05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・本】 くまもん~セーガン博士の本再び 

DSCN1643_convert_20130913162313.jpg
最近、本屋さんで、古いドラマのDVD+解説本全集とか、ブランドのちょっとしたグッズとか、プラモデルみたいなものとか(毎号組み立てていったら戦艦大和になるとか、プラネタリウムになるとか)、本風にして売っていますよね。
あれって、付録をメインにした本みたいなものなのかしら。

遠い昔、「科学」と「学習」という本を売っていて、付録に実験グッズやちょっとした化石が入っていたりして、毎月とても楽しみでした。
今みたいに通信販売もないし、ネット販売もないし、小学校の裏に毎月初めに売りに来るんですよね。
学校公認なのか、その時みんな学校の帰りに買いに行っていた。

それはともかく。
私はDVDシリーズで「Xファイル」と「鬼平犯科帳」を揃えました(*^_^*)

そして、時々手を出してしまうのがこれ。
DSCN1646_convert_20130913162521.jpg
本屋さんで手に入るくまもんグッズ。
傘や親子バッグ、トートバッグ、文房具に続き、ランチボックスです。
いえ、私が持っていたのは、トートバッグだけだったのですが、このたび、そろそろ新しいランチボックスが欲しかったので、即買ってしまいました(*^_^*)
袋が大きめで、上に果物とかちょっとおやつとかを乗せられるのもいいです。
DSCN1644_convert_20130913162350.jpg

くまもんは登録商標をしなかったとかで、誰でも使ってグッズを作れるようで、熊本県のあちこちで、その地域にしかないくまもんグッズが手に入ります。

でも、一番びっくりはこれ。
kumamonn_convert_20130913170208.jpg
熊本の県内でしか借りれないレンタカーです。
来週熊本に行くので、一瞬心惹かれましたが、これではちょっと道を走れない……^^;
レンタカーが全部これなら、いっそ思い切れるけれど。

それにしても、日本人は何でも「可愛く」キャラにしてしまいますね。
(子どもはキャラ化しないで欲しいけれど)
そして、それを楽しむのも上手です。
……でも、レンタカーはちょっと微妙。幼稚園バスじゃないんだし……^^;

DSCN1647_convert_20130913162551.jpg
くまもんと一緒に登場したのは、先日ご紹介したカール・セーガン博士の遺作、アン・ドルーヤン女史(何人目かの奥さん^^;やはり科学者)との共著の本。

『はるかな記憶~人間に刻まれた進化の歩み~』
Shadows of Forgotten Ancestors


進化を辿りながら「ヒトとは何か」ということを語る本です。
この時代から今はもっと研究が進んでいて、新たに分かっていることも増えていますが、古いとは決めつけられない何かがこうした発見や歴史を語る本には潜んでいます。

竹流の愛読書のひとつがシュリーマンの「古代への情熱」。
何回読んでも感動する本です。
ダーウィンの進化論。今では間違っている部分も指摘することはできるけれど、それでも素晴らしい本です。
新しい情報ばかりが価値があるとは限らないんですよね。

私が中学生の時に出会った、生物の教科書に書いてあった言葉。

「個体発生は系統発生を繰り返す」

かつて受精卵だった私たちは、アメーバのような単細胞から始めたのです。
胎児が10か月の間にたどるのは、生命の数十億年の旅、なのですね。
だから途中に、ちょっと両生類っぽい時があったり、鳥っぽい時があったり。
この言葉に出会ったとき、「すごい、私という個体は40億年の記憶を繰り返して、この世に誕生したんだ!」と中学生ながら震えるような気持ちだったのを、昨日のことのように思い出します。
(ちょっと多感だった中学生の私……^^;)

さて、この本からも、ちょっと気になる個所を抜き出してみましょう。

鳥類の既知種のうちの90%以上が「一夫一妻制」を敷いていることが知られている。オオカミ、ジャッカル、コヨーテ、キツネ、ゾウ、トガリネズミ、ビーバー、コガタアンテロープなどについての数字ははっきりしないが、サルや類人猿では12パーセントの種に「一夫一妻制」が知られている。
しかし、オスが育児に関与し、その母親の面倒も見るという形式をとる多くの種では、一夫一妻制は他の雄を排除してしまうことを意味しない。オスが絶えずメスと性的交渉を持つ機会を狙っている一方で、メスもしばしばそういうオスを受け入れることがあるからだ。
生物学者が「混合婚姻戦略」とか「婚姻外交渉」とか呼んでいるものだ。DNAによって、一夫一妻制の鳥の夫婦が育てている若鳥を調べたところ、約40%が婚姻外の子どもであると同定された。ヒトでも同じようなものなのかもしれない。


大したことないな! 人類! サル系で12%だって!
でも、やっぱり大した奴らだよ、人類! 鳥もね! 誰の子でも「種の子ども」!

東北には夜這い民話がたくさんあって、特に祭りのときにはあちこちで、未婚者・既婚者関係なく、「よそ者」との一夜限りの恋の花咲くこともある(いや、咲きまくり)、で、子どもができちゃうこともある。
でも、誰の子どもだろうと、結婚している夫婦は、これを自分たちの子どもとして育てる。
ムラという閉鎖空間では、奇形や病気の遺伝子が濃く受け継がれるので、時々異分子を入れるというのが常識だったようで、異分子の子どもが生まれることは、歓迎しないかもしれないけれど、結構普通のことだったわけですね。
子どもが労働力、という時代でもありますし。

そう考えたら、今の「文明人」って、けっこう「コセイ」なぁ、と思ってしまうのでした。

次回は、アオサギの求愛シーンをご紹介。
「キライ」と「スキ」の二面性は、何もヒトだけではありません、というお話。

あ、落ちがなかったなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 本(ご紹介・感想)

tb 0 : cm 6   

コメント


あったあった。

懐かしいなあ、「科学」と「学習」。
私の小学校では、毎月、体育館に本屋さんが販売に来ていました。児童はみんな年間予約をしているので、並んで受け取るのです。
私はほとんど「科学」だったけど、一年だけ「学習」にしたかなあ。
ぜったい科学の付録の方が面白かった!
ピンホールカメラで写真を撮って、自分で現像した日の感動は、今でも鮮明に覚えています。
鳥かごの文鳥を撮ったので、鳥かごしか写ってなかったこととか(笑)

人間社会では、浮気は重罪なイメージがあるけど、動物たちにとっては、それがより良い血を産み、種の保存に貢献できるのならのなら、むしろ歓迎・・・ということなのかもしれませんね。
愛に固執する人間の方が、異端なのかも。
ただ種を保存することよりも、独自のモラルと観念を重視してしまった人類は、いったいどんな道をいくのでしょうね。

lime #GCA3nAmE | URL | 2013/09/13 18:34 [edit]


 こんばんは。
うん 魚とか面白いですよね… 弱い個体は子孫を残す機会がないかと言えば そうでもなくて…
横から 抜け駆けしたり… 色々しているのですよね。
そうして 何故か…どの動物にもホモがいる 不思議…
猫なんて… やりたい放題で… 父親が違うから 同じ時に生まれた兄弟姉妹の模様が違うしね。

うん 昔は旅人が訪れたら 女性をそれとなくがーーーがおもてなしだったらしいしねーー
科学と学習… 見た事ないなぁ。

ウゾ #- | URL | 2013/09/13 20:46 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

そうか! そうでしたね!
あれ? お金を持っていった記憶がないなぁとか思っていたのです。
年間予約して、受け取りに行っていただけだったんですね。
ちょっと書きながら悩んでいたのです。limeさんのお蔭ですっきりしました。
うちは学校の裏にある公民館の前庭みたいなところでした。
何だか、うちには科学も学習もあったので、両方買っていたのかなぁ??
弟もいたので、混乱しているかも。
そうそう、「科学」の付録は本当に面白かったですね。
きっと、これが今流行りの付録本の原点に違いないと思うのですよね。

きっと、生物って本来は「種の保存」のために必死であるべきなのですよね。
でも人類は社会という枠組みを作ることで、あの手この手で安全を模索して、自分たちがこの世界で「生物としての必死さがなくても」何とか生き残っていけるように頑張ったわけですが……limeさんのおっしゃる通り、モラルを重視した方向へ行ったのですね。
時々、「大奥」を見ていて思うのですが、種の保存って大変だなぁと。
あれも、ひとりの男の血を残すために、あれだけの女性をあてがったわけですよね。
(最近逆転版もあるけれど(^^) よしながふみさん、結構好きです)
お世継ぎ問題は局所的な種の保存問題ともいえるなぁと思ったりして。
で、モラルを重んじて、側室をおかなくなると、どの王家もお世継ぎ問題が大変になる。
どうしたいのか、王室を(あるいは人類を)存続させたいのか、社会のモラルを重視したいのか、コンセプトをはっきりさせてしまわないと、結局滅び行く運命になってしまうのでしょうか……

> 人間社会では、浮気は重罪なイメージがあるけど、動物たちにとっては、それがより良い血を産み、種の保存に貢献できるのならのなら、むしろ歓迎・・・ということなのかもしれませんね。
でも、東北の夜這い民話を読んでいると、本当に面白い。
誰の子でもいいんだ、という、イエのあり方が面白いんですよね。
継子苛め、とかあったかもしれませんが、結構大事にされている場合もあったり。
社会はおおらかだったような気がします。それは多分、人間関係よりも、自然との関係、病気やけがなど生命を脅かすものが今よりもずっと多かったこと、そういったことと関係しているのかもしれません。
実際には、今でも自然は恐ろしく、病気も克服できないものの方が多くて、日本人はきっとものすごく勘違いして生きていると思いますけれど……
自分たちの足元は、相当に危ういんですけれどね……
愛って、自分のDNAへの愛じゃなくても、本当はいいはずなんですよね、実は。

本当にどこへ行くのでしょうか。
ゴーギャンになっちゃう。
コメントありがとうございました(*^_^*)
春樹とリクと真が頭でぐるぐるの大海でした^^;

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2013/09/14 09:20 [edit]


ウゾさん、ありがとうございます(^^)

生物の一番すごいところは、あの手この手で「生命」を残そうとしていることじゃないかと思うのです。
どう考えても、石とか火とか水に比べたら分が悪いですものね。
だから、地球がどんな環境になっても、どれかが生き残れるように??「多様性」こそ大事と定めてDNAの果てしない冒険の旅を続けているのですよね。
面白いのは昆虫。かれらは「個体」なのに「集団生命」ですよね…・・
これをもじったものが、スタートレックボイジャーに出てきます。
全体生命という位置づけの種があって、これに同化されていくんですね。
昆虫をヒントにしたそうで。あの生命形態は、実はすごい生き残り術かも、と思ったりします。
地球の環境、いつまで人類を生かしておいてくれますかね……
ウゾさんのおっしゃる通り、個体として弱くても、何らかの形でちゃんと生き延びている。
もしかしたら彼らの「生き残り術」が、未来には最も強い技になっているかもしれませんね。
性の同じ生き物同士が疑似恋愛になるのは、生物学的には特に不思議ではないそうですね。
「性」と「生」にはものすごいドラマと歴史が刻まれている……
猫も、種の保存のためには必死ですよね。
ヒトって、「種の保存」の枠組みから自分たちを外しつつあるのかもしれません。
正解は、あるんでしょうかね。

> うん 昔は旅人が訪れたら 女性をそれとなくがーーーがおもてなしだったらしいしねーー
そうそう。ま、普通のことで。女性の方でもそれを楽しむ系の人もいて。
今の時代、そんなことをしたら、犯罪であり、賠償金が請求され、社会的名誉も奪われる、と。
良し悪しは分かりませんけれど、種として存続は危うくなる素地かもしれません。
かと言って、動物みたいに必死だと、反社会的になるし。

> 科学と学習… 見た事ないなぁ。
いやいやいや、○十年も前の話ですよ^^;^^;^^;^^;^^;^^;・・・・・・・・・・・・・
コメントありがとうございました(*^_^*)

彩洋→ウゾさん #nLQskDKw | URL | 2013/09/14 09:47 [edit]


小学生の頃は「科学」と「学習」買ってもらっていましたネ。
でも、内容はわすれちゃった★
唯一覚えているのが、ヒヤシンスの水栽培。
上手く行かなかったワ↓
今は、土で育てる事にしているわ・・・。(水栽培自信ないのです)

で、「種の保存」のお話、妙に「納得」です。
私は、異端児だから、やっぱり「精神性」重視だけど。
だから、昔のクラシック映画の綺麗な恋愛ものが好きなんです〜↓
そのせいかどうか解りませんが、こんなになっちゃっておりまする★

ペチュニア #- | URL | 2013/09/14 20:14 [edit]


ペチュニアさん、ありがとうございます(^^)

ペチュニアさんも「科学」と「学習」をご存知の世代ですね……(^^)
たしかに球根もありましたね!
毎月あれこれ色んな面白いことが載っていましたものね。
私も内容はよく覚えていないのですが、毎月とても楽しみだったことはよく覚えています。

> で、「種の保存」のお話、妙に「納得」です。
> 私は、異端児だから、やっぱり「精神性」重視だけど。
> だから、昔のクラシック映画の綺麗な恋愛ものが好きなんです〜↓
そうですよね……普通はやっぱり純愛がいいですよね(^^)
私も、今でも大好きな映画はヘップバーンの「麗しのサブリナ」(シンデレラの焼き直し??)。
でも、生物の世界の多様性や自由さや、種を維持するための懸命さを思うと、命というものが本来持っている懐の広さに感動したりもします(*^_^*)
血がつながっていようといなくても、育てちゃう、ってのがある意味、感動の物語、かも。

> そのせいかどうか解りませんが、こんなになっちゃっておりまする★
こんなに?????? 何か気になる……またゆっくりお付き合いしながら、探っていきたいです(*^_^*)

彩洋→ペチュニア #nLQskDKw | URL | 2013/09/15 09:00 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/317-0e239397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)