FC2ブログ
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2014/1/14 ブログ1周年/ 初心に還って 

矢岳5
さて、ブログ『コーヒーにスプーン一杯のミステリーを』は、本日をもって1周年となりました。

(一応)記念記事のトップには日本最大級のドルメン、いえ、世界でも最大級のドルメン、熊本・天草の矢岳ドルメンに再登場願いました。
どの石をこの目出度い日のトップに持ってこようかと悩んだけれど、やっぱりこの石の凄さは、今でも空気感として忘れられません。ここから見た不知火の海、そしてこの石の下に潜った時、肌に触れた何とも言えない空気。
記事はこちらです→【石紀行】天草・矢岳巨石群

この頃の石紀行はあっさりでしたね。まだ写真を絞っていて……
今書きなおしたらもっと濃厚な記事になるんだろうなぁ。
あれ、小説ブログじゃないのかって思われた方もおられるかも……
はい、小説ブログです。でも、なぜか石(巨石)は巾を利かせています。
自分にとって、「小説を書くこと」と「巨石に触れること」は別の柱だけれど、どちらか一方がなくなるのは困るというもの。
だから巨石は、このブログの屋台骨(そんないいものじゃないけど^^;)の1本です。

あ、何より、まずはご挨拶ですね。
1日に訪れてくださる人もそれほど多くもない辺境ブログではありますけれど、1周年まで続いたのは、濃厚なお付き合いを下さるブログのお友達、それに足跡も密かにこっそりと見に来てくださる控えめだけど優しい方々のお蔭さまです。
重ね重ねお礼を申し上げます。
ありがとうございます
m(__)m

お付き合いいただいているブログさんは人気ブログさんが多くて、内容もアクセスも足元にも及びませんが、数よりも何よりも、ただただとってもありがたいです。

今でも、自分の書いている小説があまりブログ向きではないことを自覚しているので、もう辞めちゃうかもなぁという気持ちと行ったり来たりではあるのですけれど、何とか続けております。
ブログを始めて、色んな小説ブログの管理人さん方の書かれている素晴らしい作品を拝読するチャンスに恵まれ、拝読すればするほど、自分の小説にはこんな風に他人様に読んでいただく値打ちがあるのかしらと改めて思ってみたり……
でも、逆に、たまに褒めていただくと舞い上がってみたり……
きっと優しくておだて上手でいらっしゃるのだろうとは思うのですけれど、猿もおだてれば木に登る状態で、素直に登ってみたりもしています(*^_^*)

思えば、真たちを紹介したくて始めたブログではありますが、そもそも真シリーズが一番ブログに向いていないというジレンマに陥っているのです。それなのに、【海に落ちる雨】に拍手を下さる数少ない読者様、本当にありがとうございます!
何て我慢強い方々だろうと、日々感謝しております m(__)m m(__)m m(__)m
特に……いつも鋭い突っ込みを下さる八少女夕さん(ブログ:scribo ergo sum)とlimeさんは、この長くてややこしくて恐ろしい多重構造になっている大河ドラマのような作品を、へこたれずにアップする原動力になってくださっています。

真は、少しずつ変遷はしましたが、私の中には数十年前からいる、今やソウルメイトと言ってもいい人物。
その真のイラストを描いてくださったlimeさん(→ブログ:小説ブログ「DOOR」)、本当にありがとうございます!
逵滂シ点convert_20140113174317
limeさんの才能にもひたすら感動するばかりで、しかもこんなふうに描いてくださるにはそれだけの時間がかかるだけではなく、イメージを感じていただくためにお話を読んでくださる時間までも割いていただいたということで、申し訳ないやら有難いやら。今や私の中の真のイメージはすっかりこれに……(^^)

一方で、このブログのお蔭で、新しく生まれたキャラたちもいます。
なぜか、人間以外が多いのが困りものですが……・
それは後日、スカイさん(→ブログ:星たちの集うskyの星畑)から回していただいたバトンにて改めてご紹介を。
そう、「チーム・THE☆もののけ」と命名することにしました。
(スカイさんの「チーム・THE☆ネガティブ」からパクっています^^;)

その「もののけ」の中の代表格と言えば、やはりウゾくん。
ウゾくんはウゾさん(ブログ:百鬼夜行に遅刻しました)に小鬼になっていただいて、キョウトの町を走り回っていただいております。これはもう、ウゾさんの凄い素敵なブログ名からずるずるとひらめいちゃったお話ですので、ブログがなければ生まれてこなかったという代表格のお話であります。「勝手にコラボ」状態です。
ちなみに私、「もろファンタジーは書かない!」と決めていたのですが、ウゾさんの魅力的なブログ名にその決意を打ち砕かれてしまいました。

そこでこのたび、1周年を勝手に祝って、いっそ自作を褒めよう!という企画に走ってみました。

【清明の雪】
ブログにおける真シリーズの1作目
京都を舞台に、大学を中退したばかりの真(唐沢調査事務所勤務)と、彼のもと家庭教師の竹流(修復師、ローマ教皇庁を支える組織・ヴォルテラの御曹司)が、「消える龍」と「鈴を鳴らす不動明王」の謎に挑みます。
全ての謎が解けたとき、あるお寺に、そしてあなたにも魔法がかかります…… (なんちゃって^^;)
ファンタジー? 確かに物の怪・あやかしが出てきますけれど、そこがメインではありません(^^)
京都ミステリーのようでいて、ヒューマンドラマのようでいて、ちょっと観光案内にも見えるし、少し切ない真の青春物語とも言えるし……
でも、この物語の一番のおすすめどころは、なんと言っても「和尚さん」です。
自分で書きながら、和尚さんにはいつも励まされておりました。
かなりいい加減な和尚さん、もしかして「物の怪遣い」かもしれません^^;
不思議な和尚さんにぜひ、会いにいらしてください!
→→【清明の雪】をまとめて読む

【石紀行】
こちらは小説ではありませんが、イチオシのコーナーです(*^_^*)
こちらでは私が出会った巨石たちをご紹介しています。
石たちの素晴らしさを写真と共にご紹介するこのコーナー。
事実は小説より奇なり、というのか、いったいこの石はどういう意味があって、どういう歴史があって、そしてどういう人々の願いがあって、今ここにあるのだろう? 全然分からないけれど、分からないのに素晴らしい……と感じていただけるのではないでしょうか。
小説よりも面白い世界が待っているかもしれません(^^)
(それもちょっとどうよ、という気もしますが^^;)
石になんて興味がないわと思っているそこのあなた! もしかしたら世界観が変わるかもしれませんよ!
(大袈裟だ……^^;)
→→【石紀行】をまとめて読む・見る

【真シリーズ・登場人物紹介】
このシリーズにはどんな人物が登場するのか。
本編は読まれなくても、結構楽しいかもしれない登場人物紹介コーナー、ちょっと覗いてみませんか?
こちらのロングバージョンは、読むだけでも物語のようになっています。
いかにも大河ドラマだなぁと感じていただけるかも??
→→【真シリーズ・登場人物紹介】を読む

【掌編コーナー】
長いお話はちょっと、と思われる方にお勧めなのは、大海にしては短い掌編。
いえ、掌編は本当に難しくて、お恥ずかしいのですけれど、ちょっと覗いてみてください(*^_^*)

①【センス】→→【センス】を読む
こちらは3333キリ番ヒットのリクエストをポール・ブリッツさん(ブログ:クリスタルの断章)から頂いて書きました。
内容は……短すぎるので書けません。でもちょっと感動的?
この時、あといくつか掌編を思いついたのですが、まだ書いておりません^^;

②【月へん】→→【月へん】を読む
こちらはずいぶん昔に「月」というお題で書いた掌編。
解剖実習中の医学生たちが主人公の、ひと夏の不思議な経験?
あまりいい出来ではありませんが、ここでご紹介したかったのはある詩なのです。
私が学生の時に出会った、背中を震わせるような詩でした。

他にもたくさん、読んでもらえたら嬉しいなぁと思うものはありますが、とりあえずここまでで。
残りはトップページ【道先案内】をクリックしてくださいませ(*^_^*)
1周年を契機に、リニューアルしました(って、単に増えた小説を書き加えただけですけれど^^;)。


そして最後に、今後の予定

【海に落ちる雨】
第21章『わかって下さい』に入ります。この章は真の回想章の最後です。
この章は、本編をごらんになっていなくても読める話になっていますので、もしよろしければ覗いてみてください。
大まかに言うと、真と竹流が同居に至った過程ですが……中身はあれこれ事件?が満載。
真の妹(実際は従妹)の結婚。
真の恋愛(あるいは自殺未遂):真が付き合っていたちょっとトンデモ女のりぃさをご期待ください。
真の病気と快復:素敵なロシア人女性・サーシャをご期待ください。
青森・大間の旅:素敵なマグロ漁師の頑固爺さんをご期待ください。
あれ? まるで旅行スケジュールみたいだな^^;
第22章『死んだ男の息子』で第3節は終了です。
そして、いよいよ第4節。ここからきっと、18禁の18R……まだ迷っている大海なのでした。
でも、あのゴテゴテがないと、ラストの竹流の言葉が生きないような気もするのです……

下の3つは短いので、今からでも十分に追いつける中編と連作掌編。連載途中です
よろしければ……ちょっと覗いてみてくださいませ。

【死と乙女】
真の息子・ピアニストの慎一の青春物語の一片。
ウィーンの音楽院に通う彼の一所懸命な人生を応援してやってください。
素敵なクラシック音楽と共にお送りしております。音楽だけでも聴きに来ませんか?
ちなみに、こちらは八少女夕さんからのリクエストです。「指揮者の出てくる話」……ピアニストに化けちゃった。
いえ、将来は指揮者なのですけれど、今はピアニストの卵なのです。
→→【死と乙女】を始めから読む

【死者の恋】
少し軽めに書いている真シリーズのひとつ。
新宿の調査事務所所長の真に持ち込まれた事件は、高校生の少女が青森の岩木山で出会ったおばあさんから受け取った人骨にまつわるもの。津軽の風景、そして三味線の音色と共に……お送りする予定。
ちょっと中断しておりましたが、【死と乙女】が終わったら再開予定です。
→→【死者の恋】を始めから読む

【百鬼夜行に遅刻しました】
ウゾさんのブログ名からインスピレーションを得て、鬼の世界を書いてみました。
いつも百鬼夜行学校の試験に遅刻するウゾくんの奮闘。季節ごとの花に物語を託して書いています。
テーマは鬼だけに「死」ですけれど、その中にある「愛」を語りたい……
書き始めた時はこんなことになるとは思っていなかったのですけれど、書いているうちにどんどんイメージが膨らんできて……連作掌編ですので、ぜひ、のぞいてみてください!
→→【百鬼夜行に遅刻しました】を始めから読む


というわけで、皆様に改めて感謝しつつ、1周年記念記事、お開きといたします(*^_^*)
これからもどうぞよろしくお願いいたします!


にゃあ~~~~~~~!!!!!

あ、しまった!
見つかっちゃった!!
迪ォ繝槭さ繝茨シ狙convert_20130824193448
(イラスト:limeさん:小説ブログ「DOOR」)

ひど~い! ぼくの紹介は~??

だって、マコト、君はこの頃、あちこちに顔を出し過ぎじゃない?
しかも、お正月のごあいさつは、君の独壇場だったじゃない。
他人様のブログにまで進出して……
それに、最近、このブログを猫ブログと間違えていらっしゃるのでは、と思われる方も来られるのよ?

え? 猫ブログだよね??
ねぇねぇ、違うの?

違います!(きっぱり)

わ~、あのね、あのね、みなしゃん、茶とら猫のマコトです!
え? 真との関係は何って? えーっと、分かんない……
あのね、えーっと~~
(AD:5、4、……)
わ~~~、待って待って!
【迷探偵マコトの事件簿】もよ……!(かちん!)
(AD:CM、入ります!)

→→お暇なら来てよね:【迷探偵マコトの事件簿】
(注意:きわめてしょうもないですが、(5)くらいからはちょっと物語になっているかも)
関連記事
スポンサーサイト



Category: 小説・バトン

tb 0 : cm 32   

コメント


ブログ一周年おめでとうございます。
たまに時間が無くて読めない時もありますが
楽しみに拝見させていただいております。
巨石の記事、大海さんの石に対する情熱がもの凄く伝わってきて楽しいですよ。
たまに・・何気ない記事に心をグッと持って行かれる時もあります。
最初に持っていかれたのは確か・・台風クラブの記事でした。
これからも、楽しい記事や小説を楽しみにしておりますね。

かぜっぷ #- | URL | 2014/01/14 02:36 [edit]


おめでとうございます

Happy 1st. Anniversary!!!
あっという間だったのではないでしょうか。
いまが一周年ということは、彩洋さんはブログ開設してかなりすぐから私と仲良くしてくださったのですね。

「清明の雪」は衝撃的でございましたよ。「私、井の中の蛙だなあ、歳食っていることにあぐらをかいてちゃまずい!」と思いましたもの。まあ、もっともっと頑張っても、私にはこういうすごいお話の書けなそうなことは「海に落ちる雨」の最初の方ではっきりしましたが。でも、読む方としては楽しみでございますとも。

リアルライフがとてもお忙しそうなのは、薄々わかっておりますが、ご無理のない範囲でぜひこれからも創作と大好きないろいろな記事や、加えて交流の方も続けていただけたら嬉しいです。

全部の記事にコメントできなくて心苦しいのですが、新しく上がった記事は全部読んでおりますので!

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2014/01/14 06:35 [edit]


かぜっぷさん、ありがとうございます(^^)

早々にありがとうございます! 
かぜっぷさんの足音(足跡?)、いつも感じております m(__)m
石紀行も、拙い小説も、いつも応援くださり、ありがとうございます。
石もまだまだ続きます。時々古墳も登場します。またぜひ遊びに来てください。
あ、『台風クラブ』ですか! 嬉しいです!
あれはもう、私の中の名作中の名作で、言葉にするのが難しくて、何だか中途半端に記事の中に登場させちゃってて、もったいなかったなぁ。
またいつか、再登場させようかなぁ。
これからもよろしくお願いいたします。

<大海が勝手にご紹介するコーナー>
かぜっぷさんのブログ→『今日吹いた風』http://kazeride.blog.fc2.com/
大海が、信州の素敵な景色、花、に惹かれて遊びに行っているブログさんです。
この景色を見ると、心がきゅっと引き締まる感じがするのです。しかも最近、ますますカメラ(写真)に精進される決意をなさったとか……素敵な景色、さらに期待いたします。
かぜっぷさんのお住まいの世界の風が吹く時、優しい時間が味わえます。
でも、難点は……お魚さんの引力に管理人さんが逆らえず、時々スポンサー広告に乗っ取られることです。
そういう場合はそっとしておかずに、スポンサー広告に拍手しちゃいます^^;
大海は、お魚さんルアーのコレクションをぜひ、公開していただきたいとか思っているのです。

彩洋→かぜっぷさん #nLQskDKw | URL | 2014/01/14 07:01 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

夕さん、さっそくにありがとうございます!
あっという間なのか、結構頑張ったというのか……1年を契機にアップする日とかルールを決めようとも思ったのですが、そもそも仕事がどんなふうに忙しくなるか、全く予想がつかないので、しばらくまだ様子をみることといたしました。
そんなので不安定ですが、これからもよろしくお願いいたします m(__)m
あぁ、そうなんです。迷子になりそうなブログ世界の海の中で、夕さんのブログをお訪ねした辺りから、世界が広がったような気がします。
夕さんのブログへのお考え方とか、小説の世界の面白さとか、そして入り口になってくれたのはアフリカの記事でしたが、あれこれに刺激されて、自分も頑張ろうって思えたことを、改めて思い出します。
そうでした、「清明の雪」を読んでくださったんですね。やけくそでアップしていたころに、ガンガン読んでくださるこの方は??と思っていたら……本当にありがとうございました!
夕さんのお言葉で勇気づけられて、頑張れているような気がします。
そしてこれからもよろしくお願いいたします!

<大海が勝手にご紹介するコーナー>
八少女夕さんのブログ→『scribo ergo sum』http://yaotomeyu.blog.fc2.com/
大海がご紹介するまでもない人気ブログさんですが、大海なりのご紹介を。
スイスにお住いの夕さんの人生経験や世界観が、記事と小説から深く感じられます。
長編も短編もどちらもお勧めですが、シーンの切り取り方が素晴らしく、その中に登場する印象的な光景(実際の景色だったり人の心の景色だったり)に惹き付けられ、そしてその場だけではなく、そこから動いていく人の人生が垣間見られる素敵な小説群です。
メリハリのある女性を書いたら、夕さんの右に出る人はいないかも! いつも楽しみです。
長編はもう世界を楽しんで戴くしかないと思うのですけれど、この短編には夕さんの小説のエッセンスがギュッと詰まっているように思います。
→『樹氷に鳴り響く聖譚曲(オラトリオ)』http://yaotomeyu.blog.fc2.com/blog-entry-732.html

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2014/01/14 07:27 [edit]


祝!1周年

1周年、おめでとうございます。
ブログの誕生日は、とても感慨深いものがありますよね。
小説ブログは辺境の地なので、運営や気持ちの持続が難しいと思います。
でも、きっと大海さんもここで、濃厚な1年を過ごされたのではないでしょうか。
私たち読者も、その濃厚さをおすそ分けしていただきました^^ いいお仲間が出来て、嬉しい限りです。

イラストの真やマコト(笑)を、いつも使ってくださって嬉しいです!マコト、いつも腰が引けててごめんw

とにかく、大海さんの文章力と表現力、知識の深さには脱帽です。清明の雪はもちろんですが、私があの始章を読んだ時のショックがおわかりでしょうか。こんなアマチュアさんが、いらっしゃるんだ・・・と。
それ以来刺激を受けっぱなしなんですが、自分もがんばろう・・・と、奮い立たせてもらっています。

確かに、大海さんの作風はブログ向きではなく、書籍向きですよね。だけど、作品のクオリティは、そこでは測れないわけで。いつか、書籍として読みたいなあという願いをもちつつ^^これからも楽しませていただきますね!
これからも仲良くしてやってください。
自分が書けなくなって、ブログが継続できなくなっても、読ませていただきますよ~~^^

lime #GCA3nAmE | URL | 2014/01/14 07:46 [edit]


 おめでとうございます。
まだ一年なのですねーーー 何となく 其の濃厚な文章から 自分よりも長く続いているブログに思えて仕方ないのですが…
月へん 懐かしいです。
僕が初めて読んだ 大海さんの作品がこれですね。

大海さんの文章って 本当に文章を学んだ方の端麗さがありますね。
そして 読みやすいーーーー 上のlime の言葉とも重なりますが 書物になり表紙がつく事で 映える文章ですね。

僕のブログはフラフラしていて いつどうなるのか解りませんが… 大海さんのこれからを 楽しみにしています。

ウゾ #- | URL | 2014/01/14 13:52 [edit]


一周年、おめでとうございます!

「清明の雪」で和尚さんLOVEと大きな声で言い、魔法にかかったものの一人でございます。

大海さんの物語は、壮大なのと、深いのとでまだ読破できていないのを歯がゆく思うのですが、焦らずに追っているところです。

「センス」に大興奮! 全部読めていないくせに、これが一番お気に入りの掌編なのです。距離感と空気感が絶妙で。

それにしても、このブログに載せるという時代になったからこそ、大海作品に出会えたわけで、このテクノロジーには感謝しまくりです。紙であろうと、オンラインであろうと、優先は読めるか読めないかなので。

第一話・・・ふふふ。私も描きはじめは初物語の第一話からでした。挨拶くらいしようよ、って思いついたのはずいぶん経ってからのことで。そんな自分の思い出とも重なってしまいました。

ああ、いいなあ。何周年記念、って、なんか好きなんです。来年また会おうね、とも思いますが、来年とは言わず、また後で読みに来るよってことで。今読んでいる章の続きを^^

けい #- | URL | 2014/01/14 17:40 [edit]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/01/14 19:39 [edit]


ブログ一周年、おめでとうございます。

大海彩洋さんのブログは、記事も小説も、レベルが高いうえに、更新も多くて、いつも感心しています。
はじめて拝読した作品は「天の川で恋をして」でしたが、かなり驚いたことを憶えています。読み味の良さとストーリーの面白さ、迫力のある描写に圧倒されました。

いつも読み逃げばかりで恐縮ですが、これからもお邪魔させてもらいますね。

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2014/01/14 20:12 [edit]


一周年おめでとうございます。
たくさんのお祝いの言葉、嬉しいですね。
まだまだ大海さんとはお付き合いが始まったばかりなのですが、これからゆっくりと作品に触れさせてもらおうと思っております。

お仕事も大変なようですので、決して無理はなさらないでくださいね。
もし間で休むことがあっても、きっと皆さん、優しいですからまた来てくれるようになると思うので、ボチボチと続けていかれればいいと思いますよ。
私もしょっちゅう休んだり、再会したりを繰り返してますが、皆さん、見捨てずにお付き合いしてくださっています。だからマイペースで続けてくださいね。

ヒロハル #- | URL | 2014/01/14 20:28 [edit]


一周年おめでとうございます。

こんばんは。

ブログ一周年おめでとうございます!
事前に日にちを知っておきながら、挨拶が少々遅れました。

ボクのブログも3年目突入(3周年は勘違い)でしたが、案外あっという間でした。
一年目を迎えたときも飽きっぽいボクがよく続けてこられたなと思う反面、付き合いの出来た方々とお別れするのがしのびなくて続けてこられました。

大海さんとも、これからお長いお付き合いになることを願っています。

栗栖紗那 #T7ibFu9o | URL | 2014/01/14 22:00 [edit]


こんばんは~。

サキもまだまだ彩洋さんの作品を読むことが出来ていないですねぇ。
読書速度がとても遅いので、ようやく「百鬼夜行に遅刻しました」と「奇跡を売る店」くらいですもの。
物語に入り込めてとても楽しかったです。個性的なキャラクター、サキは名前を覚えるのが遅いんですがちゃんと憶えていてストーリーに付いていけます。
続きを待っていますし、機会を見てまた別の作品も読ませていただきます。

サキは読むのも遅いですが、書くのも負けず劣らず遅いので、小説の更新も滅多に無いという状態に陥ってます。記事もなかなか書けないですし。どうすれば皆さんみたいに更新できるんでしょうね。しかも楽しい記事で……。
彩洋さんにお付き合いいただいてからはまだあまりたっていませんが、これから長くお付き合いいただければ嬉しいです。

謹んで1周年のお祝いを申し上げます。

またまいります。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL | 2014/01/14 23:01 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

limeさんには、おんぶに抱っこでお世話になった1年だったような気がします。
丁寧にコメントを頂き、コメントを書きに行っても楽しいお返事を頂き、こうして物語をアップしていくモチベーションが維持できていたなぁと思うのです。
それに、あれこれ小説論議(なんていうほどいいものじゃないですね^^;)を交わせたのも嬉しかったし。
それから、こうしてイラストを描いてくださって、もう何もかも「おんぶに抱っこ」とは、まさにこのこと……
あまりに嬉しいので、表紙絵に何回も使ってすみません^^; マコトなんて、ずっと腰が引けたまま^^;ですが、腰の引け方が飼い主との力関係を明瞭に示しているし……
やっぱりイラストを描く方って(limeさんの場合は「イラストも」ですが)、観察力というのか、掴みどころが鋭いんだなぁと感動しているのです。

私の方こそ、limeさんの緻密な構成力や、スムーズにお話を進めて行かれて、読者を決して飽きさせない文章の流れとか、コンパクトにまとめながらも広がりを残している物語や人物たちを楽しませていただきながら、ういつも唸っております。
刺激というならば私の方こそ沢山もらっておりまして、じたばたしながらもこうして続きを載せていく大きな原動力になってくださっています。でも、そのlimeさんから刺激を受けていると言っていただいて、ちょっとこそばいけれどとても嬉しいです!
ブログ向きではありませんが……^^; これからも(開き直って^^;)アップしていきますので、よろしくお願いいたします。
自力書籍版(!)ならあるのですけれど……→リア友はこれで読んでくれていて、ブログは読みにくいので新作も本にしろと……結構面倒くさいけれど有意義な「とじ太くん」(製本器具)^^;
そんなことはともあれ、これからもよろしくお願いいたします m(__)m
ちなみに、limeさんが書けなくなる日は来ないような気がしますので、ゆっくり!お互い続けて行けたらいいですね! 

<大海が勝手にご紹介するコーナー>
limeさんのブログ→『小説ブログ「DOOR」』http://yoyolime.blog83.fc2.com/
まさに人気ブログで、今更大海が言うことは何もなさ過ぎるけれど、あえてご紹介文を書いてみようと思います。
limeさんのお話の魅力、それはやはり構成力と過不足のない説明・描写と展開。limeさん自身がおっしゃっておられますが、「先にストーリーがあって、それを表現するために必要な人物を当てはめていく」という過程を経て生まれてきた小説群。ストーリーテラーとしての実力を、余すことなく感じられます。
その上、そこから生まれてきた登場人物たちの魅力は、プロのストーリーテラーの作品からは感じられないくらい光っているのです。
さて、どの作品を読みますか?(全部だけどね) 沢山の作品の中から「敢えて」選んだ私のお勧めは……以下の2作。
『凍える星』http://yoyolime.blog83.fc2.com/blog-category-53.html
『電脳うさぎとココロのありか』http://yoyolime.blog83.fc2.com/blog-category-33.html
追記:あ、イラストの魅力は一見して分かるので、端折ります。すでに行数オーバーだわ^^;

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2014/01/15 07:03 [edit]


おめでとうございます

一周年、おめでとうございます。
幾度かコメントいただいておきながら、私の方から書くのはこれが初めてになります。申し訳ありません><

大海さんのブログが一周年ということをこの記事で知って、大変驚いてます。量的にも内容的にも濃密で、スカスカの自分のブログの方が、僅か数カ月とはいえ長いとは^^

まだ大海さんの作品は『百鬼夜行…』しか読んでいないのですが、その他の作品も折を見てじっくりと読みたいと思っています。

これからもどうかよろしくお願いいたします。

ゆーき #- | URL | 2014/01/15 18:38 [edit]


一周年おめでとうございます

初期の「石紀行」が、私には読みやすくて好きです。
面白いです。

しのぶもじずり #em2m5CsA | URL | 2014/01/15 19:49 [edit]


ウゾさん、ありがとうございます(^^)

う~ん、確かに、中学生のウゾさんよりも学歴が短い……じゃなくてブログ歴が短いって、何だか不思議な気もしますが、やっぱりウゾさんがスーパーなのですよ!
ウゾさんの年齢詐称疑いが出るくらいだから、それほどウゾさんが特別、という気がします(^^)

『月へん』……私も懐かしいです^^; これ、書いたのは決して若くはないのですが(いや、すでにデビューの時には歳がいっていたハリソン・フォードのような…)、文章的には硬くて青い気がします。
これは確か字数制限があったので、詰め込んだものを必死で整理しようとして悪戦苦闘した記憶があります。
他の作品とは一風違っていますよね……^^; ちょっと恥ずかしい。
文章を学んだというほどのことはしていないのですが(ちょっと文章教室に通ってみたことはあるけれど、すぐ挫折した)、分かりやすく書きたいという気持ちはあったんですよね。そもそも自由に書くと、分かりにくい文章を書いてしまうので……あぁでも、1冊だけの本を作るなら、やってみたい……聖書の装飾写本みたいな。
あぁ、でも、何よりもウゾさんにはまんまの『百鬼夜行に遅刻しました』でお世話になっています。このイメージはもうブログ名を見た時からぴぴっときたものですので、それだけキャッチコピーのようなウゾさんのブログ名のセンスが光っていた、ということですね。まだまだお世話になります(^^)

ウゾさんは学生さんでまだまだ変化することと思いますが、ブログであってもなくても、これからも何らかの形で何かを世の中に向かって発信していかれるような気がします。
これからもよろしくお願いします(*^_^*)

<大海が勝手にご紹介するコーナー>
ウゾさんのブログ→『百鬼夜行に遅刻しました』http://uzo242.blog.fc2.com/
またまた超人気ブログをこの期に及んでご紹介する無意味なコーナーにチャレンジ。
ウゾさんのブログほど一括りにして説明しにくいものはないと思うのです。つまり一括りにしちゃいけないってことに違いありません。
まずブログ名がイカシてる。これだけでもウゾさんのセンスが分かるというものです。
毎日トップを飾るのは光と影、時には動きが上手く捉えられた芸術的な写真。そして中身と言えば、詩的とも戯曲的とも感じられるリズムのいい小説あり、ありとあらゆる方面の雑記あり、猫あり、たまに弟あり。
さて、どの記事またはシリーズを大海のお勧めにしようかと迷ったけれど、決められない。決められないのがウゾ節、ということになるのかな。毎日楽しみです。
でも一応無理やり挙げてみると……やっぱり探偵もどきかしら→http://uzo242.blog.fc2.com/blog-category-16.html

彩洋→ウゾさん #nLQskDKw | URL | 2014/01/15 23:45 [edit]


けいさん、ありがとうございます(^^)

けいさん、ありがとうございます(^^)
そうでした。けいさんには『清明の雪』を読んでいただいたときに、和尚さんLOVEを叫んでいただき(?)、とても嬉しかったことを思い出します。その節は、大変お世話になりました(*^_^*)
壮大……というよりもただ長いことが問題ですね^^;
ご迷惑をおかけいたしますが^^; これからも無理のない範囲で付き合ってやってくださいませ。
『センス』はふいと浮かんだものを短く纏めるのが大変で。でも始めはもっと短くできないかと考えたのです。でも、私の力ではこれ以上に短くすることはできませんでした。思えば、詩を書く人ってのはすごいなぁと思います。
この時にいくつか思いついた他の掌編を、いつかまた形にしたいと思っています。けいさんのお気に入りにくわえてもらえたらいいなぁ。

私の方こそ、ブログを通してけいさんに出会えたことに感謝しております。他の方々の作品もそうですが、プロの作家さんの作品にはない一生懸命さがあって、それを感じると勇気が湧いてくるような気がするのです。
私もブログという世界に感謝しなくちゃ。
確かに、始めって本当に夢中で、よく分からない世界に飛び込んだ感じでした。けいさんが私と同じように挨拶もなく、物語の第一話でいらっしゃっとは……^^; みんな似たような一年生だったのですね(*^_^*)
これからもどうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)

<大海が勝手にご紹介するコーナー>
けいさんのブログ→『憩』http://meuniverse.blog10.fc2.com/
けいさんのブログ『憩』も今更何を紹介するのっていうくらい人気のブログですが、あえてチャレンジ。
けいさんは季節が真反対のオーストラリアにお住まいだけど、季節なんて関係なくいつも熱い青春を物語っておられます。そう、厚みのある青春を語らせたらブログ界の第一人者ではないでしょうか。「青春してるぜ!」っていう直接的な熱さではなく、じわっとくるちょっと大人な青春。
けいさんの作品の特徴、それはポジティヴ! 時々へこんでも、常に前に向かっていく姿勢が作品の中に溢れています。
爽やかに展開する物語の世界、ちょっと覗いてみたら、明日は自分ももう少し先へ進んでみようと思えます。
やっぱりお勧めは現在進行形の『夢叶』http://meuniverse.blog10.fc2.com/blog-entry-68.html
私の大好きな音楽世界の物語なので、読みながらいつもエキサイトしています!

彩洋→けいさん #tC24bbHA | URL | 2014/01/16 01:45 [edit]


鍵コメH様、ありがとうございます(^^)

ありがとうございます!!
何とか1年、もちました^^; 途中で何度も放り出しそうでしたが^^;
ブログをやっていたおかげで、訪問する先もできて、何だか家を行き来する気分で、楽しく過ごせていたことがいっぱいあったように思います。
あまり広い範囲に手を広げる余裕がなくて、地味に僻地で生きているという気はしますが、じっくりお付き合いくださるブログのお友達に恵まれて、本当に有難いです。
そして、訪ねた先で癒される世界を味わうこともできて……特にHくんには、絶妙な語りと相まって、いつも元気とパワー、そして笑いを頂いております。それで1日頑張れそうな日もたくさんあって(^^)
紹介文、書きたいけれど、鍵コメさんなので、またいつかの機会に(*^_^*)
って、実はみなさん、もう十分ご存知ですものね~~
歌にも絵にもフィギュアにもなる大人気のHくん、これからも私を癒してくださいね!

あ、巨石紀行、また頑張りますね(*^_^*)

彩洋→鍵コメH様 #nLQskDKw | URL | 2014/01/16 02:08 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(^^)

ありがとうございます!
更新が多そうに見えるのは、ひとえにすでに書き終えてあった(ある)『清明の雪』と『海に落ちる雨』のお蔭なのですけれど、多分しょうもないことを聞いてくれる人がいないので、雑記などもあれこれ書き散らしてしまっているのかもしれません^^;
気になさらず、お気軽に、お暇なときに、つまみ食いだけしてやってくださいませ(*^_^*)
『天の川で恋をして』……そう言えば、何を血迷って恋愛小説を書いてしまったのでしょう??
生涯書かないと思っていたタイプの作品でしたが、私って、地名とか(ブログ名とか^^;)、妙なところで引っかかる人間だったのですね。新たな発見でした。でも結構楽しんで書いておりましたので、これもブログのお蔭だったかも。
読み逃げ、大いに歓迎です。私もしばしば読み逃げしておりますが、これからもよろしくお願いいたします。

<しつこく大海の勝手に紹介コーナー>
TOM-Fさんのブログ『Court Cafe BLOG』http://tomf777.blog129.fc2.com/
TOM-Fさんの書かれるものにはあちこちにきらりと光るセンスがあるのです!
実はちょっと私には分からないワールド(す、すみません…メディック系とか^^;)もあるのですけれど、何より、バトンの天才(見つけるのも回答するのも)、そして超掌編小説(?)のすごさ、さらに実はたまに登場する旅行記が面白いので、大ファンなのです。
掌編小説はまずこれ→http://tomf777.blog129.fc2.com/blog-entry-196.html
バトンはやっぱりこれか?→http://tomf777.blog129.fc2.com/blog-entry-215.html
バトンは他にもいっぱい→http://tomf777.blog129.fc2.com/blog-category-2.html
まだ小説(シリーズ)を1.1作しか拝読していないのですけれど、細部がものすごく丁寧に書かれていて、ちょっとのめり込みます。さぁ、私も最近終了したシリーズを読みに行こうっと。

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2014/01/16 02:38 [edit]


ヒロハルさん、ありがとうございます(^^)

ありがとうございます。本当に、多くの方からこうしてお言葉を頂いて、ちょっとうるうるしています。
もうちょっと頑張ろうと思えます(*^_^*)
そうなんですね。ヒロハルさんとはまだまだ交流を始めたばかりで、これからってところではありますが、本当にこれからまたよろしくお願いいたします。
でも実は私、ずいぶん以前に『かつての我が家で……』を読ませていただいておりまして……いえ、もう見事に速攻読み逃げしておりましたが……・で、今は続きの所から拝読させていただいております。じっくり追いついていく予定ですので、これからもよろしくお願いいたします(*^_^*)
はい、アドバイス通り、ゆっくり、マイペースで行こうと思います。が、ついつい書いたらアップしたくなる性格らしく^^; もう既に書いてあるほう(『海に落ちる雨』)が更新がゆっくりになっていますが……
なんにせよ、また更に1年続けられるように……(^^)

<やっぱりやってしまおう、大海が勝手にご紹介するコーナー>
ヒロハルさんのブログ『三流自作小説劇場』http://hiroharukohno.blog65.fc2.com/
まだそれほどたくさん拝読していないのに、書くのか、大海!って感じですけれど、それでも書いてしまおうという無責任さをお許しください。
決して長すぎない物語の中に、時には短すぎるくらいのエピソードの中であっても、いつもしっかり人と人の絆が書かれているのですね。
時には剛速球で。時には優しいカーブで。そして時には消える魔球で??
たまにシニカルなときもあるけれど、常に誰かと誰かが繋がっている。しっかりと繋がっているというよりも、心地よい距離で。読めばきっと、あなたももう一度傍にいる誰かとの心のきずなを確かめたくなるはず。
作品を挙げさせていただくのはまだ早いので、来年2周年の楽しみにします(^^)

彩洋→ヒロハルさん #nLQskDKw | URL | 2014/01/16 02:58 [edit]


紗那さん、ありがとうございます(^^)

紗那さん、ありがとうございます(^^)
わざわざお越しくださいまして、コメントまでいただき、ありがとうございます。
はい、何とか1年もちました。
そうそう、紗那さんのところも2周年(3年目)!を迎えられたところでしたね。
紗那さんの仰ること、よく分かります。本当に、お別れするのが忍びなくて続けているのかもしれません。でもこれって、素敵な原動力ですよね。
これからもよろしくお願いいたします。
またチャンスがあれば、キリ番を踏みたいものです(*^_^*)

<とにかく大海がご紹介するコーナー>
栗栖紗那さんのブログ『午睡の夢商店 ライトノベルはじめました』http://granbellmagictown.blog.fc2.com/
実はまだまだ大海にとっては未開の場所が沢山ありすぎて……これからの開拓していかなくちゃと思っているのですけれど。
でも、キリ番を踏ませていただいて、お題をリクエストするチャンスに恵まれたのは、何かの御縁でしょうか。
その小説がこちら→http://ncode.syosetu.com/n4967bv/
なんとスィーツ食べ放題、分厚い本、月面着陸、というふざけた3つのお題を使ってこんなにも素敵な短編を仕上げてしまわれました。(「分厚い本」との!)会話のテンポが痛快な、そして不思議な世界が広がる物語です。まずはご一読あれ。
他にも夕さんご提案の神話で遊ぼう?シリーズですぐに作品を書かれたり。発想力が豊かでいらっしゃるんですよね。ぜひこれからその不思議ワールドを探検したいと思います!

彩洋→栗栖紗那さん #nLQskDKw | URL | 2014/01/16 06:48 [edit]


サキさん、ありがとうございます(^^)

サキさん、ありがとうございます。
作品などは、もうサキさんのペースで、お暇なときにつまみ食いしてやってください。
でも、サキさんは本当に作品を書かれる時も、他の人の作品を読まれる時も丁寧に時間をかけてくださるので、ある意味ちょっと怖い読者さんだという気がします。あ、もちろん、いい意味ですよ!
読んでいただくようになって、サキさんに納得していただけるようなストーリーが構成できるか、いつも少し考えている自分がおります(^^)
『百鬼夜行に遅刻しました』と『奇跡を売る店』の続きもしっかり練って、まだサキさんの評価を頂きたいと思います。あ、でもサキさんの苦手な玉櫛ばあさん、今後も絡みは必須で……^^;

サキさんはサキさんのペースで書いて、アップして行かれたらと思うのです。
あの緻密なシーンの動きはサキさんならではと思いますし、文章を吟味しておられるのがよく分かるので、早く更新できる人のように数で頑張る必要はないような気がします……
でも、このごろは結構頑張っておられるのでは? これからも末永く、よろしくお願いします。
サキさんのコメント、とても鋭くてじっくり作品や文章を見返すチャンスになっています。
ありがとうございます。これからもさらによろしくお願いいたします(*^_^*)

<やっぱり続く、大海が勝手にご紹介するコーナー>
サキさんのブログ『Debris circus』http://debriscircus.blog.fc2.com/
サキさんはとっても真面目に作品に取り組んでおられて(あ、もちろん私も真面目なんですけれど^^;)、その丁寧な作風にお人柄が表れている、そんな気がします。文章はきちんとしておられるし、パートナーの先さんの支えも感じられて、作品からは、作品そのものの世界とサキさん自身の世界が重なって感じられる気がします。
好感度がものすごく高い世界を描かれているのです。
まだ主作品を拝読できていませんので、こんな風に勝手にご紹介コーナーを書く立場ではないのですけれど、この作品を読んでいただくと分かるはず。そう、映画のようなシーンが浮かんできませんか。
フォーマルハウト→http://debriscircus.blog.fc2.com/blog-category-20.html
そして以下のバトンからは、サキさんの作品への取り組む姿勢がよく分かります。ご堪能ください。
http://debriscircus.blog.fc2.com/blog-entry-270.html
http://debriscircus.blog.fc2.com/blog-entry-269.html

彩洋→サキさん #nLQskDKw | URL | 2014/01/16 07:12 [edit]


ゆーきさん、ありがとうございます(^^)

ゆーきさん、わざわざコメントを残してくださり、ありがとうございます!
お付き合いはまだまだこれから、なのですけれど、何よりも、まだこれからゆっくり作品を読ませていただくブログさんがあるのは、とても楽しみなことです。
今やっと作品を拝読し始めていますが、『芍薬の部屋』……町の描写や現実の世界とごっちゃになりながら、世界自体を楽しませていただいています。読みやすい文章で、これからの展開が楽しみです。
自分の書いているものは、量的にも内容的にもちょっとブログには負担な気がしていますが、もっとシンプルに書けるように鍛錬したいなぁと思っています。でももう書いちゃったものは仕方ないけど^^;
2周年には<勝手にご紹介コーナー>を書かせていただけるよう、これからじっくりゆーきワールドを拝読したいと思います(*^_^*)
これからのお付き合いもよろしくお願いいたします(*^_^*)

彩洋→ゆーきさん #nLQskDKw | URL | 2014/01/16 07:29 [edit]


しのぶもじずりさん、ありがとうございます(^^)

しのぶもじずりさん、ありがとうございます(*^_^*)
あ、そうですか! 初期の石紀行……ちょっと端折りすぎだったのですが、読みやすいと言ってただくと、また検討していきたいと思います。
確かに、どんどん、あれもこれもご紹介したくなっていくのですよね……^^;
でも、しのぶもじずりさんに面白いと言ってただくと何やら自信が持てます。実は『石紀行』、この石ばっかりの味気ない世界って、他人様から見て本当に面白いのかしら、といまだ疑問があったりして(イチオシとか言っているのに、不安)。なので、とても嬉しいです。
これからもよろしくお願いいたします。

<大海が勝手にご紹介コーナー>
しのぶもじずりさんのブログ『物語とか雑文とか』http://monogataritoka.blog.fc2.com/
本当に今更という言葉がぴったりな超人気ブログさんに失礼なので、やめようと思ったのですけれど、やっぱりちょっと書いてみたくなったのでした。
あぁ、でも、まだ拝読できていない作品が沢山あって、来年はもっと語れるようになりたい!
でも実は、私がまだブログを始める前、ネットの海をさまよっていたころ、最初に『クロウ日記』を拝読したのです。
何てテンポのいい文章を書かれるのだろう、これこそブログで読む物語の醍醐味・エッセンスの凝縮された世界、絵本みたいにめくりながらどんどん物語世界に入り込んでいく素晴らしさが味わえる、しかも話題が豊富で言葉が面白い、……あれこれ感動して、何だか不思議な印象を受けたのを思い出します。
魅力は何より、切れのいい語り口、そして時々(しょっちゅう)飛び出す標語のような名言!
『天州晴神霊記』の名言、実はこっそり私の座右の銘です。
「身近な謎からコツコツと」! これこそミステリーのあるべき姿だわ(^^)
これからまとめ読みに走る予定の大海です(^^)

彩洋→しのぶもじずりさん #nLQskDKw | URL | 2014/01/16 07:46 [edit]


おめでとうございます\(≧∀≦)/

一周年おめでとうございます!!!
小説が書ける方ってすごいと思います!!!
私も、大昔は夢見たことがあったのですが
どうも、物語を紡ぐ才能が完膚なきまでに無いようで
早々に諦めました(^0^;;)\

今までなかなか大海彩洋さんの小説を
じっくりと読まさせて頂く時間が持てなくて
失礼してしまっていましたがm(;m;)m
そろそろ持てそうなので、
これから、じ~~っくり楽しませてくださいね(^^*)vv-238

いつも丁寧で楽しいコメント、
本当にありがとうございます!!!!!!
これからも末永くよろしくお願い致します\(≧∀≦)/v-238

かじぺた #- | URL | 2014/01/16 17:52 [edit]


おめでとうございます

風邪をひいてしまって咳がごほごほだったのもあり、うつしてはいけないと……うつるはずないですが。(^^♪
そんなこともあってちょっとご無沙汰してしまっているうちに、一周年ですね。
おめでとうございます。

私のブログは一年目なんてのはほとんど来て下さる方もいらっしゃらなくて、たまぁにカウンターが7とか8とかになると、なにかのまちがい? なんて思っていたものです。

大海さんのサイトは読者さまもコメントも多いようで、やはりいいものをお書きになるからなのですよね。
私も見習わせていただきます。

今後ともよろしくおつきあいのほどを。
お願い申し上げます。

あかね #- | URL | 2014/01/17 01:06 [edit]


かじぺたさん、ありがとうございます(^^)

ありがとうございます!!
あぁ、そうなんですね! かじぺたさんも小説書きを夢見たことが……・
私も小説家などを夢見たことがありましたが、あっさり断念して、今ではただの趣味の世界として楽しんでいます。いや、これは趣味だから楽しいという気がします。
でも、巨石学者になる夢はまだ持っています。定年になったら巨石博士を目指したい……
でも、かじぺたさんのすごさは、あの料理と気合の入った旅行記で全ていかんなく発揮されいているので、それこそ小説書き以上ですよ! 

私の小説は、本当に自慢じゃありませんが、とっつきが悪いことこの上ないのですけれど、よろしかったらお暇な時の友にしてやってくださいませ(*^_^*)
かじぺたさんにお勧めなのは、やっぱり大海後にも先にも1作だけに違いない恋愛小説『天の川で恋をして』かしら? それとも、『奇跡を売る店』かしら?
そのうち、おみかんを大事に転がしているマコトの続編も出ますので、ご期待ください(*^_^*)
次は『マコト、アニキに出会う~アニキ、ぼく、アニキみたいな立派な豹になりたいんだ!~』です。
(アニキ、猫なんですけれど??)
あぁでも、くれぐれも無理をなさらないでくださいませ。もう、恐ろしく暇なときに……(^^)
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

<大海はそれでもしつこく勝手に紹介コーナーを続けるのであった>
かじぺたさんのブログ『かじぺたのもっとデンジャラス(そうかも)ゾーン』http://kajiipeta.blog76.fc2.com/
沢山のお写真で誘われるちょっと懐かしい街の光景。
かじぺたさんの写真ワールド……旅行記というよりも、街角散歩? 「ちい散歩」ならぬ「かじぺた散歩」というのでしょうか。旅行ブログで特別な街を見るのも楽しいけれど、かじぺたさんの歩く街はもっと身近で、もしかしたら少し前に自分も旅した場所かもしれない街。その街のちょっと意外な別の顔を見つけることができます。
でも、かじぺたさんのブログの最大の魅力は、ご飯ですよ!
かじぺたさんの手料理! 道の駅などで仕入れられた食材・お土産ものなどを生かしてかじぺた家の食卓に並ぶお料理あれこれ。大海の野望は、かじぺた家の4人目の子ども、もしくは3匹目の犬になること!
(もちろん、あの料理にありつくために……)
でも、まずは目だけで楽しませていただくことにします。
皆さんもぜひ、目で、かじぺたさんのお料理と素敵な旅の写真を食べてください!

彩洋→かじぺたさん #nLQskDKw | URL | 2014/01/17 20:36 [edit]


あかねさん、ありがとうございます(^^)

おぉ、お風邪は大丈夫ですか!?
今年は何やら、咳の酷い風邪も流行っているようで、しかもいよいよインフルエンザもやって来るようで、お大事になさってくださいね!
確かに……ブログにどれだけ来ていただけるかって、時々ものすごい超人気ブログさんなどを見るとびっくりするけれど……地道に続けて行くことが大事なのかもしれませんね。と言っても、いつまで続くか分からないのですけれど……
あかねさんの世界は、長い散歩道で面白い形の石や綺麗な色の葉っぱを拾い集めていくような世界。山という全体像が見えるのに少し歩きまわってみる必要があるのでしょうね……
これからもお互いに地道に頑張りましょうね!! 読者さんの大らかな優しさに支えられてこうしてやっていけているのだなぁとしみじみ思ったりしています(^^)

<やっぱりやるよ! 大海が勝手にご紹介するコーナー>
あかねさんのブログ『茜いろの森』http://quianred.blog99.fc2.com/
一言でいうと、宝箱みたいなブログです。そう、高級な宝石が詰まっている宝石箱じゃなくて、子どもが大事にしている宝箱。大人が見たらちょっと分からないものも入っている、それだけに中を開けてみて理由を聞かなきゃわからない、そんなお話がいっぱい詰まっています。
私と同じ、メイン小説を持っていらっしゃるという点で、すごく親近感があります。そしてそのキャラたちを大事にされているというところも。でも、独立した短編もたくさんあって、この次々と生まれ出てくる原石のようなお話の中に、あかねさんの少しシニカルなところや、暖かみや、世の中のちょっとしたシーンの面白さがさらりと漂っているのです。何よりもその創作意欲とたくさんの引き出しに感動します。
入り口にいるとどれから見てみようか、ちょっと惑ってしまうのですけれど、とにかくひとつのドアを開けてみたら……
ひとつあげるのは難しいけれど、自分が気に入っているお話を→「ノースポール」http://quianred.blog99.fc2.com/blog-entry-1071.html

彩洋→あかねさん #nLQskDKw | URL | 2014/01/18 06:58 [edit]


ブログ一周年だったんですか??

ブログ一周年、おめでとうございます!
というか、ブログ一周年だったんですか!!??

私はまだ大海さんの『清明の雪』を読んでいるところなのですが、きっとこういうお話が書けるようになるには熟練される時間と年月が必要なのだわ…と、勝手に思っていまして、ブログ一周年ということに、かなり驚いております!!

大海さん、凄すぎますっ!!><

私の中で「この方はきっとプロだわ!!」という思いが、また膨らんでますよー。いいなあ、私もあんなお話を書いてみたい!もう憧れのまなざしです。(私は今、『鬼舞』というタイトルで舞を舞う女の子の物語を書いてるんですが、続きが書けなくて…。大海さんの文章のように書けたらいいなあと思っていて…><むしろ、私の代わりに書いて頂きけないものか、とも!!←失礼&ヘンテコなやつですみません・苦笑)

『清明の雪』の真くんがもつ不思議なものを見る力、夢と現の狭間を違和感なく、書きあげる筆力、呻りました。何より、あの知識量を存分に生かすことのできる文章力も。大海教授とお呼びしたいくらいです!大海教授の授業を受けたいなあって^^

実は『清明の雪』を読了してから、お願いしようかと思っていたのですが、良ければ、私の勝手に作った『自分的小説ブログ大賞』の今年の候補作に、大海さんの『清明の雪』をご紹介させて頂きたいなと。難しかったら気にせず、言って下さいね^^詳細→http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-119.html

これからも応援しております!!!

rurubu1001 #- | URL | 2014/01/19 16:02 [edit]


rurubu1001さん、ありがとうございます(^^)

1周年のお祝いにお言葉を頂き、ありがとうございます!
そうなんです、実はようやく1周年。rurubu1001さんのように、毎日精力的に小説に特化して更新しているわけではないので、あれこれ雑記も入り混じっての、気の散ったブログなのですけれど……
本当は、真を世に出してやりたいという気持ちで始めたのですけれど、始めてみたら、何だか石の記事が場所を締めすぎちゃって……しかもあれこれ気が散りまくりで、ちょっとお恥ずかしい感じがしますけれど、今のところはまだ継続は力なり、と念じています^^;

それにしてもrurubu1001さんの引き出しの多さには驚くばかりです。
文章も読みやすくて、するするっとお話が進んでいって、私もこんな感じでお話が書けたらいいのに、という憧れの世界です。ブログを始められてまだ短くていらっしゃるのに、あっという間に人気のブログですね!
本当に羨ましい……
私は、どうやら大河ドラマ志向みたいでして……ブログには向かない物語を書いちゃっていますが、こればかりはどうしようもないので、諦めています。でもたまに、応援してくださる方がいると、本当に喜んじゃっております。皆さんのブログでの発表の仕方とか、本当に参考になることがいっぱいあるのに、学べていない^^;
ブログは1年目なのですけれど、物語を書いていた年数は結構長いのです^^;
でも、間のブランクが長すぎて、総執筆期間は……よく分かりません。
仕事についてからはあまり書く時間もなかったので、最近久しぶりにまた書き始めているというのか……
でも本当に、文章を書くのって、筋トレだと言われましたが、書けば書くほど力になるらしいと信じて、またじわじわ頑張りたいと思います!

何より、『清明の雪』を読んでくださっているということ、本当にありがとうございます!!
このお話は、もう好きなものを無理やりてんこ盛りにしてやれ、とあれこれ詰め込んで、詰め込みすぎて一度爆発したものをシェイプアップして、今の形になっています。
まだまだ洗練された内容ではないのですけれど、ひとりでも多くの方に気に入ってただけたらと、そして、もしかして京都に来て、あのお寺、どこにあるのかしら、あの和尚さんに会いたいわ、と思っていただけたら、最高だなぁと思っています。
ラストのキラキラシーン(私が勝手に呼んでいる、最後のシーン)、ぜひ見てやってください。二人に魔法がかかる場面。でも本当の私の中のクライマックスは、第19話の最後の「同行二人」のシーンなのですけれど……
ここで、「哲学の道を歩きたい!」と思ってもらえたら、無茶苦茶嬉しい……(^^)
あ、しゃべりすぎちゃった。

『鬼舞』、素敵なタイトルですね! 舞を舞う女の子のお話。とても興味があります。
私も、実は、真の嫁の設定がもと舞姫?でして、どんなふうにお話の中で生かそうかと模索中です。
あぁでも、次々と素敵な世界を書かれているrurubuさん、私ったらまだ3夜目ですけれど、ゆっくり追いついていきたいと思います!

> 実は『清明の雪』を読了してから、お願いしようかと思っていたのですが、良ければ、私の勝手に作った『自分的小説ブログ大賞』の今年の候補作に、大海さんの『清明の雪』をご紹介させて頂きたいなと。難しかったら気にせず、言って下さいね^^詳細→http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-119.html
いやいやこれは……とても光栄です。私ごときの作品でも候補にしていただけるのはとても嬉しいです(^^)
ありがとうございます(*^_^*)

何はともあれ、これからどうぞよろしくお願いします!

彩洋→rurubu1001さん #nLQskDKw | URL | 2014/01/20 00:24 [edit]


ありがとうございます!

ややや!私なんてそんなそんなです!!本当に恐縮過ぎます!大海さんにそんなふうに優しいお言葉を頂けてもう…感涙><

なんだか最近足跡多いのはたぶん『自分的ブログ大賞候補作』のおかげなんじゃ…という気が(苦笑)。

『自分的小説ブログ大賞』の件、本当にありがとうございます!早速更新させて頂きました。もし、何か気になるところ、ありましたら、気にせず言って下さいね~^^アドバイス頂ければと思っております。

さあ、『清明の雪』もいよいよ後半戦突入だー!読み終えたら、また感想お伝えしますね! 何気に和尚さん好きですv

rurubu1001 #- | URL | 2014/01/20 22:37 [edit]


rurubu1001さん、ありがとうございます(^^)

いえいえ、御謙遜を!
あれだけのものを書くには引き出しがいっぱい必要ですもの。
何より、何かを読んで、すぐ自分の中で昇華して物語にしちゃうのがすごいなぁと思います。
ブログに来ていただくきっかけが何であっても、結局はそのブログの中身の魅力だという気がします。
これからも頑張ってくださいね!
私も……頑張ろうっと。と言っても、うちはもう本当に、僻地ブログを地で行っておりますが^^;
何よりも候補にしていただいてありがとうございます。枯木も山のにぎわいということで……
『清明の雪』もありがとうございます。
和尚さん、けっこう人気者なのですよ。オリキャラ対談バトンでも活躍中です(^^)
ではまた、私もお訪ねいたしますね。ありがとうございました(*^_^*)

> さあ、『清明の雪』もいよいよ後半戦突入だー!読み終えたら、また感想お伝えしますね! 何気に和尚さん好きですv

彩洋→rurubu1001さん #nLQskDKw | URL | 2014/01/21 00:14 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/398-2208467d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)