09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

イタリア(1) 前篇:麗しのヴェネツィア 

アクア・アルタ
まずは美しい水の都をご覧ください(^^)
今日は、麗しいヴェネツィアの景色を前後編でお届けいたします。
写真が多くてごめんなさい。でも、今回は写真が命?です。

日付が入っていますね。びっくりしました。もう8年以上前だとは……
もちろん、デジタルではなくアナログの写真ですが、これは効果を狙ったのではなく、自然にこんな青になってしまったのです。この日のこの時間に撮った写真だけがこの色なんです…
今では、色などデジタルで変えることができますが、それでも偶然や自然の一瞬の奇跡ってのがあるんでしょうね。(ね、limeさん…(^^))
ごんどえーり
そして、これは客を待っているゴンドリエーレ(ゴンドラの船頭さん)たち。
ところで、ゴンドラですが、少し傾いているんですね。
ゴンドラ
これではちょっと分かりませんが、実は乗るとなると、結構この傾きが怖い。
だって…この運河、正直あまり美しくありません(ね、しのぶさん…^^;)。
そして、前回お伝えした通り、かなりな臭いなのです。
絶対に落ちたくない!と思うと、ちょっとした傾きに恐怖を感じるのでした。
もちろん、理由があります。ゴンドリエーレさんが左に乗ってバランスがとれるように左舷の方が右舷よりも25cmほど長いのだとか。

私たちが着いたのは午後。
サン・マルコ広場にはなぜかこんな風に膝よりも高い、正直ちょっと邪魔な、橋みたいな通路が??
サンマルコ
私たちを呼び止めたのは、露店のお兄ちゃん。
『今日は泊まるのか?』
『うん』
『じゃ、明日のために絶対買っとけ。損はさせねぇ』
靴カバー
何だか分からないままに購入しました。
ベニス
上はヴァポレットの乗り場。この町は運河だらけなので、もちろん電車やバスは通っておらず、電車の駅は町の外。町までの交通はこの水上バスのような乗り物です。
向かいの島をご覧ください。地面はほぼ水面の下ですよね。海抜はマイナスに見えます。
そして夜。ホテルの窓を開けると、この美しい風景とともに、潮風が部屋に吹き込んできます。
ベニス
そう、臭いをお届けできないのが残念です。

翌朝の景色は後篇の記事で……

関連記事
スポンサーサイト

Category: 旅(あの日、あの街で)

tb 0 : cm 4   

コメント


NoTitle

 おはよう御座います。
おおっ ベニスに死す の世界だぁ!!!! 何処からか タジュー と呼ぶ声が聞こえてきそうな…
ぼったくりの アクセサリー売りが 店を出してそうな…
ベニス 行った事ないから 憧れるなぁ。

そうそう 清明… 徐々に拝見させて頂いています。
僕 母方の実家が寺で 夏休み中 寺で ゴロゴロして育ったりしたので 
はいはいと 想像しやすいです。
僕 以前に家系図 辿ったのですが 若い自殺者が多くて 此れは何故 と聞いたら 
寺の修業で 中途半端な時期に 中途半端にものが見える時期があり その時に死に取りつかれると…
そーゆー 昔に聞いた話を思い出しました。

ウゾ #- | URL | 2013/04/24 06:33 [edit]


NoTitle

「ベニスに死す」は映画になりましたよね。
ブィヨルン・アンデルセン(あってるかなあ)という美少年が演じて、運河で泳いでました。
美少年を、あんな運河で泳がしちゃいかんです。

しのぶもじずり #em2m5CsA | URL | 2013/04/24 17:51 [edit]


ウゾさん、ありがとうございます

ヴェネツィアって、本当に不思議な町です。
私自身は、むしろトスカナの田舎臭さに魅かれるのですが、この水の都が世界でも有数の独特な町であり、カーニバルに代表される不思議感を持っていることは確かだと思います。
この路地の先はどうなっているの? どこにつながっているの? もしかしてどこにもつながっていない? もしかして、変な仮面をつけた人がひょっこり出てくるかも? そういうのが、まったく違和感のない世界です。ウゾさんは好きそうなんじゃないかと思うのです(^^)
臭いはともかくとして……
(って、別に時期を選んで行ったら、そんなに臭くないかも?)

そして、【清明の雪】、読んでいただいているとのことで、本当にすみません…何だか、恐縮です。読みにくいし、ちょっと微妙な人間関係だし。
しかも、そうなんですね。お寺の御家系…何となく、色々納得しました。私もお寺に泊まって二度、それっぽい体験をしています。幽霊を信じているというわけではありませんが、そういうことがあるということは、理解できる気がしています。

大海彩洋 #XbDIe7/I | URL | 2013/04/25 21:25 [edit]


しのぶさん、ありがとうございます

うん、確かにそうですね!
美少年をあんなどぶ川に浸からせてはいけませんね…^^;
本当です。
もしかしてヴィスコンティの時代には、もう少し綺麗だったんでしょうか?
でも、考えてみれば、建物の1階は半分沈んでいて、ネズミさんとかも泳いでいて、清潔とは言い難いですよね……美少年をどぶ川から守る会でも結成せねば…

大海彩洋 #XbDIe7/I | URL | 2013/04/25 21:31 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/160-738458ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)