07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

2017年8月のつぶやきコーナー★「白黒をつけむと君をひとり待つ 天つたふ日そ楽しからすや」(政次・辞世の句) 

<Twitter代わりのつぶやきとお知らせのコーナー>
2017スペインの旅、レポート中



2017/8/20一番大切なことは言葉にできない
白黒を つけむと君を ひとり待つ 天つたふ日そ 楽しからすや

『おんな城主直虎』……ついにこの日を迎えてしまいました。
正座して観ました。泣きすぎて頭痛がします。
刑場に、足を引きずりながら歩く政次がキリストに見えました。
他は……言葉になりません。この究極の命のやりとりができたのは、信頼以上のものがあったからだけど……うう。
政次は、先に死んじゃった直親への負い目もあったと思うのですよね。あの時、徳川につこうって二人で相談してたのに、直親だけが死んじゃって。
いや、でも、深すぎる愛なのね。直虎の方でも、他の誰でもなく自分が引導を……その中には、自分以外の他の誰にも彼に手を下す権利はない(この瞬間、彼に触れることができるのは私だけだ)という直虎の気持ちがあったと分かります。
彼女こそが彼の全てでしたから。

直虎の柴崎コウさんが、すごい気迫で私の一番大好きな彼女のお芝居をしてくれていました。『大奥』の吉宗を思い出しました。でも今回は、大切な人を救う手がありませんでした……
高橋一生さん、最高の政次をありがとう~(T_T)(/_;)m(_ _)m
直虎に刺された瞬間、地獄に墜ちろと言われて(でも、「小野但馬」がね。「政次」に対しては言ってない)ふと笑ったように見えたのは、「でかした!」という顔だったんですよね。もしくは(囲碁の試合で)「参りました(やっと私に勝ったな)」の瞬間。
あの瞬間、チャグムを出すのは反則だ~。しかも、最高の笑顔で(私の中ではやっぱりチャグムな小林颯くん)

それにしても、NHK、やってくれました。こんなに泣いた大河は久しぶりです。
辞世の句には「天」、そしてやりとりした言葉は「地獄」……もうどっちでもいいよ。鶴ファンみんなで押しかけていくから! 
(あ、お邪魔虫ね)
虎松のために縁もなき子どもを殺めたとき、「地獄へは俺が行く」と言っていた政次。
政次に自ら手を下すことで、私も一緒に地獄へ行くと応えた直虎。
でも、政次の愛のメッセージは「天つたふ日」……うううう(;_;) 
辞世の句じゃなくて、恋文だなぁ。
(ごめんね、なつさん。でもあの笑顔は直虎には見せなかったからね。)

……もう目が痙攣しているので(泣きすぎて?)、今日はtwitterもみません。

それにしても、龍雲丸がおいしすぎる……もともとわかり合ってたもんね。立場が全く違うけれど(ちょっと嫉妬もしてたけど……政次が)。
近藤くんも、まぁ、戦国の世ですものね。君の立ち位置も理解できる(けどね)。
阿部サダヲの家康も、上手すぎて、腹が立つわ~。土下座のまま後退なんて。
きょうのにゃんけい(お掃除にお邪魔するにゃ!編)で癒やされようっと!(きっと鶴ファンの涙を癒やすためにいっぱいアップしてくれたのね。これ、最高傑作だわ)

そうだ、せっかく井伊谷に行ったのに、政次の供養塚(伝)を見落としていたなんて! 今度浜松に行くときは、かじぺたさんに連絡するのと、供養塚と楽器博物館再訪。忘れないようにしようっと!
でもこれで、あのお寺に、井伊家のお墓のコーナーの真横、家臣団のお墓の筆頭にずらりと小野家のお墓が並んでいた理由が語られたなぁ。史実はもう分からないけれど、こんなに井伊家の菩提寺に奸賊の家系のお墓がある、ってこと、そもそも興味深いことで、そこからこのストーリーが生み出され、まさに「このために生まれてきた」と政次に言わしめた。
上手すぎる物語の運びにさらに感動します。

こんな深い愛を書いてみたいと思う、今日この頃。
(結局、たまらずに語ってしまった……いつもより短いけど)


今月の古いつぶやきは、「続きを読む」にあります。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Category: つぶやき

tb 0 : cm 6