07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2013/7/13 熱中症/TOKYO 

DSCN1261_convert_20130713094934.jpg
東京も4日目。今日は夕方から青山劇場で舞台をひとつ見て、最終の新幹線で帰ります。
最終に間に合うか、ちょっと心配していますが、もう1泊するのはしんどい!と思い、決死で帰ります。
三谷幸喜氏・大泉洋ちゃんの『ドレッサー』に始まり『PLAY/ZONE』に終わる今回の出張。
いえ、メインはあくまでも出張です。出張と日がずれていたら設定しなかった観劇ですので…
でも東京でしか味わえないものがありまして。
(すみません^^;決してジャニオタではないのですが、屋良朝幸さんのファンなのです。ついでに今井翼氏のフラメンコならぬツバメンコのファンでもあります。スペイン語講座に出ていた彼は、私の語学講座ファンの心を鷲掴みにしました)
仕事面では、一昨日、昨日で自分の義務は終えましたので、今日はもう完全にだらだらです。午後から少しカンファレンスに参加するだけ。

昨日、会場で、あまりの人の密度と節電のために、熱中症で三人ばかり倒れました。
いやもう、この異常な中での会議とか勉強会とはあり得んでしょう、という環境です。
いえ、心頭を滅却すれば火もまた涼し、ですか?
正直、一生懸命準備したり頑張ったりしてきたのに、ここにきてこんな環境でpresentationとかさせられて、倒れてたら話になりません。
申し訳ないけれど、まともに頭を働かせるには、いささか環境は大事と思われます。
節電にもほどがあるというのか。
そう言えば、家族が節電を頑張りすぎて、熱中症で運び込まれ、命は助かったけれど障害を残したお子さんもおられます。お年寄りは、ニュースでもよく取り上げられますが、亡くなる方もおられます。
節電。わかります。分かるんですけれど、時と場合に寄らないか???
そこはそんなに冷さんでも、というところは異様に冷えているのに。
資本主義ですから、買い物環境の場所は、本当によく冷えていますね。

DSCN1258_convert_20130713095102.jpg
さて、東京。
このところ、会議やカンファレンスやあれこれの東京率が高くなりました。
新幹線が品川辺りに入ってくると、心拍数が上がるのはいつものこと。なぜか緊張してドキドキしてしまうのです。
多分、高い建物がたくさん並んでいる景色自体が怖いのです。
この下の土地は……地球は……とか考えてしまう。
でも、中に入って、自分がその中の道を歩いている一員になってしまうと、違和感が無くなる。

DSCN1245_convert_20130713095034.jpg
東京は本当に不思議ですね。
一言で言うと、雑多。
すごいオフィス街と古い人家が当たり前に隣り合っている。
ビルの谷間に学校や保育園。
情報だだ漏れのスパイ天国。
大都会だけど奇妙に公園や緑が多い。
大きな幹線道路と、複雑に入り組んだ古い道。
駅前の風景は、よく見ると結構違う顔をしている(そういう意味では、最近関西の駅前のほうが、駅ごとの特徴がどんどんなくなっていっている)。
大きな劇場や美術館、博物館(私が最も愛するのは科学博物館)と、数えきれないアングラな劇場。
そして、明治神宮もそうだったけれど、外国人率の高さ。
上の写真、代々木公園の中では、ランニングする人、サイクリングのひと、休んでいる人、騒いでいる人、そして未来の芸人を目指して練習する漫才コンビ、などなど。
DSCN1244_convert_20130713095153.jpg

田舎者の私には、結構つらいのですが、あまり頭痛はしない。
梅田に行くと頭痛がするのですが……その違いは、狭いところにたくさん人がいるか、広いところにたくさん人がいるかの違いかも。酸素の薄さ、かしら??
それとも、都会だから、あえて多い緑のお蔭かしら。
でも、東京には住めません。高いビルが怖いから。
DSCN1249_convert_20130713095216.jpg
都会の中の一輪の花。
DSCN1241_convert_20130713095009.jpg
沢山の花。
DSCN1214_convert_20130713095238.jpg
そして、願いをしたためる人々(多分、ほとんど日本人はいない)。
沢山の人生と、たくさんの想いと、そして複雑に入り込む現実、格調高い文化と薄暗い欲望。
魅力に取りつかれた人も多くいるのでしょうね。


今日、帰ります。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 旅(あの日、あの街で)

tb 0 : cm 10   

コメント


トップの写真がきれい・・・どこのシティー? と思ったら、TOKYOだったんですね。素敵です。

東京好きですねぇ。ぷらぷら歩きたいです。
原宿では買い物にいそしむ友人としばしバイバイして、明治神宮に行きます。
明治神宮でご結婚の儀(?)に遭遇したことがあります。2回。伝統的で良かったです。

お仕事ですと、なかなかのんびりもできなかったのでは?
私も東京は仕事絡みが多いのですが、仕事抜きで行きたいですね。

お気をつけてお帰りください^^

けい #- | URL | 2013/07/13 11:49 [edit]


(絶対安全な)高い場所は好きなので、展望台から街をずっと眺めていたいです^^
バカとなんとかは、高いところが好き・・・とか、言いましたっけ><

それにしても、暑いですよね。
節電は大事だけど、人間が脆い生き物だってことを、もっと念頭におかなければ。クーラーだけは、やっぱり必要ですよ。
それにしてもわからないのが、この炎天下で持久走や避難訓練をさせて、生徒を病院送りにする教育機関。何を考えてるんだと、ニュース見ながらプンプンです。

あ、話が飛びました。
そうか、大阪のキタとかミナミで、人酔いしてしまうのは、あの密度なんですね。交差点渡るのにも接触必至。「あ、すみません」を何十回も言わねばならないのは、大阪だから?
でもやっぱり大阪人は、大阪にしか住めないのかなあ^^。

お疲れ様です。帰ったらゆっくりしてくださいね。

lime #GCA3nAmE | URL | 2013/07/13 12:42 [edit]


東京は雑多ですからね。東京のみならず都会というのはそれだけで雑多ですからね。色々な人が色々な思惑で生活をしている場所です。そういう色がかなり多く交じり合って雑多という色を醸し出しているのだと思います。

LandM #- | URL | 2013/07/13 22:37 [edit]


節電で熱中症ですか……

日本の努力の方向って、首を傾げたくなることが多いです。熱中症で死ぬかもしれないという暑さでも節電のためにクーラーは入れないというわりには、星空が見えないほどに明るいネオンはそのまま。(東日本大震災の数ヶ月後、節電で暗いと友人が騒ぐ東京に行きましたが、あまりの明るさに私はくらくらしました)トイレにはウォシュレット。お店は朝から晩まで開いているし。こっちにはそのどれも皆無ですが、不便だという意見すら聞きません。それに、八月のイタリアなんて、ほとんど誰もまともに働いていないけれど国がなくなるわけじゃない。だったら日本もこの猛暑の時にもっと休みを取らせればいいのに。お盆の時期の東京って、氣温が二三℃下がるんですよ。それだけ24時間営業しまくる大都会はエネルギーを使っているんですけれどね。

そうはいっても、お勤めの身では自由にはいかないことも多いでしょうから、まずは自衛の意味でもご自愛くださいませ。

ところで、ずっと東京で育ちましたので、きっとまた住むことになってもすぐに馴染むでしょうが、今は、ずっとここでいいかなと思ってしまっている自分もいます。反対に大阪には住めないような。受け入れてもらえなさそう。

道中、お氣をつけて。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2013/07/13 22:44 [edit]


出張お疲れ様でした^^
大海さん、東京にいらっしゃる事が多いみたいなので
機会があれば、お茶でもご一緒できれば嬉しいのですが…。
私に休みがなさすぎて無理だろうなぁ(っ_・、)

私は東京生まれ、東京育ちなんですけどね?
いわゆる、下町で育ったせいか
都会は苦手です(>_<)

東京生まれの私が言うのはおかしいかもしれませんが
新宿の高いビルに囲まれて空を見上げた時
「ぁぁ…都会の空はなんて窮屈そうなんだろ」
って思いましたよ^^;

ako #- | URL | 2013/07/14 02:12 [edit]


けいさん、ありがとうございます(^^)

> トップの写真がきれい・・・どこのシティー? と思ったら、TOKYOだったんですね。
そうなんですね。写真って不思議だと思いました。
実は肉眼で見ている時は、こんなに青い景色ではなかったのです……もう少し白いというのか。
それが、ファインダーを通してみたら景色の色が変わって。
カメラって、何を捉えているんだろうと不思議に思います。

東京、街散歩を始めて楽しくなりました。
街の顔が色々あることに気がついてから、かな。
中に入って歩いてみないと分からないことっていっぱいありますね。
それに、結構緑が多いので散歩にはいいですよね。
坂も多いので運動にもいい??

そうなんですね、仕事で行くことが多い東京。
上手く時間をやりくりして少しあちこち歩くと楽しいのですが、ちょっと1日滞在を延ばすとかしないと遊べません^^;
神社での結婚式に遭遇。そういうのもいいですね。
私もイタリア旅行中、結婚式にもお葬式にも遭遇したことがあります。
旅先とかで人生の節目の儀式に出会うって、何だかその世界の一員になった気がしますね……

取りあえず、帰ってきて昨日は寝ちゃったので、お返事が遅くなりました。
コメント、ありがとうございます。昨日新幹線の中で『夢叶』を読み始めてみようと思い、最初のページを開いたのに……その前に晩御飯食べたら睡魔が……
改めて出直します(^^)

彩洋→けいさん #nLQskDKw | URL | 2013/07/14 11:11 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

安全…かどうかはかなり微妙ですよね。いや、きっと安全だからこそ高い建物を作っている、のだろうとは思うけれど……
ガラスでシースルーのエレベーターとか、ガラス張りで足元までの窓とか、とにかく見えることでダメなんですね。見えなくて薄い壁とか床よりも、分厚いガラスが安全と言うのは分かるんですけれど^^;
だから高さに寄らず、結構見える系はだめで、歩道橋とか怖いんです……^^;

そう、夏!
よく建物を建てるときは、夏を基準に(夏を想定して)建てなさいというのを聞きます。
冬はまぁ、ある程度着込んでたら何とかなるし、そもそも最近の家は密閉度が高いので寒すぎることにはなりにくい(除く北海道)。
よくテレビに、採光の多い、ガラス張りみたいな家が出てくるけれど、もってのほかですねぇ。
あれは温室ですよね。死んじゃいます。
クーラー、本当に必要ですね。
夏の運動はとにかく気をつけなくてはなりませんね。

> そうか、大阪のキタとかミナミで、人酔いしてしまうのは、あの密度なんですね。交差点渡るのにも接触必至。「あ、すみません」を何十回も言わねばならないのは、大阪だから?
そう、私も、大阪のほうが東京の街(例外は東京駅)よりも歩きにくい。
東京駅が例外なのは、そこに東京の人はいないから、かも。
大阪って、みんな好き勝手歩いていませんか?
流れに沿わない人がいるというのか、いかにも大阪って感じなのですが。
それが狭いところでひしめくから、人口密度が高い+みんな自分の方向へ進む……
ま、大阪っぽくていいのですけれど。
でも、私も大阪は好き。自分は北摂の生まれ育ちなのですが、親戚にはナニワのおっちゃんポイ人もおり、こてこて系です。多分、関西が基本的には好きなんですね。
大阪、神戸、京都の顔の違いも、全部に住んでみてしみじみ感じます。
が、やっぱり梅田を歩くと頭痛が……^^;
酸素、かなぁ??

> でもやっぱり大阪人は、大阪にしか住めないのかなあ^^。
はい、いまだに、東京でエスカレーターの右に立つ大阪人が好きです。
でもあれって、大阪人(近畿人)だけなんですね(関西一円ではなく)。
大阪万博の名残だとか。じゃあ、大阪人だけが国際的なんだ!(エスカレーターだけ^^;)
かく言う私も、ぼーっとしていると右に立っています。

コメント、ありがとうございます。今日は庭掃除~何か書きたいなぁ。

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2013/07/14 11:44 [edit]


LandMさん、ありがとうございます(^^)

はい。本当に雑多で面白い。
でも記事を書いてから、大阪の雑多感と東京の雑多感はやっぱり違うなぁと思いました。
大阪の雑多感はまさにおもちゃ箱。なんでも、適当に、混ざって入っている。
でも子どもは(住んでいる人間は)、そこに何が入っているのか、どこに入っているのか、ちゃんと知っている。
自分の箱だから。
東京は、その箱自体がいっぱいある感じで、隣の箱の中身は分からない感じ。
どちらも違う雑多感で面白いなぁと思います。
しかも、東京の地の人はともかく、働いている人は東北系、多いですよね。
ある時、婚姻の状況を調べてみたら、東京以北(関東以北)と関西(名古屋よりも西)の人間が結婚する率は、国際結婚まではいかないけれど、結構低いのだという統計にぶつかりました。
なるほど、決め手はうどんの汁の色か!と思いました(^^)
コメントありがとうございます(^^)

彩洋→LandMさん #nLQskDKw | URL | 2013/07/14 11:50 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

確かに、日本の努力の方向、かなり変ですね。
というのか、極端に走りやすい。自分の頭で反芻して考えるのがうまくできていないのかなぁ。
ちょっと考えたら分かるやろって思うことも、流されていきやすいですものね。
ネオンは、私も余計と思います。
やっぱり資本主義・商業主義で国が動いていますから、そこには踏み込めないのかしら……
地下鉄も、寒すぎるときがあるんですよね。
ただ、中途半端に冷やすのが難しいのかなぁ……地下街というのがいかに熱のこもるところか、という。
北海道の暖房が半端ない(家の中では半袖)というのも、中途半端に温めるのが難しいから(それだけ外が寒い)なのかもしれませんね。

トイレにはウォシュレット、24時間営業のコンビニ、必要以上に明るい照明。
どれも本当に無駄なのかもしれません。
でも、ウォッシュレットは痔に苦しむ父親(紙でお尻を拭くと出血するので、トイレの度に洗面器にお湯を入れて持っていっていた)のために、その息子が一生懸命、開発したもの(水を使うところで電気を使うという難しさも乗り越え)。私たちのようなやむを得ず夜昼関係なく働かざるを得ない種類の仕事をしている人間にとっては、コンビニの灯りは支えになることも……。照明は、明るいけれど、暗いと犯罪が増えるというのが都会の悲しい宿命。
ないならないで、何とかなるのかもしれないと思うものの(私も田舎好きで、子どもの頃はトイレはどっぽんで家の外、お風呂は五右衛門で週に2回しか焚かないのが普通だったので、もう一度その生活をしなさいと言われたら、最初は戸惑うだろうけど、何とかなりそうな気はする)、一方でこれらの便利さにに助けられているのも事実だなぁ、と思うこの頃です。良し悪しの話ではないのですが……

> 八月のイタリアなんて、ほとんど誰もまともに働いていないけれど国がなくなるわけじゃない。だったら日本もこの猛暑の時にもっと休みを取らせればいいのに。
それはいい考えだなぁ!!
でも、そんな法律?ができても、うちの仕事は季節が関係ないのが残念。お盆も関係ないし、正月は一応休みだけど、むしろ長期休みには客が増える……う~ん、全体的に休み方が下手な国民ではありますね。

> ところで、ずっと東京で育ちましたので、きっとまた住むことになってもすぐに馴染むでしょうが、今は、ずっとここでいいかなと思ってしまっている自分もいます。反対に大阪には住めないような。受け入れてもらえなさそう。
東京はそういう意味では懐が深いですよね。常にいろんなところから人が入って来ていて、受け入れてきた。
大阪は確かに排他的かも。
自分にあった場所って、どこかにあるのかなぁ、いや、やっぱり今いる場所かな、と思ったりします。
いや、でも神戸は微妙。嫌いじゃないのですが。

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2013/07/14 12:15 [edit]


akoさん、ありがとうございます(^^)

> 大海さん、東京にいらっしゃる事が多いみたいなので
> 機会があれば、お茶でもご一緒できれば嬉しいのですが…。
> 私に休みがなさすぎて無理だろうなぁ(っ_・、)
あぁ、そんな素敵な計画、あったら嬉しいです。でも、本当にakoさん、お忙しそうですものね。
仕事、お子さんのこと、それだけで24時間あっても足りなさそう。
とにかくご無理をなさいませんように。もしもまたチャンスがあったら、そのうちいつか…!

> 私は東京生まれ、東京育ちなんですけどね?
> いわゆる、下町で育ったせいか
> 都会は苦手です(>_<)
何だかわかります。東京って、東京の中に都会の部分と下町(普通の町)の部分があるんですよね。
隣り合っている。と言うより、入り組んでいる。
東京と言う言葉でひとくくりにできないけれど、ひとくくりにして東京。
だから魅力的なのかなぁと、最近歩き回って思うようになりました。
もっぱら、竹流のマンションのある築地、真の事務所のある新宿、真が結婚後住んでいた白山神社あたりへの出没率が高い私ですが(単に好きなだけ? いや、出張先がそのあたりに多いのかも……)、その3つだけでも違う顔で面白いです。
でも、空は確かに、見る場所によって本当に顔が違いますね。東京の中でもきっと本当に違うんだなぁ。
私は京都が長かったので、空は山に囲まれているもので、東西南北は山で確認していましたが、神戸に来たら海から吹く風で確認しています(基本山を切り開いて開発した町ですから、実は山の中で、かえって山の形は見えない)。

大きな街でも何か住む人にしか分からない空の見え方があるのだろうな。
そう言えば、竹流のマンションのベランダから見る空が建物の形で五角形に切り取られていると真が言っていて(彼は空自体が天然プラネタリウムと言う場所で育っているので)、でもその空は住む人間だけが所有する空だ(ある意味、贅沢な気分だったかも)と感じていたようです。
北海道の空は自分の空じゃないですから……自分はその大きな世界の一部で、世界に自分が所有されている。
同じ空なのに、見え方によって、本当に違うのだなぁ。
熊本で、阿蘇のてっぺんで、でかい空を見たら、本当にそう思いました。

彩洋→akoさん #nLQskDKw | URL | 2013/07/14 12:35 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/262-ecc85e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)