FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2013/10/1 素敵な断片 

DSCN1977_convert_20131001063355.jpg
「百鬼夜行に遅刻しました」のウゾさんが、このお宿の記事(熊本・天文台のある宿)をイメージにして、ものすごく素敵な詩(断片)を書いてくださいました!
→→ウゾさんのブログ:「断片」

行った私のイメージを飛び越えるくらいの、素敵な世界観。
まさにウゾさんの感性がぴったり当てはまったような、天文台・望遠鏡・宇宙、そして、インテリアの中のピアノやアイアンの手摺。
これがこんな素敵な詩になるとは!!
ぜひ、ウゾワールド、じっくり味わってみてください(*^_^*)

ということで、没写真。
冒頭は、車寄せからみたペンション方向。
DSCN1979_convert_20131001063204.jpg
そしてこれはペンションの本館の外観ですね。
ちょっと宇宙ステーションみたい? でも中に入るとレトロ感あふれる感じ。

DSCN1969_convert_20131001063445.jpg
天文台への階段。

DSCN1946_convert_20131001070722.jpg
夜のペンション。
ちなみに、このペンションでは、結婚式もされているようですよ。
ウゾさん、将来のその時に、いかがですか?
(って、奈良から、なぜわざわざ熊本で??)

DSCN1952_convert_20130927235738.jpg
うん、やっぱり、望遠鏡、そして素晴らしいドームですね。
このドームが開く、そして望遠鏡の向きに合わせて、開いた部分が移動するのですが、その無骨な音がまたいいのです。


さて、ついでになっちゃいますが、我が家でも曼珠沙華が咲きました。
この曼珠沙華は実家の畑のあぜ道から嫁入りした、鉢植え状態のもの。
DSCN2616_convert_20131001062759.jpg
DSCN2617_convert_20131001062825.jpg
DSCN2615_convert_20131001062719.jpg

そして、さらについでに、秋明菊も素敵です。
DSCN2620_convert_20131001063007.jpg
DSCN2621_convert_20131001063801.jpg
こうした花々にも、ひとつひとつに宇宙があるのですね。

DSCN2639_convert_20131001062629.jpg
あれ? ここにも、ひとつひとつに宇宙が!!
これは、先日デパ地下で目が合った、マシュマロくんたちでした(*^_^*)

というわけで、もういつの間にか10月。
秋になりましたね。
三味線の大会シーズンになりました。
仕事も忙しくなるけれど、頑張って旅行記も書きまする。もちろんお話も。

それから、3333が近づいてきました。
前後3番くらいを踏まれた方、よろしければリクエストをくださいませ。
まだ500が終わってないけれど、何かお応えしたいと思います(*^_^*)

これからも、よろしくお願いいたします(*^_^*)
関連記事
スポンサーサイト



Category: 旅(あの日、あの街で)

tb 0 : cm 4   

コメント


おはようございます。
そうそう、ウゾさんの詩は素敵でしたね。
このペンションは本当に「非日常感」を味わうにはもってこいですね。
行ってみたいなあ〜。

お庭の彼岸花美しいですね。
コスモスも。
こちらでは、もう彼岸花は終わりです。

ペチュニア #- | URL | 2013/10/01 07:23 [edit]


ペチュニアさん、ありがとうございます(^^)

はい。何だか、あのお部屋のあちこちのひっそりとしたムードが蘇りました。
あれ? この宿に泊まったのは私だったっけ? 実はウゾさんだったっけ? とか迷ってしまいました^^;
こっそり写真に写っていたピアノとか、アイアンの手摺や階段の色まで、何だか空気感が伝わってきて、さすがウゾさんと思いましたね!
ペチュニアさんのところからは近そうですもの。
ぜひ、チャンスがあれば……新月の夜をお勧めいたします(^^)
熊本からほんの少し行っただけなのに、ほんと、非日常ですよね。

曼珠沙華、彼岸花、……確かに、九州では終わりかけていました。
こっちに帰ってきたらまだ咲いていなくて、あれ?とか思ったのですが。
もうすぐ実家の畑もなくなるので、母があぜ道の曼珠沙華を起こすとか言っていました。
また嫁にもらおうと画策中。
それから、熊本で見た白い曼珠沙華も欲しい~~
ペチュニアさんは冬の花支度を始められたんですね!
私も庭掃除しなくちゃ!
コメント、ありがとうございました(*^_^*)

彩洋→ペチュニアさん #nLQskDKw | URL | 2013/10/01 08:20 [edit]


 こんにちは。
丁寧な紹介 有難う御座います!!!!!

うん 一目ぼれですね この雰囲気 此の色 素敵すぎます。
ペンションの本館の外観 いいですね 一昔前の宇宙のイメージ 其の儘って感じで。
あの 昔の 未来は明るく素晴らしいって 人々が信じていた頃の宇宙…レトロな感覚に似つかわしいです。
ああっ 僕も 曼珠沙華 道端から掻っ攫ってこようかな…
庭先で 一輪 二輪って咲いてくれると 綺麗だろうなぁ。

それにしても マシュマロ君 可愛い!!!! 此れは 目が合ったら買ってしまうなぁーーー

ウゾ #- | URL | 2013/10/01 15:18 [edit]


ウゾさん、こちらこそありがとうございます(^^)

あ、よく考えたら、私の記事がいいのではなくて、宿がいいんだった!と後から気がついたものの、まるで自分の手柄のように喜んじゃったです^^;
でも、ウゾさんの世界に、このお宿の雰囲気はぴったり嵌りましたね!
すごくイメージが膨らみました。
これが本格的SFになるかもしれない?? もしそうなら、楽しみです。
日本の片隅のお宿から、宇宙につながる物語。
しかも、確かに、昭和レトロなんですよね。
あの、ちょっと微妙なデザインも、昭和風。
シンプルというよりも、何かごちゃっとした感じがあって、それがまた想像力を掻き立てると言いますか……

そして、曼珠沙華ですね。
あぜ道に咲いていたものを鉢植えにしてあったのを貰ってきたのです。
でも、花が咲いているときに場所を確かめておかないと掘るときにわからなくなっているという^^;
花や葉が出ているときにはあまり植物は動かさない方がいいので、球根を掘り当てるのですが、どこにあるのかわからないことも^^;^^;

はい、そしてマシュマロですね。
いや~、どうしてお菓子会社は人心をくすぐるのでしょうか。
ついつられちゃいました。
いつもありがとうございます(*^_^*)
また素敵な物語、期待しています。

彩洋→ウゾさん #nLQskDKw | URL | 2013/10/01 18:43 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/325-25ef7738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)