FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・小説】自作を語るのはまだ早い?(2)~『奇跡を売る店』 

 【雑記・小説】自作を語るのはまだ早い?(1)~『死と乙女』


『自作を語るのはまだ早い?』シリーズ?第2弾、今回は『奇跡を売る店』をクローズアップします。
シリーズ名からして「でかした!」と自画自賛しているこのシリーズ、石好きの大海がお送りする、石の物語なのです。
実は、インディ・ジョーンズみたいな主人公が出てきて、巨石ハンターとして世界中の巨石の謎を解いていくって話を、想像の中では書いているのですけれど(嘘です)、まぁ、誰も読まないでしょうね……考古学ミステリーも今や分野として定着した感もありますし、今更かなぁ。
大海さん是非書いてください!って誰かに勧められたら、おだてられて木に登っちゃうかもしれませんが(書く書く詐欺です)。

というわけで、こちらのお話は、石は石でももう少し小さな石たちの物語。パワーストーンを正面から信じているわけではありませんが、石には物語があると信じる大海がお送りする「奇跡」ならぬ「貴石(奇石)」の物語です。
石たちの声を聞く、というと、『天空の城ラピュタ』のトムじいさん登場のシーンを思い出しますね。あれによく似た空間が岩手県の某鍾乳洞にあるといいますが(特別申し込みが必要だったらしい、今は入れるのかどうか不明)、石たちの声は小さいので、一生懸命に聞かなくてはならないようです。

物語の舞台は京都
なぜ京都かというと、私が一番親しい町だから。碁盤の目の中(町の中)はもちろん、妙法の山を越えた大原の里まで、京都中の名所や無名所で登場人物たちが生きる今を描いています。
このシリーズは、レギュラーキャラの他に、毎回ヒロインが加わります(の予定)。番外編では時々おっちゃんも加わりますが、やはり石にまつわる物語と言えば、ヒロインがいいですよね。

そのレギュラーメンバーをまずはちらとご紹介。

元小児科医(訳ありで辞めた)で、今は伯父の探偵事務所の留守番探偵・釈迦堂蓮
四条川端近くのオカマショウパブ『ヴィーナスの溜息』のホール係でもあります。ホール係なので、オカマさんというわけではなく、黒服として働いています。元々ただのアルバイトだったのですが、いつの間にか店のママに頼られる存在に。
名前のせいで「お寺の息子」と勘違いされることもあるのですが、実際に昭光寺というお寺に居候しています。
子供の頃、親に死別+生き別れていますので、自分の感情を表に出すのが苦手。
で、どんな外見のイメージかっていうと。
いい感じに年を取ったら竹野内豊風かな、なんて(特に若いときの竹野内豊のイメージは近いかも。ちなみに真はもう少し顔が薄いイメージだけど、蓮はちょっとはっきりした顔立ちのイメージなんですよね)。あ、ひげは伸ばしていません。ひげ伸ばしてたら余計に和子に嫌われる。身長は170台後半(真よりも高いイメージ)。ホールをやっているときはきちんとした服装だと思うけれど、普段はかなりラフな格好をしていると思います。ジーンズにTシャツに上着、程度の。
年は来歴からしても30にはなっているんだなぁ……

蓮が留守番をしている探偵事務所を間貸ししているのは、石屋『奇跡屋』の怪しい女主人・玉櫛
妖怪のような婆さんですが、もとは祇園甲部の売れっ子芸妓で、関西屈指の某財界人の(元)愛人。
普段は魔女か?ってイメージなのに(映画になったら樹木希林さんにやってもらいたいわぁ、あ、映画にはなりませんね。少なくとも樹木さんが生きておられる間には……いや、ずっとならんか)、着物を着たらとたんに背筋もしゃきっとしてすごいかっこいい婆さんに化ける、というのがみそ。
店子の蓮に対しては意地悪婆さん風、舟のことは庇っている感じ、和子には6歳児相手とは思えない人間対人間のつきあいをする、そんな婆さんです。
この婆さんが売っている石たちが、物語のキーになっていきます。

蓮が引き取っている(正確には籍が入っている女性の連れ子)生意気な保育園児・和子
「和子」と書いて「にこ」と読みます。一見普通に見えますが、心臓の病気を持っていて、実は蓮の元患者。内部疾患なので、彼女の状況の厳しさはなかなか外からは分からなかったりします。
蓮には全くなついていませんが、毎朝、蓮のママチャリの後ろに乗っけられて保育園に通っています。来年小学校に上がります。
病気の子供だからといって、一見ですごく不健康そうには見えませんが、やせているから目鼻はくっきりとしてちょっと人形さんみたいな感じ。髪の毛は以前は長めで三つ編みとか結ってもらってたのですが、蓮に引き取られてからは切っちゃいました。何しろ、蓮には髪の毛をどうこうしてあげることができませんので(蓮は全く当てにされていないんですね)。
そんな和子の本当の気持ちは? う~ん、まだいえない(って、これもお約束)。
蓮に笑ってくれる日は来るのか……蓮のほうも、自分のしたことの代償として過剰に義務を感じて、行きがかり上というのか、勢いで引き取ってしまったし、そのことで婚約者と破談になったわけで(と蓮も周囲も思っている)、子供の和子もなんとなくそういう雰囲気を察している。「自分は愛されていない(だろう)」という和子の気持ちがいつも無愛想・笑ってくれない、という形に出ているのかもしれません。
でもね、蓮が磨いてくれたラピスラズリ(和子の石)を大事にしていたりするんですよ。

蓮の従弟で、ヤクザな世界にも足を突っ込んでいる妖艶な魅力を持つ釈迦堂舟
と言っても、かわいさは全くなく、喧嘩っ早くてとにかく問題を起こす。男女かまわず相手にも不自由していない。もともと人懐こい性質なのですが(ホスト向き?)、今はもう投げやりにさえ見える態度で、しかも、やたらめったらけんかに強い。蓮のところに警察が来ると、半分は舟のことだったりするんですね。
でも実は彼にも事情があるのです。
それは、失踪している舟の父親・元刑事で探偵釈迦堂魁のこと。いったい舟は何をしようとしているのでしょうか(あ、お父ちゃんを探しているのね、って、あ~、そりゃそうだ。何の謎もない^^;)。
蓮と舟のいとこ関係もなかなか面白がりながら書いています。兄弟のように育っているのだけれど、蓮は自分は魁と舟の親子には割り込めないとも思ってきたのですね。一方の舟は頼りになる兄貴であるはずの蓮にもっとかまって欲しかったのに、肩すかしを食らっていたという。でも、親父が失踪しちゃって、蓮の気持ちもちょっと分かるようになったんだろうな。
舟の父親・魁の失踪の事情もまた、物語の色添えのひとつです。

他にも。
蓮の元婚約者で小児科医如月海。和子の今の主治医です。自分も納得して蓮と別れているので、今更未練があるのではないのですが、今もクリスマスイブを一緒に過ごす関係。よりを戻すのか? あるかもしれないし、ないかもしれないし。海は一人では頑張りきれない面も抱えながら、結構仕事に生きちゃっていて、男に頼るばかりでは嫌だと思ってるんです。
ある意味、蓮の方が未練あり、なのかも。また大海の「くっつきそうでくっつかない関係が好き」って悪い趣味が出ておりますね。

そして、蓮が働いているショウパブの愉快なオカマさんたちと個性的な客たち
まずは(名前がまだない)ママ。ジムでいつも体を鍛えていたのですが、前立腺がんになってからは少しトーンダウン。でも面倒見が良くて、一見大胆だけれど繊細。ママの占いも当たると評判です。店で蓮の前職を知っているのはママだけ。
大柄で筋肉質のオカマさんはソノコさん。『ヴィーナスの溜息』は質の高い(かつ関西だけに面白い)ショウが売り物なのですが、そのショウの演出かつ一番人気のパフォーマー。離婚して一人息子を育てているんです。蓮の一番の理解者かも。
他に、真性ゲイのミッキー、頭脳派のシンシア、元音大生という噂のヒース、愉快でちょっと悲しく真剣な彼らの人生も絡んでくる、かな。
客では、露出が多いのは出雲右京。某大学の宇宙工学准教授で、かなり雅なお家柄。時々事件の解決に手を貸してくれるような、そうでもないような?
それぞれにいろんな事情を抱えている彼らの背景も物語に色を添えます。

そして、まだ露出は少ないのですが、蓮の元家庭教師で大原に住む仏師・大和凌雲。年齢は本人が語っていませんが、蓮よりも7~8歳は上、長身でなかなかの美男子、というのはお約束? くすんだ金の髪に青灰色の瞳、端正な顔立ち。こんな男前の作務衣姿の仏師が、大原の庵に住んでいるって、物語的にはちょっと美味しいかなぁ、って。
え? 金髪の仏師? そう、凌雲は日本人ではないのですが、実は彼にも色々な事情があるようです。
その人生は、ある有名なイタリアの画家をイメージして書いていて、その人物が誰かわかったら、え? まさかそういう事情で、国から逃げて、仏を彫っている?と思われるかな。当たらずとも遠からず、ですが。
蓮と凌雲の関係ですか? あいにく色っぽい関係ではありませんが、血のつながった家族以上に家族っぽい気持ちがお互いにあるようです。た~てのいとはあなた~、よ~このいとはわたし~ 的な(意味不明)
実は、海は思い切り誤解していたという説もあり(@_@) 

怪しい石屋の婆さまが売りつける石たちが、奇跡の物語を紡いでいく。そんな世界を、慣れ親しんだ京都の不思議な魅力と一緒に描けたらいいなぁと思っています。そう、京都中を走り回ります……ママチャリで(たまにマウンテンバイクで)。

このお話、元々頭の中で作っていたのは、和子が主人公(ヒロイン)になる物語。
その本編はまだ登場しませんが、まず1作目に書いたのは【サンタクロース殺人事件】 。
こちらのヒロインは、インディーズからメジャーになろうというところの女性ロックバンド・華恋のヴォーカリスト・笙子。貴石・アマゾナイトが彼女の物語をひもといていきます。

連載開始したものの、ちょっと止まっていた第2作【砂漠に咲く薔薇】は、蓮の元患者・栞那(かんな)が主人公の物語。見た目にもインパクトのある今回の石はデザートローズ
他に、企画で書いたいくつかの掌編もありますので、つまみ食いしてやってください。
途中から読んでも分かるようになっていますので、無理に1作目から読まなくても大丈夫です(^^)

bunner_carat2.jpg
さらにこの作品は、Fleurageのcanariaさん主催の『carat!』に参加させていただくことにしました。なんと言っても、石のお話ですし!
(canariaさん、ちょぴっと遅ればせながらでしたが、ご許可いただいてありがとうございます!)

ところで、以前にもお話ししましたが。
この物語は、人物造形や設定の一部が相川真シリーズに被っています。そもそものコンセプトが「ちょっと大変だった真の人生をもう少しライトにハッピーにしてやろう」というもの。でも、書き始めたらまるで違った世界感になって、真と蓮も違う部分の方が多くて、実はほっとしております。感情表現が苦手なところは同じだけれど、その点も、実は真の方がまだましだったりするかも(熱すると怖いのは真の方ですから)。
そういう意味では、凌雲と竹流が一番似通った部分が多いかもしれません。特に、ストイックなところが。

とはいえ、舞台を京都にした時点で、真シリーズよりもこちらの書きやすさが格段にアップ。
それに、真シリーズはあくまでも「昭和なお話」、蓮のシリーズはやっぱり「平成なお話」。何が違うって、携帯電話が出てこないのが真シリーズ!(え、っと、違いはそこだけ?) 
携帯がないと、ほんと、切なさが倍増ですから。会いたくても会えないし、あとちょっとのところですれ違っちゃうし。

でも携帯があっても、スマホがあっても、やっぱり言い出せないこと、切ないことがいっぱいあるんですよね。その人と人との隙間、その切なさから物語が生まれるのかもしれません。

あ~文字ばっかりのうっとうしい記事になっちゃった。すみません(>_<)
スポンサーサイト



Category: 小説・バトン

tb 0 : cm 8