05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【石紀行】9.中津川:星ヶ見岩(3) 

外に出て、少し手前にある休憩所(展望台?)へ行ってみましょう。
ここには東屋があって、気持ちいい風が吹き抜けます。
hosigami
こんなふうに、巨石が張り出していて、その上に手すりが(ガードレール?)取り付けてあります。下に見えているのは、ひょうたん池。
岩の端まで、滑らないように降りてみて、振り返ると……
hosigami
hosigami
この星ヶ見岩の周辺は7~10くらいの巨石が集まっています。
こうして巨石を写してみると、背景の空、雲まで何か意味があるように感じますね。

hosigami
帰り道は別のルートを行ってみます。と言っても、地図を見てもよく分からないので、適当に降りて行きます。
hosigami
巨石に移る葉陰。変わらずそこにどっしりとある巨石の上に、うつろいゆく季節の影が映る……

さて、星ヶ見岩の巨石たちともお別れです。
と言っても、公園を出るまで、巨石があちこちに顔をみせてくれるので、名残惜しいやら嬉しいやら。
まさに、巨石の森とはよく言ったものです……
歩道にもこんなふうに、石が。
hosigami


先にも書きましたように、この星ヶ見公園の巨石たちには、人為はほとんど感じられません。
あるがままに、私たちを迎えてくれている感じです。
星が見えるという伝説の真偽については確かめられませんが、古代の人がここから北極星を眺めた…かもしれないと思うと、何千年も前から、人類は星を見つめてきているんだと不思議にありがたい気持ちになりました。

hosigami
nikkoukisuge
野の花たちも、ありがとう。


さて、以下は本当におまけ。
この日泊まったのが養老温泉。養老の滝って名前はよく聞くけど、それはもしかして、飲み屋の話?
これが、くだんの養老の滝。
写真からマイナスイオンが伝わったらいいなぁ。
yourou
旅館で頂いた鮎。
yourou
飲み比べの日本酒。どれも飲みやすいものばかりでした。
少しの酒と、美味しい料理。言うことはありませんね。
yourounosake

というわけで、次回の石紀行は?
(マルタの巨石神殿、少しお待ちください(^^))


関連記事
スポンサーサイト

Category: 石の紀行文(写真つき)

tb 0 : cm 12   

コメント


これはいいですね。
メンヒルのような人為的な巨石にも、古代の人たちを想って惹かれるのですが、こうした、全くの自然の巨石。しかも何故かそこだけにこんなに集中、というような巨石も大好きです。

これに畏敬の心を持った先人たちが、神社として祀っている、その日本らしい姿にも嬉しくなりますね。

無事にリベンジが出来てよかった。
そして、その美味しそうなグルメは……。
ちぇっ。日本に帰ったら絶対日本酒飲むぞ〜。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2013/06/26 03:37 [edit]


 おはよう御座います。
星が見える 面白い伝説ですね。
此の巨石の森 其の物を宇宙に見立てて 巨石 そして 其処にある色々なモノを星に
見立てたようにも取れる… ような…
其れとも いい 星見場所があったのかなぁ…
神秘的な場所ですね。

ウゾ #- | URL | 2013/06/26 06:58 [edit]


圧巻ですね~。
森の中に、こんな巨大な石が、ごろごろと。
太古の昔からこの姿でこの場所に座っているんだと思うと、なんだか不思議ですね。木々や山や川は形を変えても、この石たちは、地球が無くなるその日まで、ここにドンと座っているのでしょうね。
人間が巨大なものに霊的なものを感じるのは、やっぱりそこに何かがあるのでしょう。写真からも、そんな感覚が、じわじわ伝わってきます。
今回は、ちゃんと回れて良かったですね^^

養老の滝・・・そうか、居酒屋だ( ̄▽ ̄)

lime #GCA3nAmE | URL | 2013/06/26 08:18 [edit]


養老の滝には何度も言ったことがあるのですが(飲み屋じゃないですよ)、
近くなのでしょうか、星見ヶ岩は知りませんでした。
岩がでかそう。鮎が美味しそう。

しのぶもじずり #em2m5CsA | URL | 2013/06/26 19:20 [edit]


夕さん、ありがとうございます!

この日本酒の写真は、ほとんど夕さんのために?載せたようなものです(^^)
きっと夕さんはお酒に反応なさると、もう確信しておりました!
えぇ、美味しかったですよ~。東北の酒みたいにパンチはあんまりないのですが、飲みやすくて、料理にはピッタリな飲み口。でもそれなりに辛口で、さっぱり。
で、やっぱり肴ならぬ魚も載せておこうと……この鮎、いい感じにうねっていて、泳いでいるみたいでした。
帰国した際には、ぜひぜひ美味しい日本酒を!

巨石……日本の石はどちらかというと、自然のままにあるものが多くて、それがたまたま割れ目から夏至の太陽がとか、北極星がとか…なのか、多少の人為が加わっているのか、ただ大きな石に神を感じていて、それを天の動きと合わせて信仰していたというのは、本当に日本人らしい感じがします。
そうなんです。ここ、大きな石はほとんど岩の床です。あまりにもあちこちに石がゴロゴロで、でも周辺は適度に小高い山(丘?)で森が茂っていて、不思議な場所でした。
リベンジ、無事にできて良かったです(^^)
ありがとうございます。

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2013/06/26 21:03 [edit]


ウゾさん、ありがとうございます!

巨石の森、そのものを宇宙に見立てる……
さすがウゾさん、素敵なイメージです。
でも確かに、そんな感じかもしれません。星ヶ見岩というのはこの大きな岩が集合している場所で、いくつかの岩がもたれかかるようになっていて隙間があって…という場所なのですが、メインのその場所以外にも歩けばゴロゴロ…
一応小さな山の一部が星ヶ見公園となっていて、この公園自体が完全に巨石パークです。あちこち、ごろごろ。巨人の子どもの遊び場所だったのかと思うくらい……
それほど人里離れた、という場所でもないのですが、昔は絶対山奥だったと思うのですよね。魑魅魍魎とか野生動物とかいそうだし、そんなところへわざわざ星を見に行ったのですかねぇ……北極星は動かないということで、古くから信仰の対象だったようですが…

ところで、熱は大丈夫ですか?
あまり無理をなさらないように。
今、ウゾさんにお返事を書きながらたこせんを食べていたら、歯が欠けました! びっくり。

彩洋→ウゾさん #nLQskDKw | URL | 2013/06/26 21:19 [edit]


limeさん、ありがとうございます!

そうなんですね、limeさんのおっしゃるとおり、石たちは昔からここに居座っているんでしょうね…地形とかは変わっても、石は多分、これだけ大きいとそう簡単には変わらないものでしょうから……表面はいくらか削れるかもしれないけれそ……
そこに信仰の心を動かされた昔の人たちがいた、そのことも素敵ですよね。
大きさも立派なのですが、ここの石たちは手触りもいいです。触れていると、何だか安心するような感じ。地球に触ってる!という気がするのです。
しかも木々の隙間から、ごろごろあちこちに転がっているのが見えていて、歩いているとわくわくドキドキしてしまいます(^^)…あ、それで、前回は石ばっかり見ていて足元を見ていなくて、こけたんですけれど……^^;
今回は、おかげさまで、無事、みることができました。
リベンジを果たせてよかったです。
次回は9月に、佐賀の巨石パークのリベンジ(これは天候で行けなかった)なのです。また頑張ります(てるてるぼうず作り?)。

そうそう、養老の滝って聞いたことあるよね~とか母と言っていたら、後でよく考えたら、養老乃瀧のことを考えていた…^^;
逆に言うと、養老の滝って本当にあったのね、という感じ^^;
滝はやっぱり、マイナスイオン満載でいいですね!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2013/06/26 21:43 [edit]


しのぶさん、ありがとうございます!

養老の滝、実は普通にあったんだぁ、と納得しました。
でも本当の滝と居酒屋の関係は?
なぜ、華厳の滝じゃないんだろう?????
記事がいい加減ですみません。実は中津川(岩のあるところ)は長野県寄り、養老の滝は滋賀県寄りの岐阜県、間は多分150㎞くらいあると思うのです。
あの日の行程は、安曇野発→中津川(岩巡り)→岐阜城→養老の滝(泊まり)でした。結構移動しましたね……

彩洋→しのぶさん #nLQskDKw | URL | 2013/06/26 22:07 [edit]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/06/26 22:59 [edit]


鍵コメH様、ありがとうございます!

最近、仕事以外の旅にはテーマができてしまい、石をテーマにしています。
というのか、今のペースで回っていたら、見たい石を全てみる前に寿命になるわ…とか気が付いて、いささか頑張っている次第です^^;
海外に行く元気がだんだんなくなってきたので、最近はもっぱら日本の石たち。
ダイナミックなのは石たちでしょうか……旅自体は実に地味な旅なんです……
観光名所にもいかず、誰も来ない山の中へ……
でも、写真を見て、ご一緒に行ったようなお気持ちになっていただいて、嬉しいです!!
また、そんなふうに思っていただけるような石をご紹介したいです(*^_^*)
コメントありがとうございました(*^_^*)

彩洋→鍵コメHさま #nLQskDKw | URL | 2013/06/27 02:51 [edit]


・・・うむ、酒と魚もいいですね。
どちらも大好きですね。
・・・って、それはともかく。

岩は丸み帯びているのもの多いですか、滑るとマジで危険ですもんね。そういうのが怖くて自分では絶対に行かないのですが。。。写真ありがとうございます。
・・・さて、石の記事がなくなってしまった。次はどこを読みましょうかね。。。また自分で探します。ありがとうございました!!

LandM #- | URL | 2013/10/21 06:47 [edit]


LandMさん、ありがとうございます(^^)

旅行の醍醐味のひとつは地酒、ですね(^^)
もちろん、地の美味しい食材と共に頂く……満足です。

ここの岩は花崗岩なんですね。だから、そうなんです、滑るんです。
地面も多分砕けた花崗岩ってところが多いのだと思います。そう、そこでまさに滑ってしまい、去年は捻挫して半年、足を引きずっていました。そこで学んだのは、登山用の杖ですね!
今では岩を見に行くときは必ず持っていきます。
捻挫しても、挫折しても、巨石が私を呼んでいる!のです(^^)
また次の巨石もアップいたします。またよろしくお願いいたします(^^)
読んでくださって、ありがとうございます(^^)

彩洋→LandMさん #nLQskDKw | URL | 2013/10/23 19:17 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/242-116ad1ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)