FC2ブログ
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2013/5/7 ただいま(^^)/鉄線ブルー 

てっせん
津軽から戻りました。
ただいまのご挨拶はこの青い青いてっせんの花です。
帰ってきたら、庭の花が待っていました。
てっせん
重なり合って咲く鉄線……白や紫のてっせんも植えてみたけれど、やっぱりこの色が好き。

しらん
そして、紫蘭です。この紫もきれい。
色々な方のブログの写真を見せていただいて、すごいなぁと感心するばかり。
自分で撮った写真はイマイチだけれど、私の手入れの悪さをものともせずに咲く花たちだから、ちょっと頑張っていい色に撮ってやりたいと思いました。
花の色って、本当に、どう表現すればいいのか。
花の数だけ色の名前が、空の数だけ色の名前が……というくらい、色の名前は豊かですね。

つつじ
真っ白な躑躅。夜のぼんやりと庭灯に照らし出されて浮かび上がる姿は、幽玄の世界と言えるかもしれません。
ちなみに、うちの躑躅、なぜか咲かない子が2株あります。
11年目ですが、一度も咲いたことがない、『咲かずの躑躅』(ミステリーでも書こうかしら)
……日照も、土も、他と変わらないんだけれど。

ばら
そして、薔薇こそ、手入れが必要ですが、まったく悪環境にも関わらず咲いてくれている。
有難いです。

色の名前と言えば、この本ですね。
色の名前
このシリーズ、大好きなんです。空の名前、とか宙の名前とか、暦の名前とか、色々テーマがあって、たまにパラパラめくっているとイメージが湧いてきます。

花が続いたので、北国の花を少しばかり。
北国の桜
今年は本当に寒かった。サクラももう寒々しいくらいで……
いつも満開か、あるいはもう散った後だった弘前城の桜も、3日の日にはまだ2分と言ったところ。
あまりの寒さに、毎年このGWに田をおこすはずの農家の方々も動けず。
例年ならせいぜいてっぺんだけが雪を残していた岩木山も、今年は裾のほうまで雪が残っていて、でも雪解け水は流れて、道はまるで川みたい。
梅もまだ咲いていて、津軽の人々も、こんな時期まで寒いのは初めてだ、とおっしゃっておられました。
異常気象、なんでしょうか。
つくしとふきのとう
上は仲良く並んだ土筆と蕗の薹。
つくしはこんなものじゃなくて、あちこちにうじゃうじゃ生えていて、ふきのとうもあちこちに……
ふきのとう

岩木山のすそ野のある場所では、雪下ろし中。
ゆきおろし
ついでに、あのふさふさだった『わさお』はなぜかしょぼくれていました…
雨のせいかな??
わさお

青で始まった記事なので、青で括ります。
鰺ヶ沢の海です。
海

関連記事
スポンサーサイト



Category: ガーデニング・花

tb 0 : cm 7   

コメント


おかえりなさい

鉄線の青、蘭の紫、本当に優しくて綺麗ですね。
こんな花たちが待っていてくれたら、嬉しいでしょうね。
おかえりなさい。
きっと、いろんな楽しい体験をされて帰られたんでしょう^^

津軽は、やはりまだ寒かったのですね。
こちらでは、例年よりも10日も早く桜が咲いたので、北の方でも・・・と思ったんですが。

あれ?わさお?あのわさおですか?えええ?
わさおって・・・いっぱいいるんですか?(そんなわけない?)

また、ゆっくりお邪魔しますね^^

lime #GCA3nAmE | URL | 2013/05/08 07:24 [edit]


NoTitle

 こんにちは。

あははっ 僕も持ってますよ 色の名前 空の名前 等々一式!!!!
無事のおかえり 何よりです。

本当に 今年は 何時までも寒いですね。
地球温暖化 どこへ行ったのだ。
僕にも 謎の植物がありますよ 僕の親が小学生時代 給食ででた グレープフルーツの種を
植えたのですが
其の小さな木 観葉植物状態 実どころか 花も付けない…
大して成長しないまま 三十年以上…

とても 綺麗な写真ですね 青い花は 何処か神秘的ですね。

ウゾ #- | URL | 2013/05/08 14:12 [edit]


ただいま(^^)…limeさんへ

花って本当に不思議ですね……ちゃんと毎年、その季節にその色に咲くんですから…
でも、さすがにクリスマスローズの植えたてはくたっていました。
庭中クリスマスローズだらけなのですが、そろそろ植え替えの時期だったので、あわてて植えて行ったら…
しかし、昨日今日の水やりにて復活してくれました。
こんなに手入れの悪い庭師でも、何とか自力で生きようと頑張っているのですねぇ…??

津軽は、毎年行くたびに、来年はもっと練習してうまくなるぞと思うけれど、また決意をすぐに忘れてしまうのです。でも、色々と蓄積していくものはありますので、少しずつは前に進んでいるかな…
それにしても、本当に寒かったです……現地の人が異常だ異常だとおっしゃっていたので、余程だったのでしょう。春がなくて夏が来るんじゃないかと…。八甲田山も雪だらけ、北海道は大雪だったそうで。

そう、あのぶさかわいい犬として一世を風靡した『わさお』なんです。
鰺ヶ沢にいるのです(鰺ヶ沢は津軽半島の付け根のやや西、という感じの位置)。
なんだか雨に濡れていたからか、しょぼくれていて……
あんなにふさふさだったのに……

コメント、ありがとうございました。
今、浦島花子のようになっています……

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/05/08 18:49 [edit]


ウゾさん、ありがとうございます

やっぱり持っておられますか。○○の名前シリーズ…(^^)
ウゾさんは持っておられるような気がしていました(*^_^*)
あれはなかなかいい本(シリーズ)ですよね。
実は、今書いている話(【清明の雪】の次々作)に、エキセントリックな童話作家が出てくるのですが、その人の書いた本の題名をつけるとき、この本から言葉を選んだりしました。
役に立つ本です(^^)

果物は難しいですよね……やはり、結実のためには土壌(酸性とかアルカリ性とかも含めて)と気候は大きく関係するようです。
合わなかったら、ただの木になるようで。その場合は、諦めて葉っぱを楽しむしかないですね^^;
ちなみに、うちも、ある日めったに行かない温室の裏に入ったら、桃がなっていて、親に「桃なってる~」と言ったら「そう言えば、3年くらい前に植えた(=種を埋めた)かも……」(適当。桃栗3年だから…?)
いい加減すぎるけど、場所が気に入ったら、勝手に育っているようです。
うちのジャカランタは(果物じゃないけれど)、4年前に初めて花をつけたきり、以後全く咲きません。ただの木になりつつあります。
やっぱり土地と会う合わないがあるんでしょうね。
今日は、サクリファイスの子どものように、一生懸命101(植物用活力栄養素)入りの水をバケツで運んで撒きました(^^)
そのうち、謎の進化を遂げるかもしれませんしね。

コメントありがとうございました(^^)

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/05/08 19:02 [edit]


お帰りなさーい^ ^

彩洋さん、こんばんは^ ^
お帰りなさーい^ ^
日記楽しみです^ ^
ちなみに…月子も『色の名前』シリーズ、数冊持っています^ ^
彩洋さん、ウゾさん、月子……ふふふ。
自然界の色は本当に見惚れてしまいますね、今日は綺麗なグリーンの銀杏を見上げていました。特にこれからは色鮮やかな時期、薔薇も紫陽花も、楽しみですね(*^_^*)

高橋月子 #- | URL | 2013/05/08 21:46 [edit]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/05/09 03:15 [edit]


ただいま(^^)…月子さんへ

ありがとうございます。帰ってまいりました。
月子さんの旅はいかがだったでしょうか。またまた記事を楽しみにしております(^^)
鉄子さん、いえ月子さんの好きそうな鉄道が、津軽にもいっぱいあります。まずは五能線。海辺なので、風がきついとすぐ運休になるそうですが(まるでサンダーバード)。そして津軽鉄道。冬はストーブ列車が走って、中でイカをあぶってくれるとか。
この界隈のイカ、厚みがあって美味しい!

そして、月子さんも持ってられましたか。○○の名前シリーズ!
これ本当にいい本ですよね。
我が家もこれから、アジサイ、ヒメシャラの季節です。またまた悪環境にめげずに咲く花たちの色をお届けしたいと思っております。
あ、『この空を見上げて』少し読み始めました。
またコメントなどにお伺いしますね(^^)

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/05/09 07:20 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/180-c80ad5bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)