09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

オリジナル小説ブログです。目指しているのは死体の転がっていないミステリー(たまに転がりますが)。掌編から長編まで、人の心を見つめながら物語を紡いでいます。カテゴリから入ると、小説を始めから読むことができます。巨石紀行や物語談義などの雑記もお楽しみください(^^)

 

【雑記・小説】『うちのキャラで分野別No.1を選んでみた』/夕さんの記事にTrackbackしてみた 

【Scribo ergo sum】の八少女夕さんの記事『うちのキャラで分野別No.1を選んでみた』にトラックバックしてみました。
自分にもできるかな、とやってみたけれど、全く同じのは無理そうだったので、少し改変しております。
「へたれヒーロー」追加しました^m^ 

◆名前が長い No.1 
名前が長い人はいない、と思ったらいた!
でもアップしていない作品なので、本当は反則ですね。
前回ご紹介しました「全く自分からは何もしない主人公」が出てくるスペースファンタジーもの。その題名はなんと『レ・クス系文明史(1)レ・ルーツ新開拓時代:惑星間戦争~人民解放戦争』ってのでした。つまり、題名も長い。主人公があまりにも動かないので、革命派のあんちゃんが活躍してくれていました。その名前が……
エイリーヴ・タルス・アメイザ・レゼル・ヴェレクラ・ソルヴィ・ユディシュティラ・ラグナル・イルラガル・エルガー・ランヴェイグ・ペトルーシャ・アインヘリアム
みんな、タルスとしか呼んでいませんでした^^;
でも、名前を書いてみて、今でも半分くらい言える自分が怖い。新しく覚えたことはどんどん消えていくのに。
ちなみに主人公は『ラリストラ・イーヴ・ジャンセン』って超簡単。モデルはうちの猫……^^;
イラストを描いてくれていた友人の許可が出たので、チラ見せです。友人にとっては黒歴史ってことなんだけれど、素敵な絵なので見てやってくださいね。
しかし、名前でこれだけ遊べるとは。あの頃の私って。
DSCN4953_convert_20140630022256.jpg
(イラスト:kyokoさん。鉛筆画です…20年以上前の作品です)

◆人氣 No.1 
う~ん。個人的には期待を込めて『大和竹流』かなぁと思ったりしているのですけれど。
でも、実質No.1はやっぱりあの猫か……
「なになに、おおみしゃん、ぼくのこと、呼んだ~?」
(呼んどらん!)

◆胡散臭い No.1 
セバスチャンとムスタファ from 『明日に架ける橋』
今のところの登場人物で断トツといえば、この2人でしょうか。ムスタファは無計画で楽に金を稼ぎたいコソ泥みたいなやつだし、セバスチャンは体の不自由を盾に他人を馬鹿にし続ける落ちぶれた金持ち。
本当はこの先、真シリーズに超お気に入りの胡散臭い男が出てくるけど。

◆一番位が高い 
『ローマ教皇』 from 相川真シリーズ
実名は出ておりませんが、子どもの頃のジョルジョ(竹流)をかわいがってくれていた教皇も、将来彼が仕える教皇もちゃんと歴史的に噛み合ったモデルがいらっしゃいます。
でも、考えてみれば、昔友人と共作していたファンタジーには神様が出ていた。みんな天ちゃんと呼んでいた。夕さんちと同じだなぁ。

◆最も悪いヤツ 
悪い奴……これから真シリーズの『海に落ちる雨』に何人か、かなり許せない人間が出てきます。しかし、考えてみれば小悪人は枚挙に暇がないくらいいる……

◆「おいおい」度 No.1 
小松崎りぃさ from 相川真シリーズ
真の2人目の彼女、ということになるかな。真は付き合っていたと思っていたかもしれないけど、りぃさのほうはそうでもなかったみたい。趣味は自殺ごっこ。あげくに真を道連れに死のうと思っていた。
もうひとり。
点野家長老 from 『天の川で恋をして』
点野家は伝統的に本家の長老が子供に名前を付ける(「裕」の字を入れて)しきたりだったけれど、ボケていたので……(以下ネタバレにつき省略)

◆上から目線 No.1 
玉櫛婆さん from 『奇跡を売る店シリーズ』
もともとは祇園甲部のナンバーワン売れっ子芸妓、今は「幸せが来る」とか言って、高い金で石(一応パワーストーン、すなわち貴石)を売りつける怪しい石屋の女主。あ、胡散臭いチームにも入る。

◆へたれ主人公 
富山享志 from 『学園七不思議シリーズ』
級長なのになぜかヘタレぎみの中学3年生。すごくいい人だけれど、女子からは「いい人だけど恋愛対象じゃない」と言われ、男子からは「面倒なことはみんな押し付けちゃえ」と思われている。おかげで、学院の七不思議に巻き込まれる……
ちなみに、相川真の自称親友。

◆へたれヒーロー(劇中劇だけど) 
もっとも「ヘタレ」なのはこのヒーローで決まりだ!→半にゃライダー
各ブログに出没中!(十分に出没できていないこともある^^;)

◆今年脚光を浴びた人 
誰も脚光を浴びていない……。いや、もしかしてまた、あの猫か……正月から独壇場で挨拶してたし……
 「なになに、おおみしゃん、呼んだ~?」
(呼んどらん!)

◆謎のキャラ 
今は謎だけれど、これから出てくるからその時は謎でも何でもなくなってしまう人は多いけれど……夕さんちのように「つねに謎」みたいな人、ひとりくらいは作っておくものだなぁ。楽しそう。いつも名前だけでてくるけれど、いっこうに出てこない人。
別の意味で謎なのは、和尚さん from 『清明の雪』(相川真シリーズ)かも。この方、どうやら「物の怪遣い」らしいし、実は陰の人気者だったりする……。

◆出てきたときにはすでに死んでいた人 
アウローラ もしくはジョルジョのしっぽ from 『幻の猫』(相川真シリーズ)
出てきてすぐに死んだ人もいないわけじゃないけれど、うちの場合、エピソードが何回か繰り返されるので、章はまたがっているかなぁ。というわけで、「出てきたときには死んでいたのにやたらめったら現れる人」に登場いただきました。って、つまり幽霊なのね。
それを言い出したら、ウゾくんたちはどうなるってことなんですけれど……(あの話は幽霊だらけだし)

◆最高齢者 
結果的に最高年齢なのは、相川長一郎 from 相川真シリーズ。真のじいちゃん。真の死後も長生きして、北海道の山の中に一人暮らしする(世を儚んじゃった)。モデルは黒板五郎?
出演時に最高年齢だったのは、下蓮生家のボケた当主 from 『海に落ちる雨』。日露戦争を体験している。と言っても、この話、そもそも1979年設定だからなぁ。

◆逆に最も低年齢で、しかも存在感がある子ども 
和子にこ from 奇跡を売る店シリーズ
主人公・蓮が因果があって引き取っている5歳の女の子。心臓に大きな病気を持っている。可愛いというよりもちょっとこ憎たらしいイメージだけど……
ちなみに、真シリーズにも「あかり」という家出娘→相川家の居候娘(就学前、6歳)が出てくる(『雪原の星月夜』未発表)。
*ちなみにさっそく私もルビを活用してみた(*^_^*)

◆食べ物にうるさい人 
大和竹流 from 相川真シリーズ。
本当にうるさい。いちいちこだわりがある。レストランのオーナーでもあるから当たり前とも言えるけれど。もちろん、同じくこだわりのある生産者(農業・畜産業・漁業すべて)とネットワークが……

◆逆に味が分かっていないかもしれない人 
相川真 from 相川真シリーズ
この人の食べ物の基準は「腐っている」or「腐っていない」^^;
でも、この人、美味しいものに常にありついているから(故郷は北海道だし、同居人のお蔭でもあるし)……ある意味、ずるい。


やっとメインキャラが出てきたところで、めでたくお開きと致します(*^_^*)

「え~、おおみしゃん、ぼくの紹介は~?」
(出た……)ほら、次回は「ぼくをモノレールに乗せて:マコトバージョン」だから大人しく待ってなさい。
「ほんと!? ぼく、頑張るね! みなしゃん、次回もお楽しみにね!」
霑ェ・ォ郢晄ァュ縺慕ケ晁肩・シ迢冂onvert_20130824193448_convert_20140414070547
(イラスト:limeさん。いつもお世話になっていますm(__)m)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 小説・バトン

tb 0 : cm 12   

コメント


おはようございます

うお~~、長い名前!
これって、全部覚えてるんですか?簡単な日本名でも自分のキャラの名前を忘れてしまう私には脅威です。
外国の名前って、どういう決まり事があるのかわかりませんが、ミドルネームをどんどんつなげて行ってもいい感じなんでしょうか。
日本はどうだろう。寿限無レベルの名前を、役所は受け付けてくれるのかな・・・とか、素朴な疑問(笑)
そしてこのイラストすごい力作!なんかちょっとエーベルバッハ少佐を思い出しました^^いい贈り物ですね!

ああ、あのキャラは謎だな、ヘタレだな、上から目線だな…とか思い浮かべながら、楽しく読ませていただきました。
このランキング、自分で勝手に設定できるのがいいですね。
うーーん、私のキャラは、考えてみたらそんな際立ったのがいなくて、退屈だな・・・と、改めて反省。
もっとキャラで冒険してみてもいいですよね。
主役級の二人は、食べ物がらみ(笑)
うちの主要キャラも、食べ物の味が分かってないので(リク?)真に親近感ですw
お!モノレール、マコトバージョン^^
楽しみです!

lime #GCA3nAmE | URL | 2014/06/30 07:34 [edit]


八少女夕さんの記事の記事も楽しく拝見しましたが、
こちらも面白いですね。
私もやってみたいけど、
ショートショートが多くて、
キャラの名前すら全員覚えていないという(笑)
さらには、昨年書いたショートショートのストーリーを覚えていなかったという(笑)

今日からスタートした「大人の童話シリーズ」は簡単に書けるので
その合間にやってみようかなあ。

Sha-La #41Gd1xPo | URL | 2014/06/30 22:26 [edit]


トラックバック、ありがとうございます〜

こんばんは〜。

長い! それに、題名も長い〜。「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」も「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」も長いのにうんざりして単語登録したんですけれど、そんなの目じゃないくらい長い! これを手書きしていたんですか? ひぇ〜。

ローマ教皇は確かに位が高いですね。そして神様。天ちゃんなんだ。龍王みたいに途中で(っていうか、小説の外で)キャラ崩壊したなんてことも?(笑)

ああ、ヘタレ主人公にへたれヒーロー(笑)
言われてみれば、若干ヘタレか、享志は。マコトはそれが魅力だからね。って、出没度が少なくなっちゃってごめんね。どっかの四人組が出しゃばり過ぎちゃって。

あと、うちの斉藤専務は特に狙って謎のキャラにしたわけじゃないのに、出演ができないまま謎のポジションが固定してしまったのです。なぜだろう。

あと、グルメキャラ! そうよ、竹流ですよね。
うちでは無理なランキング。どいつもこいつも食い意地の張ったキャラばかり書いていることに氣がつきました。

良妻キャラで珠恵さんが出てくるかなと思ったんですけれど。

どの項目も、らしいなあと思いつつ楽しく読ませていただきました! 記事を拾っていただきありがとうございました。

あと、なんかルビが思わぬ所で大流行中。ちょっとびっくりでございます。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL | 2014/07/01 04:22 [edit]


 おはよう御座います。
おおっーーー 何ていう名前の長さ… 西洋の方の名前って …村のとか …の息子のとか 其の人物の説明書みたいになっていたりして面白いですよね。
僕の方の登場人物は 名前短い奴ばかりだからなぁ… 一番長いので ワタリガラスの男かなぁ… いや これ名前ではないし…

ああっーー 位が高い… ローマ教皇… 凄いなぁ こーゆー人物が出てくるような小説書いてみたいなぁ。
味が解ってない… 探偵もどきのの登場人物は 茹で過ぎパスタを常食しているからなぁ 僕の方グルメキャラいない… いや ひょっとして ワタリガラスあやつは 「朝露の影に残った甘露な裏切りの苦味」とか あーゆーの食べているから グルメ???かも。
謎キャラ パーフェクトのっぺらぼう女史かなぁと思ってました。

ウゾ #- | URL | 2014/07/01 07:13 [edit]


おおお。興味深いっす。
自分の解釈と同じだと嬉しくて、違うと意外なところにへえと思って、知らないキャラは知ることができて・・・うん、面白いですね。

名まえでわくわくと遊べる気持ち、分かりますぅ~。ニマニマする。ね。
イラストもすでにあって素敵です。二十年以上前(@@) ビンテージですね。すごおい。

大海さんの人物紹介のあのページもすごかったですが、こういうのもすごく楽しいですね^^

けい #- | URL | 2014/07/01 20:18 [edit]


おお、このバトン(?)ですね。

名前、長っ! 76文字ですか。はぁ、長い名前はウチの子(エミリー)だけかと思いきや、上には上がいるものですね。ちなみに、ウチの子は現在46文字、隠している部分を含めても63文字ですので、完敗です(つか、どういう勝負?)
しかも、凛々しいキャラですね。limeさんのおっしゃるように、私もエーベルバッハ少佐を思い出しました。あの人も、名前が長かったなぁ。
セバスチャンとムスタファは、たしかに胡散臭いコンビでしたね。でも、ああいうキャラのぶつかり合いから、あんな感動的なお話が生まれるという大海彩洋さんの上手さに、すごく感心しました。

これ、面白いですよね。楽しませていただきました。
私も、来週あたりにチャレンジしてみようと思います。

TOM-F #V5TnqLKM | URL | 2014/07/01 22:02 [edit]


limeさん、ありがとうございます(*^_^*)

limeさん、ありがとうございます&コメ返の遅さに呆れるくらいですが、やっと戻ってきました!
帰ってきたら仕事の山がたまりまくっていて^^;

さて、コメントありがとうございます(^^)
って、なんのコメントだったかお忘れかも^^;
はい! 長い名前のコメントです!
実はですね、今回この名前を書きながら、ひとつ書くと次が出てくる自分にびっくり。
新しいことは覚えられないのに、古いことは結構覚えていて、きっかけがあれば出てくるんですねぇ。
それに当時は手書きだった、というのもあるかもしれません。

> 外国の名前って、どういう決まり事があるのかわかりませんが、ミドルネームをどんどんつなげて行ってもいい感じなんでしょうか。
多分、外国人の名前って、何々市の何々区の何々村の、10代前くらいの祖先は誰々さんで、それからお父ちゃんの名前まで先祖の名前が書いてある、ほとんど地理と家系図みたいな名前があるのでは、と思います。
ちなみにタルスはSFの異星の人なのですが、やはり出身地やら家系やらが入った名前のようです。
う~ん、日本の場合は、どうなんでしょう。
欄に入るかどうかが問題だったりして。

> そしてこのイラストすごい力作!なんかちょっとエーベルバッハ少佐を思い出しました^^
お、本当だ。言われるまで気が付きませんでした。作中の挿絵ではあまりそんな印象ではなかったから……
あれこれ設定を思い出しましたが、この人は宇宙間飛行船の船長で、確か運送屋みたいな感じで、恋人が革命派だったのかな、何だかややこしい話でした。
いや、もう、自分でも何が何だか、半分以上思いだせない^^;

> このランキング、自分で勝手に設定できるのがいいですね。
> うーーん、私のキャラは、考えてみたらそんな際立ったのがいなくて、退屈だな・・・と、改めて反省。
そうそう、自分で勝手に設定できるので、際立ったことがあろうとなかろうと、勝手に際立たせる企画って感じではないかと思います! だから、limeさんにもできるはず!(って、煽る……)
でも、limeさんには漫画化という強力なキャラ遊び(って、ごめんなさい^^;)があるから、必要ないのかも……!
NAGI、いつも楽しみにしています(*^_^*)

> 主役級の二人は、食べ物がらみ(笑)
> うちの主要キャラも、食べ物の味が分かってないので(リク?)真に親近感ですw
はい。真は結果的においしいものにいつもありついていますが、彼自身は美味しいものを食べさせても何の値打もない奴で……腐ってたらやめとく、ってのは、「野生の勘」的なものでして。本当に、北海道にいたころは土も食ってたんじゃないかと思う^^;
そう考えると、確かに、一番似ているのはやっぱりリクだったか……

> お!モノレール、マコトバージョン^^
> 楽しみです!
ありがとうございます(*^_^*)
ちょっと遅くなっていますが、次回記事の予定。お楽しみに!
コメ返、遅くて本当にごめんなさいね。でも、忙しい合間にコメントを読ませていただいて、ちょっとほっこりさせていただいて、嬉しかったです。ありがとうございました!!

彩洋→limeさん #nLQskDKw | URL | 2014/07/09 07:01 [edit]


Sha-Laさん、ありがとうございます(*^_^*)

コメ返、すっかり遅くなっていて、すみません!
ようやく帰ってまいりました。出張から帰ったら、目の前に仕事が山積みで、日々闘いが……
ようやくコメントを書ける状況になりました。っても、なんのコメント書いたっけ?ってSha-Laさんも思われるくらいのずいぶん前……本当にすみません!

はい、このランキング、やってみると、自分のキャラを見直す?いい機会かもしれません。
それに、知らないキャラを皆様にご披露できる、という意味でもいいのかもしれませんね。
ただ……結構、当てはまる人を探すのに苦労する感じもあるので、自分で勝手にランキング内容を決めるといいのかもしれません。ショートショートでも可能かもしれませんよ!

> キャラの名前すら全員覚えていないという(笑)
> さらには、昨年書いたショートショートのストーリーを覚えていなかったという(笑)
あ、それは……確かにあるかも……
そうかぁ。Sha-Laさんはストーリーの流れでお話を書かれますものね。
うちのはキャラが濃すぎて、ストーリーを喰ってるのかも……
私も本当はストーリーテラーでありたいのですけれど。

> 今日からスタートした「大人の童話シリーズ」は簡単に書けるので
> その合間にやってみようかなあ。
ぜひ、チャレンジしてみてください!
どんなキャラを生み出してきたか、自分が一番楽しめるのかも、と思ったりもします(*^_^*)
コメントありがとうございました!
コメ返、遅くなりましたが、忙しい出張の合間に読ませていただいて、とても嬉しかったです(*^_^*)

彩洋→Sha-Laさん #nLQskDKw | URL | 2014/07/09 07:09 [edit]


夕さん、ありがとうございます(*^_^*)

夕さん、コメントのお返事、遅くなっていて本当にすみません!
ようやく出張が終わったと思ったら、帰ってきたら仕事が山積み……ちょっと壊れかかっておりました^^;
でも、バタバタの仕事の合間に頂いたコメントで、ちょっと元気をもらえました。
ありがとうございます(*^_^*)
そして、今回も無事にトラックバックできていて良かったです。
何だか、時々上手くいかないんですよね。う~ん。

本当に、この長い名前を昔は手書きで書いていたんですね~。もちろん、作中ではほとんど「タルス」だけだったし、題名を書くことはそう何回もなかったですけれど……
でも、あの頃って、金はないけど暇はある、って感じで、結構一生懸命文字を書いていたような気がします。
まぁ、ほとんど写経の気分だったのかも……^^;
今なら簡単にさじを投げちゃいますが、でも確かに今なら単語登録って手段がありますものね(#^.^#)

そして、この記事を書きながら、結構夕さんとの共通点を発見して喜んでいました。
そうそう、全部は合わせられなかったけれど、結構それなりにどのパターンのキャラもいるってことに……夕さんも私も、胡散臭い奴とかヘタレとか悪い奴をいっぱい書いているんだ^m^
しかも神様まで^^; キャラ崩壊? いや、もうそれは、あのころ書いたものでしたから、始めから崩壊していたかも^^;

でも、確かにヘタレ度では瑠水に勝るキャラはいないような……なんでだろ、きっと摩利子さまの娘と思えないから際立っちゃったのかも。でも、父親似、なのかも……
そして、何よりも「謎のキャラ」……これはいいなぁと思いました。名前だけは出てくるのに、本人が出てこない、よく分からないまま最初から最後まで通す。でて来ちゃったら幽霊と一緒であんまり怖くなくて、「出そうで出ない」までが怖い・面白いってので、「そのまま永遠に出てこない」……これ、いつかはやりたいなぁと思いました(*^_^*)

食べものキャラでは「甘いものに目がない奴」ってのがいなくて。でも、食べ物に妙にこだわる奴はいる、と思ったのでした。
逆にもっとも食べ物に頓着していない奴が、もっとも食べ物にうるさい奴のすぐそばにいる……^^;
夕さんちのキャラは食べものだけでなく、飲むほうにもこだわっているから(中身は何でもいいのかしら?)、「飲むことに目がないキャラ」ってことになったら、書ききれないかも(^^)

> 良妻キャラで珠恵さんが出てくるかなと思ったんですけれど。
あ、そうですね。これって、まだまだあれこれできそうですね。
また第2弾があるかも??
じゃ、悪妻キャラは……真の嫁かぁ。う~む。

> どの項目も、らしいなあと思いつつ楽しく読ませていただきました! 記事を拾っていただきありがとうございました。
いえいえ、楽しい記事を作っていただいてありがとうございました!
こちらこそ、いっぱい楽しませていただきました。
> あと、なんかルビが思わぬ所で大流行中。ちょっとびっくりでございます。
本当ですね! ルビ大会。でも、ルビって、ちょっと行間が間抜けになるので、微妙な……

コメント、そして素敵な記事、ありがとうございました!

彩洋→夕さん #nLQskDKw | URL | 2014/07/09 07:27 [edit]


ウゾさん、ありがとうございました(*^_^*)

ウゾさん、コメントありがとうございます。しかもコメ返遅くなって本当にすみません。
やっと出張から現実世界に?帰ってきましたが、出張の後始末もしないうちに目の前に溜まった仕事と格闘しております。忙しい合間にも頂いたコメントでちょっと元気をもらえました!
ありがとうございます(*^_^*)

多分この長い名前を作ったころ、ロシア人の名前とかを見て、何だかやってみたくなったのかもしれません^^;

そうそう、出身地とか先祖の名前がだらだらと続いている……でも、結局省略するとどうでもいいのですが^^;
たしかに、ウゾさんちには短い人の方が多い! 短いラインキングができそう。
いや、長いのは競えるけれど、短さで競うのが難しいくらい、みんな短いのかも……
一文字ってのは(漢字はともかく)なかなかないから、二文字。二文字ならいっぱいいますよね。
ウゾさん自身が二文字……(*^_^*)

> ああっーー 位が高い… ローマ教皇… 凄いなぁ こーゆー人物が出てくるような小説書いてみたいなぁ。
いやいやいや……本当に冒涜にならないように気を遣うのですけれど……
でも、竹流が仕えることになる教皇は、私が多感な年頃からずっと教皇様で、なぜかパパ様と自分の中でお慕いしていた?方なので、実は石を見にマルタに行った後、わざわざお墓詣りのためにローマに立ち寄ったほどです……たくさんの人がヴァチカンの礼拝堂の地下にあるパパ様のお墓の前で長い時間祈っていました。私も1時間くらいいたかも……

> 味が解ってない… 探偵もどきのの登場人物は 茹で過ぎパスタを常食しているからなぁ 僕の方グルメキャラいない… いや ひょっとして ワタリガラスあやつは 「朝露の影に残った甘露な裏切りの苦味」とか あーゆーの食べているから グルメ???かも。
本当だ! イタリア人なら、茹ですぎたパスタはごみ箱行!
竹流は絶対に捨てるなぁ……いや、そもそも自分が茹でる時には、パスタを茹ですぎるなんてありえない、って感じかもしれません。真は逆に「食べられるなら(=腐っていないなら)何でもいい」って人だから……
でも、竹流も素材の上手さが一番、って人。だからマグロも現場まで取りに行くし。
真も、ある意味では北海道で新鮮さでは究極の世界にいたのかもなぁ。
ワタリガラス氏。なるほど、確かに究極のグルメかも……
こんど、キャラたちに、究極に美味いと思うものを持ち寄ってもらう企画ってのもいいかも!

> 謎キャラ パーフェクトのっぺらぼう女史かなぁと思ってました。
あはは~~~。ウゾくんシリーズは今のところ、謎のない人、いないからなぁ。
でも、結果的には謎じゃなくなるので、ここには当てはまらないのかしら、と思ったのでした。
いや、生きとし生けるものの生き死には、永遠に謎なのかもしれませんね……???

コメントありがとうございました!

彩洋→ウゾさん #nLQskDKw | URL | 2014/07/09 07:42 [edit]


けいさん、ありがとうございます(*^_^*)

けいさん、ありがとうございます&コメ返が遅くなってすみません!!
出張から帰ってきたら仕事が目の前に山積み……どうして仕事ってたまる一方なのかしら(-"-)
でも、そんな最中に頂いたコメントを拝読してちょっとほっこりしておりました。
ありがとうございます(*^_^*)

> 自分の解釈と同じだと嬉しくて、違うと意外なところにへえと思って、知らないキャラは知ることができて・・・うん、面白いですね。
確かに自分でランキングなので、なんでもあり、ですよね。
でも、夕さんの作られたこのラインナップは結構うちのメンバーたちにも使えることが分かりました。
ということは、傾向が何か似ているのかも?(主人公が可愛くない? いや、一応可愛いんだけれど、自己主張が強すぎる?)

昔は友人と小説を書いたり絵を描きあったりしていたので、結構当時の絵が残っていたりするのですね。
今回アップにあたって友人にブログに載っけてもいい?って聞いたら、なんとまだそんなものを持ってるのか!と驚かれました。私、結構物持ちいいんです(*^_^*)
もう先を書くことはないと思うのですけれど、友人があちこちに挿絵を入れてくれたノートは宝物です(*^_^*)
名前で遊ぶのも最近はあんまり考えなくなったけれど、あの頃は鉛筆で書いていたのに、こんな長い名前で遊んでいたなんて、ほんと、暇だったのかしら^^;

> 大海さんの人物紹介のあのページもすごかったですが、こういうのもすごく楽しいですね^^
あはは~。あのページ、ほんと、すみません^^;
でも、ああいうページって、話を知らなくても面白かったりする……んですよね。
(って、他人事みたいに)
けいさんもお忙しいでしょうけれど、そちらは寒くなっているんですよね。
お身体に気を付けて!
コメントありがとうございました!

彩洋→けいさん #nLQskDKw | URL | 2014/07/09 20:08 [edit]


TOM-Fさん、ありがとうございます(*^_^*)

すっかりコメ返が遅くなってすみません!
出張前からドタバタで追い込まれていて、出張中も毎日怒涛のように過ぎていき、帰ってきたら日常業務がたまりまくっていて、本当に仕事が頭の上から降り続けています……
そんな中、戴いたコメントは力になります! ありがとうございました(*^_^*)

こちら、夕さんのバトン(?)、かなり良くできていましたね!
面白く記事を書くことができました。
あ、さっきTOM-Fさんの記事も拝読してきました! なるほど~何だかそれぞれ感が出ていて面白い!と思いました。また後程コメを書きに行きますね!
こちらの名前、文字数を数えてくださったのですか!
いや、本当に、この時何を考えていたのか、そもそもこの当時は鉛筆でノートに書いていたので、まるで写経でしたね^^;
しかし、エミリーも長い名前だったんですね……でもうちが勝ったのか…って、確かに何の勝負!?

こちらのキャラ、仕事的にはハンソロなんですけれど、人物はかなり硬派の兄ちゃん。確かにこのイラストではエーベルバッハ少佐だなぁ。言われて私も思いました。挿絵のほうではそんな感じでもなかったのですが。
このお話で最も愉快な名前のキャラは、絵描きのギャラン・シグマ(Σ)って人でした^^; 車の名前から取っちゃった……ほんと、よく名前で遊んだものでした。
今は何だか名前を付けるのが適当過ぎるかも……昔を思い出しながら、またぜひ名前で遊ぼうと思いました。

> セバスチャンとムスタファは、たしかに胡散臭いコンビでしたね。でも、ああいうキャラのぶつかり合いから、あんな感動的なお話が生まれるという大海彩洋さんの上手さに、すごく感心しました。
ありがとうございます(*^_^*)
確かに、大体主役級が2人でてくると、一人はいい奴なのですが、この話はみんな胡散臭かったですね^^;
私、あの頃、何か悩んでいたのかしら?????
胡散臭いのが2人いたら、もしかしたらマイナス×マイナスでプラスになるのかしら?
(足したらあかん……余計にマイナスになるから……)

コメントありがとうございました!!!

彩洋→TOM-Fさん #nLQskDKw | URL | 2014/07/09 20:27 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oomisayo.blog.fc2.com/tb.php/478-1316466b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)