07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

NEWS 2014/1/26 イラストを描いてみた 


ただ今、私のPCの壁紙は、小説ブログ「DOOR」のlimeさんがリクエストで描いてくださったスリーショット(リク、真、春樹)です(*^_^*)

右の色鉛筆はドイツのもので(買ったのは日本だけど^^;)、もう30年くらい前のもの。水性で、水で伸ばすことができます。
左は今日、その色鉛筆を使って即席で描いたイラスト……頭の中のイメージを描きつけていったら、何だかゴテゴテになってしまいました。
今日たまたま交流のあるブログさんで、小説や絵って下書きの時の方が広がりがあるなぁってお言葉を拝読して、本当だわ、と思っていたのです。
(いつも鍵コメで頂くので、ここでご紹介していいのかどうか少し躊躇いましたが……取りあえずここでお断りを……)

もっというと、頭の中にある時の方が、イメージは大きい。しかも、描き慣れないイラストなので、どうしてもイメージだけは大きすぎて、描いてみたら……しょぼ~ん(T_T)
何だか、抽象画に走っていく人の気持ちが分かるわぁ、とか偉そうなことを思っていたのでした。
ま、でも、そもそもラフ画のような絵なので、ばらばらのイメージの広がりは残っていますね^^;

さて、こちらは実はscribo ergo sumの八少女夕さんの企画、scriviamo!に参加するべく描いたもの。
そうなんです、小説じゃないもので参加したかったんです。
でも、イラストを描くなんて、イラストを普段描かれる人たちの前ではお恥ずかしい。
しかも超アナログ!! しかもラフ画みたいなもの!! でも、私には精一杯でした(T_T)
あとは……これにお話がつくのですけれど。

DSCN3034_convert_20140126201052.jpg
そう。こちらは翡翠なのです。糸魚川の稀少な翡翠。私の持っているものは、エメラルド度が低いのですけれど、上等なものは光に当てたら絵の色のように光ります。

さて、せっかくなので、数十年前に描いた絵。これは銅版画のための下書きだったのですけれど。
DSCN3038_convert_20140126200850.jpgDSCN3041_convert_20140126201124.jpg
こちらは左が銅版画。右は下書き。下書きの段階では、母をイメージした女性の横顔があったのですけれど……
DSCN3035_convert_20140126200928.jpg

そんなこんなで、今日はちょっと恥を晒してみました(^^)
お粗末さまでした m(__)m
関連記事
スポンサーサイト

Category: 小説・バトン

tb 0 : cm 14   

コメント


こんばんはー☆
いやいや、なかなかの物ですよ。
特に仏様のデッサンは、彩洋さんの気持ちが伝わってきますね。
一時、奈良・京都の仏像を子供と一緒に見に行っていましたが、これほど私には描けませんね。
何にでも興味の有る方で、尊敬です。
私、絵は見る専門なもんで・・。
子供の頃は少し描いていたんですけどね。

ではでは、また見せて下さいねー♡

ペチュニア #- | URL | 2014/01/26 21:42 [edit]


大海さんらしくて

デスクトップに!と、まずそこに目が行っちゃって^^
本当に使ってくださってたんですね。横幅の尺が足りないのが申し訳ない!

そして、大海さんは何で参加されるのかなと思ったら!
でも、納得です。
すごく大海さんらしいイラストだと思いました。
イメージの広がりが、一枚の絵に入りきらなくて抽象画のような、イメージ画になるのですね。
芸術家肌なんだと思います、逆に。
私なんか単純な思考回路なので、イメージで描き始められない。出来上がったものは多分、想像していたものと寸分変わらないのだと思います。
(あ・・・これ、小説を書くときと同じだ^^;)
小さくまとまっちゃう。
でも大海さんのイメージは壮大で、枠にハマらなくて、どんどん膨らんでいくんだろうな。
そこがうらやましいです。
夕さんが、どんな風にこれを料理されるのか、膨らませられるのか、楽しみです。
そしてこれはずいぶん以前に描かれた仏像画なのですね。
銅版画。実は一度もやったことが無いのです。
とても良いお顔をされていますね。
仏像を彫ったり写経をする時のように、やはり制作中は、無になるものなのでしょうね。
今日ちょうど、親族の法事で、長い時間たくさんの仏像に囲まれて和尚さんやお坊さんのお経を訊いていたのですが。
あ、ここは輪唱みたいとか、ここはパートが分かれてる?とかそんなことを思いながらお経を聞いていた、罰当たりな私です。(何の話・・・)

lime #GCA3nAmE | URL | 2014/01/26 22:31 [edit]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/01/26 22:32 [edit]


おおお

彩洋さんは、本当に多才ですね。
銅版画もなさるとは。
その他にはお庭、それに三味線。どれも一つだけで大変な時間と手間のかかる物なので私なら聞いただけで「私には無理」と逃げだしますが。
その一つひとつをとても丁寧に魂込めてなさっているのを感じます。特に銅版画は、仏道の修行そのものですね。

水彩色鉛筆、私もよく使います。持ち運びにも便利ですよね。一番、活躍したのはやっぱりムパタ塾の時ですね。

そ、そして、これはscriviamo!用なのですね。ええ〜。翡翠の勾玉ということは、やっぱり「樋水龍神縁起」関係ですよね! わ〜い。どんなものをいただけるのか、今からワクワクしています。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2014/01/27 04:03 [edit]


 こんばんは。
おおっーー こーゆー形での 八少女さん企画への参加なのですね。
大海さんの石と八少女さんの龍神のコラボって感じでしょうか。
どちらも悠久の時間を 漂っているモノたちですからね とても雄大な雰囲気ですね。
完成が楽しみです。

ウゾ #- | URL | 2014/01/27 21:19 [edit]


こんばんは
糸魚川の翡翠、貴重ですね。
以前、河口で探した事がありますよ。
なんとなくそれっぽいモノも発見しましたが
友人に見せたら笑われてしまいました。
大海さんは小説も絵画も・・本当に多才なんですね。
作品の完成を楽しみにしておりますよ。

かぜっぷ #- | URL | 2014/01/28 03:18 [edit]


ペチュニアさん、ありがとうございます(^^)

わ~、お褒め下さいまして、恐縮です!
はっきりとは書きにくかったのですが(歳がばれる??……いや、ばれてるか)、この仏像のデッサンは高校生の時、ずっと美術を選択しておりまして、銅版画を結構長い期間やっていた時のものです。
思えば、自分で京都や奈良のお寺を巡るようになったのは大学生になってからですが、この頃から父親が寺好きで、よく巡っていたものでした。
自分でも懐かしいです。
うん、でも、今は私もこれは描けません^^; 何より、根気がありません^^;
あの頃って……暇だったのね^^;
でも、お褒め頂いてとても嬉しいです。いや、でも、もうネタもあまりありませんでして……^^;

コメント、いつもありがとうございます(*^_^*)

彩洋→ペチュニアさん #nLQskDKw | URL | 2014/01/28 06:42 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

はい。ご報告しておりました通り、本当にデスクトップに貼らせていただいております。
PC開けるたびに、ニマニマしちゃいます(*^_^*)
確かに、横幅足りていませんが、逆にデスクトップのアイコンが見やすいので、いいかもと思っています(^^)
このスリーショット、やっぱり何だか嬉しいわぁと、ひとり悦に入っているのです(*^_^*) リクエストして良かったぁと(*^_^*)
これで日々のテンションが上がっています。ありがとうございます(^^)

イラスト、ほんとお恥ずかしい。limeさんの才能あふれる素敵な絵を見ると、なんのこっちゃなのですけれど……これは素人の絵手紙みたいなものだと思っていただいて……
「今日、柿を食べたよ。美味しかった!」みたいな……
遠近感とか、何もないし、ま、幻想ワールドということで……お許しいただこうと……
しかも、細かく仕上げる元気もなく、ラフ画のままですけれど……^^;
もっと絵をメインにと思ったのですが、力至らず、下手な挿絵ということにしました。

抽象画チックになるのは、画力がないからですね。ひたすらごまかそうとしている。
もちろん、現実の抽象画家さんはデッサン力は半端なく素晴らしいからこそ、デフォルメできるのであって、私の「はじめっから何もない」絵とはずいぶん内容が違いますが……
いやぁ、絵こそ、筋力(トレーニング)が必要ですね。
limeさんのすごさが改めてよく分かりました。
本当は、音楽とかもありか?と思ったのですけれど、パワーがありませんでした。
しかも、やっぱり小説付……何かを言葉でごまかそうとしております……^^;
枠には嵌らないほど……破綻しているような気も……器と同じですね。
「器が大きい」と「器が壊れている」のは似ているようで、実は全然違う!?
(あぁ、言い訳だらけ)

銅版画は高校生の時のものなので……いや、もう、こんな時間は今はありません^^;^^;
何より、心の余裕がありません^^;
知り合いが陶芸に嵌っていて、やっぱり土を捏ねるとき、無になると言っていましたが……
あまり記憶にないけれど、今から見ても、恐ろしい線の数ですので、きっと夢中になっていたんでしょうね。
あの頃、私は若かった……(遠い目)

> 今日ちょうど、親族の法事で、長い時間たくさんの仏像に囲まれて和尚さんやお坊さんのお経を訊いていたのですが。
> あ、ここは輪唱みたいとか、ここはパートが分かれてる?とかそんなことを思いながらお経を聞いていた、罰当たりな私です。(何の話・・・)
あ、そうそう、お経ってそうなんですよね。浄土真宗のお経が、そんな感じのコーラス調で……
ちなみに、私、声明のCD持っています……^^; 人間の声って、すごいですよね。

コメント、ありがとうございました(*^_^*)

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2014/01/28 06:58 [edit]


鍵コメHさん、ありがとうございます(^^)

わ、この色鉛筆、お持ちでしたか! しかも福袋の中に……^^;
ちょっと洒落た文房具屋さんで数十年前に購入して、そのまま引き出しの肥やしになっていました。
何回か使ったとは思うのですけれど、今回、絵を描くにあたって、画材が何もなくて、でも買いに行くほどでもないし、というので掘り出してみました。確かに、普通は使わないものですね^^;

いや~、でも、もう昔のような絵は描けませんね^^; 暇だったんですね、あの頃……
これは高校の美術の選択で、結構長期間銅版画を彫っていて、その時のデッサン帳がちょっとだけ残っていたのです。もう、埃まみれでしたけれど……この間、実家の押入れを整理していて、発見しました。
今回の絵は、お目汚しに、ちょっとアバウトな挿絵として(表紙絵?)次の掌編に登場させます。
またお楽しみに戴けたら、と思います(*^_^*)
で、でも、細かいところは無視してやってくださいませね^^;^^;
limeさんの絵とかとは、レベルの桁が違いますので…・・・・・(^_^;)

あ、それから、……そうなんですね。やっぱり、記事紹介させていただくようにします!
いつもありがとうございます(*^_^*)

彩洋→鍵コメH様 #nLQskDKw | URL | 2014/01/28 07:07 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

いやいやいや(何の声??^^;)、銅版画は全くの「昔のもの」です。
高校生の時、美術の選択で、なぜかかなり長期間、銅版画を彫っていたのです。
仏像のデッサンの描きかけとか、いっぱい出てきました。銅版画にするべくきちんと残っていたのがこの3枚だけで、結果的に銅版画になった仏像はこの1枚だけでした。
決して「銅版画をやっている」などというレベルのものではありませんでして^^;
今はもう、こんなものは決してできません^^; 何よりも時間がない……というよりも、心の余裕がない……

三味線は、もうちょっと頑張らねばと改めて思っているところですけれど、こちらは逆にずいぶん年齢がいってから始めたもので……これからも続くものですけれど、今から銅版画をすることがあるかというと…・・
でも、絵は、ちょっと学んでみたいなぁと思ったことはあります。思っただけですけれど…・・
庭は……これは義務ですね。世間様に見られてもいいようにと……^^; ジャングル化していると、物騒だったりもしますし、道を通る人がちょっと花で癒しの気分を味わってくださったらいいなぁと……自分も通りすがりに癒されることがありますものね。

あぁ、そうそう、水彩色鉛筆、ですね! 名前さえ分かっておりませんでした^^;
引き出しの肥やしになっていたので……今回scriviamo!で何か小説じゃないもので参加したいと思っていのですけれど(いや、まだ小説も書くのですけれど)、ちょっと音楽も考えたけれど、他人様に晒せるようなものじゃないし……取りあえず、絵を描いてみました。もう、ほんと、ラフ画ですみません。絵本の下書き状態です。
でも、もうこれ以上何かができる才能はなくて……片目を瞑っておいていただいて(^_^;)

> 翡翠の勾玉ということは、やっぱり「樋水龍神縁起」関係ですよね! 
はい、そうなんですね~ ちょっとタブーに?手を付けてしまいました。
龍神さんに怒られないかしら?? といっても、そんな大仰なものではないのですけれど……
ご期待に沿えるようなものではありませんが……また近々、アップさせていただきます(*^_^*)
コメント、ありがとうございました。

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2014/01/28 07:25 [edit]


ウゾさん、ありがとうございます(^^)

ウゾさん、お忙しいのに、コメントありがとうございます(^^)
はい、ちょっと、普段しないことをしてみようと……でも、見事に中途半端に玉砕いたしました。
ほんと、絵手紙だわ……でもまぁ、それでいいか、と。
絵を描くのなんて、○十年ぶりです^^; 描き方自体がよく分かっていないので、変な絵になっておりますが、イメージだけでも伝わったらいいなぁと思って……
> 大海さんの石と八少女さんの龍神のコラボって感じでしょうか。
そうなんですよ。ちょっとタブーに手を出してみました!? どうなることやら……
ウゾさんのお勉強の息抜きにならないのが残念ですけれど、お暇なときにまた見てやってくださいませ(^^)
寒い日々ですけれど、お体大事に、あと少し、頑張ってくださいね!

彩洋→ウゾさん #nLQskDKw | URL | 2014/01/28 07:29 [edit]


かぜっぷさん、ありがとうございます(^^)

そうなんですよね……実は、今連載中の『海に落ちる雨』で、真の恋人(一応)の深雪の故郷が糸魚川で、旅館と翡翠の加工物を扱う親の元に生まれている、という設定で、その時に糸魚川を結構調べたのです。
一度だけ行ったことがあるのですけれど、ものすごく記憶のかなたです。
かぜっぷさんは、なんと、河口で探されたのですね!
確か今は採取禁止でしたっけ? 
いろいろ見ていると、自分のイメージの中にある翡翠とは色も違うものもあったりするので、もしかしたらかぜっぷさんが見つけたものも……(^^)
大きな石の中にほんのちょっと、ということもあるようですし、ほんと、貴石って難しいものですね。
でも、昔むかしは、日本海側にこそ中心都市があったと言いますから、本当に今とは日本地図のイメージは違うものだったんだろうなと思うと、楽しいです

いえ、絵は……まるきり今は描きません^^;
ただ、ちょっと遊んでみました^^;
小説もなかなかうまくは書けませんが、少しでも読んでくださる方が楽しんでくださったら嬉しいです。
今度のは……あまり期待していただくような代物ではないのですけれど……
チャレンジャーとして(?)頑張ってみることにしています(*^_^*)
コメント有難うございました(*^_^*)

彩洋→かぜっぷさん #nLQskDKw | URL | 2014/01/28 20:12 [edit]


多彩、多才ですね

limeさんのサイトで八少女さんの企画を知り、こっそり覗いてため息をついて帰ってきました。
すごいなぁ。感動です。

そこに小説以外で参加なさるとは、大海さんもすごいですね。
「すごい」なんて語彙もなんにもありゃしないのですが、「すごい」としか言いようがなくてすみません。

そっかー、大海さんも絵を描かれるのですね。
翡翠の勾玉っていうのでしょうか。石、岩のお好きな大海さんらしい気がします。
川と手と岩ですよね。
この水いろの水の流れ、「川」というものが大好きな私には(深く考えてみれば、私は海以上に川が好きなようです。旅行というと川のあるところに行きたくなります)ああ、いいなぁ。
ほんと、素敵な絵ですね。

それにしても絵の描ける方って、意外とご自分のキャラを描かれませんよね。描かれても発表なさらないのかな? 
読者のイメージが固定してしまうからでしょうか?
私だったらまずは自分のキャラを描くかな、なんて、絵の描けない者は素人考えをしてしまいます。

あかね #- | URL | 2014/01/29 01:01 [edit]


あかねさん、ありがとうございます(^^)

本当に、八少女さんのscriviamo!はものすごい企画ですね。ただ書く(描く)だけでも大変だと思うのですけれど、ちゃんとその人の作品を読み、ただその時に書かれただものだけではなく、さらにさかのぼった作品にまでも接して読み込んでおられる、それはものすごいエネルギーだと思うのです。とても真似ができませんね。
でも、その分、こちらも夕さんに喜んでもらえるようなものを、と頑張っちゃうのですけれど。才能はあんまりないので、恥ずかしいレベルのものしかできませんが、それならいっそ「意外性」でチャレンジしようと。

私のは「絵を描く」というレベルのものではありません。絵を描くこと自体が超久しぶりです。
高校生の頃に美術を選択していて、それ以来はまともに絵を描いたことは全くと言っていいほどありません。
たまに、小説の横に落書き程度の絵は描いたりしましたが。
なので、お見せできるレベルではないのですけれど、ま、これは愛嬌ということで^^;

絵の全体はまた、物語と一緒に公開いたしますね。
川と…・・岩はついでですけれど、なんか描いてみたくて。
でも自然の光景の中の不思議さを少しだけ表せたらいいなぁと思いまして……結果は(T_T)
き、気持ちだけ感じていただこうということで^^; 

私の場合は、絵を描けるというレベルではありませんので、自分のキャラを描くということ自体が難しいのですね……でも、描く人でも、小説で書いている人物の絵を描くのって、結構躊躇うかもしれませんね。
読者のイメージが固定するっているのもあるかもしれませんが、やっぱり自分が小説の文章で書いたもの自体を大事にしているからかもしれませんね。
一方で、他の人がキャラの絵を描いてくださるのはものすご~く嬉しいんですけれど。

コメントありがとうございました(*^_^*) またお訪ねしますね。

彩洋→あかねさん #nLQskDKw | URL | 2014/01/29 22:00 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/407-c1cff976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)