06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2013/6/8 くまもん/ 紫陽花 

くまもん
何故かくまもんからスタートの、週末恒例我が家の花コーナー(って、いつ恒例になったんでしょう?)。
そうなんです、時々お邪魔している猫ブログさん、管理人(=ネコくん)のママさんがゆるきゃら好きでいらっしゃって、私が購入を迷っていたくまもんNOTEを購入されたというのを拝読して、買ってみました!(というより、速攻で買いに行きました^^;)
あ、ちなみに、かなり楽しいネコさんなのです! もう本当に、ひとつひとつコメントが最高で、面白い絵本か4コマ漫画を見ているような。大海はいつも癒されています……GOしちゃってください→宝来くん(in『だぶはちの宝来文庫』さん)

この大きいのがその付録についている(というよりメイン?)トートバックですが、しっかりしているし、くまもんの部分はポケットになっているし、かなりGOODです(*^_^*)
裏側には別のキャラ、にゃーが。くわしくは宝来くんに聞いてね!(2013/6/4の記事ですよ!)

さて、ゆるきゃら、もうあちこちで大ブームですね。
賛否両論、あるでしょうけれど、これでその地方が潤うならば、と思ったりもします。
ぬいぐるみ、被る人は大変だろうけれど。
かく言う兵庫県のゆるきゃら、はばたんは、国体の時の行進で、熱中症で何人も倒れたとか。
あ、ぬいぐるみじゃないですね!
中に人は入っていないのだ!

そのなかでも、ひこにゃんとくまもんは大成功。
くまもんは結構、政治家さんとかに対しても不遜な態度?で臨むらしく、そんな、相手の身分によって態度を変えないところもいいのかも!?
ひこにゃんとの共通点は、パフォーマンスでしょうか。
かなりイケテイルそうですよ。

そう思えば思うほど、日本は『キャラ』の国ですね。
何でもこうやって『キャラ』にしてしまう。
そしてそれを愛でる。
カワイイ、というのはもう、世界ではモッタイナイと同じくらい浸透した言葉だとか。
これはprettyとはまた違うんですよね。
小さなものを、花も、茶器も、日常の雑貨も、愛でてきた日本の風土に、『キャラ』は合っていたのかも。
いえ、そういう国だから、キャラというものが生まれ大事にされているのかも。

でも、今問題になっている、子供たちの『キャラ』化には、感心できませんね。
ヒトはキャラではありませんからね。
あたしはそんなキャラじゃないから、とか言う言葉。
友人が自分に求めているキャラに合わせようとする(でないとのけ者にされる)悲しさ。
馬鹿言うんじゃないよ。
ヒトはキャラ化できませんからね。

と、それは置いといて、それでも私はくまもん贔屓。
熊本県好き、とも言います。
え? 石があちこちにあるからだろう!?
それも置いといて。

基本的に、宮崎県と熊本県は、青森県と北海道に並んで(って、なんでそんなに北と南?)、将来の転居先候補!?
関係ないけれど、私の愛車・チリテレ君はすでに寒冷地仕様。

写真にあるのは、私のお気に入り、愛用のくまもんグッズ。
丸い財布は、お店のカードとかUSBとかあれこれ入れです。
そして小さい四角い箱みたいなのは、三味線の駒入れに使っています。
そして、ボディタオル。これは二代目予定のもの。ボディタオルにコラーゲン入れる理由は不明だけど。
他には、ハンカチとか、クリアファイルとか、あれこれあります^^;
毎年、熊本~宮崎県に行くので(基本は、高千穂の夜神楽のため)、今年も何か戦利品が増えることでしょう(*^_^*)


さて、今朝の花たち。
あじさい
あじさい
あじさい
あじさい
地味に、紫陽花の花たちが咲き始めました。
どの花もまだ白っぽいです。これからどんどん色が変わっていくのですね。楽しみです。
さっき数えたら、我が家には11種類の紫陽花が植わっておりました。


そして今日のイチオシはこちら?
ヘブンリーブルー

何なの?と思われるでしょう…
これ、ヘヴンリーブルーという宿根の朝顔なんです。
大体秋口に咲き始めるのですが(そして12月くらいまで咲いている…^^;)、これがまた、はびこることと言ったら、正直困るくらいなのです。
タネの朝顔はもっと早く咲きますよね。この宿根朝顔、季節感がない……

でも、朝顔の季語は秋。
これは旧暦で俳句の季語が決まっているからですが、旧暦では立秋つまり8月7日頃からは秋。
だから秋の季語なのですが、つまり朝顔は8月の花。
でも、冬まで咲くのはどうなのよ、と思います^^;
さすがに宿根草。タネの朝顔とはわけが違いますし、そもそも宿根の朝顔は日本のものではありませんしね。

でも、咲き誇る様は見事です。


で、なぜ?
はい、これは予告編です。
お待たせしました。(…いや、誰も待ってない!? 待ってたと言って!とかねだる)
夏ですね。
ウゾさんのブログ名【百鬼夜行に遅刻しました】(→ウゾさんのブログ)から構想を得た、まんまのタイトルのファンタジー小説、その夏物語。
今回のテーマは夏の花・朝顔なのですよ。
ウゾくん、歴史ミステリーに挑戦です!

で、いつになるの?
う~ん、6~7月中には……^^;
朝顔が咲く前にね。
ちなみに秋は多分、菊。今度はウゾくん、古典に挑戦、の予定。

Coming Soon!!??

関連記事
スポンサーサイト

Category: NEWS

tb 0 : cm 8   

コメント


NoTitle

 おはよう御座います。
僕の県には まったく 緩くない 半裸のキャラがゆるキャラを務めています。
あっでも 最近 服着たなぁ そーいえば。
そして このキャラ 県内の催しに よく出張してくるのですが…
美人で積極的な 蓮花ちゃんと言う 恋人候補がいて 催し物会場でデートしている!!!!  
あっ そうです 奈良が誇る 緩くないゆるキャラ せんと君の事です。
奈良県も 可愛いキャラが 欲しかったーーー

うん アジサイ綺麗ですねーー 今日もすごくいい天気で 気分的には 少し小雨の降る中で 
アジサイ見たいなぁ。

おおっ 歴史ミステリーですか 楽しみに待っています。

ウゾ #- | URL | 2013/06/08 09:03 [edit]


ウゾさん、ありがとうございます!

せんとくん!
彼は彼で結構いいじゃないですか!
というのか、あの系統(どの系統? えっと…いわゆる『キモカワイイ』? 可愛いのか? 謎ですね)としてはなかなか成功だったような。
カワイイだけではだめで、何かインパクトも必要ですものね。
(って、せんとくんはインパクト大!ですけれど)
某学会で配られていたカバンにも、せんとくんが描いてありました^^;
使っています^^;^^;
しかも雅な名前の彼女がいるのですね。
最近、某県のゆるきゃらと某県のゆるきゃらが婚約したらしいので、県内で丸く収まるのもありですよね。

紫陽花、関東の知り合い(って、飲み屋で意気投合した同年代のお姉さん)が鎌倉来ませんか~っておっしゃってたなぁ。雨の中の紫陽花、きれいですよね。
紫陽花は長く楽しめるので、ありがたい花です。

> おおっ 歴史ミステリーですか 楽しみに待っています。
はい、前から書きたかったテーマなので、自分でも楽しみです。
こうご期待!

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/06/08 10:11 [edit]


やっぱり、私のイチオシキャラは・・・

ゆるキャラ、かわいいですよね。
私も、それで地方が潤って、活性化されるのはすごくいいことだと思います。まあ、細かい問題はいっぱいあるでしょうが。

子供のキャラ化。 改めて考えれば、悲しいですね。
自分のキャラを作ってしまう。あるいは作られてしまう。
人間はそんな単純なものじゃないのにね。
私が、一番好きだった小学校の担任の先生(新人23歳)が、あるとき黒板に大きく、「らしく」と書いたのを、今でもよく覚えています。
そのときは意味がわからなかったんですが、今は、すごい言葉だなと、しみじみ思います。

可愛いゆるキャラは、いっぱいいますが、やっぱり私の一番好きなのは、HTBのonちゃんです!!!(大海さんなら、わかってくれるかな?)

lime #GCA3nAmE | URL | 2013/06/08 10:32 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

onちゃん、ですか! なるほど。
丸くて黄色くて3頭身、これが可愛いと思う基準だそうで、一応満たしている、かな?(微妙?)
これに相当するのは、ひよことか、ピカチュウらしいです。
でも確かに、何でも商品になってしまうのは少しどうかとも思いますが、まぁ、地域にとっては死活問題とも言えそうですしね。
ただこの部分でも勝ち組・負け組ができるのは、微妙な気持ちです。

キャラって、その個性・違い、またはその変遷を大事にするものであって、そこに「当てはめる」ものではないのですが、子供たちにそのことをちゃんと分かってもらう教育をしてもらいたいとしみじみ思います。
苛めの問題は、時代が変わっても多かれ少なかれあるとは思うのですが、逃げ道と抜け道を作ることが大事なのではないかと思うのです。それを示してあげる、というのか。当てはめてしまう、そこに留まらないとならない、という考え方を排除してほしいなぁ、と思うこの頃です。
うちの真も、はみ出して、竹流と出会ったので、生き延びています。

「らしく」……いいですね。
子どもたちには、自分なりに、自分のやり方とスピードで、そして変化していく自分を楽しんでほしいと思います。
いつもありがとうございます(^^)

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/06/08 10:43 [edit]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/06/08 19:33 [edit]


鍵コメHさま、ありがとうございます(*^_^*)

ちょっと安心しました。
またお持ちしております。こちらからもまたお邪魔いたしますね!
ご連絡ありがとうございましたm(__)m

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/06/08 23:24 [edit]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/06/09 00:05 [edit]


鍵コメLさま、ありがとうございます!

わざわざこちらにもすみません(^^)
いやいや、よくある事件です。
かえって気を遣っていただいて、すみません<m(__)m>
あ、竹流のラストの言葉は、【雨】の第38章なのです。
あの人、あの一言を言うのに、私にここまでお膳立てをさせたというつわものです……

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/06/09 00:58 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/221-4c7dd25c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)