07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【石紀行】9.中津川:星ヶ見岩(1) 

hosigami
ここは岐阜県中津川の星ヶ見公園です。
もしも興味を感じて行ってみよう!と思われたら、カーナビの設定は「中津川市民病院」です。
すぐそばに、この道を入ってもいいのかしら?と思うような小道があり、渓流があって釣りをしている人もいて…すでに星ヶ見公園の中に入っているようです。取りあえず細い道を進むと、駐車場があります。
昨年来たときは、この駐車場にも気が付きませんでしたが、今年は少し進歩。

公園といっても、ちょっとした登山道。
池沿いに周回を回って行くと実は近いようですが、ここは敢えて御嶽神社の鳥居をくぐって行きましょう。
hosigami
この公園は敷地面積15.1ヘクタールあるそうで、その中に巨大な岩がゴロゴロ……
花崗岩で、どれも数メートルの高さ、直径も数メートル以上~びっくりするくらい大きいものもある。
岩というより床みたいなところも。
ちなみにこの地面、花崗岩の崩れたものなのか、妙に滑ります。
(去年滑って、大変なことに……^^;)

巨石の森に入って行ってみましょう。
hosigami
hosigami
hosigami
あ、これはどこかで見ましたね……
思い出の岩? この斜面でこけました。ものの見事に足を捻り、動けなくなりました。
注意一秒、怪我一生ってこのことですね。
それもそのはず。もう大興奮状態だったのです。
巨石、巨石、巨石……前を見ていませんでした。
hosigami
ご覧ください、この岩の肌の感じ。どうなってこうなって、こんなにごろごろしているのか……
ちなみに、ここはこれまでご紹介した巨石たちの中でも、極めて自然度が高いところです。
人為が感じられず、そのままそこにある。
hosigami
頂上にあたる場所は、おそらく拝殿と考えられる大きな岩とその上に据えられた小さな祠があります。
そう言えば、鳥居を最初に潜りましたものね。
ご神体は、神社の名前から木曾御嶽山でしょうか。
この雲の不思議な流れ、まるで向こうの御嶽山から流れ込んでくるようです。

hosigami
こんなところを歩いていきます。
横にゴロゴロと巨石が見えています。
そして、看板によると、そろそろ目的の『星ヶ見岩』なのですが……
hosigami
階段発見。登って行ってみましょう。登った先を降りて、右に折れると……
見上げれば、木々の中に巨石。
hosigaim
hosigami
どうなっているのか、正直分からない、それも巨大すぎて、全体像が全く不明です。

ということで、その(2)に続きます。


関連記事
スポンサーサイト

Category: 石の紀行文(写真つき)

tb 0 : cm 2   

コメント


でけええ!!・・・って冷静に考えれば、地球自体が巨大な石であるのですが。まあ、それはともかく。確かに石や岩は年月によって、細かく割れたりしますからね。その過程を考えると、どれだけの月日、この岩は巨大なまま過ごしてきたんだろうなあ・・・ということは思いますね。

LandM #- | URL | 2013/10/13 06:28 [edit]


LandMさん、ありがとうございます(^^)

そのままマルタの石をご紹介する予定が、日本の石たちに流れていっております。
この「星ヶ見公園」、公園というのはあんまりと思うような小山ですが、あるけば石にあたるという感じで、ごろごろ石が突き出ています。不思議な光景の山道を歩いて、この大きな星ヶ見岩にたどり着くのです。
木々の中に突然そそり立つような岩に出会い、そしてまたそこに昔から人々が信仰してきた跡を見ると、やはり感動します。もちろん、形は少しわかっているのかもしれませんけれど、LandMさんのおっしゃる通り、人間ではなく地球の時間を感じますよね。
今日三味線の大会が終わったら、いよいよ今回の石たちのご紹介記事作成に入ります。
またお楽しみに!
いつも石紀行にコメントを下さってありがとうございます!
とても嬉しいです(*^_^*)

彩洋→LandMさん #nLQskDKw | URL | 2013/10/13 08:18 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/240-3d84a1f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)