03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・花】国営明石海峡公園で早咲きの桜 

大寒桜5
ソメイヨシノの開花宣言が出ると、なぜかまた寒さがぶり返して、満開まで少し時間がかかりますね。この期間は、待ち人来たらずで何となくそわそわする時間です。でも、うちの職場はただいま超ハードな季節。もう少しの間、コメントやお返事が遅れることをお見逃しくださいm(_ _)m
代わりに、皆さまにお届けするのは、早咲きの桜の便りです。
大寒桜2
先週の休みの日に、諸事情があって桜の写真を撮りに明石海峡公園に行ってきました。
こちらには、伊豆で有名な早咲きの桜・河津桜が少し植えられているのです。でも、残念ながら河津桜の開花時期は2月下旬~3月上旬。代わりに大寒桜などが満開でした。もっとも、桜の種類、全部はよく分かっていませんので、ちょっといい加減です。
大寒桜4
何回も落っことして壊れかけのコンパクトデジカメしか持っていかなかったのですが、花の美しさはカメラを選ばないものですね(より美しく撮るには技術が必要でしょうけれど、こんなので許してね^^;)。
大寒桜3
ソメイヨシノよりも少しピンクが濃いですね。それにまとまって咲く感じ、まるで花のブーケのようです。
そう言えば、もうずいぶん前になっちゃいましたが、桜の花枝でプロポーズする話を書いたなぁ……
桜の掌編・『桜の恋人』
大寒桜6
桜のように散る花でプロポーズ? と思われますよね。
でも最近、思うのですけれど、桜の木自身は、花の時期よりもそれ以外の時期が長くて、その時期にどうあるかって事の方が大事に思っているかも、って(思う? ま、いいか)。蝉の人生もまるで7日間みたいに言われるけれど、それは地上に出てきてミンミン鳴いている時間の話で、彼らだって土の中で過ごす長い時間の方を「人生の至上の時」と思っているかも。あ、人生、とはいわないか。
大寒桜8
桜に限らず、ひとつの花が咲いている時間は短い。でも、力強い幹があってこそ、この花です。
河津桜もまだ少し、咲き残っていました。もう葉っぱも出ちゃってるけど。
河津桜3
こうして並べてみると、河津桜はやっぱりピンクが濃いですね。これがずらっと並んでいる様子はすごいんだろうな。でも伊豆は遠い。
河津桜2
さて、大寒桜にもどります。誰かかくれんぼしていますね。
さくらとめじろ
とにかくものすごい数。多分、数十羽のメジロがひとつの木にどわ~っとやってきて、花の蜜を吸っているのですが、上空にはハヤブサ?らしき肉食っぽい鳥が舞っていて、身を守るためにもメジロはじっとしてない。で、近づきすぎるとみんなで別の木に飛んでいっちゃう。
さくらとめじろ2
ところが、この1羽、なぜかしばらくの間、比較的見晴らしのいい(って、カメラにとって)アングルで留まってくれて、こんなアクロバティックな格好も見せてくれました。
さくらとめじろ3
それでは、つぶやきコーナーでも写真を載せておりましたメジロxサクラの図もしばしお楽しみください。
さくらとめじろ4
普通にしてみたり。木の端っこの方の花の蜜を吸いにいってみたり。
さくらとめじろ6
なんだかちょっとおすまししてみたり。
でもズームで探しながら上を見上げていたら、気持ち悪くなっちゃいました(単に寝不足?)。
公園
こちらの公園は高速道路のインターを降りてすぐなのですが、元花博の会場でやたらめったら広いです。今はチューリップも咲き始めて賑やかな春を待っているところ。海からの風はまだ冷たいです。
チューリップ2
幾何学的な模様の中に、色とりどりのチューリップが咲き始め。
チューリップ3
ツートンカラーに八重のものまで、本当に多くの種類のチューリップが。
チューリップ1
公園内にはなぜか巨石も。真ん中の黄色みの濃い1枚岩は、なかなかの迫力。岡山の犬島から運ばれてきた花崗岩です。お城の城壁にありそうだな。岩の前に咲いているのは水仙です。
公園2
そして、公園内にはクリスマスローズの庭もありました。うちの庭にも沢山のクリスマスローズが植わっていますが、そんなに種類はなくて。でもこちらでは、植物カタログで見かけるような多種多彩のクリスマスローズがいっぱい。
クリスマスローズ2
それにしても、下を向いて咲くものだから、たまに上を向いているのを見つけたら、ここぞと写真を撮ってみます。下向きしか見つからないときは、たまには無理矢理上向きにしてみたり、あるいは無理な姿勢でのぞき込んだり。
クリスマスローズ10
無理に上向いてもらったら、蓮の花みたいになっちゃった。
クリスマスローズ11
クリスマスローズってものすごくたくさん種ができて、勝手に落ちて増える事もあるのですが、沢山の芽のほとんどは消えてしまいます。大株になるのは一部。もちろん、ちゃんと手をかけてあげたら違うんだろうな。
花は正直ですから、手をかけてやってるかどうか、誰が見てもすぐに分かりますよね。あ~、ごめんね、うちの花たち(;_;)
クリスマスローズ3
よく手入れされている公園の花たちを見ると、本当にうちの子たちに申し訳ない……
クリスマスローズ15
クリスマスローズ16
いろんな色があるけれど、白はかなり素敵です。特に夕闇~夜に、街灯の明かりでぽわっと見えているのが何とも美しい。
クリスマスローズ5
でも最近、この黒っぽいのも結構お気に入り。
さくら2
花がたくさん咲く公園に出かけて、ちょっと一時を楽しんでみるのもいいですね。
……もうすぐソメイヨシノの春、日本の春の風景がこの辺りにも広がります。

あ、うちのしだれ桜。
しだれ桜
ソメイヨシノよりも少し遅れて咲く八重の桜です。去年はほとんど咲かなかったので(これまで一度もそんなことはなかったのになぁ)、今年もちょっと心配しているのですが、見たところは花芽が結構付いているように思います。
期待して、我が家の春も待ちたいと思います。
スポンサーサイト

Category: ガーデニング・花

tb 0 : cm 6