09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【迷探偵マコトの事件簿】limeさんからイラストを頂きました! 

宝来くんとマコト400

先日アップした【迷探偵マコトの事件簿】(10)『ぼくらの秘密基地』にlimeさんが素敵なイラストを描いてくださいました。
『にゃんこ にゃんこ。』

宝来先輩とマコト、そして布団基地の素敵なイラストです。
宝来ママ(だぶはちの宝来文庫)も大海もとっても嬉しいツーショット(*^_^*)
宝来くんは(実はちょっとヘタレだけれど?)あくまでも先輩家ねこの威厳を保って凛々しく、マコトはその先輩を憧れの目で見上げている、そんな2人、いや2匹を優しく包む布団基地。

前回の作品で、宝来くんは始めとっても警戒していたのに、マコトが寂しそうで不安そうなのを見て、何とかしてくれようとしたのですよね。
マコトはそんな宝来くんをすっかり信頼しているのです。

というわけで。おまけ(*^_^*)



今日からタケルはまたちょっとだけお出かけなんだって。
でも、ぼくは平気!
(ほんとはちょっとだけ寂しいけれど)
宝来先輩のところで待ってるね!

わ~い! センパイ、来たよ~
ぼくは先輩に飛びつく。
先輩はちょっとだけため息。
またお前かぁ、って顔。
でも、最初だけなんだ。
きっと先輩もぼくが来て、うれしいはず! ……だよね?

センパイ、今日は何を教えてくれるの?
全く、お前はしょうがないなぁ。じゃ、今日は「かぷっと」を教えるぜ。
わ~い! ……で、かぷっと、ってなに?

宝来先輩はぼくの顔をじっと見て、もう一度ため息。

お前にはまだ無理かもしれないな…… 
どうして?
かぷっとには、どんな大きな相手にも怯まず、逆にどんな小さな相手でも気を抜かず、気持ちを込めて挑むという気概が必要なんだ……(遠い目)

そうなんだ……じゃ、ぼくにはまだ無理だね……
ぼくはちょっぴりがっかり。
でも優しい先輩はふっと目の前のキョロちゃんを見つめる。

仕方がないな。模範演技を見せてやるよ。
でもな、技ってのは教えてもらうんじゃなくて、盗むもんなんだ。おいらの背中をみて、学ぶんだぜ。

わぁ、すごい!
いつの間に箱にこんな穴が……
ほんとにカッコいいね!

ちなみに、これは相手がダンボールの場合のやり方なんだよ。
相手によっては、優しさも必要なんだぜ。

わぁ、それじゃ、ほんとに難しいんだねぇ……
でも、センパイ、いつかぼくも、きっと追いつくからね!


<用語解説・参考文献>
「かぷっと」=噛むこと。
かぷっとを侮るなかれ。この技術をすでに芸術の域まで高めている宝来くん。
「かぷっと」の応用編はこちらの記事を読んでね→『おいら、箱と野球する!?』

……タケルは今度は、家じゅうの色々なものに噛み痕を発見して、また「???」になるんでしょうね(*^_^*)

*ママさんのコメントを拝読して、「そうだ! かぷっとには優しさも必要だ」ということに気が付き、加筆いたしました(^^)……
関連記事
スポンサーサイト

Category: 迷探偵マコトの事件簿(猫)

tb 0 : cm 12   

コメント


高度なかぷっと

わあ、イラストのっけてくださって恐縮です><
子ライオンのようになっちゃって、ごめんねマコト。@猫絵修行中

ついにかぷっと伝授ですか。
お口のちいさなマコトには、難しい技ですw
がんばれマコト。

そしてタケルの受難が・・・。
(寝ぼけてタケルにかぷっとしないでね^^)

lime #GCA3nAmE | URL | 2014/02/23 00:39 [edit]


 おはよう御座います。
おおっーー かぷっとですか マコトも色々な事教えてもらって 家猫修行中ですね。
そして… 猫のかぷっとの恐怖 タケルも味わうのですね…
僕 夜中に眠くて もち姫のお布団に入りたいサイン無視していると 額のあたりかぶっとされました…

ウゾ #- | URL | 2014/02/23 08:00 [edit]


「かぷっと」の説明、ありがとうございます!
宝来はよくゆるキャラさんと共演をしますが
力ずくで噛むのではなく、優しい気持ちも大切に心をこめて噛むというイメージで「かぷっと」は生まれました。
だから、ゆるキャラさんには噛み痕は残っていないんですよ。ダンボールだけは思い切り噛むという感じですが…(笑)
おまけのおはなしは…
なんだか、宝来が先輩らしくなってきているような…(笑)
本当はとても臆病でおバカな宝来、先輩役を頑張ってくれている姿が、また映像になりました。(笑)
limeさんのイラスト、私もご紹介しなくてはと思っていたのですが、なさることが流石にはやいです!
今回も、本当にありがとうございました。

宝来ママ #zDv3fVm6 | URL | 2014/02/23 08:29 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

いえいえいえ。こちらこそ、素敵なイラスト、とっても嬉しかったです(*^_^*)
子ライオン……といえば、ジャングル大帝のレオ? う~ん、マコトはあかんたれだからダメだなぁ^^;
でも、大きくなってみたら、実はトラだったりして^^;
(竹流から見た真は、まさに「ねこだと思って育てていたら大きくなったらトラだった」)

> ついにかぷっと伝授ですか。
> お口のちいさなマコトには、難しい技ですw
> がんばれマコト。
はい。かぷっとは意外に難しいのですね~
宝来ママさんのコメントで極意をまた理解しました。
宝来くんはさすがに師匠、というのかマスターというのか……マコトも早く名人の域にならなければ……

> そしてタケルの受難が・・・。
> (寝ぼけてタケルにかぷっとしないでね^^)
わはは~(^^)
ウゾさんのコメントにもありますので、次回はきっとそんなシーンが登場するに違いない^^;
コメントありがとうございます(*^_^*)
そして、重ね重ね、イラスト、ありがとうございます(*^_^*)

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2014/02/23 18:56 [edit]


ウゾさん、ありがとうございます(^^)

そうなんです! ついにかぷっとの伝授です(^^)
家ねこって色々流儀があるんですよね。
今、起こしに来たと思ったらもう寝ている、とか、無視するかと思ったら構ってサイン……みたいなCM(缶詰のコマーシャル?)をやっていますが、あれ見るたびに、うん、家ねこはああやって飼い主の心を鷲掴みにしているのだわ、とか思っておりました。

> そして… 猫のかぷっとの恐怖 タケルも味わうのですね…
> 僕 夜中に眠くて もち姫のお布団に入りたいサイン無視していると 額のあたりかぶっとされました…
これ、ぜひ、次のエピソードに使わせていただきます!
なるほど、かぷっとにはこういう使い方があるのですね(*^_^*)
コメント、ありがとうございました!

彩洋→ウゾさん #nLQskDKw | URL | 2014/02/23 19:12 [edit]


ママさん、ありがとうございます(^^)

ついついイラストがあると、お話を書きたくなってしまうのですね……
今回は極めてシンプルに、短くまとめてみようと思ったのですが、かぷっとの真髄を十分に語り尽くせていませんでしたね~

> 宝来はよくゆるキャラさんと共演をしますが
> 力ずくで噛むのではなく、優しい気持ちも大切に心をこめて噛むというイメージで「かぷっと」は生まれました。
> だから、ゆるキャラさんには噛み痕は残っていないんですよ。ダンボールだけは思い切り噛むという感じですが…(笑)
なるほど、ここがポイントだったのですね!
さっそく、その辺り、一言書き加えておきました。でも何だか語り尽くせていないわ……
また次回、かぷっとの真髄を語らなくてはならないという気がしました(*^_^*)
いや~、深いですね、かぷっと。

そう、宝来くん、きっとママさんたちに甘えている時にはすっかり安心しきっていると思うのですけれど、マコトを前にしたら、おいらが守ってやらなければ!って感じになってくれるんでしょうね。
すご~く頑張ってくれていると思うのです。有難いです(*^_^*)
でも、きっとマコトが帰った後は、疲れちゃって、ママさんたちにすごく甘えたりするのかも。
これからもよろしく、宝来くん!
……コメント、ありがとうございました(*^_^*)

彩洋→宝来ママさん #nLQskDKw | URL | 2014/02/23 20:57 [edit]


加筆してくださったのですね、ありがとうございます。
なんだか「かぷっと」が壮大なことになっているような…
宝来の頭の中は宇宙のように広がっていますが
真っ白なイメージなんです、なにも考えていない。(笑)
けれどマコトくんと出会って、先輩らしく変わっていくのかもしれませんね。私も、宝来がこれからどう成長するのか楽しみになってきました。

宝来ママ #zDv3fVm6 | URL | 2014/02/23 23:21 [edit]


可愛いなぁ

たった今、limeさんのところでこのイラストを見せていただいて、勝手な台詞を妄想してきたのですが、そうだったのですね。そんな話をしていたのですね。

かぷっと。
うちの猫もそれ、得意ですよ。
丁寧に人の手をなめてやわらかくしてから、かぷっと甘噛みします。
一昨年に二十歳で逝った猫は噛んでいるうちに興奮してきて本気になったんですけど、今いる猫は本気にはならず、何度も何度もかぷっ。

猫好きはそんなふうにだったら猫に噛まれても嬉しいんですよね。

あかね #- | URL | 2014/02/25 00:28 [edit]


ああそうか、かぷっとには優しい加減が多分にあるのですよね^^
それなら、タケルはかぷっと、いっぱいされてください(なんの願望)

高校生の時、このかぷっとの手加減を習得していない仲良しの野良猫の頭を撫でてて、見事にガブッとされてしまいました(笑)
手がグローブのように腫れて病院に行ったのですが、野良猫に噛まれたと言ったら笑われました。
でも、甘噛みのつもりだったんでしょうね、あの猫ちゃん。
野良なので手加減が分からなかったことが、逆にかわいそうでした。

lime #GCA3nAmE | URL | 2014/02/25 08:00 [edit]


宝来ママさん、ありがとうございます(^^)

いえいえ、こちらこそ、ちょっと「かぷっと」のご紹介が中途半端になっちゃって、申し訳ございません(..)
色々コメントなどをいただき、「かぷっと」が壮大なテーマだということがよく分かりました^_^;
う~む。更なる追及が必要ですね!

> 宝来の頭の中は宇宙のように広がっていますが
> 真っ白なイメージなんです、なにも考えていない。(笑)
そうなんでしょうね~
ねこさんの頭の中は、このマコトみたいにちっぽけではなくて、もっとでかくて真っ白。
うん、私もそんな気がします。
マコトは3歳~小学校前くらいの子どものイメージでファンタジー性を持たせて書いているので、本当の猫さんの頭の中とはずいぶん違うのだろうけれど、でも飼い主さんへの想いはあながち大きく外れてもいないかなぁ?

> けれどマコトくんと出会って、先輩らしく変わっていくのかもしれませんね。私も、宝来がこれからどう成長するのか楽しみになってきました。
宝来くん、実はちょっと迷惑かも?とか思いつつ書いています^_^;
マコトって、結構、思い込んだら…的なところもあって、ボクが先輩を好きなら先輩もボクを好きなはず!→相手にちょっと迷惑って感じなのですけれど、許してやってください^^;
これからもよろしくお願いします!!

彩洋→宝来ママさん #nLQskDKw | URL | 2014/02/25 18:14 [edit]


あかねさん、ありがとうございます(^^)

> たった今、limeさんのところでこのイラストを見せていただいて、勝手な台詞を妄想してきたのですが、そうだったのですね。そんな話をしていたのですね。
やっぱりlimeさんのイラストからは世界が広がりますよね。
はい、このイラスト、前作の『ぼくらの秘密基地』に頂いたのですけれど、頂いちゃうとまた次を書きたくなっちゃいまして^^;
今度の話題は「かぷっと」に……

そう言えば、あかねさんも猫を飼っておられたんですね(*^_^*) 
そして、かぷっともそれぞれ猫さんによってやり方が色々なんですね~
なんだか、かぷっとの奥深さがしみじみと感じられます。
そう言えば、うちの猫は比較的加減知らずで、結構噛まれてました^^;
ま、半分野生みたいな猫でしたから……^^;
次は「かぷっと」を掘り下げる話になりそうです(*^_^*)
コメント有難うございました(*^_^*)

彩洋→あかねさん #nLQskDKw | URL | 2014/02/25 18:19 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

> ああそうか、かぷっとには優しい加減が多分にあるのですよね^^
> それなら、タケルはかぷっと、いっぱいされてください(なんの願望)
本当に……かぷっとってすごい壮大なテーマだったということが分かりました。
うんうん。タケルもかぷっとされて、結構嬉しいかも(*^_^*)

> 高校生の時、このかぷっとの手加減を習得していない仲良しの野良猫の頭を撫でてて、見事にガブッとされてしまいました(笑)
> 手がグローブのように腫れて病院に行ったのですが、野良猫に噛まれたと言ったら笑われました。
> でも、甘噛みのつもりだったんでしょうね、あの猫ちゃん。
> 野良なので手加減が分からなかったことが、逆にかわいそうでした。

そう言えば、ねこの写真家さんが、仔猫の時から猫同士じゃれあったり、噛みあったりしているのは、加減を確かめ合っているのだとか言っていたなぁ。
それが上手じゃない猫もいるのでしょうね。
今は、人間も加減が分からない人が増えて……本当にどうなるのやら。
そういう意味でも、宝来君のかぷっとは凄いのかも!
今度は「かぷっと」がテーマの物語を書こうかな?

ちなみに私も、飼い猫にかなり思い切りかぷっとされたことがあります^^;
おいおい、加減しろよ、みたいな……いや、彼はそれなりに加減していたかも。
ちょっと失敗したって顔をしていたし^^;

あぁ、本当に壮大なテーマ、「かぷっと」でした(*^_^*)
再コメント、ありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2014/02/25 18:27 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/419-cc8c5f5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)