01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2013/5/29 探し物/ いつか出会うはず 

サンタフェ
ずいぶん以前にサンタフェに行ったことがあります。目的はただインディアンの世界に触れたかったから。
(インディアン、が良いのか、ネイティヴアメリカン、が良いのか、どちらがより差別用語的であるかということで議論されているようですが、結果的にはどちらも起源的には差別的な用語。彼ら自身は長くインディアンと呼ばれてこれが普通になっているので、とある本に書かれていたので、ここではインディアン、とします。本来はそういう統括的な呼び名ではなく、それぞれ~族と名前を持っておられるので、それが正解では)
多分、明らかにモンゴロイドとルーツが同じ民族と思える。
世界観も、自分の感じているものにとても近い。

サンタフェに逗留して、インディアンの遺跡をいくつか見に行きました。
石の遺跡は崩れていて、当時の面影はないけれど、これはそもそも『残す』ことを考えていなかったから。
彼らは、その土地に住むメリットがなくなれば、新しい土地に移動していったので、何百年も形をとどめる建造物を必要としなかったからなのですね。
サンタフェ

ペトログリフの中には渦巻の模様がいくつもあって、これは移動とか流転とか、を表している。
マヤの太陽の暦もそうだけれど、巡るもの、という感覚が常にあるのです。
文明は直線的に右上がりだと思っていはいけない、常に元に戻るのだと、彼らは知っている。
言い出したらきりがない話だけれど、その中には、もしかしたら次の太陽は巡ってこないのではないかという恐れも含まれる。
マヤやアステカの残酷とも言える生贄の儀式は、次の太陽に活力を与えるためのもので、現代の私たちからすればナンセンスなのかもしれないけれど、次の太陽のためには当たり前の犠牲だったんだろうな。
そもそも、平均寿命は20代とか30代じゃないのだろうか?
病気や餓え、戦争、もしかすると他の生物との戦い。

巨大な建造物が現代にまで残る文明、文字を残し記録を残した文明、それが必ずしも偉大な文明であったかどうかは一概には言えません。
ケルトにもアイヌにも文字はないけれど、大事なことは伝承として伝わった。
どれほど文字を操り、どれほど巨大な塔を築いても、それを統べる知恵がなければ、何にもならない。

サンタフェ
だからこの遺跡を見ると、これで良し、と思う。
よく『消えた○○文明』というのがあるけれど、消えたのではなく、移動しただけ。
その血や教えは、脈々と受け継がれている。

インディアンの考えでは、自然界のすべてのものに精霊が宿っているといいます。
これはアニミズムと同じ。
その精霊の人形をカチナと言います。
実は、かの地に行った目的のひとつは、私の精霊、私のカチナを探すことだった。
きっと見つけたら、何か心にひらめいて、私には彼が・彼女が分かるはず。

残念ながらその時は見つけられなかったのですが、きっといつか出会うはずと思っている。
私の生涯の探し物です。

サンタフェ

……って、まるで白馬に乗った王子様を待つ姫じゃありませんか!
しかも、巨大な建造物を否定したのは、スカイツリーとか見ると心拍数が上がるからでしょ(高所恐怖症なので)、とか言われそう。
ま、それは事実であります。
多分生涯、私はスカイツリーには登らない^^;



ちなみに、私のスピリット(守護霊じゃなくて、魂の連れ合い)はトカゲ。
ヒーラーの方にそう言っていただいて、それまでずっとトカゲが気になったり、結構好きだったりした理由が分かった気がしたのも、この旅でした。

ココペリ
あ、この子はココペリ。有名なインディアンの精霊です。
豊穣の精霊、男女の交合や子宝の精霊、いたずら者だそうですけれど。
ちなみに、これはTDLで購入した人形^^;

きっと生涯ずっと探し続けるんだろうな、と思うものって、何かありますか?
関連記事
スポンサーサイト

Category: 旅(あの日、あの街で)

tb 0 : cm 2   

コメント


NoTitle

日本人は「インディアン」と「インド人」で区別できるけど、
英語圏の人たちは、アメリカ原住民(ネイティヴアメリカン)という言い方をする以前は、どうやって区別していたのでしょう。
アメリカのインド人(アメリカンインディアン)? ですかね。
不条理だわ。
インド人はどう呼んでいるのでしょうか。
インドの公用語は英語のはず。そこも気になるわあ。
アホなことばかり言ってすいません。

しのぶもじずり #em2m5CsA | URL | 2013/05/30 17:51 [edit]


しのぶさん、ありがとうございます(^^)

きっちり区別するときには、インド人はEast Indian、ですね。
そしてアメリカに住む先住民族は、American Indianで正解です。
呼称には色々論争があるようですが、そもそもみんなまとめて呼ぶこと自体がどうかって話のようですね。それぞれの部族は、それぞれ別々、というのが彼らの本音でしょうから。
Wikipediaにもあれこれ書かれておりますのでご参照ください(^^)
ま、でも、確かにインドのインド人の方にしてみたら、なんでやねんってことなのかもしれませんね^^;
コメントありがとうございます(^^)
やっぱりしのぶさんから頂くコメントは変化球が多いです…でも楽しい。

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/05/31 00:37 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/211-f313bc68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)