07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2013/3/10 更新情報 

ネットの海の隅っこで細々と物語を書いていて、時々いろんなブログを覗かせていただいて、それは結構素敵な体験となっています。
上手だなぁと思う書き手さんもいるし、わぁ、素敵だなぁと思う世界を作っておられる書き手さんもいるし、色々考えたり悩んだりされているのがすごく共感できる書き手さんもいるし。
みんなお話が好きなんだと思うと、すごく楽しくなります。
プロを目指している書き手さんの文章は本当に洗練されていて、一味違うし。
ただ好きで書いておられる書き手さんの世界は、自由でまた別の味わいもあるし。
あらゆる場所から物語の力を感じます。

ここは、現実のお仕事とか、趣味(かな?それ以上とも言えるけど)とか、それとは違う自分の想いを満たしてくれる場所だと思うので……ゆっくり、ここで楽しみながら、私も物語を紡いでいこうと思います。
でも、ほんとに、これって地道で孤独な作業でもあるのね。
大いに自己満足ではあるけれど、時々、ちょっとだけ誰かの気配を感じると嬉しいので、もう少し頑張っていようと思います。

それはさておき。

今週の更新情報です。
1週間に1回くらい、NEWSページを作ってみようと思います。

連載中
【海に落ちる雨】 (第4節~18禁/18R)
私のメイン小説:相川真シリーズの第2作目です。ものすごく長い話で、ミステリー要素あり、真の日常のあれこれあり、過去あり、大河ドラマみたいになっていますが、ゆっくり進めていきます。第5節まであり、全章数は始章と終章を除いても38あります。毎日更新のつもりですが、たまにリアル仕事が忙しいと飛びます。
各章の始めに、これまでのあらすじを入れていきますので、途中からでも、気が向かれましたら読んでみてください。
ただ今、第2章です。竹流がけがで入院中。少しばかり深刻な怪我です。
第1章のあらすじは、第2章(1)にあります。
毎回、最後にちょっと雑文、を載せています。

【死者の恋】 (18禁要素なし)
仮題のまま、突き進んでいます。相川真シリーズの中編(といって書き始めて、これまでどれほど長くなってきたか)。舞台は青森県です。推理小説ではありませんが、ミステリー要素と、そして高校生たちの切なくて一生懸命な気持ち、そこに老いた人/亡くなった人の想いが重なる結構素敵な物語(…の予定^^;)
ちょっと気持ちが乗って来たので、週に2回くらい更新できたらいいなぁ。
でも、年度末の怒涛の書類の山が~

短編、時々思い立ったら続編登場
【Time to Say Goodbye】 (BL,18禁あり)
彩色みおさん(BL作家に五里夢中!)が提供してくださるお題SSに勝手にお仲間に入れていただいて書き始めたら、ちょっとシリーズになってしましました。妄想がついつい走ってしまうもので。
高級菓子製造会社の青年社長とボクサーの若者の恋、のような恋でないような…てもやっぱり恋物語。
竜樹さん(萌えろ!不女子)が描いてくださったボクサーの拓(ヒラク)のイラスト付きです。
第3作目『炎の記憶・海の記憶』前篇をupしました。
もうBLというよりも、親子の物語になっていますが……たまにちょっとシーンあり。 
BLというには申し訳ないくらいあっさりですので、ERO度はあまり期待しないでください(;_:)

【3月のSS:桜・卒業・約束『4年目の桜』 (BL,18禁あり)
剣道の試合シーンが書きたかったばっかりに出来上がったSS。乗せられたら、アンサー篇のような続編を書くかも…

SSについて:短編が苦手な私にとっては、みなさんのお書きになるお話がとても刺激になり、勉強になっています。ありがとうございますm(__)m
とにかく、何が何でも起承転結を組み込む、というのが目標です!

気まぐれ連載
【石紀行】

今週は番外編・フランスの最終回・カルカッソンヌを予定しています。
ラスコーとルフィニャックは同時に出したいのですが、ルフィニャック(撮影禁止)のスライドを捜索中。
見つけたらやります。というわけで、来週は石紀行に戻ります。舞台はマルタ。古代の轍にご案内いたします。
大体1週間に1回くらい更新予定です。(多分週末)

【物語を遊ぼう】
物語の色んなことについての雑文。
次はNHKドラマ『ダイヤモンドの恋』を予定。
更年期に苦しむ人は必見のドラマだったんですが…もう一度見たい!
こちらも1週間に1回程度の不定期更新です。

連載終了もの:宣伝^^;
【清明の雪】 (18禁要素なし)
相川真シリーズの第1作目。京都の架空のお寺を舞台にした龍と水の伝説にまつわるお話。
長く京都に住んでいて、ある時『渇水』の話を聞いて出来上がった物語。
テーマは親子愛、かな。真と竹流の心の交流も、お楽しみいただければと思います。
この舞台裏、志明院の紀行文を今月末にup予定です。
毎年春にお参りに行くのですが、今年も行ってきます。
カテゴリからお入りください。あるいは、縦書きで読みたい!という方は【小説家になろう】を訪ねてみてください。
『清明の雪』
クリックしたら上のほうに、「縦書きで読む」というありがたいボタンが……
やっぱり小説は縦書きが読みやすいです。


よろしくお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト

Category: NEWS

tb 0 : cm 6   

コメント


はじめまして^^

おはようございます。
こちらには、何度もおじゃましているのですが、コメを残すのは初めてです。
えっと、大海彩洋は、なんとお読みすればいいのでしょう。(そっからか)
何度も私の方へ優しいコメを、ありがとうございました。
この記事を読んで、大海さんと、創作のスタンスが似てるな、と感じて、嬉しかったです。
私も、プロを目指すほどの力量はないと自覚しているので、公募等は未経験なのですが、ブログに発表するからには、なるべくそれなりの作品に完成度をあげてから・・・と、自分なりに頑張っています。
ブログ小説は、やはり読んでくださる方があってこそですよね。
身にしみて感じます。
大海さんの作品は、まだ「死者の恋」の2話を読んだだけですが、もうしっかりキャラが出来上がっているようで、いい雰囲気ですね。羨ましいです。
解説を頼りに、また、読んでいきたいと思います^^
(私も遅読なもので、のんびりペースなのですが)

これを先に読んで欲しいという作品がありましたら、また教えてくださいね。
体調がもどりましたら、私もぼちぼちと、執筆を始めたいと思います。
リンクを、ありがとうございました。私も貼らせていただきました^^
これからも、よろしくお願いします。

lime #GCA3nAmE | URL | 2013/03/11 08:14 [edit]


わぁ、ありがとうございます!

limeさん、ようこそお越しくださいました。
それだけじゃなくて、コメントをいただき、とてもとても嬉しいです。
こそこそとlimeさんのブログを覗きに行かせていただきながら、何だか同じようなにおいが…なんて勝手に思いながら、勝手に満足していたのですが…いつも訪問させていただくときに、かなり回りくどい道順を通っていたので、リンクさせていただいてアクセスのスピードアップができました。ありがとうございます。
読むのは私も遅いのですが、大切に書かれた物語、ゆっくり世界に入らせていただきたいと思います。またコメント書きに行かせてくださいませ。 

私のほうのお話は、【清明の雪】から入っていただけると嬉しいです。
ちょっと長いので、体調のよろしい時に少しずつ……多分、10年ほど前の作品で、本当にお前はダ・ヴィンチかサグラダファミリアかというくらい、長年いじくりまわしています。この中には、私の好きなものをてんこ盛りにしてあります。京都、お寺、神社、歴史、水、龍、恋しいという気持ち、そしてラストのキラキラシーン。
プロットを一生懸命練るというタイプではないのですが、いつもラストのキラキラシーンに向かってひたすら書いています。『モチモチの木』を目指しているのです…^^;
この主人公二人の生い立ちを覗いてくださろうという場合は、【海に落ちる雨】始章を覗いてみてください。
ちなみに、【雪】も【雨】もリストの中に隠れている【あらすじ】とか【はじめに】だけでも見ていただけると、わかりやすいかも…
人物紹介は【小ネタ出し】に隠れています。
BLに抵抗がない方であれば、SSが短いのですが……実は、短編に挑戦したのが、文章教室以来で、もう悪戦苦闘。BLっても、わたしはちゃんとしたBLを書けるわけではなくて、これはふたりの人間の心の交流と思って書いています。
実は起承転結の鍛錬になってる、という。

何より、limeさんのお体の回復が大事。ゆっくり静養されて、ご無理をなさいませんように。また素敵な作品を楽しみにしています。頑張って追いつきますね。
あ、大海彩洋は『おおみさよ』と読みます。
よろしくお願いいたしますm(__)m

大海彩洋 #XbDIe7/I | URL | 2013/03/12 02:05 [edit]


はじめまして。

こんばんは。訪問者リスト様から飛んできました。同じくブログで小説を書いている神谷冴乱(かみやさらん)と申します。
まず飛んできて、ブログデザインが素敵だったので、そのまま少し記事を読みました。僕も(死体は転がるかもしれないけど)ミステリーっぽいものを書いています。執筆がんばってください。僕もがんばります。

神谷冴乱 #- | URL | 2013/03/12 23:18 [edit]


神谷さま、ありがとうございます!

読み逃げしていてすみませんでしたm(__)m
先が気になるなぁ、と思いながら読ませていただきました。
ミステリーって、本当に幅が広いジャンルですよね。推理小説っていうのはもう高嶺の花ですが、人の心とか、人と人との関係とか(恋愛も友情も)、世の中で起こる色々なこととか、物語はみんなミステリーと思って楽しんじゃおうという気持ちで書いております。

ブログデザインは、Novelテンプレートさんhttp://noveltemplate.blog26.fc2.com/から借りています。
サイトっぽくカテゴリを並べたりできるように、小説書きのためにあれこれと工夫されていて、本当にありがたいテンプレートです。提供してくださっているテンプレートには色々素敵なデザインがあるのですが、結局Simple is bestに落ち着きました。
これは小説家になろうさん仕様、のテンプレートです。
ちなみにブログ初心者で、本当に悪戦苦闘しています。

これまでずっとノートや紙ベースで生きてきたもので、ワープロで書いても必ず打ち出していたのですが、すっかりブログになって戸惑うことばかり。
ちょっとずつ、頑張って書いていっています。
神谷さんも頑張ってください!また遊びに行かせてください(^^)

大海彩洋 #XbDIe7/I | URL | 2013/03/13 01:45 [edit]


NoTitle

こんばんは。

小説の感想は、ちゃんと読んでからにしたいので、もうちょっと先になりますが、まずはご挨拶に。
実は、私も巨石文明大好きで、カルナックにもマルタにも行ったのですよ〜。
そういうわけで巨石関係の記事も楽しみにさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2013/03/13 02:34 [edit]


夕さま、ようこそお越しくださいました(^^)

お越しくださって、ありがとうございますm(__)m
そうなんですね! 巨石好きの方に巡り合えて、とてもうれしいです。
色々と現実の中ではしんどいことも多くて、時々逃避行しちゃいます。
カルナックは、もう石に埋もれてこのまま死んでもいいわ…と思ったくらい心が落ち着く場所でした。
この頃は遠くに出かけるパワーがなくて、もっぱら国内の巨石ですが、日本の石たちにはやはり八百万の神の力が湛えられているようで、抱きついては石からパワーをもらっております(^^)
夕さまが書いておられたように、大きな街や政治や経済を見ると、膨れ上がる中身のない風船みたいで、この国は明日、いったいどうなるのと思いますが、石たちに出会うために出かける先々では、行けども行けども日本の国土の大半を占める森や山があり、石も木々も人智を遥かに超えて素晴らしく、石たちの傍ではいつも私は自然界のちっぽけなひとつの命に戻れる安心を覚えます。
【清明の雪】で、真と竹流が出会った弘法大師の生まれ変わりのような若い僧侶に、一言だけ言わせた言葉が、今の私の精一杯。
我々はどこへ行くのでございましょうか。
多分千年以上の時を見つめてきた石たちに、いつも問いかけてみています。
ちなみに、時間ができたら今度はアイルランドに行ってみたいと思うのです。
いつか石の伝道師になる、それが今の私の目標!?

実は夕さまのブログで最初に魅かれたのがムパタ塾の話。
私には飛び込めない事情が色々とあるけれど、夕さまの心が求めたものが何か自分にとても近いような気がして、嬉しかったのです。
また私もゆっくり小説の感想を書きにお伺いしますね。
これからもよろしくお願いいたします(^^)m(__)m

大海彩洋 #XbDIe7/I | URL | 2013/03/13 23:11 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/109-6eda2caa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)