07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

2013/5/8 津軽からの帰還(3) 

さて、続きを書いたのに、消してしまってショックのあまりしばらく放心……
気を取り直して、続きに参ります。

津軽のパワースポット、ということで今回の記事を書かせていただいておりますが、書いたものが消えてしまったのは、やはりあまり歓迎でないからなのでしょうか…いささか不安になりながらも、敬意をこめて記事を書きたいと思います。
大石神社
この場所にたどり着くのは結構大変だったのです。
何しろ看板がなくて、地元の人も迷子になるという。そして、岩木山登山百戦錬磨の別の津軽人に何度も電話で問い合わせながら、たどり着きました。この辺はまだ雪が少ないのですが、本堂の前は雪が積もって、近づくのが大変でした。雪解けは地面に接したところが解けてくるようで、雪の下には水が流れている。下手に踏むと、ずぼずぼと嵌ってしまって、ふくらはぎ半分くらいまで雪の中に……しかも下は水でべちょべちょ……道路らしきところは川のようになっていたり。
しかもこの鳥居。下の写真のように、鳥居の笠木が落ちているところも。これは雪のせいでしょうか。それとももう何年もこのままなのでしょうか。人気はまるでありません。本堂もシャッターが下りている。
山開きが5月1日ということなのですが、今年は寒いので、まだなのかもしれません。
大石神社
大石神社
この可愛い後ろ姿は狛犬さんです。神社の名前は大石神社と言います。

この神社の祭神は高御産巣日神(タカミムスビノカミ)と神産巣日神(カミムスビノカミ)。『むすひ』というのは生産・生成の意味で、これは二人の神様が対となって、男女の結びつき、安産・縁結びの神様となっているようです。
そういうわけで、ある松の木に18禁なものが……松の枝の一本が上を向いているので、それを削ってある形に整え、その上に杉の葉を置いて、下に鈴が2つ……神社の拝殿のように紐がついていて、この鈴を鳴らすことができます……やっぱりここに載せるには図柄に問題があると思われますので、ご想像ください^^;
これで子宝を願うわけですね。

岩木山というのは山岳信仰の霊地ですが、大きな岩を意味する山。実際9合目から上は完全なるロッククライミングで、岩がゴロゴロです。
この大石神社もご神体は大きな石。かつては千引大明神と呼ばれていたともいいます。千引石というのは、イザナギが黄泉の国を脱出する時、黄泉比良坂の登り口を塞いだという大きな石のこと。黄泉の国から追いかけてくる悪鬼の道を断ったという石です。
大石神社
石龍神
石の傍には、龍神の鎮座ましますところ、と書かれた立札。この川がまさに龍神です。

そしてまた、ここには馬が祀られた祠が数十もあります。
馬は農耕にも使われて、人の身近にいたというのもあるのでしょうが、龍神の好物だったという話も……
実際、大陸的な呪術では馬の首を切っていけにえにしたというお話も。
馬の祠
馬馬
比較的リアルな馬もいますが、なぜか妙に色気のあるチャーミングな馬さんも……

山開き後はもう少し人気のある神社なのでしょうか。
今のところ謎です。
さて、この神社は分岐点のようになっていて、ご神体(大きな石)はこの先にある赤倉霊場(赤倉山霊界)との境界石とも考えられているようです。

その赤倉霊場。
霊場?というと何だと思われるでしょうが、簡単に言うと、修験場みたいなところでしょうか。
神でもなければ仏でもない、新興宗教というわけでもなさそうで、でも拝み屋さんみたいな感じ?いや、それも少し違う?大いなる『何者か』の声を聞き伝えるために修行する人が集まる場所?
その人たちはカミサマまたはゴミソと呼ばれています。
いわゆる新興宗教と違って、集まっているけれど群れていない、ということのようで、それぞれ別の霊堂を建てて、そこに住まいながら自らの教義を編み出し、修行をされるようです。
しかしまだまだ雪下ろし中で、全ての霊堂は扉がしっかり閉められていました。つまり冬の間はカミサマたちも別の場所におられるようです。
赤倉
赤倉神社、赤倉山神社、といういくつかの神社と、なぜか四国八十八箇所の縮小版、弘法大師像、この赤倉に神社を建てよと夢でお告げを受けたという工藤むらさんの像、なんでもあるという感じです。
しかし、昭和40年代以降は新しい霊堂が作られることはないそうで(法律で定められたと)、これからはどうなっていくのでしょうか……雪でへしゃげた廃墟のようになっている建物もありました。
いい季節に行けば、少し印象も変わるのかもしれません。
弘法大師赤倉霊場
弘法大師の前にはじょっぱり(お酒。じょっぱりとは、津軽弁で意地っ張り・頑固者のこと…う~ん、ニュアンスは単なる意地っ張りじゃなくて、やっぱりじょっぱりとしか言いようがない)。右は工藤むらさんの像。
赤倉赤倉
赤倉山神社の雪よけ囲いの中。大きな草鞋もあり。
霊堂霊堂
霊堂のひとつ。下は、並んでおられる石仏。お不動さんやら大日如来やら。
赤倉
やはり観光でのこのこ行くところではないと思われますが、津軽の精神世界を垣間見る、不思議な場所です。
お邪魔させていただきました。ありがとうございます。


まだまだ続く。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 旅(あの日、あの街で)

tb 0 : cm 2   

コメント


NoTitle

いろいろと語りたいところもあるのですが、一つだけにしてみましょうか。
じょっぱりっていうんですね、石像にマントがかけてあるじゃないですか。
あと、お馬さんにも。
ヨーロッパのカトリックの巡礼地、アインジーデルンやサン・マリー・ド・ラ・メール、それにスペインの各地などでも黒いマリアに派手な着せ替えマントがたくさんあって、それを思い出したのですよ。
信仰対象との距離が近いというのか、「寄進してみた」「寒いだろうからこれを着てね」という、対話を感じるんですよね。他の土地でも、お稲荷さんやお地蔵さんに、よだれかけがかかっているのにも通じますけれど。
信仰が身近なのかなと、思います。

話はずれますが、稔の件は、水がどうのこうのというレベルでなく、四年も浮浪者同然に一つの楽器で大道芸人していたという時点でアウトじゃない! と「orz」になっております。でも、この設定は今さらなおしようがないので、あきらめます。18世紀のヴァイオリンとかあるから、和楽器も大丈夫だと思い込んでいたのが落とし穴でした……。無知って怖い。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2013/05/09 04:19 [edit]


夕さん、ありがとうございます

あぁ、すみません!!
じょっぱりというのは、前においてあるお酒の名前なんです!!
私の記事の書き方が悪かったです! 書き直しました。
じょっぱりって津軽弁で意地っ張り、とかいうようなニュアンスの意味なんです。
弘法大師にじょっぱりというお酒を供えてある、というつもりで書いたら、言葉足らずで誤解を……すみません(;_:)

それはともかく、この上着、みんなかけてもらっていますね。
寒いからかなぁ…それも結構新しいし、他のブログとかをお邪魔したら、色も違うし、ちゃんとお着替えしてもらっているのですね。
多分、大事にされているのだと思います。
お墓とか神社や、こういう地蔵尊に行くのが面倒なので、自分ちに祠やお墓を建てて毎日その人と語り合う、こういう感じですね。
多分、津軽の人だけではなく、昔の人にとっては当たり前だったのではないかと思うのす。それが、こういう一部の地域には色濃く残り、他の地域(多くの大都市)では忘れられていっただけなのかもしれませんね。

三味線の皮ですが…もしかして緩めに張ってあって、ある程度もったら結構長く持つことがあるので、それもありだし、何か代わりになるようなものを工夫していたかもしれませんよ。
吉田兄弟も、もともとカンカンに何か適当なものを張った三味線で練習していたとか……
稔だったら何か工夫してそう。あるいは太鼓が確か牛の皮だったと思うのですが(和太鼓だけ?)、どこかでそういう職人さんと会ってたりとか。でも…確かに三味線ってある意味、消耗品……
きっと何か、稔には伝手があるのですよ、うん。
ちなみに竿は4年そこそこでどうにかなることはないと思われますし。
それはともかく、とても楽しませてもらっていますので、またゆっくりコメント書きに行きますね(*^_^*)

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/05/09 07:49 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/183-93aeb0d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)