07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

[雨:中休み] テーマ曲をご紹介 

ただ今、メイン小説として更新中の【海に落ちる雨】ですが、時には休憩を挟まないと、息切れしそうに長いので、Scribo ergo sumの夕さんや、小説ブログ「DOOR」のlimeさんが記事にしておられたことのある、イメージソングについて少し書いてみようかと思います。

実は最初の『はじめに』にも書いたように、始章の二つの『邂逅』にはそれぞれイメージがありました。
竹流のほうはレナード・コーエンのアレルヤ。もっとも、私がイメージしたのは、この曲をIL DIVOが歌ったもの。真のほうは、アイヌ神謡集の謡。こちらは詩なので、今回は置いといて、竹流のほうのアレルヤをここにご紹介したいと思います。
実は記事にYou Tubeを張り付けるのは初めて。上手くいくかな。


消えてしまった時のために→You Tube-Hallelujah-IL DIVO
IL DIVOはフランス、アメリカ、スペイン、スイスから4人のアーティストが集まって作られた男性ヴォーカルグループ。これまでに3度、生で聴かせていただきましたが、至福のひと時を分けてもらいました。本当にいい声。4人の全く違う個性・声が見事にハーモニーになっているのです。
私の贔屓は、アレルヤ…の部分を歌っているスイス人のウルス。声にやられました。もちろん、いかにもスペイン人!というオペラ歌手(バリトン)のカルロスも、最近よくCMで耳にするTime to Say Goodbyeの曲でいい声を聴かせているディヴィッドもいいし、この中で唯一ポップス歌手出身のセブもいい感じで…なかでもセブは、このグループに参加して一番声が伸びた人、これまでは独学だったというから、逆にすごい。
実はロックンローラーの真(初代真の曾孫)が一時、こういう感じのヴォーカルグループの活動をしているのですが、これはもう完全に彼らに触発されたのですね^^; もちろん、彼の立ち位置はセブ。

それはさておき、この歌詞はスペイン語。様々な苦しみや悲しみの先、幸福を感じるひと時、神の恩恵を感じるひと時について、簡素な言葉で語っています。大好きな曲。


一方、こちらは元の曲、レナード・コーエンのアレルヤです。
ブルースの名曲。語るように歌う渋い声がたまりません。
歌詞の内容は全然違います。こちらは恋愛に敗れた男が歌っている感じ、でもアレルヤ、なんですよね。
そして全てが間違っていたんだとしても、アレルヤだけを口に携えて歌の神の前に立つ、というそういう歌。

この曲は、多くのアーティストがカバーしていて、どれもそれぞれ素敵だとは思うのですが、私にはこの2曲。
残念ながら、【海に落ちる雨】の時代にはまだこの歌は世に出ていませんので、竹流や真が聞いたわけではないのですが…

竹流の人生は、確かにキリストの教えにかなり縛られていたとは思うけれど、ブルースが結構似合っているのかもしれません。ちなみに、津軽/三味線、ブルースのようだといわれることがあります。


そして、夢の世界で、この物語が映画化されるなら、ラストの竹流の言葉に被って……

(You Tube-Calling-B'z)
これしかもう考えられません。
前奏のギターはちょっと置いといて、この稲葉さんの歌を、竹流の台詞に被せて欲しい…(^^)

このYou Tube、肝心の大好きな歌詞の部分が省かれてるんだけど、水も滴るいい男の稲葉さんがかっこいいので、フルバージョンじゃないのを選びました。
その私にとって肝心な歌詞は以下…

どれだけ離れ 顔が見えなくても 互いに忘れないのは
必要とし 必要とされていること それがすべて 他には何もない

ここが決め手です。
今年も9月のライブでこの曲を聴きたいわ。
ちなみに、私は彼らの熱狂的なファンではないのですが、今回のBestも買いました。
かなりの回数、ライブにも行っています。稲葉さんの声は最高だと思っています。
友人がファンで、いつもチケットを取って誘ってくれるのです…ありがたく、恩恵に預かっています。
Motelはいつか物語にしたい曲。

え? ラストの竹流の言葉はなんだ、って?
それは、今は言えません……(^^)
この一言を言わせるためだけに、私は38章+始章を費やしました。

ちなみに妄想映画では、この曲が終わり、エンドロールが終わったら、もうワンシーンあるのです。
それはちょっと怖いシーン、かな。真も竹流も知らない、裏側の真実。

……なんて、もうすっかり監督状態。

妄想ですから、ね。
Hallelujahに始まり、Callingで終わるこの物語。

実は、後半では挿入歌?もいくつか出てきます。
時代が微妙に過去なので、歌でイメージを引っ張ったりもしている。
もちろん、その歌をリアルタイムで知らない世代の人にも、何となくイメージを思い描いてもらえたらいいなぁ、という感じです。
だって、リアルタイムにみゆきさんの『時代』とか、チャゲあすさんの『恋花』ですから。

映像にできない物語、せめて曲だけでも、イメージをふくらますアイテムになったらいいなぁ。



以下に、Hallelujahの訳詩を畳んでいます。
…続きを読む



IL DIVOのHallelujah
(スペイン語です。訳詩はライナーノーツからとりましたが…微妙な訳ですね)

一人の兵士が今日家路についた
そしてひとりの病児が治癒した
そして今日 雨の森では仕事のないひとりの身寄りのないものが救われた
ある善行のお蔭で
そして今日 誰も彼を拒まない

信じることができた無神論者
そして一人の餓えたものが 今日食べ物にありつく
そして今日 ある教会に富が寄付された
戦争が一刻も早く終結するように
世界に平和がもたらされるように
貧乏が無くなるように

愛が律するように
そして腐敗ではなく
善と清らかな魂が発する最善が支配するように
神が私たちを最終的に悪から守ってくれるように
私たちがいつか自省できますように
怒りが収まるように



レナード・コーエンのHallelujah

多分 俺はこの場所にいたことがある
この部屋を知っている
この床を歩いたことがある
お前を知る前に 俺は一人で住んでいたんだ
大理石のアーチの上に お前の旗が掲げられているのを見たよ
けれど愛は勝利のマーチじゃないんだ
それは冷たく壊れたハレルヤなんだ

下で本当は何が起きているのか お前が教えてくれた時もあった
でも今はもうそんなことはしてくれないんだろう
俺は覚えているよ お前が俺のところに越してきたとき
聖なる鳩も一緒にやって来た
俺たちが吐き出す息は すべてハレルヤだった

上には神がいるのかもしれない
けれど俺が愛から学んだものは
撃たれる前に撃てということだった
今夜お前が耳にするのは 不平なんかじゃない
光を見つけた巡礼者の声でもない
それは冷たく孤独なハレルヤなんだ

俺は力の限りにやった 大した力ではなかったが
俺は感じることができなかったから 触れることを覚えたんだ
俺は真実を話した
お前を欺いたわけじゃない
たとえすべてが間違っていたとしても
歌の神の前に俺は立つ
ハレルヤだけを唇に携えて

(実はこれ、下の部分が冒頭に引っ付けられて歌われることもあるバージョンがあったはずなんですよね…)

I've heard there was a secret chord
That David played, and it pleased the Lord
But you don't really care for music, do you?
It goes like this
The fourth, the fifth
The minor fall, the major lift
The baffled king composing Hallelujah

色んな人が色んなバージョンくっつけて歌っているので、実はよく分かりません…^^;
関連記事
スポンサーサイト

Category: ☂海に落ちる雨 第2節

tb 0 : cm 7   

コメント


NoTitle

同じ事、やっているなあ(笑)
マイサントラ、用意して、勝手にエンドロール妄想して。
「樋水龍神縁起」本編では、モーツァルトの「レクイエム」の流れる中、水底がだんだん暗くなり黒字に白い文字でエンドロールが……。って、最後に摩利子の独白入れちゃったので、エンドロールにならないじゃんとか。

「アレルヤ」の曲、よく聴きます。なぜか「ゴッテス・タレント」みたいな番組で天才少年が歌う、みたいなシチュエーションで聴く事が多いんですけれど。IL DIVOは知らなかったな〜。スイスに住んでいるけど(笑)

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2013/06/13 04:48 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

勝手に映画化。これって結構面白いですよね。役者も勝手に考える。いえ、真や竹流にぴったりの役者さんがいるというのではないのですが、妄想するのはかなり楽しいですよね。
最初のシーンと最後のシーンはやっぱり夢想しちゃいます。
【樋水龍神縁起】にモーツァルトのレクイエム、この組み合わせ、いいですね。ちょっと異種なイメージの曲を合わせるの、いい感じに仕上がりそうです。
私も、Hallelujah→Callingというちょっぴりギャップがいいぞ、とか勝手に喜んでいます。

アレルヤ、本当に世界では浸透しているようですね。
多くのアーティストが歌っていて、私はとにかく大好きな曲。初めて聞いたのがIL DIVOだったので、歌詞の内容も含め、こっちから入ってしまったのですが、改めて原曲のブルースを聞いたとき、曲としてはやっぱりブルースがいいなぁと思いました。
IL DIVOはもう、大きくひいき目ですから。
彼らはほとんどイタリア語で歌っていて、活動の拠点はたしかイギリスだと思います。確かにスイス人が混じってはいるけれど(^^)
4人の個性がばらばらで、それが面白いのですが、ハーモニーは最高。ここでご紹介できて、嬉しいのでした…

夕さんがいつもクラシックの曲を入れておられるので、それはとても楽しいです。私も、結構クラシック好きなので(かつては追っかけの指揮者さんもいたし、スカラ座の前に連日2時間並んだことも…^^;)、楽しませていただいています。
また色々紹介してくださいね。

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/06/13 07:43 [edit]


NoTitle

38章!
竹流のその言葉は、38章まで聞けないんですね?
この稲葉さんの歌がかぶせられる日は、まだまだ先なのですね。
(だって、今9章・・・)
壮大な大長編なのですね。改めて驚きです。
ああ、私、その頃までブログを続けていられるか。そっちも心配です。ネタがなくなったら小説ブログはおわりですもんね><
いや、でも大海さんの作品は絶対読みに来ます!

アレルヤという曲、知らないと思ったんですが、聴いたことがある曲でした。
全く知識がなくて恥ずかしいのですが、歌詞は宗教的な意味合いを持つのでしょうか。
静かに心に響くような歌声に、教会で佇むジョルジョの姿を妄想してしまいました。
こんなふうに、物語は作者の中で構築されて行くんだなあと、しみじみ。
大海さんの作品は、古今東西を問わず選ばれた芸術、文化、音楽が融合されてて、本当に素敵だと思います。
この先も、彼らを追っていきたいです^^

lime #GCA3nAmE | URL | 2013/06/13 08:41 [edit]


limeさん、ありがとうございます!

は、はい……38章なんです。
本当にすみません。気長に、気長にお付き合いいただけると幸いです。
一気に読んだ方がいいという説もありますが、そこはもう、斜め読みでするするとあるいは速読で??
いやもう、私としては、こんなけお膳立てしたやらないと言えんのか!という感じで、わが子ながら?情けない気持ちです^^; ま、そこも可愛いのですが。

> ああ、私、その頃までブログを続けていられるか。そっちも心配です。ネタがなくなったら小説ブログはおわりですもんね><
> いや、でも大海さんの作品は絶対読みに来ます!
ありがとうございます!
でも、limeさんは大丈夫! 引き出しをいっぱい持っておられるし、色々なこと(新しいことも古いことも)を物語の中に取り入れていく今のスタイルを、淡々と紡いでいかれるような気がします。そう、急がず、自分のスピードで、ぜひぜひ長く続けていってくださいませね。

アレルヤの歌詞、記事に畳んで追加しておきますね。
IL DIVOのほうは、かなり宗教的な言葉です。
オリジナルのレナード・コーエンのほうは比較的世俗のことをうたっているようでもあるのですが、なぜか神々しい感じがします。ブルース、黒人の魂の歌ですものね。ちょっとゴスペルに近いのかなぁ?
でも、そもそもが宗教関係の曲というわけでないのですね…
そこがまたよいのかもしれません。
ちなみに他のヴォーカルグループの歌詞は、また別だったような気がします。
日本の民謡と同じで、勝手に歌詞をつけて、思うところをうたっているのでしょうか。

いえ、もう私の書いたものはただのごった煮なのです。
limeさんみたいに、シャープに、大事なことをぎゅっと詰め込んで書けたらいいのですが……
でもでも、スタイルは違っても、なんだか求めているものが近い気がして、同士の気分なのです!
だからこれからも共に頑張りましょうね!
そして、こうやって時々妄想を楽しみましょう!

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/06/14 00:11 [edit]


こんばんは

作品のテーマ曲、私も決めますね。
いつも自作をアニメ化することを妄想しているので、エンドロールに流す曲とか、挿入歌とかいろいろ考えながら書いてます。
もっとも、私の場合、ぴたりとハマリすぎていることが多いので、曲名を公開すると話のネタバレになってしまうのが難点です。
B'zいいですね。ベタですけど「いつかのメリークリスマス」とか、好きです。

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2013/06/14 19:59 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

TOM-Fさんもテーマ曲を決めたり、エンドロールとか、妄想したりされるのですね。仲間がいてうれしいです(^^)
しかも挿入歌も!
私も、時々我慢できなくて、バーとか有線で登場人物がその曲を聴いている、ってのをやってしまいます。曲のイメージに頼るのは反則と思うけれど、映像のほうがもっとずるい、と思うので、このくらいはありよね、とか思いつつ。
曲ってイメージを作るときに、とても大切になってきますよね。
TOM-Fさんの小説にぴったりはまってしまってネタバレになる曲…あとがきにでも畳んでこっそり教えてもらえたら、嬉しいかも(^^)
B'z、やはり稲葉さんの声は最高ですね。あの声を維持するための努力はものすごいらしいですし、そのストイックさは、決して現実の世界ではお友達になりたくないくらいですが、ライブでは100%の満足を約束してくれる、すごい人です。
いつかのメリークリスマス、私も好きです(^^)
コメントありがとうございます。また私もちょこちょこお邪魔に参ります(^^)

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/06/14 21:00 [edit]


limeさんへ

Hallelujahの訳詩、記事の下に畳みました。
ご興味がありましたら、読んでみてください(^^)

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/06/14 22:25 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/227-55de5b06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)