観光客やキャンプをしている人たちがいて、賑やかでした。
実は行くまで沈下橋がいくつあるのか、まるで知りませんでした。47もあるんですね。
沈下橋のなんたるかはWikipedia/沈下橋をご覧いただくとして、要するに欄干がない(もしくはものすごく低い)……You Tubeで増水時の様子を見ることもできますが(危ないから増水時には川に近づかないでくださいね)、思えばこれはそもそも観光資源というよりは地元の人の生活用の橋。そう考えるとほんとに、自然と共生するってある意味大変なことです。
佐田9
四万十川と言えば「最後の清流」。色の美しさからは今のブームは仁淀川だそうですが(仁淀ブルー)、やはり周囲の光景は美しいですね。
まずは、何かの映画で有名になったという佐田沈下橋です。
佐田3
このくらいのリアルな高さって結構怖いんですよね(高所恐怖症)。
渡り切った先から見ると、少し高いところから見下ろすことができます。
佐田4
丁度秋のいい季節。彼岸花との競演もまた見事です。
佐田7
橋のたもとでは屋形船に乗ることもできます。
佐田5
さて、地図を見てから他にもあるんだと気が付いて、近くにある次の橋へ向かうことにしました。
佐田10
そうそう、確認してから行けばいいのに、と思いますが、幸い観光地にもなっていると、近くに看板があって地図を確認できるので有難いです。でも、石以外のものに対する下調べのエネルギーが無さ過ぎますね。もっとも、石たちは、下調べをしていっても分からないことだらけなのですけれど。行った後も「偶然見つけた」的なことも多くて、後から説明できなかったりして。
ちなみに車が走ると……
佐田11
この橋はまだ幅がありますが、もっと狭い橋もあるようで、本当に観光客が来ている時は地元の人も大変ですよね。何より、よけるっても、怖すぎて避けられない。車同士がすれ違えるのか? いや、所々少しだけ幅が拡大されているところがあるのですけれど、もしかして軽トラ同士ならすれ違えるのかしら? 少なくとも私には無理ですけれど。
高瀬1
次は、高瀬沈下橋。彼岸花があちこちに綺麗に咲いていて、景色を楽しみながらの散策です。少し坂を下って行くと、すぐに見えてきました。少し方向を変えて、2枚……
高瀬4
高瀬3
ちょっと分かりにくいのですが、この橋、途中で少し下がっているのですよね。
高瀬6
幅は佐田沈下橋よりもいっそう狭い感じ。
高瀬7
川の景色はどこも美しいです。
もうひとつ、岩間沈下橋へ。こちらは川の向こうにキャンプをしている人たちがいて、賑やかでした。
1岩間
そのために車の通行も結構多くて、渡りながらも何度か避ける羽目に……
岩間2
中にはいかにも観光客が取りあえず話のネタに渡っとく?みたいな車もいて……え? 私ですか? 無理です。あ、でもこの先にお目当ての巨石があるのなら行くかもしれないけれど……でも命懸けで行くことでもないし(←大袈裟です)。
岩間4
子どもたちが遊び、車が通り、何故か橋の上で踊りを踊って撮影している観光客がいたり。
岩間5
景色は本当に美しいけれど……写真に撮ったら、和歌山県と書いたら和歌山県にも見えるし、という日本の川の風景……どこに行っても日本は本当に山と森と岩と川、美しいですね。
岩間7
写真を確認したら沈下橋が残っていたのでご紹介いたしました。高知県は本当に長くて(横に)、足摺岬や四万十川は四国以外の他県からすると「かなり遠い」ので、行くとなると気合がいります。私、以前もどこかで書きましたが、龍馬研究会の幽霊部員なのですが、高知県には結構行っているのですよ(ほとんど梼原辺りですが)。それなのに初体験の四万十川。堪能させていただきました。
岩間8
いつかまた、お遍路の続きに来るときにはお目にかかることでしょう(*^_^*)
スポンサーサイト



Category: 旅(あの日、あの街で)

tb 0 : cm 6