FC2ブログ
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

☂[19] 第2章 同居人の入院(6)(改)/ タイトルの出所 

 新宿二丁目の表通りを一本入り、路地を進むと、幅一メートル程の道の両脇に堅く閉ざされた扉が並ぶ。どこか秘密めいた匂いをさせていて、この界隈でも特殊な雰囲気を作っている。これをずっと奥の突き当りまで歩くと、やはり曖昧な明りを灯した看板を出している店があって、赤に白抜きで『葵』と染め抜かれてあった。
 空気は重たく湿度を増していて、看板の文字の輪郭もぼんやりと定まらない。真はしばらくの間、葵の文字を見つめていたが、やがて意を決した。

 重い木の扉を開けると、さっと薄暗い店内の複数の人間の目が真に集まった。それは一瞬で敵か味方かを見分ける目であって、決して客を迎え入れる目ではなかったが、よほど敏感でもない限りそんなことには気が付かないはずだった。
 店内には、それぞれが個室感覚のあるボックス席があって、あとは僅かなオープン席とカウンターだった。お互いの視線ができるだけ合わないような造りにも関わらず、その気配を感じるなどとは、真のほうが気が立っているからに違いなかった。
「いらっしゃいませ」
 真正面のカウンターの奥の『ママ』と目が合った。

 こざっぱりとした白いシャツにきっちりとネクタイを締めているのは、そのタイを外してみたいという欲望を男に抱かせるためだと聞いている。もちろん、この『ママ』は変化自在だ。相手に合わせてどんな姿にもなってくれる。細身の体を衣服で隠していても、滲み出る色気は消せない。女顔でもないし、化粧をしているわけでもないのに、唇は紅を引いたように艶めかしい。軽くウェーヴした髪は、額と耳に零れている。そして、意志のはっきりとした強い目。その目が、真を睨みながら、唇だけが客を迎えて微笑む。
 むっつりとした顔の黒服のバーテンがさっと真の上着を取ってくれようとするのを断って、真はママのところまでゆっくりと歩いた。

「殺気があるじゃない」
 以前会ったときに、お前は俺の恋敵だな、と言われた。当たらずとも遠からず、といったところだ。
「話がある」
『ママ』は怪訝な目でただ真を見た。
「竹流のことで」
 ようやく『ママ』の手が座るように促す。真はちょっと店内の気配に目を遣ったが、座らなかった。
「込み入った話か?」
「二人だけで話したい」
『ママ』は暫く真の顔を見つめていた。それから背後にある棚のキィボックスからひとつ鍵を取ると、真に手渡した。その手はお世辞にも細くてしなやかな柔らかな手とは言いがたい。せいぜい性別を思えば華奢という程度だった。
「二階、先に行ってろ」

 このバーの二階には個室が六つある。人に聞かれたくない密談の場として使われることが多いようだが、勿論、人に知られたくない性癖を持った大物が『そういう』目的でここを利用しているとも聞く。
 この店に雇われているのは、どの性別の格好をしていても男性で、それなりのものを出せば相手をしてくれるようだった。ちらりと聞いた噂では、そのサービスは決して他では望めないほどのもので、一度味わったら深みに嵌っていかざるを得ないという。要求される金額は口止め料も含んでいるのかと思うほどで、普通の稼ぎではとても手が出ない。それでも、それに見合うだけのサービスが受けられるというのだから、客足が途切れるはずもなかった。

 真は店の奥の階段に目を遣り、何かを訴えるようにもう一度『ママ』を見てから奥へ行った。
 真が階段を上り際に振り返ると、バーテンがすっと目を逸らしたのを感じた。バーテンは『ママ』を見つめ、何らかの、少なくとも現実になれば真にとっては有難くない指示を仰いだようだが、『ママ』は首を横に振ったように見えた。
 真は薄暗い階段を上がって、暗く赤い光にぼんやりと照らされた廊下を進んだ。手元の鍵を見て右の三番目の扉の前に立ち、鍵を開ける。中に入ると本当に狭い通路の脇に、半畳ばかりのガラス張りのシャワールームとトイレのドアが、その奥にコンパクトにベッドと小さなテーブルと二つの椅子が納まっている。それでいっぱいの空間だった。廊下と同じ赤い薄暗い光がぼんやりと満ちている。窓はなく、完全に防音されているようだった。
『ママ』を待つ間に上着の内ポケットから煙草を出した。落ち着かない気分で、このところ煙草が増えている。それを一番身近に見ているのは秘書の美和で、真の気配を敏感に察しているだろうと思われた。

 一本吸い終わる頃にドアをノックされる。
「何の用だ。まさかわざわざ恋敵に改めて勝負を挑みに来たわけじゃあるまいな。それとも、あの雑誌を読んだ女の誰かに襲われたか」
 店での言葉遣いは幾らか中性的なのに、私生活では完全に男言葉を話している『ママ』は、入ってくるなり苛立ったようにそう言った。店での源氏名は葵と言ったが、私生活では葛城昇という立派な名前を持っている。
「竹流が何の仕事をしに行ったのか、教えてくれ」
 真はいきなり切り出した。
「仕事?」
「何処かに何かをかっぱらいに行ってたんじゃないのか」
「何の話だ」
 真が何時になく迫力のある気配を示したからか、葛城昇は胡散臭そうなものを見る目で真を見た。
「冗談ではなくあんたたちが泥棒集団なのは知っている。何処かに仕事に行ってたんじゃないのか」
 昇は真の座っているベッドの近くの椅子に座った。
「おい、もうちょっと丁寧な言葉で話せないのか。何を焦ってる?」

 真は暫く昇の顔を見つめていた。確かに、喧嘩を売る相手は彼ではなかった。それに、よく考えたら年上だし、幾ばくかの恩義もある相手だった。だが、今は構っていられなかった。
「竹流が仕事のときは、あんたたちは皆彼に付き合ってるんじゃないのか」
「まさか。全員で出掛けていくようなことはない。内容にもよるが、ほとんど数人だ。以前はあいつ、一人で出掛けていくこともあったが、俺たちがそれは辞めてくれるように言った。今は少なくとも二人では出て行っていると思うが」
「じゃあ、彼が誰と行ったのかも知らないのか。あんたたちの大事なボスだろう?」
「彼がどうかしたのか」
 そう聞かれて、初めて彼らが何も知らないことがはっきりした。真は別に隠す必要もないことだとは思っていたが、むしろ逆に彼らが知らないという事実に戸惑いを覚えた。
「何かあったんだな。一方的に聞いてないで訳を話せ」
 真が一瞬黙ってしまったので、昇が質問する側に廻った。

「今、病院だ」
「病院?」
「酷い暴行を受けたようで、一歩間違えたらあの世行きだったという話だ」
「どういうことだ」
 いきなり昇が真の胸ぐらを摑んだ。中世的なムードを纏っているが、その力は明らかに男のもので、か弱いどころか、鍛えられた筋肉の動きは艶やかに強い。
「こっちが聞きたい」
 すかさず真は答えた。昇は暫く真の目を見つめていたが、それから漸く真を離した。
「俺は何も聞いていない。高瀬の爺さんには聞いたのか」
 高瀬というのは大和邸の執事だった。真がその男と面識があることは昇も知っている。
「あの人が何か知っているのか」
「知っているかどうかは知らん。だが、あの人は竹流のことなら何でも知っている。国の大親分とも連絡を取り合っているくらいだからな」
「国の大親分?」
「ヴォルテラの大親分だ」
 真はしばらく昇の顔を見つめたままだった。唐突に出て来た大きな名前に、真が怯んだ気配を感じたのか、昇が鼻先で笑ったように見えた。
「その人が関係していることか」
「知るか。第一、大親分は俺たちの存在を疎ましく思ってる。大事な跡取り息子が、悪いお友達とつるんで家に帰って来ないとでも思っているんだろう。高瀬の爺さんが何を考えてるのかも俺たちは知らん。もっとも、あの爺さんは竹流が云うなと言えば、死んでも口を割らない。大体、彼は? 意識はあるのか? 何故本人に聞かない?」
「あいつが話すと思うか? 聞いても話をはぐらかす。しかも、まだ何か考えてる」
「考えてる?」昇はまだ真を睨みつけたままだった。「まだ手を引いていないということか?」
「分からない」
 真がやっと息をついたのを感じたのか、昇は表情を緩めた。
「酷いのか」
 昇はそれだけしか聞かなかったが、彼が何を聞いたのか真には十分伝わった。
「あぁ」
 真の方も短く答えるのが精一杯だった。とてもあの右手の事は昇に、彼の仲間の誰にも自分の口からは言えそうになかった。

 昇は俯いて何かを考えていたが、随分間を置いて顔を上げた。
「ひとつだけ聞いておく。彼のためなら何でもできるか」
 真は頷いた。昇はにやっと笑った気がした。
「人も殺せるか?」
 しばらく、真は昇の顔を見つめていた。俺は彼のためなら本当に何でもするぞ、という顔だった。堅気のお前にそれだけの決心などないだろう、という言葉を準備している顔だ。
「多分」
 その問い掛けは何かの試験なのかとも思ったが、返事までにかかった時間はともかく、腹のうちでは答えることに躊躇いなどなかった。その気概だけは伝わったのか、昇が、本気か、というような視線を真に向けていた。少なくとも、真がそう答えるほどに、竹流の状況が好ましくないということは伝わっただろうと思った。
「上等だな」
 昇は女のものではない、繊細だが骨っぽい右手を差し出した。真は躊躇わずにその手を握り返した。更に握り返してきた昇の手の力は、真が怯むほどだった。友好的な握手とは言いかねたが、これが儀式ではなく裏切ることは決してできない契約の成立と感じた。
 昇は近いうちに事務所に連絡をすると約束した。
 先に出て行く真の背に、昇が話しかけた。
「どこの病院だ?」
 ふと振り返った真の目に映ったのは、男とも女ともつかないが彼を愛している者の目だった。
「G医大病院」
「そうか」
 真は扉を閉じてそれに凭れ、赤い曖昧な光に満たされた廊下で目を閉じた。
 今の昇のような目をする者があと何人いるのかと思った。少なくともそのうちの一人には今から話しに行かなければならなかった。
 店を出ると、ぱらぱらと雨が降り始めいていた。思わず新宿の空を路地から見上げると、あまりにも近い空から雨が湧き降るように見えた。





さて、新しい登場人物が出てきました。今後もしっかり絡みますのでお見知りおきを。
竹流の仕事仲間、ゲイバーの店長『葛城昇』です。
私の話の中では珍しい、妖艶な男です。
でも、なぜか私が書くと、男っぽくなってしまう。うーん……色気を書く鍛錬が……
【Time to Say Goodbye】の葛城拓とは関係ないのですが、実は、遠い親戚だったりして、とか思って勝手に楽しんでます。時代が全然違うので(多分40歳くらい違う)、どんな関係かしら…(^^)


以下、コラムです。この小説のタイトルの出所について……

さて、今回はこの【海に落ちる雨】という題の出所を……
もともとこの題は【海に降る雨】でした。
友人がこの話を読んで、「落ちる」のほうが切なくていい、と言ってくれたので、言葉を変えました。
「落ちる」と「降る」でどのくらい印象が違ってくるのか、自分ではまだよく分かりません。

そしてこの出所は、というと、村上春樹さんの『国境の南、太陽の西』のラストから頂いたものです。
白状すると、もう今となっては、小説自体がどんな話だったのか、よく思い出せません。
結婚している男が、昔好きだった女性に会って、妻とうまくいかなくなって…でももう一度やり直そうか、みたいな話が、村上春樹さん独特のワールドの中で語られている、そういう話だったような。

大学生のころ、結構、村上春樹さんを読みました。
で、ある時ぷつん、と読まなくなって、それから何年もたって、思い立って読んだのがこの小説。
あまりはっきりとした記憶はないのだけれど、その時、何となくこれは好きだと思った。

実は、ちょっとだけ、村上ワールドが苦手なんです。
どうして、と言われるとうまく答えられないのだけれど。
でも、この小説は、何かが引っかかって、そして一生懸命読んでいた。
その何かが何だったか、また思い出せないのだけれど……本には、いっぱい付箋が貼ってある。

小説って、読んでも読んでも本当に忘れていくんです。
でも、なにか核の部分が心のどっかに残っているものなのかも。
それがこのタイトルになったわけなのです。

広大な海に、誰に知られることもなく密やかに降る雨。
音もなく降り落ち、魚にも気が付かれないけれど……

それでも、アッシジの聖フランチェスコの絵の下で、真は竹流にこう言ったのです。
『それでも、俺が鳥でも、もしかして海に落ちた小さな雨の雫でも、俺にはきっとあんたの言葉だけはわかるよ』

この二人の魂の呼応がちゃんとわかるように、物語を紡いで行きたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト



Category: ☂海に落ちる雨 第1節

tb 0 : cm 2   

コメント


おはようございます

物語の方も、新しい登場人物が増えて、深みを増してきましたね。
まだ読者も知らない、竹流の「仕事」がきっとあって、かなりヤバそう。
この昇という人物と一緒に、真は探ることになるんでしょうか。
たしかに、このママ、どこか男性の色気の方が強いような印象です。
でもそれは使う言葉のせいでしょうね。
やはり、小説って、話し言葉でかなり印象が違ってきますから。
真の前では、このママ、男になっちゃうのかもしれませんね。なんとなく^^
それにしても、強力なライバル出現!な、感じがします。
がんばれ、真。

村上春樹さんの本、恥ずかしながら、まだ一冊も読んだことがないんです。ハルキストという人たちがいるほどの人気作家なので、興味はあったのですが、本屋でいろいろ冒頭を読んでみて・・・そっと棚に返すことの繰り返しで。
だいたい、冒頭の2,3ページを読むと、波長が合うかどうかがわかるのですが、村上春樹さんの本は、それさえもわからない不思議な感じがあって^^;
でも、あんなに社会現象を起こした人ですから、いつか読んでみなきゃ、と思っています。

ああ、読んだ本の内容、忘れますね><
私も、ミステリーなんて、誰が犯人なのかも忘れてしまいます。たぶん、キャラにのめりこめなかった結果なのでしょうね。
逆に、キャラにのめり込んだ作品は、ずっと忘れられずに残っています。
改めて、どんな作品もやっぱり、キャラなんだなあと感じます。

・・・こんな話をしてたら、止まらなくなりそうなので、この辺で><

では、またおじゃましますね^^(ああ、はやく追いつきたい~~)

lime #GCA3nAmE | URL | 2013/05/15 08:14 [edit]


limeさん、ありがとうございます!

> 物語の方も、新しい登場人物が増えて、深みを増してきましたね。
はい……^^;
もう、この話は、源氏物語並みに登場人物だけは多い、そして大河ドラマ並みにその人のエピソードが現れては消え(時々、え?それで、その後どうなったん??という謎を残したまま切り捨てられる^^;)、というとんでもない話です。
コンパクトにきちんと話が作りこまれたlimeさんのお話とは違って、もうほとんどそのあたり、むごいと言ってもいいかもしれません。
なので、limeさんのお話を読ませていただくたびに、いいのか、私の話、こんなんで…といささか落ち込んだりもしておりまして(いい意味での落ち込みですが…^^;)。
でも、一応、起きた出来事には、解決をつけたつもりなんですが…
(解決にはなっていないこともあるけれど、これは世の中の事件ってそんなものじゃないの、という気持ち。まさに、一昨日見てきた『探偵はバーにいる2』のあの探偵の感じたもどかしさ、そのままの話)

昇は、実は立場が微妙なんです。竹流のことを色々と知っている仕事仲間ではありますが、まぁ、トレジャーハンター仲間とでもいいますか、でも実際には竹流本人に心酔して(簡単に言うと恋愛感情ですね…そしてそれをボスへの忠誠に置き換えることで自分を抑えている)つき従っている、ただし実生活では自分で生業をきっちり立てている、ただし水商売でかなりやばいことをあれこれやっている、そういうある意味ではゲイだけど、男らしい男でもあります。
多分、モデルはlimeさんも知っているあの人…^^;^^;
もっとも、この人物がこの小説に現れた時(って、〇十年前?)は、まだ私もかの小説を読んでいなかったので、後から、あぁ、この人と同じ/そっくりだわ、と符合に喜んで、後付けで『モデル』ということにしただけだったりして。だって、何だか行動パターンが…

なので、昇と真は行動をともにはしないんですね。そう、仲良しこよしにはなれない間柄。どちらかというと真の気持ちを追い込む役割かもしれません。でも、なんか(真を)見捨てられないというのか。
ただ、この先ずーっと絡みますし、ぜひぜひ可愛がってやってくださいませ。
ちなみに次作の【雪原の星月夜(仮題)】ではかなり重要な役割(またもや真を追い込む役?)です。

ゲイと言えばゲイだけど、この人を始めとしてうちのゲイたち、総じて男です…そうなんです、私がBLを書けないわけのひとつなんですが、みんな基本男っぽい。あんなふうにファンタジーっぽい恋愛小説にはまるで向かない奴らばかりで…(だからちょっと羨ましんですよね…好き!でまっすぐ行く話が…)
この話も、普通に(だって、高村薫さんも柴田よしきさんも花村萬月さんも普通に書いておられるし)同性の恋愛(というより情事かも)も、当然異性間の恋愛や情事も出てきますが、全然色気がなく、ほのぼのでもなく(真・美和がようやくほのぼの…でもこの二人、ひっつきませんが。あ、でも心の恋人、だったかもなぁ、生涯)、特に同性同士に至ってはただのオス同士の喧嘩に近いものだし、愛している~なんてムードは全くありませんでして、総じて『人生の営みのひとつ』扱いです。
…あ、これって、ある意味、カミングアウト、ですね^^;

> 村上春樹さんの本、恥ずかしながら、まだ一冊も読んだことがないんです。ハルキストという人たちがいるほどの人気作家なので、興味はあったのですが、本屋でいろいろ冒頭を読んでみて・・・そっと棚に返すことの繰り返しで。
私も、実は昔『羊…』とかの時代に読んでおりまして、というのも友人が好きで(その友人は何でも読む人だったので、ハルキストというのではなかったのですが)勧められたんです。で、例のごとく、50%の作家買いである程度までは読んで、もういいや、と思った次第で。最近は全く読んでいないですが…
あのワールドに、今の自分が嵌れるとは思えない気がして…読んだら意見が変わるかもしれませんが……

> でも、あんなに社会現象を起こした人ですから、いつか読んでみなきゃ、と思っています。
limeさんが読まれた感想は聞きたい気がしますが、波長、合うかなぁ?と興味津々。
でも多分、limeさんはあの独特ワールドよりも、もう少し現実に即したお話のほうがお好きなのではないかと…でも、やっぱり一度はのぞいてみるのもいいかも…
いや、もう嫌いな人には嫌いなワールドでしょうから。
私は結構中立です。というよりも、大概中立なもので、どの1冊を読んでも(村上春樹さんに限らず)物語には入り込むことは多いのですが、その作家さんすべての作品が好きかというとそうでもないことが多くて、作家さん自身にすごい心酔することは少ないかもしれません……(しつこいけど池波先生例外)

> 逆に、キャラにのめり込んだ作品は、ずっと忘れられずに残っています。
> 改めて、どんな作品もやっぱり、キャラなんだなあと感じます。
あぁ、それはよく分かります。
読んでいる時はストーリーなんですよね。ストーリーの面白さに浸る。でも記憶に残るのは『人』なんですよね。記録より記憶に残る…と最近よく言われるけれど、まさに記憶に残るキャラ…
確かに、そんなキャラを書いていけたらいいなぁ。
そう何人も生み出す能力はないけれど(逆に、勝手に湧き出してくる山のような脇をコントロールできないのも問題かも)、うちの二人の人生はちゃんと書ききってやりたいなぁ。

コメント、ありがとうございます。
お返事遅くなってすみません…またよろしくお願いします(*^_^*)

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/05/16 05:41 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/110-a7cd4f6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)