07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【石紀行】8.マルタ:カート・ラッツ 

マルタ1

さて、マルタ島にご案内いたします。
マルタってどこ?という方もおられるかもしれません…って失礼ですよね。
かく言う私ですが、地中海のどこか、ということしか分かっていなくて、行くと決めてからしみじみ地図を見ました。シチリアの南、ローから見たらチュニジアの方が近い、という感じでしょうか。随分若いころに行ったシチリアを思い出すような、囲い込み農地、そしてマルタストーンの石切り場。
黄褐色の石灰岩(グロビゲリナ)が今回の主役。

上の写真はその囲い込み農場です。都市部はともかく、マルタはどこに行ってもこんな景色。
農地を低い石垣で囲んでいます。

問題の石にご案内する、その前に。
マルタ、いいところです。首都のヴァレッタには聖ヨハネ騎士団の美術館・博物館が立ち並び、海に囲まれた古い街並みも素敵。そして、マルタ島だけでなく、ゴゾ島にも点在している先史時代の巨石神殿。切り出した場所から神殿まで、数十トンの石をどのように運んだのか、いまだに謎とされています。

圧巻は、ハル・サフリエニ・ハイポジウムという地下神殿。
写真禁止のため、観光案内書やホームページなどから見ていただきたいですが、この第2層が素晴らしく、もう開いた口がふさがらない状態のままでした(言葉遣いが変だけど、まさにそういう感じ)。1902年に家を建てている時に地下から発見されたとか(ちなみに昔の人はよく、地下にゴミを捨てていて、自分ちの地下に何らかの空間があることは知っていたというケースが多い)で、入口は本当に普通の家みたいなところ(ナポリの地下遺跡の入り口も普通の家ですが)。後の時代には墳墓としていたようで、7000体の遺骨が発見されたそうです。そしてここは、明らかに地下の岩盤を削って造られた、まさに地下の神殿なのです。第2層の天井も壁も滑らかな丸いドーム状の空間、赤のオーカー、小さな声で囁いても神殿全体に声が広がるような石の反響を利用したマイクロフォン(司祭の祈りが神殿に響くようにしてあったのでしょうか)、機会があったらぜひ、訪れてください。
ちなみに、事前予約が必要で、ガイド付きツアーのみです。

人々も温和で優しいです。何より、マルタ語しか話さなかったタクシーの運転手さんも、わけのわからないところに行きたがる日本人を、よくぞ案内してくださりました。
そうなんです。
カート・ラッツに連れてって!
え?
マルタ(狭いのに)のタクシー運転手さんも知らないようなところに行きたがる、謎の日本人になってしまっておりました……
イムディーナという古い都市を通り過ぎ、ガタガタの道を走り、あちこち聞きながら連れて行って下さった……
すると、ありました!
延々とこの謎の景色が続く場所が……
マルタ6
マルタ2

石じゃなくて、これは地面じゃないの?って……はい、その通りです。
正直、自然の造形じゃないの?と言われても否定はできない。
でもこれは『古代の轍』ではないかと言われているのです。
石灰岩の台地に1.32~1.47mの幅で並行に走る溝が刻まれていて、深い所では75cmほどになっているところも。巨石神殿に石を運ぶ時についたものとされますが(ちなみに車輪はなかったはずの時代だとか?でも、先史時代のことについて私たちが知っていることって本当に僅か)……北アフリカやシチリアにも同じようなものがあるのだとか。

ここで山羊の放牧もされているようで……
マルタ7
また、散歩中の家族(おばあちゃん、お母さん、息子&娘の組み合わせ)に、あっちに石器時代の洞窟があるよと教えていただいて行ってみたら…
マルタ4
マルタ5

それにしても、この謎の轍。
フランスのカルナックの列石に匹敵する、『わけわからん』快感を与えてくれてます。
こういう場所に立って、古代の息吹を感じるとき、ものすごく幸せなんですよね……
500
この轍、ちょうど足ひとつ分くらいです。

皆さんには何に見えますか?


さて、いずれまた、マルタの巨石神殿へもご案内いたしますね。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 石の紀行文(写真つき)

tb 0 : cm 6   

コメント


NoTitle

お。マルタ島だあ。
行ったのですよ。でも、ハル・サフリエニ・ハイポジウムは、予約が必要だったので「また今度」になってしまいました。その代わりにゴゾ島でジュガンティーヤに行ってきました。

本当にいい所ですよね。また行きたいなあ。
英語が通じるので、いろいろと楽でした。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2013/04/17 04:50 [edit]


NoTitle

 こんにちは。
シチリア島までは 行ったのですが マルタ島は行ってないな…
面白い文明のあった島なのですね。

そーいえば クノッソス宮殿の近くにも 巨石あったなぁーー
あれ 何だろう…
此の辺り 食べ物も美味しいし また行きたいよ。

ウゾ #- | URL | 2013/04/17 14:18 [edit]


夕さん、ありがとうございます

そうなんですよね、英語が通じるので本当に楽だし、ちょっといい加減なところがあるのは南国の常だから気にしても仕方がないし、比較的安全だし、良いところでした。
マルタ語しか話さないタクシーのおじちゃんも、いい人だったし。

ハル・サフリエニ・ハイポジウムは、わたしにとって、これまで行った遺跡の中でも突出して素晴らしかった。魂が震えるような感覚、久しぶりに味わった気がしておりました。
次の機会にはぜひ!

はい、そして次回からは、ジガンティーヤ、イムナイドラ、ハジャーイムの巨石神殿へご案内予定です。
懐かしんでくださいませ(^^)

大海彩洋 #XbDIe7/I | URL | 2013/04/17 20:07 [edit]


ウゾさん、ありがとうございます

シチリアもマルタも、地中海の要。船が交易の唯一の手段だった時代には大いに栄えた島なので、栄えたと同時にしばしば侵略され、色んな文明の遺跡が入り混じって存在しているのですよねぇ…歴史を見ればどちらも面白いですね。
このカート・ラッツ、同じようなものがシチリアにもあるそうで。
以前シチリアに行ったときには、さすがにそこまで探す余裕はなかったので、今度行く機会があったら探してみようかな……

巨石文明の宝庫はやはりイギリスとアイルランドですが、ケルトの名残多き地域には、面白い巨石が多く存在していますし、そもそも石の文明なので、変遷しながらも石が歴史を刻んできたのかもしれませんね……

大海彩洋 #XbDIe7/I | URL | 2013/04/17 20:14 [edit]


おお。岩ですね。・・・ん、地面にそのまま入り込んでいると岩にならないのですかね。岩盤?・・・しかし、地球が地殻変動しているということがよく分かる地形ですよね。

LandM #- | URL | 2013/10/09 06:59 [edit]


LandMさん、ありがとうございます(^^)

ここ、すごいところでしょう!
一応、某ガイドブックには載っているのですが、地元の人は誰も知らなくて、現地の旅行者で働いている日本人の人も?って感じだったのですが、とにかく行きた~い、と主張して、何とか1日ハイヤーした車で連れて行ってもらいました。マルタは小さな町なので、移動距離はそれほどでもないのですが……
そう、これは聞くと見るとでは大違いの代表みたいな場所です。見るというより、上を歩く?
自然の地形という気がしますが、それにしてもすごいのです。
巨石中の巨石? 「地面」が正しいかもしれません。
面白いと感じていただけたとしたら、とても嬉しいです!
このままマルタの巨石神殿に突入する予定が、日本の石に戻っちゃいますが、また続きもよろしくお願いいたします(^^)
(コメ返各順番間違えちゃいました。すみません……)
> おお。岩ですね。・・・ん、地面にそのまま入り込んでいると岩にならないのですかね。岩盤?・・・しかし、地球が地殻変動しているということがよく分かる地形ですよね。

彩洋→LandMさん #nLQskDKw | URL | 2013/10/10 07:20 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/151-5a4313ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)