06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2013/6/29 紫陽花百面相とダースベイダーの子育て 

*今日はもうひとつトラックバック記事があります→トラックバック:竹流のイラスト(^^)
 小説ブログ「DOOR」のlimeさんが描いてくださった竹流のイラストについての記事。
 続いて読んでいただけると幸いです(^^)(^^)

さて、週末の庭の花コーナーは紫陽花百面相です。

DSCN1107_convert_20130629124547.jpg
上の2枚の写真、同じ紫陽花です。
紫陽花って、本当に不思議ですね。
土がアルカリ性か酸性かによって変わる……花が咲くための土壌でこんなにも様子が変わる。
でも、実際に同じ株で同じ土に咲いているのに、色が違う。
時には、咲いた後でも色が変わる。

移り気という花言葉ですが、この変化には深いものが含まれているような気がします。
さて、その百面相、少し楽しんでいただければ。
DSCN1114_convert_20130629125358.jpg
DSCN1113_convert_20130629125259.jpg
咲き始めは白く、そして徐々に色づいていく。でも夜見ると、真っ白に浮かび上がっているのです。
さぁ、どちらが本当の姿なんでしょうか。

DSCN1116_convert_20130629124719.jpg
DSCN1101_convert_20130629124901.jpg
上も同じ株の同じ花。

DSCN1100_convert_20130629124834.jpg
DSCN1104_convert_20130629124952.jpg
移り気なのか、変化自在なのか。あるいはその顔は始めから一つではないのか。
紫陽花には想像力を掻き立てる何かがありますね。
下の2枚は別の花ですが、紫陽花の種類って3000種類以上あるとか。
DSCN1108_convert_20130629124755.jpg
DSCN1105_convert_20130629125023.jpg

さて、紫陽花の花を撮っていたら、荷物が届きました。
AMAZONさんに注文していた本です。
以前、新聞に宣伝が載っていて、いつか読もうと思っていた本ですが、本屋に行くのが面倒で。
DSCN1119_convert_20130629125553.jpg
4歳のルークを育てるダースベイダー……4歳のルークは『何で、何で?』攻撃。
「ルーク、一緒に来るがいい」「なんで」「ほかに道はないからだ」
「どうして」「どうしてもだ」「なんで? どうして?」
もう面倒くさい、どうやらシングルファーザーのダースベイダー。
DSCN1118_convert_20130629125530.jpg
「そして父と息子としてともに銀河を支配するのだ!」
「そしたらおやつくれる?」

私としては、レイア編のほうが面白いと思いました。
反抗期のティーンエイジャーのレイア、彼女の割と男前な性格もよく出ていて、面白い。
どちらかを読まれるならレイア編をお勧めいたします。
ハン・ソロの扱いが、面白すぎて……^_^;
DSCN1117_convert_20130629125507.jpg

さらに、大好きな博物館もの。
旅に出たら、特に大きな街の場合には、必ず博物館に行きます。
日本でも海外でも同じです。博物館には、その町や地球上のどこかからやってきた太古からの記憶が眠っている。
不思議な気持ちになります。
DSCN1120_convert_20130629125618.jpg
最近、ある遺跡(古墳)発掘現場付属の博物館に行ったとき、バックヤードを見せていただきました。
下は、本のページの写真ですが、まさにこんな感じ。
この中には本当に「眠っている」のですね。
いったい、日の目を見ないものがどのくらいあるのか。
考えてみたら、もったいないような。
こうやってしまわれて、いったい何になるのか。
新聞で、〇〇博物館で(〇〇美術館で)XX発見、という記事があって、最初はどうしてそんな場所で「発見」なの、と思ったのですが、この写真を見ていたらこの中から「発見」するほうが難しいかもしれない、と思いますね。
どことも知れない土の中から発見されるか、この整理された果てのない堆積のなかから発見されるか。
大切なものは、いつでも足元にあるのですよね。
拙作【清明の雪】の章題に使った言葉、座右の銘です。
『汝の足元を深く掘れ、そこに泉あり』
この写真を見ると、『Xファイル』で、『最重要機密』として木箱に入れられて、すごい倉庫に仕舞われる『謎の物体』を思い出してしまいました。
DSCN1121_convert_20130629131041.jpg
下のような絵も好きなんです。
これは絵画ではなくて記録なので、描き手の個性はなくていいはずだけれど、それでも描き手の何かがにじみ出るようなこの記録。いつも博物館でこういった絵に魅入ってしまいます。
DSCN1123_convert_20130629131107.jpg

週末。これからリアル仕事が少しだけ忙しいので、あれこれ不規則な更新になりそうですが、時々遊びに来てくださいね。
新しいテンプレートに少し慣れてきたところですが、これ、いかがでしょうか。
小説ブログとしては、時々気がついたら誤字や脱字をチェックしているので、各記事にeditボタンが欲しいのですが、どうしたらいいのか分からないので、とりあえずそのままです^^;

あれこれ話が飛びまくっているブログですが、これからも皆様に楽しんでいただけたら幸いです。

関連記事
スポンサーサイト

Category: ガーデニング・花

tb 0 : cm 6   

コメント


確かに紫陽花は不思議な花ですよね。
土壌によって変わりますし、月日によっても変わりますからね。そこに風情がありますからね。面白い花ですね。

LandM #- | URL | 2013/06/29 17:43 [edit]


まず、記事編集のことだけ

もし、おっしゃっているのが、「管理ページの記事の編集に飛びたい」ということでしたら、テンプレートにこのタグを貼付ければいいのではないでしょうか。

「テンプレートの設定」の「HTML編集」のところを念のために丸まるテキストエディタにコピーしておきます。もし、おかしくなったらすぐにそれをコピペで戻せばいいので。

そして、下のタグを、そのままコピーして、「記事編集」をくっつけたいところに貼付けます。
----この下から-----------------------------

<!--記事編集 ここから-->
 <a href="http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=<%topentry_no>" target="_blank">記事編集</a>
<!--記事編集 ここまで-->

-------この上まで-------------------------------
問題はどこに貼付けるのかってことですよね。

もし、出来ないようでしたら、改めておっしゃってくだされば、メッセージなどでもう少し詳しく説明しますので。

ちなみに動作確認のために、私のブログにもくっつけてみました。各記事の日付のあるところの一番右に。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2013/06/29 20:28 [edit]


 こんばんは。
おおっ 池澤夏樹さん 僕も持ってますよ!!!!
池澤さんのお父さんの福永武彦さんも 植物をスケッチして 植物辞典のような本出していますが 
あれも味のある いい本でした。
あははっ 大切なものは 足元にある… ギリシャの博物館で 博物館の中の地面を 
まさに発掘していて 出土品を展示していました。
建物の中で 突然 穴があいていて土が盛られていて…
あれは 博物館が先なのか 其れとも 発掘が先だったのか謎です。

ウゾ #- | URL | 2013/06/29 20:45 [edit]


LandMさん、ありがとうございます!

そう、紫陽花って、本当に同じ株がふたつとないのじゃないかと思いますよね。
そしてひとつのぼんぼりの中にたくさんの小さな花。
人の心もこういうたくさんの小さな心の集まりなのかもしれませんよね。
このたくさんの顔を持つ感じが私たちを惹きつけて、6月になったら、みんな紫陽花を思い、感じるのでしょうか。確かに不思議な花です。
そう言えば、LandMさんの連載中のお話、紫陽花がテーマになっていましたね。
花言葉がどんなふうに生かされていくのか、楽しみにしています。
コメントありがとうございました(^^)

彩洋→LandMさん #nLQskDKw | URL | 2013/06/30 01:15 [edit]


夕さん、ありがとうございます!!

夕さんのブログにお礼を書きに行っちゃった後ですが、こちらでももう一度お礼を述べたいと思います(^^)
本当に、編集のページを見ると、頭がくらくらするので、どうしようかと思っていました。
でも、夕さんのコメントを拝見して、何となくそれっぽところにコピペしてみたら、なんと!
一発OKでした。確認したら、ちゃんとできていました。
これでちょこちょこ確認したら直せます\(^o^)/
本当にありがとうございます!!!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2013/06/30 01:19 [edit]


ウゾさん、ありがとうございます!!

あ、またウゾさんと興味の向きが重なりましたね!
実はこの池澤夏樹さんの本だけは、今日届いたものではなくて、ずいぶん前に購入したものなのですが、博物館つながりでついでに一緒に並べてみました(^^)
本当に博物館、好きなんです。
友人がボストンに住んでいたころ何度か行ったのですが、そのたびに大学の各博物館に入り浸りでした。
何回も行って何が面白いのかと言われましたけれど、天井につられている恐竜やクジラの骨だけでテンションあがりまくりです。

海外では、遺跡の上に博物館ってのはよくありますよね。
動かせないものがある場合はそれが便利で良さそう。
そもそもあの辺りは、古い時代の街の上に新しい街を積み重ねているので、足元にはいつも何か埋まっているんですよね……
キリスト教の教会の下にはローマ時代の遺跡、その下にはエトルリアの遺跡……
ギリシャも同じなんでしょうね(^^)
そう言えば、私の通っていた大学は敷地が大通りを挟んでいて、地下に通路を抜こうと思ったら、遺跡が出てきて面倒くさいのでやめたとか。
だから開かずの扉がある……(^^)
コメントありがとうございました(*^_^*)

彩洋→ウゾさん #nLQskDKw | URL | 2013/06/30 01:31 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/247-214a6397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)