05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・小説】昭和な物語-『百舌の叫ぶ夜』 


『せいぜい1日か2日もあれば読み飛ばせる小説を、何が面白いのか3年半もかけて書くという作業は、馬鹿馬鹿しいといえば馬鹿馬鹿しいし、ほほえましいといえばほほえましくもある。長い時間かけたからといって、それだけ出来がよくなるというわけはないので、閑人の道楽と言われれば正直なところ返す言葉がない。
 3年半の間には、いろいろなことがあった。阪神タイガースの優勝をはじめ、とかくびっくりすることが多かった。とりわけ、のんびりこの作品を書いているさなかに、同じような状況設定の海外ミステリが翻訳されたときは、さすがに愕然とした。
 この種の小説を書いていれば、そうしたリスクは常に避けられないのであるが、3年半という年月が無駄になったかもしれないと思うと、今でも冷や汗が出そうになる。筆を折らなかったのは、その翻訳物が、状況設定を除いては全く別の小説であり、私の作品も独自に存在を主張できると判断したからである。』


これは今、某テレビ局で放映されている、主役の俳優の筋肉美を魅せることを目的としているようなシーンが満載で、近頃は、登場人物たちがやたらめったら煙草を吸っていて、ついでに歩き煙草もしていると言うので、小さく物議をかもしている某番組の原作本のあとがき、です。
(長い解説^^;)


阪神タイガースの優勝とは、もちろん、1985年の優勝(「びっくり」とか言われてるし)。
この原作本、いわゆる百舌シリーズ、実は私、全て単行本でもっています。
あ、さすがに私、第一刷(1986年)当時はまだ学生でしたので、本を読んだのはもっと後ですけれど^^;
単行本で小説を買うなど、今ではありえないのですけれど、あの頃は文庫本を待ちきれなくて、あるいは単行本の装幀が好きで、買っていたみたいです。

DSCN4554_convert_20140521021248.jpg
逢坂剛先生は、尊敬する職場の先輩がお好きだと言うので、私も話題について行こうとこそこそ読み始め、結構嵌りました。
それが時を経てテレビ番組になっているのは、ちょっと嬉しい気もします。


毎回オープニングが凝っていて、次回予告が映画の予告編みたいになっているのもお洒落。役者も気合いが入っている。これまでのところ、台詞も含めて原作にかなり忠実で、それも納得できる。


ただ。あの時代を映像にできるだけ再現しようとしてくれているムードがあって、そのために画面が全体が暗いし、登場人物が恐ろしくハードボイルドで妙にエキセントリック。敵対者の殺し屋なんて、怖すぎる……(いや、みんな怖い人ばっかなんだけれど)
そして、例の煙草問題。とにかく無茶苦茶、吸いまくっている。
もしかして、禁煙協会からかのアニメへのクレームに対する嫌がらせじゃないかと思うくらい。


でもあの時代。あれが私の中の「昭和な時代」です。
昭和って、3丁目の夕陽とか、サザエさんよりも、小説やテレビ番組から感じるのは、こういうイメージだった。
煙草吸っているシーンなど、もう本当に「昭和」な刑事もの、って感じがします。
(『太陽にほえろ!』とか『西部警察』とか『Gメン75』とか……歳が……^^;)

でも、これ、現代に受けるのかしら? いささか心配なのでした。

丁度、今連載中の『海に落ちる雨』がその時代。自分の中のあのイメージをそのまま書いたから、ちょっとエキセントリックで「昭和な」、つまり平成の今は受けなさそうな話になっているのかもしれません。


もっと軽快でポップな話が、平成には合っているのかもしれませんね。
でも……この期に及んで『百舌シリーズ』をテレビドラマにするってのは……我々の世代が制作部のトップになっていて、あの時代に帰りたがっているのかしら。
……じゃ、私も開き直ってしまおうかな。

DSCN4553_convert_20140521021321.jpg
久しぶりに『百舌シリーズ』の本を開いてみて、ちょっとしんみりしていました。
それにほら、あの時代ですけれど、こんなふうに、意外に視覚的にも不思議なところもあったのですよ。
(2段のページや1段のページが混じっている)

それにこのページ、ちょっとハードなシーンです(たまたまです)。
こういうのを読むと、『海に落ちる雨』第4節をアップする勇気が出てくる(どんなんだ)。
有難う、逢坂先生。


話は戻って、逢坂剛先生のあとがき。
小説家・物書きって、ベストセラー作家も、こうしてブログでこそこそ作品をアップしている場末の物書きも、同じようなことを感じているのだなぁ。
(なんて言ったら、逢坂先生に失礼なのですけれど……)

私も、「存在」を主張できるような物語を編み出していきたいなぁ、と思ったのでした。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 小説・バトン

tb 0 : cm 10   

コメント


 おはよう御座います。
うんうん 阪神タイガース優勝 僕の母が丁度その年 受験生だったらしくて…
学校の先生が 「今年は阪神タイガースが優勝した 何が起こっても可笑しくない 強気でいけ!!!」と言ったらしいですよ。

うん 昭和の雰囲気の映像っていいですよね。
あのフィルムの感覚!!!! おそらく大海さんとは好きなポイントは違いそうですが あの雰囲気 僕も好きですよ。

ウゾ #- | URL | 2014/05/21 06:51 [edit]


大海さんは充分に存在を主張する作品を書かれていますよ。
大海さんの作品が紙媒体だったら、もっともっとメジャーになれるのに、なんてしみじみ思います。
ブログはやっぱりすこしだけ特殊な媒体ですもんね。

あれ?阪神タイガースが優勝したのって、そんな前でしたっけ。
道頓堀川にカーネルサンダースが投げ込まれたのって、もっと最近だと思ってたんだけど、二度目の優勝かな??
それはさておき、『百舌シリーズ』というのがTVドラマになってるのですね。なんというタイトルなんでしょう。
最近はまったくドラマ見なくて、人気モノとかも見落としてしまう><(半沢直樹も結局DVD借りたし)
昭和な香り、時々休日の夕方とかに再放送される刑事ドラマなんか見て感じます。
私も「西部警察」「大都会」、深夜の再放送だったっけど、親にばれないように見ました^^大好きだったな。(毛布TVにかぶせて、光が漏れないようにして、こっそり。)
でも不思議と、高村先生の作品は30年以上前の作品なのに、そんなに古く感じないんですよね。
ハードボイルドなのに、どう違うのでしょう。

真シリーズは、今までにも結構ハードなシーンが出てきましたが、その大海さんがさらにハードと言われるシーン。どんなのだろう。
いずれにしても、興味深いです。

lime #GCA3nAmE | URL | 2014/05/21 07:39 [edit]


ウゾさん、ありがとうございます(^^)

あ、コメントを拝読して、恐ろしいことに気が付きました。
そうかぁ、ウゾさんのお母さんと同じくらいなのかぁ、いや、あるいは……(>_<)
> うんうん 阪神タイガース優勝 僕の母が丁度その年 受験生だったらしくて…
この受験が何の受験かによる? とか思いながら冷や汗でした^^;
それにしても、そんなにも希少価値で扱われる阪神の優勝……でもあの年は、あれで勝てなかったらえらいこっちゃでした。バース、掛布、岡田の伝説のバックスクリーン三連発……いやいや、今はすっかり昔の話^^;

> うん 昭和の雰囲気の映像っていいですよね。
> あのフィルムの感覚!!!! おそらく大海さんとは好きなポイントは違いそうですが あの雰囲気 僕も好きですよ。
何よりも、ちょびっと画面が暗いのが昭和な感じでいいですよね。
それから微妙に無茶な設定。手書きのタイトル。ちょっとかったるい感じ。
映像が白黒でも十分に綺麗な女優さん。あ、それは違う?
小説よりも映像は如実に時代が出ますね。だから一気にその時間に引き戻されるような気がします。
好きなポイントは確かに違うかもしれないですが、なぜかウゾさんとは映画とか共通点が多いですよね。年齢差を考えると、ほんと不思議です。(って、また、冒頭の衝撃に戻る……^^;)
コメント、ありがとうございました!(*^_^*)

彩洋→ウゾさん #nLQskDKw | URL | 2014/05/22 00:31 [edit]


limeさん、ありがとうございます(^^)

そうですよね~。作品を発表する時って、媒体をちゃんと考えなきゃならないですよね。
よく新人賞の応募の時には、どの賞に応募するのか、よく考えろって言いますものね。
(って、縁のない話ですけれど)
もう少し私もブログ慣れしなくちゃ……と思うものの、こんなまま行っちゃうんだろうなぁ^^;

> あれ?阪神タイガースが優勝したのって、そんな前でしたっけ。
えっとですね、1985年が道頓堀川にカーネルサンダースが投げ込まれた年ですね。この年は日本一。
2003年と2005年がリーグ優勝なのでした。(日本シリーズは負けた(-"-))
カーネルサンダースは2009年に引き上げられたのです。私、実は今使っている鍵束のマスコットにケンタッキーフライドチキンで当時貰った「引き上げられたカーネルおじさん」のミニチュアを使っています^^;

> それはさておき、『百舌シリーズ』というのがTVドラマになってるのですね。なんというタイトルなんでしょう。
タイトルは『MOZU』です。
私もドラマは基本的にほとんど見ていないのですが(半沢直樹も見ていない……あ、崖に行くのはたまに見る)、百舌となると気になりまして。いや、とにかく煙草吸い過ぎで、シーンがもくもくってことも。
「西部警察」なんて、裕次郎さんが常に吸ってましたけれど……
映像はやっぱり、「昭和感」ばっちり出ますよね。まず髪型と服装。それから車のボディの形。あとは、タイトルの手書き感!
しかし、TVに毛布被せてって、limeさんもやりますね~。ラジオを布団の中に持ち込んで、はやったけれど、テレビの毛布とは、なかなかすごい!

> でも不思議と、高村先生の作品は30年以上前の作品なのに、そんなに古く感じないんですよね。
> ハードボイルドなのに、どう違うのでしょう。
う~ん。いい作品ってのは昔の時代のものでも「語られている内容が今でも通用する」という点がありますね。作家さんが何を意識して書いたか、にもよるかもしれませんが。
百舌シリーズも、読み返してみて「古い」とは感じません。でも警察の組織構成とかが今とは違ったりもするので、必然的に時代背景を意識するのかもしれませんねぇ。逢坂先生はスペイン内戦とかにお詳しくて、スペインものを結構書いておられますが、そういうのも題材的に時代を意識するし。
テーマは古くならないけれど、題材は時代をうつしてしまうからかもしれませんね。

小説って、時代を意識して書いているものとそうでないものがある気もするし、時代小説ならともかく、昭和くらいの近過去だとかえって時代感を出したくても出しにくいこともあるんですよね。
その点、映像は強いですねぇ。
私も、真シリーズを書きながら、実はあちこちで「昭和」にしたいと小さく足掻いています。
だからあの時代になかったものを書かないように、結構気を遣っています。ところが、自分が生きていた時代でも記憶が明瞭ではなくて、ほんと、困ります。
そう、缶ビールはいつからあるか、とか、ビデオはいつから家庭に出回ったかとか、ラブホテルはどんなだったかとか(!)、細かいことで(^^)

> 真シリーズは、今までにも結構ハードなシーンが出てきましたが、その大海さんがさらにハードと言われるシーン。どんなのだろう。
> いずれにしても、興味深いです。
う。今までもハードでしたか……そうかぁ。(遠い目……)
が、頑張ります^^;
コメントありがとうございました!(*^_^*)

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2014/05/22 01:02 [edit]


やっぱり同世代発見器

こんばんは。

1985年頃に何かの受験ってことは、やっぱりほとんど同世代だあ。うひゃひゃ。こうやって証拠を集めていくのだわ。(なんの?)

別に出版されるわけではないからいいのだけれど、ぐずぐずしていたら他の人に似たような作品を書かれてしまったというのは、わかりますね。「マネしたんじゃないから! 時間がかかっていただけだから!」と騒ぎたい氣もち。

当時は本当に煙草吸いまくっていましたよね。嫌煙なんて概念すらなくて、そういえばセクハラという概念もなかったような。今なんて何をしてもハラスメントと言われてしまって、かえって生きにくくなっているような氣もしないでもないけれど、とにかく男が10人いたら8人は吸っていたような。

近未来を書くのも怖いけれど、こういうちょっと前を書くのも怖い。自分の記憶にある時代はまだしも、たとえば戦後すぐとか、とんでもないことを書いてしまいそう。近未来は今の読者にはつっこめないけれど、ちょっと過去は突っ込める読者がいそうじゃないですか。まあ、明治あたりを生きた読者はもういなさそうだけれど。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2014/05/23 02:28 [edit]


うん。私はど素人だし、他作品の影響ももちろん受けています。
真似しただろ、とかいう連絡でも来たらどうしよう、とか思っちゃうでしょう。
いえ、日々、必死に考えております・・・

時代に関しては、昔のことは忘れちゃっているし、先のことも分からないので、現在の自分の目の前にあることしか描かけないのですが、それが年月たって、ふとまた目にしたときに、何か感じられるものが少しでも残っていると良いなあと思います。答えは今は見えない・・・

大海さんのものは、大海さんとともに生きてこられただけあって、すでに歴史があって、残っていくべきものであると思います。手書きのもの、特に。あ、タイプ物もです。だから、全部か。脳内のものも^^

書物も音楽も美術も残すことができるもの。生み出したものがそこにあると意識するだけで、どれも確かに「存在」しているのだと思います。

けい #- | URL | 2014/05/23 19:40 [edit]


逢坂剛先生は「カディスの赤い星」くらいしか読んでませんねえ、不覚にも。

なんとなく手に取ることを避けるものがあるんでしょうか。作品のひとつひとつは面白そうなんですけど……。

ポール・ブリッツ #0MyT0dLg | URL | 2014/05/24 19:26 [edit]


夕さん、ありがとうございます(^^)

コメ返が遅くなってすみません!
ブログ訪問もままならず、コメントも残せなくて……((+_+))

最近、「同年代発見器」多いですよね^^;
ということは、やっぱり私たち、ウゾさんのお母さんと同年代……
というよりも、もしかしてウゾさんのお母さんと受験の内容が違っているのでは……という恐れも^^;^^;
そして、確かに証拠が揃いつつありますね(うむ。なんの?)

> 別に出版されるわけではないからいいのだけれど、ぐずぐずしていたら他の人に似たような作品を書かれてしまったというのは、わかりますね。「マネしたんじゃないから! 時間がかかっていただけだから!」と騒ぎたい氣もち。
そうなんですよね。
ものすごく似ている、なんてものを読んだとき思うのは、「この程度のことは誰でも思いつくんだなぁ」というがっかり感。自分としては結構独創的で素敵な設定かつ筋立て、と思って書いていたのに。
物語の題材もテーマも「物語というもの」が生まれて以来「書き尽くされた」と言われているし、全てのテーマはすでに神話に出尽くしているともいうし、重なるのは当たり前でもあるのですけれど。

でもプロがお金をもらって書くものとなると、こんな悠長な気持ちではないのでしょうね……
そもそも全ての芸術は「模倣から始まる」とも言うし、オリジナルティ自体の定義もあいまいだし。
どう肉付けするか、そこに自分らしさが生まれてくるのかもしれませんね。
(せいいっぱい)

> 当時は本当に煙草吸いまくっていましたよね。嫌煙なんて概念すらなくて、そういえばセクハラという概念もなかったような。今なんて何をしてもハラスメントと言われてしまって、かえって生きにくくなっているような氣もしないでもないけれど、とにかく男が10人いたら8人は吸っていたような。
そうそう。煙草のない刑事ドラマなんてなかったですものね。
逆に今、あまりにもクリーンな刑事部屋が出てくると、かなり違和感。
男性は大学でクラブに入ったりしたら大概吸い始めていたような気がします。
最近って縛りは多くなっているけれど、時々内情が伴っていないように感じる時もありますね。
枠組みを作るのはある程度仕方がないにしても、それをどう運用するかのほうが大事だと思えるけれど。

> 近未来を書くのも怖いけれど、こういうちょっと前を書くのも怖い。自分の記憶にある時代はまだしも、たとえば戦後すぐとか、とんでもないことを書いてしまいそう。近未来は今の読者にはつっこめないけれど、ちょっと過去は突っ込める読者がいそうじゃないですか。まあ、明治あたりを生きた読者はもういなさそうだけれど。
うん、本当です。
私が書いている昭和の後半は、まだまだ現役で元気な人たちがいるので、万が一目にとまったら、全然違うじゃん、って話になりそう。
特に言葉は難しい。生き物だから、当時はそんないい方しなかったよな、ってことがいっぱいありそうで。
でも自分自身を振り返ってみても、ちょっと前でももう記憶が曖昧なのですよね。
本当に、難しいですね。
違和感なく、自然で、でも時代感は出したい。
贅沢でしょうか^^;

コメント、ありがとうございました!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2014/05/25 10:29 [edit]


けいさん、ありがとうございます(^^)

コメ返、すっかり遅くなってすみません m(__)m

> うん。私はど素人だし、他作品の影響ももちろん受けています。
> 真似しただろ、とかいう連絡でも来たらどうしよう、とか思っちゃうでしょう。
> いえ、日々、必死に考えております・・・
いや~、私も影響受けっ放しです^^;
というよりも、そもそも「本当に独創的」なんて話はこの世にないのじゃないかと思ったりもします。
オリジナル、とはいえ、何も影響がないものはない。全ての創作がある意味、その時代を写し、過去の作品(中には原始の時代までさかのぼることもあり、場合によっては巨大な生物界が大元だったりして)に多かれ少なかれ影響され、それで自然じゃないかと思っております(^^)
そして、それを肉付けしていくのが「味わい」ですよね~
ま、どこかの国のキティちゃんやミッキーじゃなければいいか、ということで。
でも、自分でも気が付かないほどのことでも、あるいは、そんなつもりじゃなくても、「真似だ」って訴える人がいるのも事実ですから、本当に気をつけなきゃ、ですね。

> 時代に関しては、昔のことは忘れちゃっているし、先のことも分からないので、現在の自分の目の前にあることしか描かけないのですが、それが年月たって、ふとまた目にしたときに、何か感じられるものが少しでも残っていると良いなあと思います。答えは今は見えない・・・
うん。現代をちゃんと書く。それが一番大事かもしれませんね。
ある意味では、自分の日記みたいなものかも……
私の場合は、少し過去のことになるものが多いけれど、その時代の息吹を、関わった人生の先輩(?)から直接k感じてきたことを、残していきたいというのもあって、書いているかもしれません。
て、手書きは……作業量の膨大さに自分でも感心するのと、端っこに残した落書きが貴重で、捨てられないのです。友人の書き込みもあったりして。
もっと歳とったら、えいって捨てるかもしれませんが^^;

> 書物も音楽も美術も残すことができるもの。生み出したものがそこにあると意識するだけで、どれも確かに「存在」しているのだと思います。
そうですね。田島くんたちの音楽みたいに……「夢叶」うん。そんな感じで、文字の世界はなかなか音楽や絵画よりも分が悪いけれど、頑張りたいですよね!
コメント、ありがとうございました!!

彩洋→けいさん #nLQskDKw | URL | 2014/05/25 11:10 [edit]


ポールさん、ありがとうございます(^^)

> 逢坂剛先生は「カディスの赤い星」くらいしか読んでませんねえ、不覚にも。
私も、ずいぶん昔に読んだきり、最近のものは拝読していないのです……
〇〇年前は、例のごとく、その作家さんの作品を1冊読むと芋ヅルで読む式に読んだ時期がありまして。

> なんとなく手に取ることを避けるものがあるんでしょうか。作品のひとつひとつは面白そうなんですけど……。
いやぁ、ポールさんの読書量や幅はすごいですよね~
それでも、読まないままのものもまた限りなくあるんですよね。
手に取るかどうか、それは人それぞれの感覚や好み、勢い、その他もろもろ要因がありますよね。
私も、よく読まれているものでも、手に取らないままのもの、多いなぁ。
面白そうでも、何となく気が進まない……自分にとって、上手い時期に上手くその本に出会うかどうか、というのもありますよね。
ものすごい数の情報量の中で、何を選ぶか、本当に海で溺れそうです^^;

コメント、ありがとうございました!

彩洋→ポール・ブリッツさん #nLQskDKw | URL | 2014/05/25 12:20 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/464-b47e1d5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)