05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・旅】熊本・天文台のある宿 

DSCN1921_convert_20130924232628.jpg
熊本旅行記その1は南阿蘇ルナ天文台さんです。
最近、1年に1度は星空を見る系の宿にチャレンジしてきたのですが、いつも曇りでした。
今年は初めて晴れたのです。
中秋の名月でしたが……^^;

ところで、日本には、いわゆる公開天文台というのが100以上あるそうです。
でも宿泊施設がある天文台というのは多くはないようです。
そして天体望遠鏡の口径ですが、一部100cm以上の大きな口径の望遠鏡があるところもありますが、およそ60cm前後くらいまでのものが多いようです。その中で、こちらの望遠鏡は82cm。
かなり口径も大きいのですね。


さて、上の写真はそのペンションの入り口のドア、かなりおしゃれです。
この取っ手、内側は左右で形が違うのです。色々なところにちょっとした遊びが。
DSCN1932_convert_20130927235008.jpg
こちらはフロント。まさにお月見バージョンですね。
そしてこんな素敵なインテリアも。すべて星で統一されている感じです。
DSCN1931_convert_20130928000811.jpg
DSCN1942_convert_20130928000850.jpg
こちらは小さな図書コーナー。椅子も手作り感あふれています。
DSCN1971_convert_20130927235400.jpg
天文ガイドのバックナンバーが揃っています!
昔、中高生の頃、購読していた時のものもありました。ちょっと懐かしくてしばらく浸ってしまいました。
DSCN1938_convert_20130928001022.jpg
また、こんな小さなサロンがレストラン横にあります。暖炉つき。
DSCN1972_convert_20130928001121.jpg
そう言えば、以前、別の天文台付の宿に泊まったことがあるのですが、11月で無茶苦茶寒かったです。
そもそも星の綺麗なところ、しかも星が綺麗に見える季節と言えば、寒いですよね。
しかも、この系統の宿は暖房ばっちりなんてことはあまり期待しない方がいいようです。
ちなみに、毎年行っている高千穂の夜神楽なんて、11月(~2月ごろ)、開けっ放しの場所で一晩中神楽ですから、強烈です。でもその後の黒川温泉がものすごく幸せなんですよね。
それはともかく、この暖炉、見た目にあったかくていいですね。
DSCN1917_convert_20130927235225.jpg
参考までに、泊まった棟はこんな感じ。本館にもお部屋があるのですが、今回はこの離れのような建物に泊まらせていただきました。

DSCN1926_convert_20130927234924.jpg
外には、こんな風にハンモックやブランコがあります。
DSCN1920_convert_20130928000329.jpg

さて、いよいよ天文台へ。
DSCN1924_convert_20130928000421.jpg
雨の日にはプラネタリウムがあって、そちらを楽しめるようにしてくださっています。
では、天文台へ登って行きます。
DSCN1968_convert_20130928000101.jpg
こんなおしゃれな階段です。手すりにはアイアンのオブジェ。
DSCN1970_convert_20130928000204.jpg

そして、この上には、この迫力ある望遠鏡があるのです。
毎日8時から、天体観測会があって、宿泊客は誰でも参加することができます。
でも、今回利用したのは、コズミックプランという宿泊プラン。
これは10時くらいからと、時間は遅めなのですが(天体観測会の後)、ほぼ貸切状態。
やはりこういうお宿ですから、子どもさんとかいっぱい来ておられるんですよね。
沢山の人がいて、子どもさんたちがいると、どうしても遠慮してしまうし、じっくり見ることはできないだろうなと思い、このプランを利用させていただきました。
50分間の貸切状態、大正解です。しかも、かなり延長してくださったりして。
星のコンシェルジュさんはとても親切な方で、宿泊前からお電話を頂いたりして、プランを立ててくださるのです。
DSCN1953_convert_20130927235952.jpg
DSCN1960_convert_20130928001300.jpg
しかし! この日は中秋の名月。しかも満月。星を見るには最悪の環境ですが……でも晴れたのは良かった。
上はちょっとボケているけれど、中秋の名月。
望遠鏡では、クレーターまでもしっかり見せていただきました。
この大きな望遠鏡で見ると、まるで月の周りの「空気感」まで見えるような世界でした。
光自体がゆらゆらと揺れているのまで見えるんですね。
ちなみに、もうひとつ小さめの望遠鏡があって、月はそれで十分なのですけれど。
DSCN1959_convert_20130927235851.jpg
それから、恒星をいくつか……まず、夏の大三角の3つの星を望遠鏡で見せていただきました。
望遠鏡で見ると、「ちょっと大きな光」程度なので、コンシェルジュさん曰く「みなさん、ちょっとがっかりされるんですよ」とか。
いやいや、光の色までくっきりですよ。
同じように光っているのに、こと座のベガは25光年、わし座のアルタイルは16光年、白鳥座のデネブは1411光年。
そういえば、真剣に距離を考えたら、織姫と彦星が1年に1度会うのは無理、なんて話もありましたね。
(それは夢のない話だけれど)

今回見せていただいた星で一番は、白鳥座のアルビレオ。
ガミラスとイスカンダルじゃありませんが、二重星なのですね。
肉眼では一つの星に見えるのですが、望遠鏡では、くっきりと赤っぽい星と青白い星、ふたつの星が並んで見えました。
宮沢賢治が「銀河鉄道の夜」でサファイアとトパーズって言ってましたっけ。
アルビレオというのはアラビア語で「鳥のくちばし」ということ。
まさに白鳥座のくちばしにあたる部分の星です。
そういえば、星の名前って結構アラビア語由来のものがありますね。
冬のダイヤモンドのひとつ、おうし座のアルデバランもアラビア語由来でした。
砂漠の国では、きっと星が頼りなんですね。
arubireo.jpg
これがアルビレオ。「北天の宝石」です。

DSCN1962_convert_20130927235520.jpg
星雲などを見たい場合には、やはり新月の夜を狙った方がいいようです。
星雲のひとつひとつの星の光は弱いので、月明りで掻き消えちゃうんですね。
月もなく、雲もなく、そんな日って、なかなか当たりませんけれど。

機会がありましたら、ぜひ、訪れてみてください。
阿蘇の雄大な景色にも感動しますし、それにペンションもいい感じです。
……天文台つきの宿泊施設は、大方、合宿所みたいな食事のところが多いのですけれど(それでも泊まるところと食べるところがあるだけいいのかも)、ここはちゃんと美味しいお食事でした(^^)

というわけで、熊本の旅・第1話『星空散歩』閉幕です。
お付き合いいただきまして、ありがとうございました。
DSCN1933_convert_20130928000944.jpg



関連記事
スポンサーサイト

Category: 旅(あの日、あの街で)

tb 0 : cm 18   

コメント


いいなあ~

ここに泊まるためだけに、熊本に行きたい感じです。
いいですねえ~~。星好きにはたまりません。
細かなところにも、洒落た遊びがあって、雰囲気もちゃんと合わせてあって。
そうか、名月の日でラッキーと思ったけれど、星を見るにはあまり良くない感じですね^^
新月の晴天に、ここに泊まれる人は運がいいです。

>サファイアとトパーズ
こうして見ると、本当にそう。

アラビア語の響きって、とても素敵。
砂漠の民に思いを馳せながら、星の名を覚えるのも、楽しそうですね。

lime #GCA3nAmE | URL | 2013/09/28 10:18 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

そうですね! ここに泊まって阿蘇を満喫するだけで、十分に楽しめると思います。
阿蘇には以前、石紀行でご紹介した押戸の巨石もありまして、そこから阿蘇の外輪の中をゆったりと見渡すと、風がとても心地よく吹き抜けて……いくはずです(私が行ったときはただ寒かった^^;)。
そして、食べ物もおいしいですしね。肉が苦手な人も、新鮮な馬肉は食べられる人もいるようで、ヘルシーですし女性にはいいかも。
そして、何より星ですね。
ペンション内の色んな工夫も素敵ですし、ちゃんと貸切の広いお風呂もあります。
もちろん、温泉とかもてなしを期待する宿ではありませんが、星が十分におもてなしです。
きっとlimeさんは気に入られるのじゃないかと思います(*^_^*)
阿蘇の近くにはもう1軒、もっと無骨な感じ^^;の天文台のある宿もあります。
こちらは宿泊するには微妙だと思われる人もいると思いますが、ロケーションがすごい。
山(丘)の上の草原みたいなところで、空はそのままプラネタリウムです。
……ただ、なかなか晴れた日に当たりません(・_・;)
本当に運次第ですね。でも、ここには雨の日用のプラネタリウムがありますので、また別の楽しみもあるようです。

アラビア語、時々NHKの語学講座を見ていますが、文字がすでに芸術ですよね。
書道もあるのだとか。星とアラビア語、結構素敵な物語の出だしになりそうですね。
あ、そう言えば、【海に落ちる雨】の続き、【雪原の星月夜】では星をテーマにした作品を書いている童話作家(女性)の失踪を真が追いかける話です。先の話ですけれど……^^;
意味を考えながら名前を辿っていくと、星の名前にも愛着がわきますね。

いつもありがとうございます(*^_^*)

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2013/09/28 10:48 [edit]


星空を見る系の宿ですかあ。良いですねえ。
天文台ペンション、素敵ですねえ。

私も都会出身なので、今住む田舎に来て、ぶぁ~!っと見えた天の川と星々をはじめて見たときは超感動しました。
いまだ見るたびに感動してます。

北天の宝石は、こちら南天ではどうなんだろう・・・誰かに聞いてみよう。

けい #- | URL | 2013/09/28 19:22 [edit]


 こんばんは。
雰囲気のある宿ですねーーーー
こーゆー雰囲気の小説 書いてみたいです!!!!!
武骨な鈍色の金属… うーーん 素敵です。

吉野にもね 一応 天体望遠鏡の宿あるのですよ 
でも コンシェルジュさんはいない様で 自分たちで 勝手に見る。
部屋自体についているようで… 各部屋の天体望遠鏡の種類が違うらしくて 予約の時に どの種類にするかも決定するとか…
ああっ サロンにピアノがあるーーー こーゆー雰囲気の中で弾けると 気持ちいいだろうなぁ…

ウゾ #- | URL | 2013/09/28 19:29 [edit]


天文といえば、近場のプラネタリウムに行き、「ニュースでやっているような、まるで宇宙が目の前にあるようなショーが見られるんだ!」とワクワクしていたところ、「幼稚園児でもダマせないだろう」レベルの悲しくなるような映像が流れてきたのには泣きたくなりました(^^;)

ほんとにひどかったなあ、あのプラネタリウム……。

天文台で本物の星をでっかい望遠鏡で見てみたいです。すごい眺めなんだろうなあ……。

ポール・ブリッツ #0MyT0dLg | URL | 2013/09/28 20:40 [edit]


ステキですね~~!!!

なに?このステキすぎるお宿!!!
素晴らしい\(≧∀≦)/
なんか、お話みたい!!!
良いな~~~!!!一度でいいから
こんな素敵なとこに泊まってみたいわ~~!!

かじぺた #- | URL | 2013/09/28 22:59 [edit]


けいさん、ありがとうございます(^^)

オーストラリアはすごいでしょうね。地平線が普通に見えそう(単なるイメージ^^;)なところにドーム状に満天の星空。憧れます。北海道に行くといつもそんな感じの世界を見れるけれど、「地球!」って感じじゃないんですよね。そこがオーストラリアとの違いでしょうか。
しかも、『夢叶』にも書かれていましたけれど、見える星が違うんですよね。ちょっと素敵。
う~ん、しかし、うらやましい。さすがに人家がたくさんあって、今の家からは沢山の星は見えません……

でも、昔から人間は星を見上げて生きてきたのですよねぇ。
民族や国が違っても、どこんな場所にもたくさんの星の神話が伝わっている。
何だか素敵だと思うのです。

そして、こういう宿があるのっていいですよね……(*^_^*)
泊まるだけでもなかなか良さそうな場所なのですが、そこにおまけ、じゃなくてメインインベント的に望遠鏡。ペンションの中も色々工夫がしてあって、その意気込み?が感じられます。
次回は多分、熊本城。石紀行もぼちぼち書いていきます。
またよろしければお付き合いくださいませ(*^_^*)
コメントありがとうございました!

彩洋→けいさん #nLQskDKw | URL | 2013/09/29 01:21 [edit]


うわ〜

いいお宿ですね。
星のコンシェルジュのいるプラネタリウムつきのお宿かあ。
あるんですね、こういうのが日本には。羨ましい。

星を見るのは大変だったかもしれないけれど、中秋の名月をこんなお宿で見上げるなんて滅多にない体験だし、縁起もいいですよね。

星と言えば……この間の流星群が来た日に、我が家の外で肉眼で眺めたんです。天の川の近くを星がぴゅんぴゅんと流れていく様子は感動ものでした。田舎って素敵だと思いましたよ。

さてさて、とってもいい夏休みみたいで、羨ましいです。早く切り上げなくてはならなかったのはお氣の毒でしたけれど。

旅行記の続き、楽しみにしていますね。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2013/09/29 05:30 [edit]


ウゾさん、ありがとうございます(^^)

はい、素敵な宿でしたよ(^^)
ソフトはあくまでも優しく、でも望遠鏡はどっしり金属って感じですものね。
ウゾワールドで味付けされるとどんな世界になるのでしょう。
ワトスンくん、例のメンバーで日本旅行編などいかがでしょうか??
温泉に入ったり、お酒飲んだり、で、天体観測。
何が起こるんだろう???? それともイメージはワタリガラス?

> 吉野にもね 一応 天体望遠鏡の宿あるのですよ 
> でも コンシェルジュさんはいない様で 自分たちで 勝手に見る。
あ、そうなんですね。確かに、調べたら、他にもいくつかありました。
天文台へ自力で見に行く、とか、連れて行ってくれる、という系統のところもあるのですが、こんな風に宿と一体化しているとすごく有難いですね。
それに宿自体があれこれ工夫してあって、雰囲気に浸かれます。

> ああっ サロンにピアノがあるーーー こーゆー雰囲気の中で弾けると 気持ちいいだろうなぁ…
こちらのペンションでもコンサートもしているようでしたよ。
北海道とかにもサロンつきのペンションがあって、泊まるのを検討したこともあります。
そう、特別な雰囲気があるでしょうね(^^)
ウゾさんのピアノ、一度こんな雰囲気のところで聴いてみたいです(*^_^*)
コメントありがとうございました(*^_^*)

彩洋→ウゾさん #nLQskDKw | URL | 2013/09/29 07:06 [edit]


ポール・ブリッツさん、ありがとうございます(^^)

プラネタリウム、結構、質が問われますよね!
私もあります……「あらら」みたいな時が……
客が多いところはいいと思うのですが、いつも人がいっぱい来るわけじゃなさそうなので、経営も大変なところもあるんだろうな、なんてしみじみ思うこともあります。
最近は家の中でも楽しめる器械が売っているようなので、いっそそれでも……と思うようなこともあったり。
でも、プラネタリウムってやっぱりロマンがありますよね。

恒星は……コンシェルジュさんもおっしゃっていましたが「がっかりする人もいる」そうで、普通にちょっと大きく見える、という感じ。でも思えば、あんなに遠くにあるんですものね!
ただ、光の色はものすごく明確に分かります。
それよりも、ちゃんと新月の夜に行けば、小さな星が周囲にびっしり見えるそうです。
考えてみれば、実は、真っ黒な背景に星が隙間なくあるんですね。
新月の夜に、星雲とか星団とか見たいなぁ……(*^_^*)
肉眼でもある程度見えている場所に住んでいる人が羨ましいけれど……今の町がそんなに夜暗かったら、逆に怖い……^^;
コメント、ありがとうございました(*^_^*)

彩洋→ポール・ブリッツさん #nLQskDKw | URL | 2013/09/29 07:16 [edit]


かじぺたさん、ありがとうございます(^^)

やっぱり! 絶対にかじぺたさん好みだと思っていました!
そうなんですよ。あちこちに施された演出がなかなか素敵で、もちろんみんな星を楽しみに来ているのですけれど、それ以外にもアイテムがいちいち楽しめるように工夫されていました。
庭とかも広くて、このブランコもなかなか良い感じです。
確かに、ラブストーリーのひとつでも書きたくなるような雰囲気の宿でした(書かないけど……一度で懲りたので^^;)。
かじぺたさんは、海を越えてしまわれるんですよね…島の方へ。
私は逆にあまり島には行ったことがなくて(沖縄に1度行ったのみ)、うらやましいです。
取りあえず、今回は石以外のところでも、かじぺたさんふうにいっぱい写真を撮って来てみましたので、次回は熊本城です(*^_^*)
コメントありがとうございました(*^_^*)

彩洋→かじぺたさん #nLQskDKw | URL | 2013/09/29 07:24 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

そうですね、きっとこういう至れり尽くせり的宿は、まさに日本風かもしれません。
お値段は……こちらはびっくりするほど高くはありませんが、プランによってはという感じでしょうか。
コンシェルジュさんも、あれこれ工夫してくださって(なにせ、満月ですから^^;)、「せっかくですから」とか言いながら、あれこれ見せてくださって、う~ん、根っから星好きでいらっしゃるんだなぁと思いました。
(ご飯のお給仕もされているのですけれど^^;)
もちろん、温泉宿みたいなおもてなし感はないけれど、星が十分にもてなしてくれた感じです。
そう、逆に、中秋の名月・満月・晴れの3つが揃うめでたい日だったかもしれませんよね。
なかなか晴れ自体に当たりませんから……^^;

夕さんのところなら、もう天然でプラネタリウムですよね。羨ましいです。
昔は実家の家の裏とかでも、天体観測していたんですけれど。
日本の町って明るすぎるんですよね。でも、町が暗かったら、帰宅がしょっちゅう夜中になる私は怖いかも、とも思うし、星はこうして遠くに行ってみる感じになっちゃいます。
でも、いずれにしても空に星があるって素敵ですね。

帰ってきたら怒涛のように働いております。
旅行記の続きは熊本城、そして石紀行もぼちぼち(忘れないうちに)始まります(*^_^*)
お楽しみに。
あ、お話も、進めますね!
コメントありがとうございました(*^_^*)

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2013/09/29 07:34 [edit]


へえ〜、阿蘇に天文台付きのペンションがあるのですね!
近所なのに知りませんでした。
お車が有れば、阿蘇のペンションに泊まりに行きたいです(お車運転できないのですよ〜)。
阿蘇から見たお月サマ青くて神々しいです。
素晴らしいお月見が出来てよかったです。
ススキの活け花グッドですね。

ペチュニア #- | URL | 2013/09/29 08:11 [edit]


ペチュニアさん、ありがとうございます(^^)

そうなんですよ。天文台付のペンション、なかなか素敵でした。
細かい演出とか、とてもいい感じでして、私としては天文台にあがる階段が完全にツボでした。
このレトロ感あふれるアイアンの手摺……もろに好みでして。
(ここに挙げたのだけでなく、何枚も写真がある^^;)
でも、確かに! 車がないと本当に大変な場所ですよね。熊本も大分も宮崎も。高速が走っていないところは、車でも大変だったりしますが……
中秋の名月だったからか、どこかのテレビ局が撮影に来ていました。
ススキも、こうしてちょっと生けてあると雰囲気がぐっと良くなりますね(って、「ちょっと」てな感じじゃないけれど^^;)。
天体観測会の後はお月見会があって、庭でお団子(いきなり団子)とお茶の振る舞いがありました。
でも阿蘇は、名前だけだと聞き飽きている感じでなんだっていうイメージですが、行ってみると本当にいいところですね。……噴火するという噂もあるけれど……^^;
次回は熊本城です。石紀行もぼちぼち。
またよろしくお願いいたします。そうそう、回復されて良かったです。
(丁度今、ご訪問していたところなんですよ!)
コメントありがとうございました(*^_^*)

彩洋→ペチュニアさん #nLQskDKw | URL | 2013/09/29 08:44 [edit]


おはようございます。

この記事ちょっと楽しみにしていました。
南阿蘇ルナ天文台ってなんとなく知っている低度だったので、詳しく書いていただいて嬉しかったです。
82㎝の反射鏡はぜひ覗いてみたいです。
宿泊施設はとてもいい設備ですね。マニアックで、なんだか隠れ家的な部分もあって、すごく素敵です。
サキは天文マニアを名乗れるほど詳しくはないんですが、星空への好奇心はたくさん持っていますので、コズミックプランでの宿泊なんか体験できたらいいだろうなあ……と憧れます。コンシェルジュさんの詳しい解説があれば、サキの知識程度でも色々とリクエストしたりして楽しめそうです。
二重星は見てみたいです。アルビレオ、なんだか創作意欲をかき立てられる星ですね。どこかで使ってみようかな。
詳しい解説、ありがとうございました。
またまいります。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2013/09/29 09:20 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

サキさんのお役にたてようで嬉しいです!
さすがさサキさん、この天文台かつペンションの名前を知っておられるとは……
登場人物にコズミさんがいるくらいですものね。
私は、高千穂に行く前日(高千穂では一晩中、神楽を見ているので宿がいらない^^;)、阿蘇に泊まることにしているのですが、このお宿、休日はいつも満室でなかなか泊まれなくて……
で、今回は平日を狙ってみました。熊本市内からもそんなに遠くではありませんし…・
私もあまりマニアではありませんが、コンシェルジェさんは、多分相手に合わせていろいろ考えてくださるみたいですから、このコズミックプラン、とてもいいかもしれません。結構、常連さんとかいるみたいですよ。
それに、必ずしも晴れた日に当たるとは限りませんので(かく言う私もこれまで数々雨と曇りにやられました)、雨の場合のオプションがあるのもいいですよね。
小さいけれど、プラネタリウムがあるのも魅力なんですよ。

> 二重星は見てみたいです。アルビレオ、なんだか創作意欲をかき立てられる星ですね。どこかで使ってみようかな。
あ、それいいですね。サキさんにぴったりな題材になりそうな気がします。
二重性って言っても、ものすごく離れている星もあるんだそうですね。
すごく離れているのにやはり引かれ合っている、それってすごく不思議です。
イスカンダルとガミラスはかなり近そうですけれど。
コメント、ありがとうございました(*^_^*)

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2013/09/29 12:19 [edit]


おお、天文台。
そういえば、最近見てないですね・・・。
というかあれか。行ったことないですね。
プラネタリウムしか行ったことがないような気がしますね。
そういう施設に足を運ぶことも大切ですね。

LandM #- | URL | 2013/09/30 06:39 [edit]


LandMさん、ありがとうございます(^^)

そうなんです。天文台です(^^)
私も、最近になって、昔を思い出し、チャンスを狙ってきたのですが、なかなか晴れた日に当たらず…
小学生の時に天体望遠鏡を買ってもらって、月の弟と観察日記とかつけていて、中高生までは弟とおこずかいで天文ガイドを共同購読していたのですが。その後、ハレー彗星を能勢の山奥に見に行ったきり、すっかりご無沙汰になって〇十年^^;
最近、再び星空にチャレンジしています。と言っても、昔ほどは知識もなく、単に「わぁ、きれい」の世界なんですけれど。
調べたら結構あちこちに天文台(望遠鏡)があることが分かりました。
そう言えば、明石にもプラネタリウムがあったなぁ(確か、日本最古?)。
私もまた行ってみようっと(*^_^*)
> そういう施設に足を運ぶことも大切ですね。
そうですよね。星や宇宙を感じる、そんなひと時も大事だと思いました。
コメント、ありがとうございました。
遠からず、石紀行、新しい石たちが登場します。また遊びに来てくださいませ(*^_^*)

彩洋→LandMさん #nLQskDKw | URL | 2013/10/01 05:31 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/322-ff014964
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)