07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2013/5/15 探偵はバーにいる2/ 災害の備え 

探偵
今度のパンフレットは、ショーパブのマッチ風で、華やかさを感じさせるものです。
そう、観てまいりました、『探偵はバーにいる2』

前半はちょっと遊びが多すぎて、ファンには面白いけれど、これを初めて見た人には、あれ?という感じがするんじゃないかと思ったりもしました。映画1本のストーリーとしての出来のよさは1作目のほうが上という気がします。
ただですね、細部は今回もよくできていいたのです。
大きな流れはともかく、細かい部分での遊び、エンターテイメントとしていうならば、上出来です。
ショーパブの華やかな小物とか、探偵の部屋とか、ケラーオーハタの小物とか、『ちょっと前』の時代を十分に感じさせる小道具にあふれていて。
乱闘シーンが大好きな私は、それだけでも楽しんでしまいましたし、今回も松田龍平さん演じる高田が最高。
原作では、本当に探偵は一人ぼっちで戦う印象の話なのですが、そこをあえてエンターテイメントにするべく、常に高田が近くにいる(例のごとく、来るのは遅いけど)。
しかも、乱闘中に高田がやられた!って感じの場面での、洋ちゃんの必死な顔、などなど、人物のかかわりは十分に楽しませていただきました。
しかも、絶対それ、アドリブを素で撮って、そのまま使っているんじゃ、というようなシーンがあちこちに。
水曜どうでしょう、かと思っちゃった。
ちなみに、そんなに銃とかぶっ放していいのか、って点はもう無視しましょう。
It's a show time! ですから^^;

そして、後半に追い込む感じは前作同様、GOOD!でしたよ。
結局、結末=犯人がこんなやつで悲しすぎて動けない、という洋ちゃんの感じも、よく伝わってきましたし。

個人的には、最後の屋上で、探偵に煙草を渡して、ライターを差し出す高田、その手を覆うように火をもらう探偵のシーンにきゅん、となりました。
いえ、決して腐ではないのですが、これはもちろん屋上だから、風が強くてってシーンなんだけれど、事件の結末にちょっと悔しくて何となくすっきりしなくて、悲しいような、世の中こんなものかって思っているに違いない探偵に煙草・火を差し出すだけだけど、友情というほどにもクサくない距離感、でも独立した人間同士が信頼しあっている(来るの遅いけど)感じが、このシーンに集約されていて、その真下にススキノの交差点があるのです。
この映画の題名が、ススキノ大交差点、というのが、このシーンでぎゅっと心に感じられる。
色んな人生が、良くも悪くも交錯した場所なんですね。

記事を書いていたら、やっぱりいい作品だった!としみじみ感じてきました。
も一回観ようかな。

ちなみに、1作目は小雪さんの超絶な感じ(やっぱり美しい、というのか雲の上的印象)が物語を引っ張ったという気がして、作品としての出来栄えに大きくつながったのかも。
今回のヒロインの尾野真千子さんも全然悪くないのですが、小雪さんがちょっとスーパーだったというだけで。
でも、今回のヒロインはギャップを楽しむ、という感じですので、超絶美人では逆にダメなわけでして。

そして、私が気になって仕方がなかったのが、作中でやたらと食べられている、北菓楼のおかき。
もう、大好きなんです。北海道に行くと、山のようにお土産に買ってきます。
特に甘海老が最高。
細部に…こだわっているんですね、きっと(^^)


ところで、映画館に行くには、神戸の僻地にいる私は、半時間ばかり車で山を越えていくのですが、ちらりと見ると、ガソリンは少ないし、携帯の充電も危ういし、あらら、と。でもレイトショーに間に合うべく、そのまま走りました。
今、災害が起こったら大変!とか思いながら。

そう、災害への備えとして、必要なもの…
常にガソリンは満タン、携帯の充電も満タン、ベッドの傍には靴。
ガソリンに困るのは絶対見えているし、携帯は懐中電灯代わりにもなるし、大震災の時裸足で出て行って怪我した人が多いので靴は必須、と。
避難袋とか置いていてもすぐ忘れるけど(どこに置いたかわからなかったり^^;)、この3つはまずやっておくというのが神戸の人間の結論のようです。
もちろん、水とかも大事だけど。

そんなことを考えながら、昨日は映画レイトショーに走った日でした。
眠い……(@_@)

関連記事
スポンサーサイト

Category: NEWS

tb 0 : cm 10   

コメント


NoTitle

私も阪神淡路大震災の経験談を聞き、部屋に運動靴を置いてます。会社のロッカーにも古着のズボンと運動靴を放り込んでます。

キャサリン #LkZag.iM | URL | 2013/05/15 11:31 [edit]


NoTitle

 こんにちは。
少し前の探偵と言えば 僕には 林海象さんの 濱マイク シリーズを思い出しますね…

僕… 地震の時 本に埋もれて死んでいくのは避けたいなと…
最近 本棚から離れた場所で眠るようにしています。

ウゾ #- | URL | 2013/05/15 14:15 [edit]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/05/15 22:32 [edit]


NoTitle

日本のようには災害はおきないのですが、一年ほど前に住んでいる建物で火事騒ぎがあった時に堪えましたので、枕元にはいつも「持ち出しセット」を置いています。
でも、車は満タンではないなあ。靴も側にはないや。

平日にレイトショーに行く体力が羨ましいです。いや、氣力か。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2013/05/16 04:10 [edit]


キャサリンさん、ありがとうございます

> 私も阪神淡路大震災の経験談を聞き、部屋に運動靴を置いてます。会社のロッカーにも古着のズボンと運動靴を放り込んでます。
そうなんですよね。防災の専門家も、すぐ靴を履けるように、特にベッドサイドには必ず置いときなさいって言っていました。
自分たちの立っている地盤、プレートの潜り込む場所にある日本列島を思うと、この日本の上に安全な場所なんてないに等しいので、危機管理は必要かなぁと思ったりします。
普段は忘れちゃってるのですけれど…
会社にも…ですか。それは確かに必要かも…私も検討しようっと…
コメント、ありがとうございます(*^_^*)

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/05/16 05:46 [edit]


ウゾさん、ありがとうございます

濱マイク シリーズ…
ウゾさん、何だかやはり年齢が…あれでも、もう20年近く前では……^^;
いえいえ、確かに、いささか古き良き時代の?探偵シリーズですよね。
ちなみにこの『探偵はバーにいる』の映画で、多分『探偵』ってこんなのがステレオタイプだってのをおちょくっているのだと思うのですが、バーのマスターが酒と一緒に、缶ピーと太田胃散差し出すんですよね…
探偵のイメージ、時代とともに変わっているけれど、それぞれ特徴がありながら、でもステレオタイプを楽しむ面もありながら、ってのが面白いです。

> 僕… 地震の時 本に埋もれて死んでいくのは避けたいなと…
> 最近 本棚から離れた場所で眠るようにしています。
それは賢明です。ぜひそうしてください!
本って、位置エネルギーが加わると、打ちどころによっては危ないですよね。
痛い本もありそうだし。
ただ、意識さえあれば、本の山の中から抜け出すことはできそうかな…でも紙って重いから、気をつけなければなりませんよね。
今の家、本棚はやたらとあるんですが、全部作り付けです。
倒れてきたら怖いので……でも、本は落ちてくるよなぁ…しかも倒れてきた本棚のお蔭でスペースができて生き残ったという人もいるし…災害の時って、やっぱり運が大きいですよね。
コメントありがとうございます(*^_^*)

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/05/16 05:58 [edit]


NoTitle

 おはよう御座います。
濱マイク 二十周年で 其の為 映画三部作 リバイバルやっていたのですよ 
実は 其れを見ただけ だったりする…
でも あの雰囲気には ほれた。

ウゾ #- | URL | 2013/05/16 06:07 [edit]


あ、そうだったんですね(ウゾさんへ)

おはようございます。
> 濱マイク 二十周年で 其の為 映画三部作 リバイバルやっていたのですよ
なるほど、そうだったんですね。
またまた私の中でウゾさん年齢疑惑事件(実年齢というより精神年齢?いや、精神年齢って実年齢よりも低い時に使うことが多い気がするけれど、それよりかなりいっているときはどうなるんだろう?一緒かな?)になりそうでした。 
> でも あの雰囲気には ほれた。
そう、古き良き時代、きっと探偵ものや刑事ものが独特の味わいを持っていた時代の名残みたいな感じかもしれませんね(*^_^*)
でも、ウゾさんの映画選択、渋すぎますよ。

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/05/16 06:19 [edit]


鍵コメHさま、ありがとうございます!

そうですよね、災害の時、わが身もあるし、家族のこともあるし…
そう考えると、東北地方の津波の教訓『てんでんこ(てんでばらばら…に逃げろ)』って、ほんとに津波にこそあてはまる教訓なのかもしれませんが、なかなか難しいですよね。家族を探しに行って、迎えに行って、巻き込まれる…そういう話には本当に胸が痛みます。
でも、家族を思う気持ち、それがパワーにもなりますものね。
災害の時の持ち出しもの、準備について、この間語っていて、いやもう車も使えない、携帯もダメ、とかいう事態にまでなったらそれはしょうがないという話になって、でも実際に阪神…の時に必要だったものは何かなって話をしていたのでした。
一度経験すると、見えないものが見えてくるのですが…あまり何度も経験したいものではありませんよね。

そして映画。本当に映画館がやっぱりいいですね。
レイトショーはすいているので、楽ちんです。
でも、ずいぶん昔、本当は大嫌いなのにホラー映画を見に行って、あまりの怖さに友人に話しかけようと思ったら、隣で友人が固まっていて、ふと見回すと映画館中の人が固まっていて、その映画館の雰囲気は画面の中以上に怖かったです(@_@)
ホラーは、やっぱり映画館でも家でも見たくないと思いました^^;
コメント、ありがとうございます!

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/05/16 06:35 [edit]


夕さん、ありがとうございます

枕元にはいつも「持ち出しセット」…こういうちょっとした危機管理、大事なんですよね。
靴はもう、阪神大震災が夜明け前だったので、みんな裸足で飛び出して怪我…みたいな感じだったので、教訓になったようです。
車は、半分を切ったらガソリンを入れておくようにできるだけしています。
携帯も、バッテリーがためになるから充電ぎりぎりまで置いていたのを、そういう問題ではないと思い、毎日充電するようになりました。
実際には、すぐ危機管理を怠けるのですが、この間、ちょっと大きな地震があってから、再認識しまして…^^;
時々、見直さなければなりませんね。

映画のレイトショー…安いのが魅力なので…
映画の1800円、結構するなぁと思ってなかなか足が向かないのですが、レイトショーは1000円だし。
レディースデーのレイトショーはもっと引いて欲しいけれど^^;
でも、確かにしんどい…
でも休日に混みあっている街に出るのがしんどい私には、かえって気が楽で、観たい映画がある時はいつもレイトショーを愛用しています(^^)

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/05/16 06:44 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/191-837a6d01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)