06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2013/7/19 【天の川】進行中/しみらーという名のお化け 

大海初の恋愛小説【天の川で恋をして】、まったり進行しています。
披露宴・二次会も終わり、いよいよ、夏海がうだうだしている過去の事情を探りに参ります。
お楽しみに。

さて、先日、フリーハンドで描いたお化けの出所を。
(ちなみにお化けの居場所はこちら)

昔、ノートに小説を書いていたころ、あれこれ誤字も多くて(それでも今よりはたくさん漢字が書けたなぁ)、友人から指摘されることも多々あり。
私が「錯覚」を「錯角」と書き違えた時、友人が書いた絵は下の絵の左の図。
「あんた、錯角はこれやで」、と。
「あ、ほんとだ。こっちの「錯覚」のつもりだったのに、間違えちゃった」と右のような絵を描きました。
そう、暗闇では干してあるシーツも幽霊に見える、という図ですね^^;


で、この幽霊くんが、先日登場したわけです。
この子のことを、私は「しみらー」と呼んでいました。
そう、similar……似たような。
この幽霊くんを2つ描いて、しみら~とか言って喜んでた、おバカな中学生でした。
でも怪獣の名前みたいで可愛いと思いませんか?
snap_oomisayo_20137518143.jpg
   ↑…しみらーの図


ノートに小説を書いていたころ、ノートの空白には落書きがものすごくあって、今でもそれは結構宝物。
何故かというと、落書きには、そのころ自分が何を読んでいたか、観た映画の感想や、時にはアポリネールやロルカやリルケの詩、小説の内容についてどうしてこうなっているのか、覚書、さらにどうでもいいようなこと、音川音二郎(京都殺人案内の)氏へのラブレターまで、あれこれ吹き出し感覚で書かれているのですね。
それから、友人の細かい突込みがもう山のように…^^; 時には1行ごとに…^^;
まぁ、突っ込みどころ満載だったわけですが……^_^;
本当にねぇ、読み返したらびっくりします。
いえ、怖くて読み返せません。
……でも、もしかして、以前も少しご紹介した、真の曾孫の真(ロックンローラーだよ)の話(青春物語?)をアップしようかな~とか考え中。多少の文章の手直しはいるけれど、ほとんどそのまま出す予定。うち込まなければならないのが面倒だけど。でも、今の私には書けない青春もの。


以下予告です。
今週末【天の川で恋をして】、ホラー編(嘘だって)が終了します。
カウンター置いてから500の記念に、八少女夕様に頂いたお題、『指揮者の出てくる話』をアップします。テーマ曲は、マーラーの五番。
【死者の恋】再開します(きっと!)。
【百鬼夜行に遅刻しました】を来月のStellaに間に合わせたい~
まったり、【海に落ちる雨】更新。こちらは、ライオンを素手で絞め殺せるという都市伝説のある外国人元締めと真の対峙、竹流の恋人(の一人)である女刑事と真のバトル?、竹流の仲間 (そして竹流を想っている)・ゲイバーのママとのバトル?……13章は盛りだくさんです。

気持ちだけは前向き^_^;
と言っている間に、カウンターも地味~に1000を超えていました…ありがとうございます。
本当に辺境ブログ、僻地医療もしくは離島医療、あれ、医療じゃないか、のようなブログですが、ご訪問くださる方がいて、幸せです。
特に、トップ記事の【道先案内】の拍手が、すごい嬉しくて励みです。
重ね重ね、ありがとうございますm(__)m

1000記念とかをする余裕、というのか、隙がなかった(..)
というわけで、1111を踏んだ方はお知らせください
ぞろ目賞が出るかもしれません(*^_^*)
しみらーだったりして(・・?

関連記事
スポンサーサイト

Category: NEWS

tb 0 : cm 4   

コメント


 こんばんは。
シーツお化けの誕生譚ですね 可愛いです。
何か 青春の妙な くすぶっている熱の熱さ… ノートに書き込まれていたのですね 
しみらー君?? しみらーちゃん?? ああっ 性別なしなのかなぁーー
ああっ いいですね 青臭くて 妙な微熱に浮かされた様な青春物語 書いてみたいなぁ。
1111かぁーーー 難しいなぁ 踏みたいなぁ…

ウゾ #- | URL | 2013/07/19 20:39 [edit]


いいなあ

自作小説を仲間で読みあう青春時代。
そういう友達、この歳になるまで(ブログをはじめるまで)皆無だったからなあ……。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2013/07/20 02:27 [edit]


ウゾさん、ありがとうございます(^^)

そうそう、私の心のキャラ、みたいなの、いますよね。
この子はまさにそんな感じで。所々に落書きされている……オリジナルの場面はもうどこなのか分からないのですが。
確かに、性別は考えたことがありませんでした。でも小さい男の子っポイかも?
いえ、やっぱり性別はなさそうですね。
しみらーと、呼び捨ててやってください。
まさか、ウゾくんの世界でコラボ、もありかも。夏だし!

ウゾさんの年齢で、かえって「青臭くて 妙な微熱に浮かされた様な青春物語」って書きにくくないでしょうか? 照れますよね。
これは私が大学生の時に書いたので、ちょっと通り過ごした後だったから書けたのかも。
作家さんには、ものすごくお年なのに、すごく青い話を書いておられる方もおられますよね。
通り過ぎると、少し離れて冷静に書けるのかなぁ?
それとも永遠の青春をやっている人、なのかなぁ。恋愛小説もしかり、だけど。
いや、書けない人は書けないのかも。逆に書く人は、経験がなくても書くのかも。
ウゾ節の出る幕がないのはいやだしなぁ。
でも、青臭さとウゾ節のコラボ、みてみたい気もします。

> 1111かぁーーー 難しいなぁ 踏みたいなぁ…
きっと、みなさんが名乗ってくださるわけでもないと思いますので、もし近かったらぜひどうぞ、というのか、お願いします(^^)
(無視されたら、いささか寂しい^^;)

彩洋→ウゾさん #nLQskDKw | URL | 2013/07/20 08:28 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

> モンタネール(なんか洋菓子のメーカーみたいw)
あはは~(o^^o) それってモンぱるなす?的な? なんか響きとして分かるような気がします。
あ、コメントのお返事が遅くなっていて済みません! 先週末は民謡と三味線の大会で休日とは思えないフル活動で、今週の仕事の算段ができないまま突入してしまって、緊急事態も複数あって毎日ドタバタでした。今週末は仕事でフル稼働状態ですが、もうちょい頑張ります。

そして、モンタネールの建築の派手さ、というのか、ちょっとおとぎの国チックな建築デザイン、ガウディを観た後ではほっとするという人もいるので、なんか分からんでもないなぁと思います。というのか、これは普通に、長崎や千葉の某パークに行ったらありそうな感じですよね。乙女心をくすぐる?というのか、華やかなものを愛する素直さみたいなものがあるような気がします(ちょっと過剰に見えることもあるけれど…次回の病院を見たら「!」ってなるかも)。
TOM-Fさんがお好きというの、なんか分かるなぁ。なるほど、天国って感じ、というのは良い表現です。でも、病院もそんな感じの建築だから、ちょっと微妙な話に^^;

バイトくんが弾いていた曲……言われて思い出そうとしているのですが、全然記憶から沸き立ってこない。もう半年以上も前なんですね~、しかもメモとか日記とか書いていなかったし、さらにその後辻井さんのピアノとか聴いちゃったしなぁ。ショパンは何か弾いていたような気がしますが……まぁ、普通な感じでしたよ^^;

ショパン・コンクールの話、ちょっと内容を端折りすぎたかもしれませんが、あくまでも「ショパン」コンクールなんだなぁと、本を読んでよく分かりました。もちろん、技術も表現力も一流の人たちが集まった中での「ショパン」ですから、上位の人たちを並べてみたら、人によってこっちが好き、あっちが好き、ってのがあるのだろうなと思いました。
審査員に左右されるのは、こういう芸術の世界のコンクールでは避けて通れない部分ですよね。しかも、ポーランドの人々にとってのショパンとは、というのを理解していないといけないんだろうなぁ~。その上5年に1回ってのがまた、なんとも高いハードルです。

> 芸術論、興味深かったです。自分自身、オリジナリティはたしかに大事ですが、芸術は双方向性ですしね。最近、ちょっといろいろ迷っているので、考えさせられました。
そうそう。何年か前、初めて書いた作品で新人賞をとったある若手の作家さんのインタビューを見ていたら、今まで小説を読んだことも書いたこともなかったけれど、新人賞に応募することを決めて沢山読んで、文章の書き方をひたすら写し書きして勉強したと。AIが小説を書く時代、オリジナリティって何だろうって思いますよね。
でも思えば、人間の脳の中って「これまで見たもの・情報を集めて再構築して創造する、創造と言うよりも組み替え?」ってシステムだとも考えられるので、人間の頭の中でできることって、そもそもそんなにオリジナルなんてないのかも。でなければ、「多くの人がやっぱりお涙ちょうだいに泣かされる」とか「またそのパターンの恋愛小説だけれど、なんか感動する」ってステレオタイプの反応は起こらないんでしょうね。みんな、やっぱり「おきまりのパターン」嫌いじゃないから、双方向性になり得るんだろうな。
本当のオリジナリティって、あるのかなぁ? 既視感はある意味、感動の根源なのかも。ガウディはちょっとオリジナリティ強めだけれど、それにしても時代の流れから外れているわけでもないし、でもあんまり「これでもか」ってオリジナリティを求めてやってこられると、ちょっと疲れることも……
でもショパンって、曲をどんどんアレンジしていたらしく、生徒の技量を見て、楽譜書き換えてたらしい^^; えっと、ショパンさん、私の楽譜も弾きやすく書き換えてくれないかなぁ。

> で、ふむふむ、グエル公園とここを舞台にしての音楽系のお話ですか。この話題から察すると、孤高のピアニスト再臨かな?
> 次の病院建築の記事とともに、小説の方も楽しみです。
えへへ。夕さんにお願いして少しお時間を頂いています。
もうしばらくお待ちくださいね!
コメントありがとうございました!!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2013/07/20 09:59 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/270-f57643bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)