FC2ブログ
03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・花】我が家の桜とお馴染みの桜2018 

毎年恒例の『今年の桜』です。またまた例のごとく、山のように写真を撮って、選ぶのに難渋するという憂き目に遭っていますが、今回はちょっとテーマもありましたので、そのキィとなる写真を始めにお見せしたいと思います。
まずは、今年の目玉? 「如月の望月の桜」ですよ(^^)/
我が家の桜10
フラッシュはたいていません。庭に多少の外灯はあるのですが、かなり暗め。でも結構綺麗に撮れました。月をもっとアップにしたかったけれど、月をアップにすると、ぶれちゃうんですよね。というわけで、こんな感じで。
「如月の望月」というと、西行法師の歌。「願わくは花の下にて春死なむ その如月の望月のころ」という有名な歌ですが、如月って2月ですよね。2月の桜? いやいや、旧暦ですので、現代の暦に当てはめてみると、3月始め~4月始め。でも、西行の時代は平安時代で、この頃にソメイヨシノはないんですよね。当時の桜と言えば山桜かな? 山桜だったら時期はもっと遅くなります。早咲きの桜があったのかな。
とりあえず、現代、桜の代名詞・ソメイヨシノと如月の望月のコラボは、なかなか上手くそろわない事の方が多いので(そもそも「望月」が月に一度ですものね、当たり前だけど)、少し早めに桜が咲いてくれた今年は上手くコラボしてくれました。
特にうちのしだれは、例年なら4月の2週目くらいなので、今年は本当に早かった。3月の末、桜と月、堪能いたしました。
さくら3
もうひとつは、自分では「発見」と思ったのですが、題して『桜花火』。
私が毎年、花見散歩に行く公園では、桜の木が立っている場所を少し上から見ることができるのですが、上から見た桜がこんなふうに、たくさんの花火が開いたみたいに見えたのです。
実は、昨年まではもう少し花が「ぼんぼり」みたいだった思うのですよね。少し木が年取ってきたのでしょうか。花数が減って、花火型になったのかも……
公園の桜ー朝2
この公園は、山の西側斜面にあるので、朝陽が遅いのですね。日が当たる前に公園に入ったので、少し暗い中から撮影がスタート、日が差してくるまでゆっくり散歩を楽しみました。
10年くらい毎年、同じところに桜を見に行っていると、その景色の変化に気がつきますね。ニュースで取り上げられていたように、日本で多くのソメイヨシノが植えられてから半世紀、そろそろ木の寿命の時が来ている。
一昨年くらい前くらいから、徐々に木に枯れた枝が目立つようになっていたのですが、こうして「朝まだき」の中で枯れかけた木を見ると、墓標のように見えて、ちょっとしんみりしちゃいました。
猫さん1
でも、そんなことはお構いなしに、猫さんたちは元気に木の根元を走り回っています。
山桜1
そして、山桜ですね。毎年書いているような気がしますが、山桜、好きなんですよ。ソメイヨシノもいいのですが、山を見上げたときに、ぽっと紅く火が灯ったみたいに見えるんですよね。花じゃなくて、この新緑の赤の色なのですが。
ユキヤナギ
桜が早いと、もうひとつ嬉しいのが、ユキヤナギとのコラボ。入学式頃にサクラが咲く例年の状況だと、ユキヤナギはもう終わりかけ。でも、桜が早いと、ユキヤナギも満開で、白とピンクが美しく咲き揃います。
公園の桜ー朝9
花はすこしまばらになっているのですが、こうして朝のすがすがしい空気の中で見上げてみたら、なかなか見事な景色が。
公園の桜6
子供たちが忘れていったボールも、ちょっといい感じです。

では、『続きを読む』から、例のごとく撮りすぎて選ぶのに難儀する桜の花たちを御覧ください(^^)/
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Category: ガーデニング・花

tb 0 : cm 12