09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【猫の事件】迷探偵マコトの事件簿(3) 

竹流
limeさんのイラストお礼第2弾!!
ついでに。まだちゃんと推敲していないのに、またまた載せてしまう……^^;
やっぱり、『竹流とマコト』と指名していただいたので、ちょっとシチュエーションは違うけれど、前回の『新たな敵=ネコのぬいぐるみ』編の別バージョンを。
これは、リア友と話していて、あ、そうだ、真はもっとブラックかも、と気が付いてこうなりました^^;

ちなみに、前作(1)(2)はこちらです(^^)
迷探偵マコトの事件簿(1)
迷探偵マコトの事件簿(2)


【迷探偵マコトの事件簿その5:マコト、新たな敵に挑む・ビヨンド】


タケル、遅いなぁ。
あ、帰ってきた。
(でも、この間変なネコ持って帰ってきたから、玄関お迎えになんか行かないもん)

え?
……また新しいネコ?

(ふて寝)
いいよ。別に興味ないし。
どうせ、また、その変な奴と寝るんでしょ。
僕、一人で寝るもんね。
お休み。

…………

…タケル、寝たかな?
……ちょっと様子、見に行ってこよ。

(そーっとベッドに登って…)
げ。こいつ、目開いたまま寝てる。

つんつん。
動かないなぁ。

つんつん。
タケルも動かないなぁ。

…………
(ちょっと辺りを見回して…って、誰もいるわけないか)
がしっと首根っこを咥えて。

ずるずる。
ぼてっ(ベッドから落とす)。
ずるずる。
はぁ、結構おっきい。

……ずるずる。
やっと玄関だ。

(三和土に)ぽいっ!
ついでに!
踏んづけてやる!
えい、えい!

がたん!?

?????

何の音?
こいつ?

逃げろっ!
(必死で走ってリビングに駆け込む!)
あ、ドア、閉めなくちゃ!
仕返しに来るかも!
(ドアには体当たりだよ!)

(しーん。音はしないね)
ほっ。


とりあえず、敵は片づけた。
……
別に僕、一人で寝れるんだけど。
……
きっとタケルが寂しいから、一緒に寝てやるか。


お布団に頭から潜って、と。
向き替えて、と。
ここでいいか。
タケル、寝てる?(そっと見る)

あ、タケルと目が合っちゃった。

え? あいつ?
僕知らないよ。

僕、ここ来たとき、もういなかったもん。
僕、意地悪もしてないよ。

ほんとだよ。

にこにこして頭、撫でないでよ。


でも、ここはやっぱり僕の場所。
うん、結構しあわせ…………………………多分ね。








関連記事
スポンサーサイト

Category: 迷探偵マコトの事件簿(猫)

tb 0 : cm 10   

コメント


くすくす

limeさんの絵、素敵ですねぇ。
マコトの腰の引け具合が、本当に、らしい(笑)

そして、またぬいぐるみを買ってくるとは。
竹流もそうとうのSだなあ。
のせられているマコトがかわいいです。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2013/06/27 03:23 [edit]


素敵なイラストっすね^^
うちもそろそろ拍手企画の方を進めないとw

シュナイダー #- | URL | 2013/06/27 21:38 [edit]


マコトがかわいい。
マコトは悪くない。悪いのはぬいぐるみを連れてきたタケルだ。


うちのねこ2代目もぬいぐるみが嫌いで同じようなことしました。

キャサリン #LkZag.iM | URL | 2013/06/27 22:43 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

本当に、竹流は何となく描きにくいと思うのですよ……作者が言うのもなんですが。
それを、見事に表現していただいて、感無量なのです(^^)
見ていると、あぁ、そうそう、竹流ってこんなんだわ、と思う……(^^)
そして、マコトの腰の引け具合……ネコのようでいて、ちょっと人間っぽい腰つきが、ますますマコトって感じで、大変気に入っています(^^)

そして、そうなんです。
またぬいぐるみ買ってきました。
前のは、マコトが爪とぎにして(ってそれは無理か…)、中から綿を引っ張り出してしまったに違いありません。
ある日、竹流が帰ったら、ぼろ雑巾のようになって廊下に捨ててあったのでしょう。
あまりにも面白いので、また買ってきたという、いじわるな竹流。
こうやって、時々、マコトの自分への愛情を確かめているんでしょうね…
そう考えたら、いじらしい奴だとも思えます(^^)
マコトはバカだから、やっぱり乗せられてるんですよね。
可愛いけれど、結構ブラックな一面も……^m^
もう少し続くかもしれないこのシリーズ。
またいつか、お目にかかることと思います(^^)
コメントありがとうございました(*^_^*)

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2013/06/28 00:42 [edit]


シュナイダーさん、ありがとうございます(^^)

そなんですよ!
素敵な絵ですよね。って、自分のもののように載せちゃってるのですが、limeさんの絵からあれこれ妄想が広がって、楽しいです。

> うちもそろそろ拍手企画の方を進めないとw
あ、何か企画があるのですね。
楽しみです(^^)
拍手したら、何かが出てくる?

コメント、ありがとうございます(^^)

彩洋→シュナイダーさん #nLQskDKw | URL | 2013/06/28 07:32 [edit]


キャサリンさん、ありがとうございます(^^)

> マコトがかわいい。
> マコトは悪くない。悪いのはぬいぐるみを連れてきたタケルだ。
おっと、まさにその通り!なのです……でも……
竹流はマコトがあまりにもツンデレ猫なので、 なんかやってみては、マコトの反応を楽しんでいるのですよね。愛情を確かめている、というのか。
マコトは直接可愛がっても、愛想がないネコなので、こういう遠回しな誘いを……
最初、(4)ではぬいぐるみと竹流の間に潜り込むって話だったのですが、それを読んだ友人は「捨てにいくんかと思った」と。確かに、そのほうがマコトらしい…^^;

> うちのねこ2代目もぬいぐるみが嫌いで同じようなことしました。
あ、やっぱりそうなんですね。
このやろう!って気持ちだったんだろうな。
対抗意識? それとも動かないくせに似ているのが気持ち悪い?
ネコの話題を書いていると、勝手に出てくる宣伝がいつも『ねこの気持ち』なので、面白い…(^^)
コメント、ありがとうございました(^^)

彩洋→キャサリンさん #nLQskDKw | URL | 2013/06/28 07:39 [edit]


んー!!もうヤキモチかわゆすですっ!!たまりませんっ!!!ネコってプライド高いくせにさみしがり屋さんっぽいですもんね(笑)
中でもこのマコト君はほんとにもうっ!!
基本ツンデレ大好きの私としてはたまりませんー!!

ぐりーんすぷらうと #- | URL | 2014/03/18 11:40 [edit]


ぐりーんすぷらうとさん、ありがとうございます(^^)

あ、ぐりさん! ありがとうございます(^^)
そしてツンデレマコトに萌えていただいて嬉しいです。
確かにこの辺り、いじけモード全開のマコトでした。
本編の真も、性格的には猫系ですが、もっといじけ度が高いかも^^;
その辺マコトは猫なので、結構素直。話が進むと、かなりかわいい~って感じがします。
ツンデレを通り越して、甘々?
楽しんでいただけて何よりです!
コメントありがとうございました(*^_^*)

彩洋→ぐりさん #nLQskDKw | URL | 2014/03/19 06:44 [edit]


小学校二年生のときでしたか。
当時の私は猫を怖がっていましたので、これはいけないと母が思ったそうで、近所で猫をもらってきました。
たぶん、母は猫好き、同居していた祖母が生き物嫌いだったので、私が猫を怖がるからというのは口実だったのだと思います。

母の策略によって完璧猫好きになった私は、それから何匹の猫と暮らしたことか。

今回のマコトちゃんみたいな猫の想い出、ありますよ。
ぬいぐるみの動物の大きさにびっくりして飛び上がり、逃げていった猫やら。
ふぁーっ!! と威嚇した猫やら。

でも、大人猫はたいてい「ふん、あんなの生きてないし」ですよね。
マコトちゃんも子どもだから、こういう反応なんですね。
可愛い……ああ、もう、可愛い。

マタタビは、うちのくぅは枝のみ好きです。
枝だったらなめて噛んで食べちゃいますが、香りだけだったりすると興味ないようで、マタタビの匂いつきおもちゃにも興味なさげです。

ところで、マコトちゃんは幼稚園児くらいの感じでいいのですね?
またマコトちゃんを書きたくなってきましたよぉ。

あかね #- | URL | 2015/04/19 01:34 [edit]


あかねさん、ありがとうございます(^^)

おぉ、あかねさんの猫歴史にはそんな過去があったのですね。なるほど、それはきっとお母様の策略に違いありません。お母様も猫が飼いたかったのですね~
うちの母は昔猫を飼っていて、その猫が死んじゃった時にあまりにも悲しかったので、もう動物は飼わないと決めていたようです。でも私が駅で捨てられていた猫を貰ってきて、数日だけなら、と言って面倒を見ていたら、結果的に飼うことになっていました。うちの父は猫が大嫌いだったのですが、そのうち、うちの猫をいじめる猫に石を投げていました(おいおい)。

動物、というよりも、大きなものに反応するんでしょうかね。
ぬいぐるみ、飼い主は良かれと思って与えても、ナンノコッチャ、でしょうね。
大人ねこは、ええ、もちろん、「ふん」。このつれなさがまたいいんですけれど。
マコトは家ねこなので、とにかく見るもの聞くもの、みんな不思議なんでしょうね。いや、うちの猫だって、小さい時は可愛かった……(遠い目)
マタタビも、猫によって好き嫌いがあるようですね。

マコトを書く時のイメージは3歳~幼稚園児くらいのイメージです。だから色んな顔をします。なかなか大人にならないのは、作者の陰謀です。そのうち、ふてぶてしくなったマコトを書くのか……いや、ふてぶてしいのは真のほうがやってくれているからいいことにします。
コメントありがとうございました!!

> ところで、マコトちゃんは幼稚園児くらいの感じでいいのですね?
> またマコトちゃんを書きたくなってきましたよぉ。
やや。嬉しいお言葉です!

彩洋→あかねさん #nLQskDKw | URL | 2015/04/19 19:30 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/244-a2ff7c46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)