09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

イタリア(2) 後篇:水浸しのヴェネツィア 

アクアアルタ
海と陸地の境目がちょっと分からない、微妙な景色……

ホテルを出た時は、そんな大したことはないんじゃないの、と思ったのですが、サン・マルコ広場に近づくほどに、だんだん水っ気が多くなり…ある橋を渡ったら、橋の向こうは水没していました。
そして、後はもう、取りあえず水浸し。
晩秋から冬にかけて、高潮(Acqua Alta…イタリア語で高い水)の時に見られる景色です。
アクアアルタ
靴カバー
靴カバーはこんなふうに使います(^^)
この膝ギリギリくらいまで水が迫ってくるような場所もあります。
そしてもちろん、サン・マルコ広場が最もひどく水に浸かっています。
これは、わざとそうなるように広場が作られているからなのですね。サイフォン式に広場に水を引き込んで、他には水がいかないようにしてあるとのこと。
って、路地もどこもかしこも水だらけなんですけど。
お店の中もホテルの1階も、ドアを開けて木の板をはめ込んで少しばかり水をせき止めているのですが…いやいや、相手は水ですよ?
サンマルコ
そう、前日の板は、こうやって人が歩くための通路だったのですね。
ご覧ください、この水没したサンマルコ広場。数々の映画や小説、漫画でも、世界で最も美しいと称えられた、通常であればハトさんたちも飛び交い憩う広場。
でも、少しでも町が沈まないようにと広場に工夫がなされていることを思えば、そういう人為も加わっての美しさなのかもしれませんね。
ちなみに、どの程度水没するかは年によって違うみたいです。
この年は、結構沈んだみたいで、後から新聞に載っていました。
広場には、こんなに沈んだ年もあったよ的な、過去の写真が飾ってあったり。
ぴーちゃん
お巡りさんも出動中。でも、このおまわりさんたちはだべってばかりで、あんまり何もしていない感じだったのです。一方で、女性のお巡りさんは、てきぱきと誘導を……うーむ。
寺院
サン・マルコ寺院に入るのも一苦労です。
何かキャンペーンらしく、ピサの斜塔の絵が…
サンマルコ
サン・マルコ寺院の塔から見下ろしたらこんな感じ。

というわけで、写真を発見したので載せてみました。
いやはや、臭いをお届けできないのは、やっぱり残念(こだわりすぎ^^;)。

最後に、ちょっと素敵な写真を。
そう、水浸しだろうが、臭かろうが、アモーレの国ですから。
恋人たち

関連記事
スポンサーサイト

Category: 旅(あの日、あの街で)

tb 0 : cm 2   

コメント


びしょびしょな・・・。

わあ~、ヴェネツィアって、ヴェネツィアって・・・こんな水浸しの国だったのですね。
(前半で名前が呼ばれてたので、やや興奮気味)

日本で言う、「いやあ、今年はよく雪が積もったなあ」ってかんじで、あちらでは「随分水没したなあ」とか、言うんでしょうか。
なんだか不思議ですね。
前日に分からずに買わされた「あれ」がなかったら、大変でしたね^^(でも、水入ってこなかったですか?)

匂いは、頑張って想像します。
昔、大阪の堺駅付近に住んでたとき、近くの水路がかなり・・・だったので、そんなかんじかな??

写真が出てきて良かったですね^^
アナログ写真って、いいもんです。
本当に写真にこだわりのある人は、やっぱり未だにフィルムカメラで撮ってますね。
この、日付がなんとも、ノスタルジー。

lime #GCA3nAmE | URL | 2013/04/24 20:32 [edit]


limeさん、ありがとうございます

実は私も狙って行ったわけではなくて、仕事の性質上、夏休みがいつも秋休みになってしまうのですが、本当にたまたまこの時期に行くことになったのです……
行ってみたら、こんな世界だったのです。着いたのが午後だったので、高潮は去った後だったようで、でも何だか地面がみんな濡れているし、なぜか靴カバーを売りつけられるし…、ホテルに着いたら、ロビーは水の掻き出し中だし、椅子はひっくり返されて積み上げられ……
ほんと、この靴カバー、買っておいてよかったです。
翌日、はいて歩いていたら、色んな人に、どこで買ったの?と聞かれました。犬とか猫さんのうんちも、何もかもいっしょくたに流れているんですから……

そうですね、多分、その堺の水路のにおい…きっとそんな感じに違いありません。

この頃、写真を綺麗に撮ろうというよりも、後でいつだったか分からなくならないように、という意味で日付を入れていたようで。日付って芸術的にはイマイチですね。
デジタルメインの今の写真の撮り方と、あの頃の撮り方は全然違っていますね。素人の私も、アングルとか無茶考えていた。
そもそも現像するまで、どんな写真が撮れているのかわからない、そういう不思議やわくわく感がありましたよね。がっかりもありましたけれど…^^;
今は撮ってから考える、っていう感じですものね。

大海彩洋 #XbDIe7/I | URL | 2013/04/25 21:15 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/161-58f06807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)