09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【猫の事件】迷探偵マコトの事件簿(2)…(・・? 

真250kuroneko250

これ、何だかやめられなくなってしまいました^^;
akoさんから頂いたコメントからさらに広がった妄想作品。
前回同様、極めてしょーもないのですが、何故か続いていく……


登場人物
マコト:ツンデレ猫。イメージでは茶トラ。もしかするとキジトラ。
タケル:その飼い主。趣味はマコトをおちょくって遊ぶこと。

さぁ、今日のマコトはどんな事件を解決するのでしょうか!?
タケルのお土産編、お楽しみください(*^。^*)



【迷探偵マコトの事件簿その3:マコト、呪いの尻尾に挑む!】

タケル、おそいなぁ。
ぼく、ひとりでおるすばん、キライ……つまんないんだもん。

……あ、かえってきた~(=^・^=)
でも、ぼく、あかちゃんじゃないから、うれしそうにおでむかえなんかしないんだ。

クールに言うの。
あ、お帰り、おそかったんだね。
あれ、それなに?

タケルが赤いふわふわのしっぽみたいなのを買ってきた。
しっぽには棒がついてるよ。
それに、マタタビのにおいがする~~
ふわふわ、ってタケルがぼくのお鼻のまえでくるくるする。

き、きになる……
あぁ、だめだ! だめだ!
ぼく、おこってるんだもんね。
タケルとあそんでなんてあげないもん。

ふりふり。
くるくる。
ほら、おいで、って。

ば、ばかにしないでよね。
ぼく、もう子どもじゃないんだからね。
それにそんなので、ぼくを放っておいたことをごまかそうなんて、甘いんだもんね。

ふりふり、ふるふる、こちょこちょ、……
ふん、知らないもんね。

ふりふり、ふるふる、くるくる、……
あぁ、もう、そんなへんなしっぽであたまをさわんないでよ。

こんどはソファのかげから、ふりふり……
あ、かくれた!
また、ふりふり……
ぼくはおもわずたたかうじゅんび。

あ、あやうく手を出すところだった。
ぼく、もうおやすみするんだ。ばいばい。

……でも。
うぅ。
マタタビ、いいにおいだなぁ……

ちらっ。

いやいや。
しらんぷりっ!

……
あ、あきらめてタケルがねたよ。

よし!
さっそく赤いしっぽのちょうさだ!

これはしっぽなのか?
しっぽではないのか?

どうして赤いの?

ちょん。
あ、かってにうごくよ?
あれ? うごかないよ?
う~ん、あなどりがたいやつだ!

えい、えい、えい!
このやろう!
こうしてやる、こうしてやる!

う~む。
つかみどころのないやつだ。
テキもなかなかやるな。

ちょっとうしろ足で立ち上がって、
ダ~イブ!っと。

わ、すべっちゃった。
いてて。

あ、タケルと目があっちゃった……

えーっと……しんだふり、しとこ。


それ、きっと、のろいのしっぽだよ。
ぼくとしたことが、まりょくでおどらされちゃった……



【迷探偵マコトの事件簿その4:マコト、新たな敵に挑む!】

タケル、おそいなぁ。
やっぱり、ぼく、つまんない。
あ、かえってきた。

あれ、またへんのものを買ってきたの?

…………

……それ、あたらしいネコ?


なんだよ、そいつ。
うごかないし。
しゃべらないし。
においもしないし。
ミルクものまないし。
ねこまんまもたべないし。

なにより、ぜんぜんかわいくないし。


なのに、なんだって、そいつといっしょにねるの?
なんで、よしよしとかするの?

……いいもん。
ぼく、ひとりでねるもんね。
もう子どもじゃないもん。

おやすみ。
べー、だ。


……
しーん。


みみをぴんとのばしてみる。
……
しーん。


タケル、ねたかな?


そーっと。
ぬきあし。さしあし。しのびあし。

つかまえたぞ。
えい、こいつっ!
まえあしでけりっ!

ちょっと、のいてよ。
そこ、ぼくのばしょなんだから。

くいっとおして、っと。
くいくい……

ふぅ。
やっと、すきまに入れた!


……よかった。やっぱりここがいや。
ねよっと。

……あ、タケルと目が合っちゃった。


だって、タケル、こんなにゃんも言わないやつ、つまんないでしょ。
あったかくないし。
においもないし。
ごはんもたべないし。
ぼく、タケルがさびしいかなぁと思って、来てあげただけだもんね。


……あたま、なでないでよ。
ぼく、もう、子どもじゃないんだからね。

でも、ま、いいか!


ぼく、もうねるね。
おやすみ。


……ちょっとだけ、しあわせ。



にゃんた



さて、このくだらない企画、続くのか? 続かないのか?
それはミステリーですね(^^)

ちなみに、この、ぬいぐるみを押しのけて間に入って寝る、というのは出典?があります。
実は私、パンダが大好きで、PCを持って初めてお気に入り登録したサイトは、中国にあるパンダ幼稚園のサイト。

ある日、たまたまテレビを見ていたら、その幼稚園を新庄剛志さん(元タイガース、そしてメジャーから戻った後は日ハム)が訪問して、パンダの飼育を手伝うという番組をやっていました。

パンダにも色々いて、1匹、まだ幼稚園に入りたてで、みんなとうまくやっていけない子がいたのです。
新庄パパ、赤ちゃんパンダたちと一緒に生活し、そのはみだしっこのことをいつも一番気にかけていた。
でも、それでもなかなかこの子だけは懐いてくれない。
他の赤ちゃんパンダたちはもう新庄パパ大好き!でいつも一緒に遊んでいる。
そしてある夜。
赤ちゃんパンダたちはみんな新庄パパのまわりで群がって、固まって寝ている。
はみだしっこパンダは、一番遠いところで寝ていたのですが……

みんなが寝静まったのを確認し、のっそり起きたと思ったら……
新庄パパにくっついている他のパンダをくいくい、くいくい、と押しのけて、自分が新庄パパの真横に!

新庄パパは萌えまくり。
もちろん、大海も萌えまくり。

それからは、はみだしっこパンダくん、新庄パパにくっついて遊ぶようになり、そのうちみんなにも打ち解けていったのです。 
もう別れのシーンでは、ぼろぼろ泣いていた大海でございました。

で、ちょっと使ってみました(^^)





お待たせいたしました。(って、待ってもらってるのかしら??)
次回はいよいよ、【幻の猫】最終回のアップですm(__)m
関連記事
スポンサーサイト

Category: 迷探偵マコトの事件簿(猫)

tb 0 : cm 6   

コメント


かわいい^^

ぜひこのシリーズも続けてください^^
頭の中で、アニメーションが流れています。可愛いなあ。マコトはこの茶トラくんなんですね?
真よりもかなりな甘えん坊。・・・いや、実は真も、負けない位に寂しがり屋の甘えん坊なのかも!

パンダの話も、とっても可愛いです。
パンダって、そんなに感情が豊かなんですね。そりゃもう、母性本能くすぐられまくります。
新庄さん、離れたくなかったでしょうね~。><

そうそう、話は変わりますが、ずっと前の、大海さんの庭の、謎の花。
ネズミモチじゃないでしょうか。別のブログさんで見かけた花に似ていたので・・・。
違ったらごめんなさい~><

lime #GCA3nAmE | URL | 2013/06/12 07:32 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

いやはや、なぜか嵌ってしまいました…^^;
今回の萌えどころは(?)、竹流が買ってきたぬいぐるみの猫を見た途端の真の反応。
『…………』の中に、真の表情が変わる感じと、『なにそれ、新しいネコ?』で、真の不安で寂しい顔を想像していただけるかどうか、がポイントだったのですが…
って、この話の中にどこにそんなポイントが!?って気もしますけれど。
タケルはどSになっていますね。
でもあとで、傍にやってくるのは分かってる、かな。来なかったら、ちゃんと迎えに来たと思うけれど。
で、真は自分から行っちゃったので、悔しいから、『ちょっとだけ、しあわせ』なんです。
ほんとは、けっこう幸せなんだけど。

頭の中に、初めてシリーズ(初めてのお使い、みたいな)まで湧いて出ている…危険な私です。
でも、やっぱりlimeさんみたいに、漫画とか絵が描けたらいいのになぁと思います。
絵本、という感じで文を書いてみているのですが、短い文章って難しいなぁと。
akoさんみたいには書けないわ、と。
でも、また妄想が走ったら、書いてみます(^^)(懲りてないのか……)

この茶トラは、うちに昔いた猫で、名前はにゃんた、というありきたりの名前。
彼には隠れた名前があって、イーヴといいました(いや、実は『カリフォルニア物語』からとった)。
高校時代に仲間と書いていた小説に出てきていて、向こうの世界からここに猫の姿で来てくれたんだ!ということになって(なにせ、この子、学校の近くの駅に捨てられていて、しばらく図書室や友人宅で預かられて、最後にうちに来たんです)……でも、そんなハイカラな名前がうちの親に受け入れられるわけがなく…^^;
隠された名前として、私が心に秘めていたのでした。
で、今は、マコト???
ちなみに、その小説には真も出ていて、神の子3兄弟の次男だった(今はもう書けない、壮大なるファンタジー。長男は『地球へ…』からお越しいただいたキース、三男はオリジナルの天照狼。主人公はツタンカーメンの奥さん、アンケセナーメンだった!!)……今考えると、すごい設定だったなぁ。
あ、猫の話から、恐ろしいところへ飛んで行っている…

パンダのエピソードも気に入っていただいて、嬉しいです。
このパンダ幼稚園、親とはぐれた赤ちゃんパンダとかを保護していて、もうすごい萌え萌えの映像が見れるのです。毎年、新しい1匹が選ばれて、その子の成長を日記風に公開していて、自分がすっかり親になった気分に…
パンダって、双子を生むことがほとんどなんですが、1匹目と2匹目の出産の時間がものすごく空いていて、パンダ自身が気が付かなくて1匹は大概忘れられて親に踏みつぶされてしまったりするので、それを保護したり。ちなみにパンダってあまり親の自覚のない生き物らしいし……クマだけあって、凶暴だし。
でも、赤ちゃんパンダの可愛さはもう、異常です(って、変な表現?)。

それから、花の名前、ありがとうございます!
確かに、調べてみたら画像からは間違いなさそうです。
はっぱがもう少うちのは頼りないんですが、まだ若木だからかもしれません。
しかし、あの場所で、数メートルになるのは困るなぁというところに生えているので、ちょっと微妙^^;

色々しょうもないことを書いてすみません^^;

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/06/12 22:09 [edit]


かわいいー!!かわいすぎるー!!萌えるぅー!萌えまくります♪なんか読んでいて一緒にねむたーくなりました(笑)
私もマコト君猫を抱いて眠りたいぃー!
いいなぁ、タケル君、羨ましい!!
こういうのを読むと普段は物言わぬ動物とかの気持ちを描写するのって楽しいなぁとすごく思います(笑)
そしてやっぱり飼いたいと猛烈に思ってしまいますが、今は物言う猿をもう少し飼わないといけないので(笑)
まあこれはこれでかわいいっちゃ、かわいいんですけどね、でもやっぱりニャンコやワンコのかわゆさとは違うのです(笑)

パンダの逸話も面白かったです♪
いいなぁ、新庄さん!私もそんなんしてみたいぃぃ!!
そして最後の号泣・・・!!私もそれ系だめなんです!元々なんですが、最近余計に酷く・・・。
テレビで泣いている人を見るだけでウルッとくるってなんかの病気ですね、ここまで来るともう(笑)

また他のも読ませて頂きますー!

ぐりーんすぷらうと #- | URL | 2014/01/30 15:53 [edit]


ぐりさん、ありがとうございます(^^)

ぐりさん、でいいんですよね? (*^_^*)
なんか、ぐりとぐらみたいで可愛いと思ったら、同じことが書いてあった(*^_^*)
ということで(?)ぐりさん、ありがとうございます。こんなに萌えていただいて、大変うれしく思います。
マコトはちょっとおバカな3歳時位の知能イメージで書いています。しかも分かっているようでわかっていない、中途半端さが可愛いのかも……
ねこ目線って、結構難しいとしみじみ思いながら書いていますが、最初の頃と、この後2~3回後くらいから少し印象が変わっていることに今気がつきました。話が長くなったせいもあるのかなぁ。あるいは、真がちょっと成長したのかなぁ。あまり人間っぽくならないように、でもねこ過ぎても話にならないので、適度に混ぜながら……なんですけれど、最近ちょっと人間に近づきすぎたかも。
でも、今もまだ可愛いです。真の方もこれくらい可愛かったらよいのですけれど。

> そしてやっぱり飼いたいと猛烈に思ってしまいますが、今は物言う猿をもう少し飼わないといけないので(笑)
なるほど! それはとっても大事ですね。いやいや、本当にそれは十分可愛いですよね。
でも、わん・にゃんとはまた違う。まさにその通りです。

パンダの逸話は、もう萌え萌えで、ちょっとどうしてくれるのよという感じです。
ただでさえ、パンダの番組になると飛びつくのですが、パンダ幼稚園は特別です。
何をしていても可愛い! でも実際には……パンダってやっぱり熊で、結構獰猛なんですよね^^;
食い過ぎだし、大概双子を生むのに、一匹産んだら満足して、もう一匹を忘れてしまって踏み潰して死なせちゃったり(なので、動物園やパンダ園では2匹目の出産を待って救いに行くのだとか)、結構ダメダメなんですけれど、なんであんな可愛い格好をするんだろう……
そうそう、私も最近、涙腺がゆるくて……結構しょうもない2時間ドラマでもうるうるしちゃってます。

コメント有難うございました!
また私も遊びに行きますね(*^_^*)

彩洋→ぐりーんすぷらうとさん #nLQskDKw | URL | 2014/01/30 20:23 [edit]


マコトちゃんはもっと小さくて、人間にしたら小学校一年生くらいかと勝手に思っていたのですが、生後半年なんですね。僕、もう子どもじゃない!! って言ってますしね。

私が書かせてもらったいろんなキャラの出てくるストーリィの中では、祥吾くんと同じくらいの年頃かな。
マコトちゃん、もっとちっちゃいと思っててごめんね。

またうちのくぅの話ですが。
くぅは有料のおもちゃは全然遊んでくれません。
無料で拾ってきたやつ、特にドングリが大好き。
大海さんちのにゃんちゃんもドングリは好きですか?

ドングリって自然の匂いがするし、さわると逃げる(ように見える)し、猫はなんだと思ってるんでしょうね。虫の一種だと思って狩りをしているつもり、なのかなとも感じます。

あかね #- | URL | 2015/03/25 01:18 [edit]


あかねさん、ありがとうございます(^^)

あかねさん、またまたありがとうございます。
> マコトちゃんはもっと小さくて、人間にしたら小学校一年生くらいかと勝手に思っていたのですが、生後半年なんですね。僕、もう子どもじゃない!! って言ってますしね。
あ、そうですね。猫って寿命から換算したり、生殖年齢的に言えば、1歳にはもう立派な青年・成人ってことになりますが、これはファンタジーなのでマコトはゆっくり歳をとっています。イメージとしては幼稚園児ってかんじなんです。幼稚園児も「めいっぱい背伸び」って時期がありますしね。「何でも自分でやる~」って感じ。
だからもう、妄想ファンタジーの中で「子猫」状態のまま置いといてください(^^)

子どもも猫も、高いおもちゃよりも安っぽいもの好きですよね。
ティッシュとか、カサカサいう包み紙とか。何故か高いものにはない味わいが?
そう言えば、わが友人に「時々不二家の500円のアップルパイが無性に食べたくなる」と言っている人がいました。
くぅちゃんのどんぐりは、あの形からして動きが予測できない不可思議な動きをするからでしょうか。
うちの猫がどんぐりで遊んでいた記憶はありません。うちの猫、小さい時はほんっとに可愛かったのですが、成人ネコになってからはワイルド路線を突っ走っていましたから……^^;
ネコ、やっぱり飽きませんね(*^_^*)
これからもマコトをよろしくお願いします!
コメントありがとうございました!!

彩洋→あかねさん #nLQskDKw | URL | 2015/03/27 07:30 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/226-cdb6c389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)