05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2013/6/14 あなたに、落ちた、瞬間 

暑いですね。ついに、エアコン始動してしまいました。
と言ってもドライです。三味線の皮にとって最も恐ろしい季節がやってきましたので、いつあの、皮が破けるときのパーンという破裂音が聞こえるかと思うと(知らぬうちに破けていることもあるけれど)、恐ろしいです。
ケースの中には、乾燥剤を入れ、万が一破けたらと張り替え代(結構します…両面で片手万円くらい)を準備して…^^;
それが、昨日から、ピアノがぱーん、かばーんか、音が鳴るんです。
ラップ音??
こわ過ぎる。
年代物のピアノだからなぁ。毎年調律はしてもらっているのですが。

さて、今日は、恋に落ちる瞬間を短編にしてみました。
って、嘘です。何かに『はまる』きっかけって、存外つまらない事なのかなぁと。
みなさんはいかがですか?
誰か・何かに嵌った瞬間を覚えているものってありますか?



というわけで、何年か前のある女性の日常の一こまを切り取ってみました?

嵐

Sはアラフォーの仕事人間である。仕事場の近くに一人で暮らし、毎日遅くまで働いている。そんなSの楽しみは、ミステリーや歴史書を読むこと、自分でも多少ミステリーまがいのものを書くこと、そして夜中にひとりでカラオケボックスに行って津軽三味線を叩く事である。

早く帰ることができた日には、ビールを飲みながらテレビで野球観戦をすることもある。たまに甲子園の年間シートを持っている職場の隣の部署のおじさんが、明日行けないからと言ってチケットを譲ってくれると、無理やり仕事を定時で切り上げて、一人で甲子園に走ることもある。だから、通勤に使っているSの車の中には、いつも応援メガホンと24番のマフラータオルが入っている。

Sは、一生懸命ドラマや番組を追いかける方ではない。しかし、見ていないけれど、人恋しいので、テレビをつけている時もある。
そんなある日、まだアナログを買い替えていないブラウン管のテレビをつけっ放しにしていると、ある国民的人気アイドルグループがお化け屋敷に行って、誰が一番怖がってギャーと叫ぶかという企画の、日本にありがちな平和なバラエティ番組をやっていた。

Sはお化け屋敷が嫌いである。
総じてホラーが嫌いであり、過去に比叡山の某お化け屋敷で、お化けに追い回されたこともあるため、トラウマになっている。突然飛び出してくるものが、特に嫌いなのだ。

しかし、その日。
ブラウン管の中では、そのグループのリーダー、あまりにもアイドルらしからぬ振る舞いで有名なOが、メンバーのもう一人と一緒にお化け屋敷に入って行った。怖いもの見たさで、Sは成行きを見守っていた。

その部屋には椅子が置いてある。そこに座って、写真を撮れとの指令が書かれている。一人目が座って写真を撮っても何も起こらない。しかし、二人目が座って写真を撮ると、椅子が落ちるという仕掛であった。
Oは2人目だった。

バシャ。
がたっ!
シャッターが切られ、フラッシュが光り……当然のごとく、椅子が落ちた。

もしもそこに座ったのが自分だったら……大パニックで、お化け屋敷を飛び出していただろう。
しかし、ブラウン管の中は極めて静かだった。

あれ?
Oは、なんじゃこれ?とでも言うように、落ちた椅子に何の感慨もなく、むしろ呆れたように座っている。一切、動じることなく。いや、あの顔は「この椅子、壊れてんのか?」かな?

Sは、彼らと同じ事務所に所属するアイドルデュオのファンである。そのデュオがデビューする前からのファンであるが、同じ事務所の他のグループを特に好きになったことはない。この国民的アイドルグループのことは知っていたが、5人であるということしか知らない、そういう認識であった。

しかし、その椅子が落ちた瞬間、Sは間違いなく、Oに落ちたのである。

幸い職場に熱狂的なファンがおり、指南を受け、彼らの10周年のコンサートに行くことができた。彼らの10年間の苦労を知らない身ではあるが、恋する乙女のような気持ちで見守っていた時、リーダー・Oは初日のラストで挨拶を始めた途端、言葉に詰まり、感極まって泣き出してしまったのである。
10年、鳴かず飛ばずの時代も長く、当初メンバーの中で一番知名度も低くて、じゃんけんでリーダーに決まった彼も、苦労を随分してきたのである。

ひょうひょうとしたイメージ、リーダーというのはあだ名であるとまで言われるリーダー感のなさ、でも歌と踊りは抜群に上手い、そしてこんなに有名になった今でも、自分たちアイドルに年上のスタッフの人が敬語で話しかけるのがどうしても違和感があると言い、対戦番組でその日最もダメだった人が落とし穴?に落ちるという罰ゲームで時々みんなの分を背負って落ちてくれる、一人で落ちたくなかったMがOを巻き込んだ時も「ごめんね、リーダー」と謝まるMに優しく「ま、いいんだよ」と言う、今やSはそんな彼の大ファンであり、時々「好きすぎてどうしたらいいのか分からない」とまで言っている、おばちゃんのくせにかなりの乙女になっている馬鹿である。

ちなみに今でもファンである、某デュオに対しての感情は、Sの中では長い春状態、付き合いが長すぎて、いまや気持ちは親戚のおばちゃんである。

こうして、彼らの番組を録画するために、Sはついに、テレビをデジタルに買い換えたのである。毎週、ハードには『VS…』『…にしやがれ』そして『ダーウィンが来た!』(ん?)が確実に録画されていくSのテレビ。
しかし、それをどうしたらいいのか分からないSは、超のつく機械音痴のままであった。

本気で泣いて
本気で笑って
本気で悩んで
本気で生きて
今がある 胸を張れる

堂々と胸を張ってくれ!
とCDプレーヤーに向かって応援するSは、iPodを買ったのに、使い方が分からないまま放置している。

(この物語は実話を元にしたフィクションです。脚色もあり、一部事実とは異なる点があることをお断りします)



誰か・何かを好きになった瞬間って、滅多に思い出せないのだけれど、何故か、彼のことだけは鮮明に覚えているなぁ、と先日のMusic Sta///の録画を見て思い出しておりました。
「絶対にAには嵌らない、と言っていたのに、椅子と一緒に落ちた奴」と友人には笑われております。

石にはまったきっかけ、三味線を始めたきっかけ、その某デュオを好きになったきっかけ、ある球団や選手を好きになったきっかけ、ある指揮者を追いかけはじめたきっかけ……
確かにきっかけはあって、ぼんやりとは覚えがあるけれど、だんだん好きになっていく……ということが多い中、彼については『瞬間』が明瞭です。

一目ぼれって、本当にあるのかなぁ。あるんだろうなぁ。

その中で、最も長く続いているのは、書くことと読むことへの愛情だけど。
これも、きっかけがどんなのだったか、覚えていないのに。


ちなみに、5x10とgoogleに打ち込んだら『oonosatoshi namida』と続いて出てきて、びっくりしました。
M氏の言葉、『リーダーはすごく優しくて、いつも後ろで見守ってくれている……そんなあなたがリーダーだから、…はこんなグループになったんだと思う』(一部省略、言葉の間違いあり)

というわけで、カミングアウトのつまらない記事でした。

あ、『一人カラオケ』の下りは本当です。
夜中、どうしても練習したいときは、カラオケです。
始めの頃は、「楽器持ち込んでいいですか?」とか聞いていたけれど、断られたことがないので、最近はするする入っていく。何か飲食物を注文しなければならないので、一応注文したら持ってきてくれて、その時、三味線を見ておののく従業員さんの顔が、最近は快感。
でも、あとで一人で歌う勇気はまだないです……^^;
最近、カラオケボックスも、会議に使われたり、色々使い勝手が変わっているそうで。
京都に住んでいたら、鴨川べりで叩くのに……


明日から東京出張。わが職種は、土日に半分仕事の出張が多いです。
代休が欲しいけど、無理っぽいなぁ。あったらいいのに。
新幹線で、読書(もちろん、皆様のブログ(^^))ができたらいいのですが。
例のごとく、トンネルでブチブチ切れるのが問題ですけれど。



関連記事
スポンサーサイト

Category: たまにはアイドル

tb 0 : cm 9   

コメント


こんばんは。

サキは噂で聞いて、興味を持って、用意して、やってみて、そしてはまりますね。
ボカロもそんな具合でした。
こんなにたくさんの才能が眠っていたんだ。と驚いた記憶があります。
一部でオタク文化と呼ばれていることもありますが、なかなか侮れません。
この記事を最初から最後まで読んで、大海彩洋さんの人となりに興味が湧いたサキでした。主人公がSでしたし……。
またおじゃまします。小説も読みたいんですけど、いくつもの小説を一度に追いかけることが出来ないものですから……。
きちんと読みたいですし。

サキ

山西 左紀 #0t8Ai07g | URL | 2013/06/14 23:22 [edit]


サキさん、ありがとうございます!

ボカロ、すごいですね!
ぼんやりとしか理解していなくて、サキさんのコメントを見てさっそく詳しく確認しようと、ウィキってしまいました。全体像が見えたのと、ここに書き込んでいった人たちの情熱を感じました。確かに、すごいたくさんの才能が溢れているんですね。オタク、というのはすごいものを生み出す無限の可能性と思っています。

サキさんのおっしゃるように、こうやって、じわじわと嵌っていくものもありますね。
私も、どちらかというとそういうものの方が多いのです。和楽器や和ものの音楽は、まさにそれです。先に歌舞伎や浄瑠璃に接することが多くなっていって、自然に民謡へ流れていった感じ。
その中で、こんなに明瞭に『恋に落ちた瞬間』を覚えている出来事があるなんて、と自分でいささか感動しまして……聖子ちゃんが昔「ビビッときた」とか言ってたなぁ、勘違いだったみたいだけど、とか思いだしつつ。
私は、今のところ勘違いではなく、コンサートに行くたびに惚れ直しています。

でもとても嬉しいです。
書きながら、これって誰か反応してくださるのかしら(多分誰もしないだろうな)と思っていたので、無茶苦茶嬉しいです。
あ、いえいえ、国民的アイドルグループに反応していただいたわけではないことはよく分かっています^^;
でも、結構自分はミーハー (古い言葉だ…)なのを自覚しているので、時々それを晒してしまおうと思ったのです。お恥ずかしいです。
わが友人の名言『生涯いちミーハー』……(^^)

主人公S、バカっぽい感じですが、結構一生懸命です。
また遊びに来てくださいませ。私も、時々気になってシスカを追いかけていますが、バラバラになっているので、繋ぎ合わせたいです。

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/06/15 01:54 [edit]


あ~、いっぱい書きたいけど、いま、携帯だから(>_<)
私も今日は山口まで遠出です。帰ったらまた来ますね。(^O^)

lime #GCA3nAmE | URL | 2013/06/15 07:59 [edit]


改めまして

何度もちょこちょこ来て、ごめんなさい^^

そっか、Sさん^^は、そんな風に恋に落ちたのですね。
なんだかすごくわかります。
ミーハー度なら、私も負けませんから。
高校生の時、某アクション俳優に惚れ込んで、香港まで会いに行ってしまった強者です。

O君って、なんとなくアイドルっぽくないのに、私の周りにも熱狂する女性が何人もいます。不思議だな(そもそも、失礼!)と思ってたんですが、なるほど、そんな瞬間に、すとんと落ちてしまうっていうの、すごくわかります。人の心は、あな不思議。

私も、結構惚れっぽくて、惚れたら大熱狂するタイプなんです。好きすぎて、どうしていいのかわからなくなる・・・。夜も眠れないほど。
(だいたい、4年周期で、醒めたり、燃え上がったりするんですが)
でも、好きになる瞬間を味わったのは、2度ほど。この瞬間は、本当に忘れられません。

一人は、サッカー選手の楢崎選手。2002年、ワールドカップのチュニジア戦の、ゴールキーパーです。
それまでサッカーにほとんど興味のなかった私は、何気なく、TV放送の試合を見てたんです。
サポーターの大歓声、緊迫したアナウンス。
引きの画面でゴールに飛び込もうとするボールを、獣のような俊敏さで受け取ったGK.けれど、ナイスセーブにも、にこりともしない!
精悍な鷹のような目で、素早く試合再開。
「え」と思いましたね。なんだ、このストイックなオーラ。
もう、そこで落ちました。(ええ、単純です><)
それ以来、関西に来る彼の(名古屋グランパス)試合は必ず観戦に行き、過去の試合のDVDは、全部買い。ある試合など、選手と衝突して頭部負傷。血だらけになりながらも最後までゴールを守りきった姿があって、もう失神ものでした。黄色のユニホームが真っ赤なのに、本人も、誰も、チェンジさせようとしない!彼のストイックなオーラは、やっぱり本物でした。

そして、もうひとりは、ある役者さん。
あるドラマの中でダメ上司の役だったんですが、恋を諦め、彼女の電話番号のメモを見ながら、悲しげな笑みを浮かべ、クシャっと丸めたその瞬間!
それまで「なんとも思っていなかったその役者さんに、完全に落ちました。
ええ、見事に。(これも、ギャップにやられたんですね、きっと)

な・・・長々とすみません。なんか、思い出しちゃって。
残念ながら、4年周期で熱が冷めてしまう私は、今現在熱を上げている人はいないのですが、これも、いい思い出です。

誰かに熱狂するのは、とっても素晴らしいことですよね。心が健康な証拠です。
私は一生、誰かに夢中になっていたいな^^
今は熱狂しているタレントはいないので、とりあえず、小説・・・が恋人です^^

lime #GCA3nAmE | URL | 2013/06/16 10:33 [edit]


limeさん、ありがとうございます!!

> 何度もちょこちょこ来て、ごめんなさい^^
何回でもいらしてください!!
とても嬉しいです!!
それより、お返事が遅くなって、すみません!
土曜日朝から東京に出張に出ておりまして、今戻りました。タブレットではブログを見ることはできるのですが、コメントを書くのはとても大変で、帰ってきてやっとPCの前でお返事を書いています。
そう言えば、limeさんも遠出をなさっていたのですね! お疲れ様でした(*^_^*)

そしてそしてそして!
力のこもったコメントをありがとうございます!
もう、楢崎選手のエピソードも某俳優さんのエピソードも、にたにたしながら読みました!
いや、もうこんなに読み応えのあるコメント、大感動です!
やった! 仲間だ! 生涯一ミーハーの仲間がここにも!
とか思いながら、本当にとても喜んじゃっていました。
対象は移り変わることもあるけれど、こうやって何かにときめくのはいいですよね!

私は一度はまると、親心か?、じわじわ付き合う方でして…でも、どちらかというと、気がついたら目が追いかけてた…、あ、私、この人が好きなんだ……と後から気づくタイプなんです。
それが、Oちゃんだけは、もう『落ちた』という感じでして。
Oちゃんは絵も上手で、個展を開いたこともある人。歌も、すごいトレーニングとかをしたような声ではないけれど、すーっと伸びて、天性で上手い! 美声です。歩いていてもステップを踏んでいるような脚、ターンの位置の確かさ、踊りもうまいんです。職人好きの大海には嵌りすぎていて。でも『落ちた』時は、そんなことは認識していなかったので、まさに一目ぼれ。いや、それまでも何回もテレビ画面で目にはしていたはずなのに。

だから、limeさんの、何かに急に魅かれる、仕草とか、瞬間の出来事とか、っての、とてもよく分かります。
そして、夜も寝れない!
何だかlimeさんの熱狂シーンが目に浮かぶようです。

それにしても香港まで追いかけた!
ここ、まさにニタニタニタ……とにやけながら読みました。
私も、ものすごく好きなポルトガルギターとマンドリンのデュオさんがいて、彼らがリスボンの万博に出演が決まった時、ポルトガルまで追いかけました!
やっていることが同じで、ますますlimeさんに親近感(*^_^*) もしかして、前世は……(何?)

4年周期…オリンピックのような熱が、また再び巡ってくるんでしょうね(*^_^*)
小説は、気長な恋人ということで、ながーく付き合いましょう! 

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/06/16 22:32 [edit]


今まで興味がなかったのに
ふとした時から
なんだか引きこまれ
これが落ちたってことなんでしょうね
何気無いことなんだけどな
ただ、いつ落ちたのか
覚えていないですよね。

とし #FAR/6Sj. | URL | 2013/06/17 19:35 [edit]


としさん、いらっしゃいませ!

はい。ま、こんなものですよね。
嵌るときはあっけない。
でも、思い出せないことの方が多いんですよね。
私はどちらかというと、本来はじわじわ派なのですが…
珍しくぽん、と嵌ったのでした(^^)
いや、こんなこともあるよね…と。
そうなれば、落ちた自分を楽しむしかないですよね(^^)
また遊びに来てくださいね!

大海彩洋 #nLQskDKw | URL | 2013/06/18 00:01 [edit]


私も多分それは見た事があったはず!!(笑)いやでもよくやってる企画なんでしょうか?
なんか手がいっぱい出てくるのとかもありませんでした??もっと後の別の企画ものかもしれませんが(笑)

でも、すっごく分かります♪あそこの組織にいて格好つけないで自然体のままのOちゃんは本当に素敵だと思います♪
理想のタイプとか聞かれてて「放っておいてくれる人・・・。」みたいな事をこの間言っててそれもまた彼らしいなぁと(笑)うんうん、私なら放っておいてあげる!私も好き勝手したいから♪みたいな事をテレビの前で言ってました(笑)
というかコンサートでそんな事があったんですね・・・!
やっぱり色々な苦労があったんでしょうね・・・。でもなんだかんだといってあの組織のリーダー(Aに限らずT○K○Oとか)って意外と重要だったりするんじゃないかな?と私は勝手に思ってたりします!
リーダーがポエ~としてくれているからこそ、ギスギスせずに済んだりとかそういった面するんじゃないかな?と思ってます。

私はFさんの場合は明確なものがやっぱりあって友達が好きだったんですけど、そのCDを貸してもらってまず歌声でやられて次にビデオを借りてそのルックスに堕ちました(笑)まあ簡単でしたよ(笑)
でも完全に嵌ったのが解散後(笑)
そこからしばらくの間は寝ても覚めても彼ただ一人。
最終的には何故かわざわざ東京で昔の週刊誌の記事を漁るという意味不明な行動までしましたとも!!(笑)
本気でどうして今まで好きにならなかったのか自分を呪いましたね(笑)

ちなみに小学生の時にチェックを着て歌っている時に私が思っていたのは「いい年したお兄さんが何やってるの?」冷めた小学生でした(笑)おいっ(笑)

ちなみにデュオの方といい、タイガースといい、やっぱり大海さんも近畿の方ですか?私は大阪です(笑)

大海さんは色々な趣味がおありなんですね。とりあえずカラオケで三味線にぶっとびました(笑)そして小説、素敵な絵・・・。才能のある人って羨ましいです!!また徐々に読ませて頂きますね♪

ぐりーんすぷらうと #- | URL | 2014/01/27 21:47 [edit]


ぐりーんすぷらうとさん、ありがとうございます(^^)

いえ、きっと同じものをご覧になられていたのではないでしょうか!
お化け屋敷に入って、誰が一番ぎゃーと叫ぶか(言わずと知れたアイバ氏)ってな企画でした。
手が出てくるというのは、何か壺の中に手を入れたら、手が握り返してくるというやつでしょうか?
そんなシーンもありました。O氏の反応は、冷静にただ一言「最悪~」でした。
お化け屋敷ではいつも逃げ惑う私には、もうただ「尊敬」の一言しかありませんでした(*^_^*)
そして私の方も、その「放っておいてくれる人」……見ました。もちろん、私も放っておきます(*^_^*)
でも、きっと実際にそうなら、私のことに興味ないのね、ってことになりそうですけれど^^;

T○K○Oのリーダーも、実は私、好きなんです。あのギターを弾いている時のかっこよさと、普段のいじられキャラのギャップが好きです。
それに、藤田まことさんの刑事もの好きだったんですが、「はぐれ刑事…」にも娘の彼氏役で出ていましたね……死んじゃったけど。でもあのシリーズも、その娘が、殉職した彼氏の志を継いで(あ、いや、お父さんの志?)警察官になるというラストが気に入っています。
そうそう、リーダーがいじられ役っていうのは、ある意味、うまくいくコツかもしれませんね。

FumiyaさんLOVEも、なんだかとても嬉しいです(*^_^*)
私にとっては、もう神のような人なので、今でも、あの年になっても、自然態で飾らないのにかっこよいのが、本当に嬉しいです。でも、いつだったか、コンサートの時に「いつか、チビでデブで禿のジジイになるかも~」ておっしゃってて、それでもみんなが「付いていく~」って叫んでた時、私も一緒に叫んでいましたが……
なんの、今でも本当にかっこいいですよね。
> 最終的には何故かわざわざ東京で昔の週刊誌の記事を漁るという意味不明な行動までしましたとも!!(笑)
> 本気でどうして今まで好きにならなかったのか自分を呪いましたね(笑)
……おぉ、これはまた、なかなかすごい。でも、わかります。
掘れた弱みってやつですよね(って、ちょっと違う??)
> ちなみに小学生の時にチェックを着て歌っている時に私が思っていたのは「いい年したお兄さんが何やってるの?」冷めた小学生でした(笑)おいっ(笑)
で、これもわかります。私も逆に自分がチビの時の方が、ちょぴっと冷めていたかも。

> ちなみにデュオの方といい、タイガースといい、やっぱり大海さんも近畿の方ですか?私は大阪です(笑)
あら、そうなんですね!
はい、私は大阪出身の、現在は兵庫県の住人です。タイガースは、家の掟のようなものです??
趣味はたくさんあるというよりも、変遷してきたというところでしょうか。
でも、今はもう、あまり手を広げず、小説を書くのはもちろんこのまま続行ですが、三味線・民謡……程度でしょうか。あ、巨石はもちろん、別のライフワークで……(^^)
こちらこそ、またお勧めなどを拝読したいと思います。
よろしくお願いします(*^_^*) コメント有難うございました(*^_^*)

彩洋→ぐりーんすぷらうとさん #nLQskDKw | URL | 2014/01/28 20:02 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/228-415c37ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)